菅直人首相が「消費税率10%」に言及したことに政府・与党内で波紋が広がっている。国民新党の亀井静香代表は18日、参院選後の消費税増税の場合の「連立離脱」も口にしたが、民主党内にも事前の議論はなく、根回しもごく一部の党幹部だけ。首相の「見切り発車」には小沢一郎前幹事長に近い議員の反発だけでなく、閣内にも亀裂を生んだ。【小山由宇、朝日弘行】

 ◇亀井氏「離脱」ちらつかす

 菅首相発言について、玄葉光一郎公務員制度改革相(民主党政調会長)は「10%」が党の公約となるかについて「当然そうなる」と強調。前原誠司国土交通相も会見で「首相を全面的にサポートしたい」と語った。

 しかし、「10%」はマニフェストを取りまとめた11日の政権公約会議でも議論になっておらず、会議に出席した党幹部も「マニフェストの表現は事前に了承したが、10%はまったく聞いていない」と不快感を示した。

 連立相手の亀井氏は毎日新聞などのインタビューで連立離脱もちらつかせた。菅首相が提唱した超党派会議にも否定的な見解を示し、「国民新党は断じて賛成しない」と消費税増税への反対姿勢を鮮明にした。

 官邸側は「首相の決断で責任与党を示せた」(首相周辺)と胸を張る。就任直後で参院選前のタイミングをとらえて税率アップに言及したのは、党側に首相の指導力を示す狙いだ。小沢前幹事長が選挙前の増税への言及を意識的に避けていたことも踏まえたうえとみられる。

 首相は17日、消費税増税の是非を問う衆院解散・総選挙にも含みを残した。9月の党代表選を含め参院選後の政権運営もにらんだ動きで、党幹部は「衆院解散をちらつかせ、政局の主導権を握ろうとしている」と明かす。

 こうした菅首相側の動きに、小沢氏に近い中堅衆院議員は「党側で賛成する人はいない」と怒る。小沢氏と近い原口一博総務相は「10%の数字は私たちではなく、自民党の数字」とけん制。非小沢系の閣僚も「参院選候補者には『消費税をあげると決まったわけではない』と徹底させなければ」と懸念する。枝野幸男幹事長は18日、記者団に対し「超党派で議論する時に、第2党の自民党の考え方を参考にするのは当たり前」と語った。

 ◇社会保障費には不足

 菅首相は18日、消費税率10%を目安とする根拠について、「(社会保障費の)自然増を考えるとこの程度の財源が必要。自民党もほぼ同じ考え方だ」との認識を示した。

 10年度予算で年金や医療、介護の給付費などに充てる社会保障費は27・3兆円。予算総則では、このうち基礎年金と老人医療、介護にかかる費用(10年度で16.6兆円)の財源に消費税を充てることが規定されている。消費税収は地方に回す分を除いて6・8兆円に過ぎず、5%程度の増税で差額をできるだけ埋めようとの考えだ。

 ただし、少子高齢化の進展に伴い社会保障費は毎年1兆円以上増加する。5%程度の引き上げでは財源不足を解消できそうもない。

 政府は来週発表予定の財政運営戦略と中期財政フレームで、国と地方の基礎的財政収支を20年度に黒字化するとの目標を示す方針。10年度は33.5兆円の赤字になる見通しで、消費税だけで赤字を埋めるには単純計算で10%を超える引き上げが必要になる。

 菅首相は消費税増税に前向きな姿勢を見せるものの、増税で得る財源を何に使うかは明示していない。菅首相は「増税しても使い道を間違わなければ景気は良くなる」として、成長につながる分野に集中投資する考えを示しており、国の借金の返済に充てることには否定的だ。経済成長が実現できれば、税収のより一層の増加につながるとの考えだが、道筋は明確ではない。

 政府は7月の参院選後にも、具体的な消費税率などの議論に入る方針だ。しかし納得のいく使い道が示されなければ理解は得られそうにない。【久田宏】

【関連ニュース】
菅首相:人事方針示す「局長以上は官房長官に相談」
北朝鮮拉致:対策会合 菅首相「政府一体で取り組む」
菅首相:復興支援継続を表明 アフガン大統領と会談
普天間移設:菅首相、沖縄県知事との対話継続に期待感
参院選:勝敗ライン「現有議席54に」 首相が上方修正

小沢前幹事長 菅政権を「支えて頑張れ」と原口総務相激励(毎日新聞)
<人事>検事総長に大林氏(毎日新聞)
元抑留者に最高150万円=シベリア特措法が成立(時事通信)
高速道路5社、会長・社長が一斉交代(レスポンス)
<米国務次官補>外務省で会談 日米首脳初会談に向け調整(毎日新聞)
AD
 【カイロ和田浩明】日本式の教育・研究を行うエジプト・日本科学技術大学(E-JUST)の開校式典が3日、カイロ近郊で行われた。中東諸国やアフリカでの世界レベルの科学技術教育・研究拠点になることを目指す。

