• 29 May
    • お久しぶりです。

      空を飛ぶ夢を見ることがあるのですが、地面すれすれで超低速でしか飛べず、しかもいつも何者かに競歩のような歩き方で追い回され汗びっしょりで目が覚めるもっちです。こんにちは。大変ご無沙汰です。久々の更新です~今まで何をやっていたかといいますと。子供が大きくなり借家が手狭になってきたので、中古ですがお家を購入しました。その引っ越しやら後片付けやらに追われてブログに手がつけられませんでした。ブログって1カ月放置すると「まだまだいっか」ってなりだらだらと半年以上の空白に。。。これからはせめて月1程度の更新はしていきたいな。表札に自分の名前が掲げられると我が家を入手した実感が湧いてきます。ちょっと古い感じの家ですがここを選ぶ決め手になったのは、ボドゲのプレイスペースがかなりあることです。メイン座卓テーブル卓応接卓サブ座卓4部屋もボドゲのためのスペースを確保することができました。ただ問題はそれらの部屋が埋まるだけの友達がいないことです・・・みんなあそんで~(T-T)ちなみに庭も広いため駐車スペースも頑張れば車8台位はいけるんじゃないかな。話は変わりますが先月でボードゲームを始めてちょうど1年が経過しました。こんなにボドゲが集まりました。1年でいくらかかったのか怖くて計算していません。1年間ボドゲを趣味にもって自分の所持ボドゲベスト5を上げてみたいと思います。第5位サンクトペテルブルクロシアの都市のサンクトペテルブルクをだれが一番発展させることができたかを競うゲームです。と言ったら分かりにくいですが、おっさんやらおっさんやらを人身売買で購入するお買いものゲームです(語弊あり)。拡張も6種類同梱されており、すごいおすすめですよ!第4位パンデミック世界に蔓延した凶悪ウイルスのワクチンを開発し人類を救う壮大なテーマの協力系ゲームです。難易度が調整でき、初心者から上級者まで幅広く楽しめます。拡張もたくさん出ていますが、積んでますw第3位カタンボドゲをプレイされている方ならばだれでも知っている説明不要の超有名ゲーム。拡張もたくさん発売されていますが、積n大会も開催されておりいまだに定番のボードゲーム。私がよく参加させていただいているボドゲ交流会の「NAGO」さんでも毎回固定卓がたてられておりいつもコテンパにやられてます。次は勝ちたいな。第2位ル・アーブル港を管理、経営していく拡大再生産のワーカープレイスメントゲーム。与えられる少ない手数で効率よくアクションしていかなければぼろ負けするけっこう鬼畜な初見殺しのゲームですが、要領が解ってくるとすごく悩ましく時間を忘れてプレイしてしまいます。ちなみに私の次男は初プレイで-2点という快挙を果たしました。もう2度としないと言われました。写真右は2人用のル・アーブルです。こちらも面白いですよ。第1位アグリコラル・アーブルと同じ作者「ウヴェ・ローゼンベルク」さんの作品。こちらの方がル・アーブルよりも有名な拡大再生産のワーカープレイスメントゲームです。ボドゲ始めたての頃ネットでの評価が良かったのでポチってみて、すごく面白く「これさえあればほかにボドゲいらねー」って思っていたのですが、1年後いまのざまです。2人用やら、ルールを簡略化したファミリーバージョンも出ています。こんな感じでやっぱりボドゲはいいものですね~これからもよろしくお願いいたします!

