サラリーマンは明日が新年

テーマ:
051015_1154~001.jpg
今年は、あんまり力入れて勉強したくないなあ~という気分です。
昨年一年のほとんどを費やして簿記1級の勉強をしましたが、まー必要な知識自体
は身につけたので、今年はレベルを落とさない程度にとどめて様子見かなっという
感じです。
ほんとーに昨年は勉強だけの年になってしまって、仕事も後回し、遊びも家族も後
回しというストイックな年になってしまいました。

今年は少し照準を切り替えて、バランス重視のスケジュール進行にしたいなあなど
と考えております。
勉強・知識習得については、
・会計系 6月の試験は多分出走回避 11月を視野
 ファイナンシャルプランナーをかじるかも
・法律系 ビジネス法務検定2級チャレンジ 7月
 余力があればマンション管理系とか

仕事
・異動したて&火急の課題があるので、前半から飛ばすぜ
・早出早帰りを心がけましょう

バイク
・まじめにツーリングをする(目標 年4回)
・まじめに技量を磨く(目標 桶川通い 年3回)

水泳
・短距離は「挑む!」
・長距離は「楽しむ」
・ステージを1段階上げたいな~
・泳速委員会参加ルーティン化(5月以降?)

家族系
・現状傾向維持
・キャンプデビュー
・奥様を変わらず愛しましょう
・親孝行(除く 生物学上の父)

フィジカル系
・体重65kg切り(現在68kg)
・体幹鍛えたい(自信なし)

メンタル系
・受容性を高めましょう
・自己評価を内向的にしましょう
・自分を好きになりましょう


短期的なスケジュールで言うと、5月は「だれスキ」に申し込んでません。

な~んでか?っというと、峠が俺を呼んでいるからさ~
この季節が一番、バイクに乗ってて気持ちよいのです。
バイクに乗っている時に、普通の人が立ち入らないような深山幽谷を見つけた時に
思い出すのは、ブレードランナーのルドガー・ハウアーの最後のセリフだったりす
る。
I've seen things you people wouldn't believe ... (お前たち人間が信じられな
いようなものを、俺は見てきた・・・)
南アルプスをたった一日で東西南北へと縦横断できるのは、地上を走る乗り物では
バイクしかないです。
私の思い出はは消え去りはしませんがね。
AD

1クリックお願い!人気blogランキングへ


今回はレギュラーメニューの3番目オーバーロード(過負荷持久力)トレーニングです。
1週間の休養後、久しぶりの高負荷のロング系です。
総距離は2100m
W-UP 800m
Main 1100m
C-down200m
という構成 メイン練習はクロールが主体です。
 
前回が耐乳酸ということもあり、本格的なエンデュランス系は2週間ぶりかも。
今週末のスタイルワンだれスキのテーマが「ダッシュ&ボディポジション」なので、それなりのスタミナを回復しとかないと練習になりません。
ここは気合を入れて自分で自分を追い込まねば。(孤独)
とは言うものの、W-upの段階でやや息が上がり気味。体力を上げることはコツコツとちょっとずつしかできないのに、落とすのは簡単ですね。
そんでも、Mainでは
Hardペースで42~45秒/50m
Evenペースで50~53秒/50m
という感じでそう悪くはないです。
最近の好不調のバロメータは足が使えているかどうか。
数多く打つというよりは、ある程度の振幅をキープして下半身が浮くようなキックが出来ていると調子が良いようです。
逆に振り幅が狭くなってしまうと、足がオモリになる上、体力を消費する割りに効果がない泳ぎになってズルズルとタイムが落ちてきます。
同じ公営プールで高めのアベレージスピードで泳ぐ女性スイマーさんが2人ほどいらっしゃるのですが、明らかに私と違うのは足の振り幅なんですな~
ムチャ蹴りすりゃいいってもんじゃないんですが、バランスの良い泳ぎ方を目指すには重要なのかなあ等と思っております。
 