 式典でエジプトのナジフ首相は「エジプトと周辺地域の科学技術の拠点に育ってほしい」とあいさつ。日本側実施主体の国際協力機構(JICA)の緒方貞子理事長は「成熟した日本はこれまでの蓄積を開発支援に生かすべきだ」と話した。

 E-JUSTはエジプト北部のボルグ・エル・アラブに建設される。エジプト側が土地や施設、日本側が教官、機材を提供。実践・応用力や実験を重視した日本式教育を織り込んだカリキュラムが特徴だ。最終的な学生数は約3000人になる見通し。2月に予定地近くの国立研究所内の仮施設でエジプト人修士・博士課程の学生27人に講義を開始している。

 日本の九州大、早稲田大、京大など12大学、エジプトのカイロ大などが協力。両国の産業界も支援している。

【関連ニュース】
事業仕分け:JICA大幅縮減 4法人8事業「廃止」
事業仕分け:第2弾は47独法 JICA、入試センターも
鳴門教育大:「母国が平和に」 アフガン人教師・ハマッドさんが研修 /徳島
タウンたうん:専門性高め再び国際協力を--佐世保 /長崎
写真展:写真でケニアの動物と自然紹介--JICA横浜 /神奈川

<強盗>古本店から7万円奪われる…愛知・豊川(毎日新聞)
文芸家協会理事長に篠氏(産経新聞)
いちよし証券元課長を追送検 顧客から詐取(産経新聞)
野球賭博報道で阿武松親方から相撲協会事情聴取(読売新聞)
中国語で「金を出せ」 銀座の整骨院に3人組の強盗 (産経新聞)
 ■「モリシ」は尊敬するライバル ともに切磋琢磨し名コンビに。

 --西澤さんといえば、日本代表でもセレッソ大阪でも一緒に活躍した4歳上の森島寛晃さん(現C大阪アンバサダー)との名コンビが思い出されます。お二人は何も言わなくてもお互いのことが分かるというような関係でしたか

 西澤 そんなわけないでしょ、分からないですよ。

 --では、なぜあれだけ息が合ったプレーを

 西澤 いつも言うんですけど、一緒にいる時間が長かった。だって、チームでは毎日練習し、試合して。代表でも厳しい試合に一緒に出て、プライベートでも一緒にめしを食いに行ったりとか。だから「この人がこういう顔をしたときは、だいたいこういうことを考えている」「こういうポジションで、こういうボールの持ち方をしたときには、ここに球が出てくる」ぐらいは。『あうんの呼吸』とか、みなさん言うけど、誰でもそんな長く一緒にプレーしていれば、そうなりますよ。

 ただ、モリシ(森島)のプレースタイルが僕のやりたいスタイルにうまいぐあいにマッチしたというのはあると思います。

 --森島さんはライバルでしたか

 西澤 ライバルですね。負けたくない。モリシに球をとられたりすると、むしょうに腹が立つというか。ほんと練習では、いつも“削り”に行ってましたもん、本気でね。

 --森島さんの方も?

 西澤 来てましたね。やり返してやりましたけど。

 --いつごろからそういう関係になったのですか

 西澤 やはり一緒に試合に出るようになり、一緒に日本代表に選ばれるようになってからですかね。モリシの方が先に代表に行っていたので、「モリシ、どうしたらいいの」とか聞いて。完全に“慣れ”ました。

 --最初から「モリシ」と

 西澤 最初は「モリシ」なんてとても呼べない。高校時代から見てましたからね。グラウンドの隅の方から眺めて「やべぇ、森島いるよ」という感じで。(いつ『森島さん』から『モリシ』へ?)いつの間にかですかね。

 --お互いに尊敬

 西澤 僕は尊敬してますよ、もちろん。

 --清水で引退するつもりだった西澤さんが最後、セレッソに戻ったのも森島さんが関係しているのですよね

 西澤 オファーがあったこともあるのですが、モリシが首を痛め、本人も一番悔しい中で引退せざるを得ない状況になった。本人からもそういう話を聞いていたし、「まだやれるんじゃない」みたいなことも言われた。それに、自分が清水に移籍した年(2006年シーズン)に、セレッソをJ1(1部)からJ2(2部)に落としてしまったことが頭にあって。それで、最後に何かしらの力になれるのなら、と話を受けました。(聞き手 月僧正弥)

携帯ロック解除、来年4月=義務化は見送り―総務省指針案(時事通信)
首相退陣要求強める=谷垣氏、総辞職か解散を―野党(時事通信)
伸び悩むW杯観戦ツアー=治安悪さや日本代表不振で―サッカー(時事通信)
<日本創新党>山田党首、東京選挙区から出馬へ(毎日新聞)
ペーロン競漕 デッドヒートに歓声 兵庫・相生湾に4万人(毎日新聞)