      5
      テーマ:
  • 30 Oct
    • 2016年10月29日 第0回別府アナログゲーム会参加報告

      入浴中、私がお風呂場から「お前もはやく入れー」と子供に声をかけたら、風呂場の入口で子供から「じゃー早く上がって」と言われたもっちです。こんにちは。今回は、別府アナログゲーム会さんに参加させていただきました。第0回ということはプレオープンということでしょうかね?聞くのを忘れました。別府市内の「アライアンスタワーZ」という場所で開催されました。シェアルーム?という施設を貸し切りボドゲ会場にしていました。普段は一般の方が各々で仕事や趣味などをするために貸出されているようです。初めての空間にわくわくです。先客が。湯布院のゲーム合宿にもいた気が・・・主催者のあだちさんが、フェイスブックにて参加者を集ったのですが意外とボードゲーム未経験者が多かったらしく、私はインスト可能である事の目印として首かけ紐の黒い名札を渡されました。(一般の方の紐の色は青)こんな私にそんな重役を任せてよいのですか?ウヒヒまずは6人で私が持参した「キャメルアップ」拡張入りをプレイしました。案の定、インストはぐだぐだで星屑さんにフォローされまくりでした。助かりました・・・持っていくゲームは前日にインストおさらいしなきゃな、と強く思いました。そんな動揺の影響か、結果は散々でダントツビリ。初期所持金が3ポンドなのですが、最終所持金は4ポンド。意識しなくても接待プレイが得意なもっちです。こんにちは。このゲームはボードゲームをあまりやったことない方でも、すんなり入り込めて楽しめていたようなので良かったです。続いては星屑さんの持ち込みの「私の世界の見方」をプレイしました。お題に書かれている雲みたいなマークの部分に当てはめる言葉を手札のカードから選らんで提出しその内容がリーダーから選らばれたら1ポイントゲット。地獄の沙汰も・・・?役者本人によるスタント次第・・・意味ワカンネ  もちろんこれは選ばれませんでした。厳しい寮でもこれだけは寛容だったものとは・・・これは評判が良くて運よく選ばれました~このゲームもルールがシンプルで盛り上がれるので初心者にもお勧めですね~続いてのゲームは、他の参加者が持ち込まれた「ムービークリエイター」私はこのゲームは全く知らなかったですが、どうやら映画製作途中で監督が失踪してしまい残された映像だけでスタッフが納期までに映画(ストーリー)を完成させなければいけないという協力ゲームのようです。自分の手番で配られたカードを1枚出してその絵(映像)の背景や台詞、世界観を自分なりに表現してみんなで一つの物語を作っていくゲーム。納期(35枚目のカード)で納得の落ちが出来なければ負け。基準があいまいですが、パーティゲームとしては素晴らしかったです。墓場にたたずむ男を二人の男が監視して実はその墓場の男は地球を滅ぼす兵器を秘密裏に作っている組織の1人のようです。その後いきなり墓場からゾンビが現れてんやわんやになり、別の場所では猫が巨大化して街を破壊しつつその間に墓場にたたずんでいた男と誰かが取引していたが領収書がないことでトラブルになってしまい、その間に街を破壊していた猫は宇宙に帰っていき、どうたらこうたらのぐちゃぐちゃなストーリが紡がれていきました。最後はしーぷさんの「こんな漫画コミケで売れねーよ!」という同人誌製作落ちで無事に終息。自分の配られたカードを無理やりストーリーにつながなければいけないのでぶっ飛んだ展開になりやすく、すごい盛り上がりました。年末には拡張版も出るそうです。ほしいなぁ。大好きなカタンもやらせていただきました。このヘイト値マックスな鉄専門港頼りの配置で盗賊が8と9と10を行ったり来たり。。。中盤、終盤と資源不足に悩まされましたが、最大騎士力とポイントカードに助けられ無事に勝利する事が出来ました。やっぱりカタンは安定して楽しいゲームです。またやりたーい。5時間があっという間に過ぎ楽しい時間を過ごさせていただきました。次回もよろしくお願いします!ありがとうございました~

      6
      テーマ:
  • 17 Oct
    • 2016年10月16日 第19回宇佐ロップイヤーズ(FCM会)参加!

      お風呂で髪を洗っている時に何気に痰を出したのですが、その痰に鮮血が混じっていたのです。「ぎゃー、血が混ざってる!」「癌かもー」「死にたくなーい」などと風呂場で大騒ぎしていたら、何事かと嫁さんが来て一部始終の説明を聞いた後に冷めた表情で「鼻血出てるよ」と言われたもっちです。こんにちは。ボードゲームのブログを書かせていただいてきたのですが、最近は本拠地である「宇佐ロップイヤーズ」の事書いてないなって思っていました。今回はちょうどイベントである「フードチェーンマグネイト会」もあることですし久しぶりに星屑さん主催のボードゲーム会の参加報告をします~10時から始まった会ですが、フードチェーンマグネイト会は12時からという事でそれまでの時間は最近届いたばっかりの「パンデミック イベリア」を立てさせていただきました。通常のパンデミックとは時代背景が異なり、19世紀中ごろのイベリア半島が舞台のようです。その当時は飛行機が無く、パンデミックで活用していた行きたい場所の都市カードを捨てることでそこに飛べるなんていう技が使えなくなっている為、非常に移動が困難になっています。それを救済するために、「鉄道を敷く」というアクションが増えています。プレイヤーが敷いた線路を繋げていくことでその繋がっている区間が1アクションで移動可能になるのです。他にも「水の浄化」というアクションも追加されており、このアクションは経路で囲まれているエリアを地域とし、その地域に隣接している都市は水の浄化トークンが置かれている場合ウイルスが置かれない(ウイルスを置く代わりに浄化トークンを一つ除去)という効果があります。パンデミック拡張の「緊急事態宣言」で導入された「検疫」に似たシステムです。初めてのプレイで手探りしながらでしたが、エピデミックカード4枚導入で見事クリアできました。通常のパンデミックよりも難易度が高くなっており、プレイヤー同士の連携の必要性がさらに増しているのでプレイした感が一層感じられてとても面白かったです。12時になりいよいよフードチェーンマグネイトの時間となりました。今回は星屑さん、がろうさん、私の3名の持ち込みで3卓立つことになりました!準備も三者三様で個性がでてます。がろうさん卓毎回持参されている4次元バックからあらゆる未来の道具を駆使してきれいにまとめられております。星屑さん卓カード類は対面に置かれていたので写真に入らなかったのですが、駒類がやはり個別に分けられておりプレイしやすい状態に。さらに宣伝タイルが整列されており、一目瞭然になっております。私の卓ぐちゃぐちやですね。星屑さんのタイル整列を真似してなおさらぐちゃぐちゃ感に拍車がかかりました。星屑教諭によるフードチェーンマグネイト講座私たちの卓は、ヤマシタさん、しーぷさん、もっちの3人で始めました。私はマイルストーンを着実に増やしていっていたのですが、ヤマシタさんは前日から戦略の予習をしておりあっというまにつきはなされ、結果的に2位に300ポイント以上突き放して独走勝利。だれだ、私の卓にガチ勢突っ込んだのは(笑)終始考えどころが多かったため写真を撮るのを忘れてプレイ内容があまりなくてすみません。プレイ時間も準備も大変でしたが、それに見合った面白さです。また開催されるようですので、お近くの皆さま是非ご参加ください!初見が増えたら私が勝てる可能性が上がります。もっと勉強して次は勝つぞ~