練習が終わって家に帰ってきてから、ニュースステーションで興味深い特集が放映されてました。
スピードスケートの岡崎朋美選手のレース前の言動を分析しながら、メンタル面でどうやって自分を盛り上げていくかという内容。
簡単に言うと
納さん的スイマー(右脳活用)\(^▽^)/>>超えられない壁>>突撃的スイマー(左脳活用)Orz
てなことです。
私のように、「なぜ?なに?上手く出来ない自分が嫌い・・・」的思考をレースの前後にまで持ち込む分析型の人間の脳からは、大きなパフォーマンスをしようという発展的イメージが沸きにくく、結果に結びつかない傾向にある。
納さんのように、「楽しくやろう!楽しい自分が好き!」(ご本人の主観は違うかもしれませんが、あくまで例えで)的な人は、脳から出てくるパフォーマンスイメージが発展傾向にあり、より大きなパフォーマンスがでやすく、結果に結びつきやすい傾向にあるとのこと。
頭でっかちにならずに、自分はちゃんとできる!楽しく出来る!という気持ちを盛り上げることも重要な訳ですね。
これもいざやろうと思ってもその場でできるものでもないんでしょうなあ。
日々の練習の中で分析フェーズとパフォーマンスフェーズにメニューを分けて、スイッチを切り替えるなんてアプローチもあるかも。
 
ま、こむずかしいこと考えすぎずに、楽しく競技に臨むのが一番。結果はご褒美みたいなものと思うのがいいんじゃないすかね~
なんてことを考えながら次回練習してみよう。

1クリックお願い!人気blogランキングへ

AD

Fw: 目黒川の夜桜

テーマ:
060328_1940~001.jpg
あまり風流とは縁のない性格なのですが、通勤電車から見かける目黒川の桜が盛り
を迎えつつあるので、渋谷駅からではなく中目黒駅から乗車することにしました。
30分くらいの歩きですかね。
大橋方面から目黒川に沿って歩きます。
全体的に8分咲きというところでしょうか。それでも川上に網の目のように張り出
した桜の枝に咲く花弁が重なり合って、充分なボリューム感を感じさせてくれま
す。
ピンク色の提灯や並びの商店から照らされる照明が華やいだ気分にさせてくれま
す。
今年は予想よりも1週間くらい花の足が早いせいか、人出もそれほどではなく、適
度に歩きやすい感じです。
外から人がたくさん入ってきて、周りに住まわれている方はさぞ落ち着かないで
しょうが、桜並木の街区の整備状況を見ると、区や住民の皆さんが大切にされてい
る場所なんだなあなどと思いました。
昨日の雨が少し花を散らしてしまったかもしれませんが、ここ数日はやや気温も低
めらしいので、ちょうど週末に満開になるかもしれないですね。
8分と満開ではこれまた華やかさが違うのが桜のすごいところ。
そういや男の一人歩きは自分ひとりだった気がする・・・
AD

1クリックお願い!人気blogランキングへ


1週間ぶりのごぶさたでしたが、新メニューでの練習開始です。
今回は「ラクテートトーラレンス」(耐乳酸)トレーニング。
Kコーチのメモによると、「筋肉が動かなくなるまで追い込みます」(^^)vとうれしそうに書いてあります。
(顔文字想像)
えー耐乳酸というのは~、
「古代中国の拳法家たちが、超人的な能力を獲得するために始めた鍛錬が起源。
小腸からのエネルギー吸収効率を高め、運動時の全身のパフォーマンスアップを図るために、小腸環境を整えるトレーニング。
大量の乳酸菌食物を摂取することで善玉ビフィズス菌を大量に育成する。
ヨーグルト好きですら二度と見たくなくなるほど乳酸菌食物を摂取するため、アスリートの間では最もキツイトレーニングとして認知されている。」
(民明書房刊「驚異の中華料理トレーニング」)



はい、笑うところです。
 
説明するまでもないかもしれませんが、疲労物質である乳酸を意図的に筋肉中に蓄積させて、疲労時の限界点を上げて行くというトレーニングです。
これをやらねば50m以上の距離に挑戦すること適わずです。
 
メニュー自体は総距離1,950mとなっており、以前のダッシュトレーニングとそうかわりません。
ただ、今回作成にあたっての希望点として、
・100m自由形参戦を視野に入れた練習
・マニアックなドリルてんこ盛り
ということをKコーチにお願いしております。
 
