新茶シーズンの到来を告げる恒例の新茶初取引が静岡市葵区北番町の静岡茶市場で19日朝、行われた。3月末の霜害の影響で発育が遅れ、静岡県産の茶の取引数量が前年比8割減の約1400キログラムと大幅に落ち込んだが、市場内は生産者や茶問屋約800人の熱気と芳しい茶葉の香りに包まれた。

 午前7時のベルが鳴るとともに、問屋と生産者との値段交渉が開始。問屋が茶葉の香りや手触りを確認し、金額をそろばんを使って提示、商談が決まると「パンパンパン」と威勢の良い手締めの音が響いた。

 最高値が付いたのは、31年連続で静岡市清水区の両河内産「やぶきた」で、1キロあたり10万円。生産者の細川豊・両河内茶業界会長(48)は「家庭用ストーブを使って寒さを防いだ。まるで子供を育てるのと一緒だ」と金額ににっこり。

 同市場を訪れた川勝平太静岡県知事は「(霜の影響でお茶を取り巻く)状況は苦しい。でも、これ以上悪くなることはないと思えばいい」と関係者を励ました。

【関連記事】
新茶に凍霜害、初取引に影響も 静岡
京都で日本一早い新茶の初摘み 土を使わぬ栽培
【大人の社会見学】京都・宇治田原町の新茶 手で摘み確認、うまみ凝縮
サクラエビ漁、天候不順で大幅遅れ 静岡
天狗の榊奪う奇祭 静岡・島田で日吉山王権現縁日 
外国人地方参政権問題に一石

切れないナイフ、男性を釈放=銃刀法違反容疑で逮捕-警視庁(時事通信)
<火山噴火>欧州ツアーのキャンセル続出…代理店対応苦慮(毎日新聞)
太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)
「成長戦略」追加、民主が参院選公約の骨格案(読売新聞)
クシュン!桜も身震い 仙台・3番目に遅い積雪(河北新報)
AD