      テーマ:
  • 03 Oct
    • 2016年10月2日 第100回北九州ボードゲーム交流会参加!

      職場での作業中大汗をかき、顔を拭きたいがタオルが手元になかった為、仕方なく足元にあった未使用のウエス(ぞうきん)で顔を拭いたのですが、そのウエスに「貸しおしめ」という文字を発見したもっちです。こんにちは。3カ月ぶりに北九州ボードゲーム交流会に参加させてもらいました。今回は自分の嫁さんと嫁さんの高校以来の友人の3名で乗り込みました~2人ともボードゲーム初心者なので、これで好きになってくれるといいな。開催場所は戸畑駅前にある「ウェルとばた」。なんと、今回で第100回目!特別にイベントも企画されておりわくわくです。最初にプレイさせていただいたゲームは「画家ネズミのクレックス」。スタートプレイヤーが専用の絵柄が描かれたさいころを振って、出た柄のお題を言ってそのお題のイメージの色を3色選んで各自配られたついたての中にあるパレットにその色を載せて誰かと色が被ればポイントゲット。被った数だけポイントが獲得できるので最大3つ獲得できます。その獲得したポイント分自分の駒が移動し、最初に3周した人の勝利。最初自分の妻がさいころを振りました。どうやら物語のタイトルの目が出たようです。妻「かぐやひめ」・・・・色なんかあるんか!?どうやら抽象的なお題から皆さんの感性のみで選んでどの色をみんなが選ぶのかを考えるゲームのようです。お姫様だからピンクと竹から生まれたので緑となごり雪で白を選びました。なごり雪は南こうせつのグループ「かぐやひめ」の名曲wみごとにすべての色と被ることができました。ほかにも「まる」、「三角定規」、「犬」などのお題が出てみなさんでわいわいプレイすることができました。パーティーなどでやるとすごい盛り上がるゲームだと思います!続いてのゲームは私が持ち込んだ「カステリーナのたからもの」。持ち込んだ理由はインストが簡単先ほどプレイした「画家ネズミのクレックス」のようなパーティーゲームでみなさんが盛り上がってくれればいいかなと。4人で各自好きな色の宝箱をもらいその中に一番最初に自分の宝箱の色の宝を10個ゲットできた人が勝利。白い宝を3つ取ってしまった人はゲームから脱落です。宝は、10秒間上から眺めて場所を記憶してその後、ついたての穴から手探りで宝を選んで取ります。結構簡単そうに見えると思いますが実際やってみるとマジでわかんねーその中で「ミキシ」さんは1ターン目から連続で5個ゲット。「指に目があるんじゃねーの?」と言われていました。続いてのプレイは「フォルム・ロマヌム」縦・横・斜めのライン及び各色で分けられたエリアで一番多く駒を置いた人が勝利点をゲット。5人プレイでは駒は各6個しか持てないため、手元に駒がなければすでに置いてある駒を動かさなければいけないが、ここを動かしたらあの色にやられる~とか、あそこを埋めておかないと減点されちゃう~とか、シンプルなルールの中に考える要素がたっぷり含まれており、終始緊張感のあるプレイができました。ビリニナラナクテヨカッタデス。ちなみにビリは嫁さん。私はブービー。ちょうどお昼になったので隣にあるイオン内の「サイゼリヤ」に行きました。今回は手をつける前に撮影に成功!成長しましたよ、みなさん。昼食後は「ふたつの街の物語」をプレイしました。私の右隣に座っていた人は星屑さんでした。ってか星屑さん、午前中もこのゲームプレイしていた気が・・・どんだけこのゲーム好きなんですか。続いて私がどうしてもやりたくて持ってきた「カタン」ホワイトボードに、持ち込まれたボードゲームがたくさん記入されていたのですが、誰一人としてこの有名なカタンを持ってきている人が居なかったです。誰かが持ってくるだろうと思ってスルーしたらみんな同じくスルーして結局会場に一つもなかったという、ボドゲ会あるあるですね。持ってきてよかった。私と嫁さんと嫁の友人ともう1人はスタッフの「hitbit」さんに入っていただきました。嫁の友人は始めてのプレイだったので私がつたないインストをしていたのですが、熟練者であろうhitbitさんは一言も口出しせずにニコニコしながら聞いていてくれました。最後に足りていない部分を補足していただきすごい感謝です。こういうボドゲプレイヤーになりたいなと、思いました。終始苦戦していたhitbitさんが発展カードとりまくりすごい逆転勝利で終わりました。途中まで初心者勢を楽しませつつ最後に勝利を持っていく。勝ち方が玄人すぎw最後のゲームは「コンプレット」この会場にきたら絶対やらせていただこうと思っていたゲームです。なのに写真を撮り忘れてしまいました。ゴメンナサイ帰らなければいけない時間になってしまったので、残念ながら100回記念イベントは拝見することができなかったですが、今回もすごい楽しめました。同行してくれた嫁の友人にもすごく満足していただくことができました。スタッフの皆様、参加者の皆様、今回はありがとうございました!また参加させてください~