その結果・・・かなりプールでは浮いていそうな(^^; 練習風景となりました。
W-upは850m キック主体のメニューが中心となります。
ただ、肘を水上に高々と上げたままサイドキックしたり、わざわざ上腕を衝立のように掲げてキックしたりと、ドリル嫌いなら裸足で逃げ出しそうな内容です。私は好きですが。
ここですでにお疲れ気味。でも楽しい。
Mainはクロールでのスプリントを中心とした内容。
25~50m単位のダッシュを4セットやって、200mのイージースイムで乳酸散らしという構成。
1週間ぶりということもあって泳ぎ自体のレベルがやや悪かったです。
水をうまく捉えられていないので掻きが軽い。ゆえにあんまり追い込みきれない。
今日のところはメニューをある程度覚えることが目標だったのでまあ仕方がありません。
 
最後の方で、50mFre 3’00 × 4本なんてのがありますので、これがパフォーマンス向上のバロメーターになりそうです。
今日のところは、1本目38秒 2本目以降は40秒というところ。4本全部40秒切れるとかなりタフネスさが上がりそう。
現時点での目標は100m1’20を切ること。これができるようになったら1フリで大会出場もありえます。
 

1クリックお願い!人気blogランキングへ

ZガンダムⅢ を見てきました

テーマ:

1クリックお願い!人気blogランキングへ

乙ガソダムⅢ(ぢゃないよZガンダムⅢ 星の鼓動は愛)
上映期間の最終日、最終放映に見てまいりました。
最後の最後なんでもうネタバレもへったくれもないですな。
知りたくない人はこれ以下読まないように。



「誰も見たことのないラスト」のキャッチコピーにつられちゃいました。
※当初、3部作政策発表時より、TV放映時では物議を醸し出したバッドエンド(主人公の人格崩壊)を大胆に見直して明るいZガンダムにするとの話だった。
感想は




だめだこりゃ」(長さん風~)
 
 
富野御大(監督・原作者) 焼きが回ったか・・・
 
まあ、なんつーか ラストの改編は大したことないです。
カミーユ(主人公)の魂がシロッコに持ってかれないだけです。
あとは同じようなもの・・・
1stガンダムのめぐり会い宇宙のようなラストを期待すると思いっきり裏切られます。
御大の言いたいことはわかる気がしますが・・・「だからなに?」てな感じ。
御大一流の言い回しですが、「現実社会から逃避してないで、生身の女を口説けよ!」てなとこだと思います。
うう~む(--#) そんなテーマここ10年くらいで何度もやられてて、かなり今更感が・・・
 
まあ評価としては「見なくても後悔しませんよ むしろ見た方がやや後悔かも」という感じ(鬱)
 
それでも、良かったところを搾り出して見ると
・榊原良子様演じるハマーン様、円熟味を増した神演技(背筋がぞくぞく~)
・MSの戦闘シーンが一部リニューアル
・Zガンダムのウィングバインダー ベイルアウト シークエンス(メカマニア)
・ジ・オがTV版より活躍(隠し腕 いっぱい使った)

コロニーレーザーの中でのシャア・ハマーン・シロッコの三つ巴のバトルは、リニューアルされた映像により見応えのあるものになってます。
 
この程度の要素に1800円の金銭を投入する価値があるか?というと私はないと思います。(怒)
 
どうせ大胆に書き換えるのなら(ネットでもよく話題になってますが)
・アムロを最終決戦に顔出しさせい
・ハマーンとシャアに直接最終決着をつけさせい(ZZはなかったことにしていい!)
・シャアが地球に愛想をつかす経緯をしっかり描けい
 
なにがラブストーリーぢゃあ~ もっとハードミリタリーちっくにせんか~い

銀英伝やら0083やら見てしまったせいかもしれませんが、物語り全体の調子もかなりおとぎ話レベルのリアリティに感じられちゃいましたなあ。
1stとか逆シャアはほんと奇跡ですな。
 
そういやTV版のラストで印象深かった、大破した百式が無人で漂流しているシーンはなかったねえ。


1クリックお願い!人気blogランキングへ