      2
      テーマ:
  • 19 Sep
    • 2016年9月18日 1日ボードゲームデイ参加!

      ヒトカラ(1人カラオケ)にハマっていた時があったのですが、いつものカラオケ店のバイトのお姉さんからはヒトカラをするおっさんってキモいって思われているんじゃないか?っていつも受付するとき勝手にちょっと恥ずかしい気持ちでいました。ある時照れ隠しのつもりで冗談っぽく、「マラカスとタンバリンも貸してください」と言ってみたら無表情で目もあわさずに普通に貸してくれて逆に超恥ずかしい気持ちになったもっちです。こんにちは。さて!今回は2016年9月18日に開催されたnago(nuko-mahi analog game off)さん主催の1日ゲームデイに参加させていただいてきた内容を報告させていただきます!今回の遠征でも宇佐市ボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」主催の星屑さんと同乗していきました。当日はあいにくの雨で、行きの高速の別府湾パーキングでは霧がものすごく途中で通行止めにならないか心配でしたがなんとか到着できました。無事にコンパルホールに着いたのですが、駐車場が満車状態で止められなかったのですが、さすが大分市。あちらこちらに駐車場があり無事に駐車できました。室内の一角に皆さんが持ち込まれたボードゲームが大量に置かれていました。「ボードゲームがごみのようだ」といいながら撮影していたら周りの方にドン引きされました。すこし遅れての参加だったのですでにボードゲームが始められており、1卓では僕の大好きな「アグリコラ」が立っていました。私も参加したかった。。。ちょうど何もプレイされていない方が数名いらっしゃったので、私の持ち込んだ「アイスカルト」を立てさせていただきました。3人でプレイ。中央のコンパス(サイコロのようなもの)を回転させて出目をプレイし、一番最初に自分の色のコーンをすべて(5個)外側のボード枠外に出せた人が勝利。同じ枠に自分の色のコーンをすべて重ねる事が出来たらその場でサドンデス勝利という特殊な勝ち方もあるのですが、自分以外のお二方は初めてのプレイにもかかわらず大人げない私は空気を読まずそのサドンデス勝利で勝ってしまいました。なんか申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、あたたかい皆様は「もう一回やりたい」と言ってくれちょうど同じ中津市から参加のヤマシタさんが到着されたので、一緒に参加してもらい2度目は4人で再開しました。すごいタワーが完成先ほどとは違いみなさん慣れてきたのか、拮抗した戦いになりあと1手あれば私の勝利になると確信してた矢先、自分のひとつ前の手番のかつさんに他人のコーンを利用した超高度なテクニックで玄人のような逆転勝利をあげられ、勝利を奪われてしまいました。さすが強者ぞろいのnagoです。適応力が半端ない。。。続いて、nagoのグループラインにてぶちょーさんと約束していた「パンデミック」をプレイしました。私はこのゲームが大好きで、特に最近は毎日のようにプレイしていました。しかし6連敗中で全く勝ててませんでしたが、連敗記録を止められたらなぁ。あと黄色の治療薬が完成すればめでたく勝利となっていたのですが、数手足りずに最後はその黄色のウイルスが蔓延してしまいあえなく敗北(T-T)しかし皆さんと協力してあと一歩のところまで行けて自分の中ではとても満足しました。初めてプレイする「えげつな7」マフィアの人数をカウントして1~7→7~1と声に出したりカードの絵柄によっては咳払いや無言でスルーしたりと順番に回していき失敗したらその場のカードを全部手札に追加されてしまいます。すべてのカードを無くす事が出来たら勝利。始める前からこのゲームが苦手だと宣言していた小野さんが、あり得ないカードの量になっていたのが印象的でした。「マフィア・デ・クーバ」。自分で役職が選べる正体隠匿系ゲームで、宝石泥棒をボスが尋問して見つけるゲーム。最初のプレイでは私がボスになって皆さんを尋問していたのですが、私のリアル勘違いで本当の事を言っていたナカジンさんをうそつき呼ばわりしてしまいあやうく失敗するところでしたが、なんとか修正出来て奇跡的に宝石泥棒を見つけ宝石をすべて回収~続いてオオツカさんがボスになり私はCIAという特殊な役を選んだのですが、またもやボスが泥棒を見つけすべて宝石を回収し終了~1回目も2回目もヨーコさんの盗んだ宝石の量が半端なく、よくばりさんだということが判明しました。こんなにたくさんのボードゲームがプレイされたのですね。9時~20時まで皆様おつかれさまでした。今回も楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました!最後に参加された皆様とレストランにて食事。カタン大会でのブログでの失敗を教訓に出来ずにまたまた少し食べたあとに写真を思い出し撮影。※ボドゲのプレイ内容にての参加者のお名前は私の危うい記憶頼りなのでもしかしたら別の方だったかもしれません。先にお詫びを申し上げます。。。星屑さんのようなプレイ記をブログで上げられるようになるのはまだまだ長い道のりのようです。

      2
      4
      テーマ:
  • 05 Sep
    • 2016年8月27日~28日ボドゲ合宿参加!

      移動中の車内の助手席にて車酔いになってしまい、我慢できなくなり急遽パーキングエリアに停まってもらったが間に合いそうもなく目の前にある植え込みのところでオェー。顔をあげたらレストランの大窓があり、中のお客さんと目が合ったもっちです。こんにちは。前回に引き続きゲロネタスマヌおもいっきりブログさぼってしまいました。どうもボドゲプレイ中は夢中になってしまい、ブログ用の写真を撮るのを忘れてしまい結局先月は1度も記事をアップしてませんでした。忘れられないように記事書きます~先月の8月27日に湯布院貸別荘風の里にて、nago(nuko-mahi analog game off)さんの主催によるボードゲーム合宿に参加させていただいてきました。前回大分市にて第4回nuko-mahiカタン大会でメンバーの皆様にはお会いできていたのですが、泊りがけの行事に新参者の私でも快く参加了承してただきとても暖かいみなさんで、すごく嬉しかったです。ってかあとで気づいたのですが、カタン大会終了後の活動記録拝見したら、nago主要メンバーリストに私の名前もかかれていました。ワーイ風の里に到着するまであっちをうろうろ、こっちをうろうろ。なぜそうなったかというと、私がスマホでナビをしていたのですが、違う場所を目的地にしていたから・・・奇跡的にたどり着けました。運転手の宇佐ボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」主催の星屑さんスマヌたくさんの木々に囲まれた素敵な雰囲気のロッジです。田舎者のくせにちょっくと都会ぶろうと「空気がおいしいというのはこういう感じなのか~」と言ったら都会出身の星屑さんに、「宇佐に居る時点で空気はおいしいですよ」と。まずはここに来たら絶対にやりたかった「ポーションエクスプロージョン」。星屑さんとガチで勝負してみたかったのです。メンバーは私、星屑さん、がろうさん、ヨーコさんの4名。結果から言いますと、ビリ。がろうさんと同点で最下位だったのですが、がろうさんは初プレイだったので、私の1人負けのようなものでした(TT)続いて、がろうさん持ち込みの「たのめナイン(9)」このゲームの事を検索していたnagoのはまちゃんががろうさんのブログ記事を見つけ知り合えたらしい。そして星屑さん→私と繋がっていくことが出来たのでこのゲームに感謝し、感慨深い気持ちでプレイしました。人とのつながりは大切にしていきたいですね。 どういうゲーム内容だったかは全く覚えていません。参加者総勢16名でのバーベキュー!ボードゲームと同じくらい楽しみにしてました。合宿2日前くらいに、「そういえば弾き語り出来たな」とふと思い出し、この場で披露させていただけるように取り計らっていただいておりました。肉をまずくしてすみませんでした。でも向かいのロッジの別のお客さんからも拍手をいただいて恐縮でした。なぜかパンダが登場。星屑さん持ち込みの「スコットランドヤード・スイス」現地のスイスでしか手に入らないとのことで、レア物です。しかし、バーボンをストレートで煽りまくっていた私の頭は死亡しておりほとんど言われるがまま動いて結局なにもお役にたてずに星屑さん最後まで逃亡。そんなこんなで朝は全員で人狼大会などとても充実した2日間を過ごすことができました。来年も機会があれば絶対参加したいと思います。

      テーマ:
  • 31 Jul
    • 7月30日カタン大会参加!

      深夜に急に激しい腹痛が起こり(下痢ではなくキリキリ痛む)胃腸薬を飲んでも全く収まる気配が無く、胃腸病院に駆け込みました。真夜中にも関わらず親切な看護師が検査の簡単な説明をしてくれ、どうやら胃カメラを使うらしい。私が胃カメラ初めてだということを伝えたら、看護師「眠くなる点滴をするので一瞬で意識なくなるから全く怖くないですよー」との事。本当か!?と痛みに耐えつつ半信半疑でしたが、そう言われたら意地でも意識を保ってやる!とひねくれ者の性格が発動。看護師に連れられて先生のいる診察室に。先生はきれいな女性の方でした。先生と2名の看護師の女性3名に囲まれて、「眠くなる薬を点滴しますね」と言われ意識を保つように気合いを入れ直し、胃カメラが喉に入れられた直前、喉を刺激された影響か来院前に飲んだ胃腸薬混じりの緑色の物体を吐きまくり先生と看護師が阿鼻叫喚している状態で意識が無くなったもっちです。こんにちは。ねこねこねこねこ。今回は大分市にある猫カフェ「ヌコマヒ」さんにて開催されたカタン大会に参加してきました~至る所にねこがたくさん。プレイ中もたくさんの猫がうろうろ。4か月に1度くらいのペースで開催されているようで、今回初めての参加。16名で4戦の結果で順位を決めていきます。宇佐ボードゲーム参加勢は私とKENさん、がろうさんの参加。どうやら今までの宇佐ボドゲ勢の最高順位は13位で参加者のレベルがかなり高いとの事。窓から見える素敵な景色。16時になりくじによる組み合わせにて4卓に分かれ第1戦目スタート!私は青だったのですがぎりぎりで最長交易路をぶんどられ逆転負け。2戦目も勝てそうな感じだったけど良くわかんないまままた負け。。。得点順位ではどちらも2位だったので、残り2戦でどちらかで1勝出来るんじゃないかしらと注文していた「ロコモコ丼」を食べながら淡い期待を抱いていました。料理に対して気のきいたコメントは何も出ません。下ネタ以外はまったくのポンコツです。ごめんなさい。目玉焼きを一口かじった直後写真を撮るの忘れて目玉焼きの角度を変えてばれないように撮影したのは内緒です。でもおいしかったです!そして3戦目。淡い期待を速攻でぶち壊される勢いでビリ終了。4戦目は参加者が持ち込んだ10周年カタンや3Dカタンを使って始まったのですが、我々ビリ決定戦卓では隅っこで携帯キャリーケース盤。なんだこの罰ゲーム感。その中にがろうさんもいました^^結局そこでも勝利することが出来ずに、私は16人中14位という不甲斐ない結果に。がろうさんは11位でKENさんが9位。次回はせめて一桁の順位目指して頑張っていこうとおもいます!主催者の方、ヌコマヒカフェのスタッフ、参加された皆様本当に楽しかったです。ありがとうございました~

      4
      2
      テーマ:
  • 12 Jul
    • 7月10日 第2回中津ボードゲーム布教活動報告!

      嫁さんの実家におじゃましていた時、呼び鈴が鳴りました。義父が出たのですが、近所のおばさんのようで「あなたの家の前に不審者がいましたよ!」とのこと。義父の株を上げるためにその不審者をとっ捕まえてやろう!と僕は部屋で聞き耳を立てていました。義父「それはどんな人でしたか?」おばさん「青白い顔でメガネかけてて気持ち悪い感じで10分くらい前まで車庫の前に座ってました!」10分くらい前までそこに座っていた覚えがあったもっちです。こんにちは。さて、またまた布教活動をやりました。本当は山うにさんと2人でエルドリッチホラーをやる予定だったのですが、長男の友達が早くまたやりたいと言っていたとのことで、どうせなら一緒に呼んじゃえということで第2回目の実施~今回もナトリさんもお呼びして、自分含めて計7人の参加になりました。まずは最近私がどはまりしている「キャメルアップ(拡張込)」各レグでビリの色のラクダの追加サイコロをピラミッドに投入するため、ビリから一気にトップになったりと歓喜や悲鳴があがりました。運もありますが、ある程度の予想も立てられるのでそのバランスがとてもお気に入りです。深く考えるのは苦手なの。その中で山うにさんは40金以上獲得してダントツでトップで終了。以前から山うにさんはどんな初見のゲームでもインストされている最中に攻略法を考え出しているので、私は全く歯が立ちません。このゲーマーめ。2つ目はナトリさん持ち込みの「ドラスレ」私は次の「エルドリッチホラー」の準備の為に席を外してましたが、すごい盛り上がっていました。エルドリッチホラーの準備もある程度終わり観戦してましたが、インストも聞いていなくルールもまったく分からなかったので、みんながワイワイやっている中ぽかんとしてました。疎外感に苛まれ1人で部屋の隅でふてくされてエアコンの取り扱い説明書を読んでいたらやっと終了しました。最後は今回のメイン「エルドリッチホラー」ですボドゲ初心者の中学生にいきなりこのゲームぶっ込んで大丈夫だろうかとかなり心配していましたが、案の定僕の隣にすわっている子はなんかつまんなそうにあくびばかりしてました。やっぱりゲームの背景とかも難解だしまだ早かったな、と後悔しながらプレイしてました。しかも時間が押していた為、途中で終了する事になってしまいました。なんかいろいろ残念な気持ちでいっぱいでしたが、2つ隣の子が「たのしかった!今度は最後までやりたいです!」といって私は涙で前が見えなくなりました。涙で前が見えなくなったのはうそです。振りかえってみてこの子、1人でクルートークン集めたりメインクエストを達成させたりして僕より活躍してました。やはりこのゲーム、合う人と合わない人の差がすごい激しいですね。今度は好きな方だけ集めてじっくりプレイしようと思います。今回もたくさんの方に集まっていただきとても楽しい時間を過ごせました。今後も続けて行けるように日々がんばります~

      2
      2
      テーマ:
  • 26 Jun
    • 6月25日 第1回中津ボードゲーム布教活動開催報告!

      シチューで飯が食えるか食えないかでいつも嫁さんとケンカをしているもっちです。こんにちは。ちなみに僕は食えない派です。ついこの間、仕事が終わって帰宅すると中3の息子とその友達大勢でモンハンをやってたのですが、この人数でボドゲやったら楽しそうだなぁと思い気軽に「ワンナイト人狼」を誘ってみたのですがそれがすごい気に入ってくれたようで、毎日私の「ワンナイト人狼」を持ち歩いてあちこちでやらかしているようです。もしや彼らを取り込んでもっとボドゲを洗脳紹介すればいつも私のボドゲ相手になってくれるのではないか?という期待を込めて、ボドゲ布教活動会を開くことにしてみました。宣伝は息子の口コミのみ。何人集まるか心配でしたが、息子を含め5人の方が来てくれました。私一人では心配だったので、「山うにとうふ」さんと最近別のボドゲ会で知り合うことが出来た「ナトリ」さんに協力を要請したら快くお手伝いしていただくことが出来ました。ナトリさんはボドゲを始めたタイミングが私と同じで初心者仲間♪と勝手に認識しておりました。息子たちはボドゲを「ワンナイト人狼」から入ったので、今回の会は正体隠匿系で固めていくことにしました。「ワンナイト人狼」まずはやり慣れている「ワンナイト人狼」から始めました。最大7人までの為、私は参加せずに眺めていたのですが山うにさんとナトリさんの口戦に圧倒されました。ナトリさんすごい慣れた立ち回りで聞いてみたら昔から人狼系はやっていたらしいです。初心者ではありませんでした子供たちも今後のプレイの参考になったのではないでしょうか。続いてナトリさんにお持ちいただいた「犯人は踊る」です。以前から気になっていたゲームでしたがプレイしたことが無かったので持ってきてくれたのでラッキーでした♪4ターンの間に犯人カードを持っている人を当てれば勝利というゲームのようです。もちろん逃げ切ったら犯人の勝ちです。「うわさ」カードなどの効果で「犯人」カードが移動したりして気を抜けない展開でした。息子友達勢も飲み込みが早く、山うにさんが「犯人」と「アリバイ」コンボで「探偵」から防御しているところ息子友人のキョウヘイくんに「イヌ」カードで貫通され敗北。みんなすごいなぁ。続きまして「ブラッドバウンド」今回の会の為に注文していたゲームでぎりぎりに届いたためインストがものすごく心配でしたが皆さん理解が早くスムーズに始められました。ホッ青の勢力と赤の勢力のバンパイアの戦い。議論は不要で、相手を付属の短剣で刺せば刺された人のカードの情報を一つ開示させなければいけないシステム。相手を攻撃するときにみんな自然と「死ね!」と言うように。「死ね」が行き交うゲームってどうなの。議論が苦手な私のようなプレイヤーでも推理で相手を割り出せるので積極的に参加する事ができました。プレイ可能人数が6人~12人の為敷居が高いですが意外と楽しいぞ。これ。次は、「お邪魔者」これもこの会の為に注文してたのですが直前に到着したのでインストがかなりやばかったですしかしナトリさんがプレイしたことあった為インスト補佐していただきものすごく助かりました!頼もしいお邪魔者になった人は全力でお邪魔しないとあっという間に金塊掘られて負けてしまいますね。私はお邪魔者潜伏させてしまい、完全に戦犯に。やってみたらルールもすごいシンプルで息子たちもあっという間に理解出来、スムーズにプレイできました。最後は、「シークレットムーン」山うにとうふさんが持ち込んでくれました。このゲームも「ブラッドバウンド」同様あまり議論が不要なゲームでした。ってか議論が禁止姫側と大臣側に分かれてプレイされます。1回目はみんな手探りでのプレイの為1ターン目で大臣が割れ終了にしかし1度プレイすればみなさん理解出来たようで、決められたアクションを巧みに使いリュウヤくんが僧侶(人狼でいう狂人)で姫を捕獲!議論が無い分推理力が必要な楽しいゲームでした。4時間の開催でしたが皆さん楽しんでいただき、とても充実した時間を過ごすことができました。参加してくれた息子たち、お手伝いしていただいた山うにさんナトリさん感謝です!時間の都合で買ったはいいけど積みゲーになっていた「レジスタンス」が出来なかったのがちょっと残念。2回目開催できたらいいな~

      3
      2
      テーマ:
  • 05 Jun
    • お化け屋敷の宝石ハンター紹介

      子供の行事でデジカメで撮影した画像のプリントのためにメモリーを嫁さんに渡して、「全部1枚ずつお願い」って丸投げしたのですが、出来た写真の中に鏡が無いからデジカメで鼻毛が出ていないか確認した消し忘れの自分のドアップが紛れ込んでいて悲しくなったもっちです。こんにちは。鼻の穴ひろげてムニーって顔してました。さて、本日はお化け屋敷の宝石ハンターというゲームを購入したのでざっくりと紹介です。全部ドイツ語ですが日本語のルールが付いてます。宝石ハンターのプレイヤーがお化け屋敷の中にある宝石を回収して外に持ち出す協力系のゲームです。 移動は白いサイコロをつかうのですが1~5までは数字の横にお化けのマークが。 サイコロでお化けのマークがでた場合は山札を1枚めくり表示されているアルファベットの場所にお化けを1体置きます。同じ場所にお化け3体目が置かれることになるとお化けが悪霊に変身しちゃいます。パン○ミックのシステムに若干似てますね。悪霊が6体出現してしまったらその時点でゲームオーバー(写真では悪霊とお化けが同じ場所に居る部屋がありますが、実際はそういう状況になることは無いです。ミスです。ごめんなさい。)宝石ハンターが宝石のある部屋に入ったらその宝石を背中に背負えます。一度背負った宝石は外に出るまで下せません。8個全部を外に出せたらプレイヤーの勝利! お化けのいる部屋に入ったらそのお化けを黒いダイスで討伐する事が出来ます。お化けのマークが出たら討伐成功。同じ部屋に2プレイヤー以上いる場合は黒いダイスを手番プレイヤーは同時に2個振れます。宝石を持ったプレイヤーが悪霊のいる部屋に入ってしまうと、悪霊に捕えられ部屋から出られなくなってしまいます。悪霊は一人では討伐することが出来ません2人以上プレイヤーが悪霊の部屋に居るときに、黒いサイコロを振って討伐する事ができます。悪霊マーク1つでも出たら討伐成功~悪霊が増えすぎないように協力して倒しながら宝石を集めるのがいいようです。力技でごり押ししても全く勝てません^^;このゲームは家族の評判がすごく良くて、購入直後は毎日プレイしてました。このゲームに慣れてきたらパンデミックにも挑戦してみようと思います。長男(中3)だけは一緒にプレイしてくれないので、食事中にお化けのコマを1体ずつ置いて「あそんでぇ、あそんでぇ」とアピール作戦の巻うざいと言われ作戦失敗

      2
      テーマ:
  • 25 May
    • トイレ我慢カードゲーム「モレール」購入!

      ゲームセンターのメダルゲームをプレイしている時、隣のカップルから視線を感じて「なんかやな感じだなぁ」って思ってたけど無視してたら、閉店の時間になったのでトイレに行って帰ろうとトイレの鏡を見たら口の周りがどろぼう髭のようにまっ黒だったもっちです。こんにちは。良い子のみんなはメダル触った手で顔を触っちゃだめだよさて今回も「中津でボードゲームやろうよ」略して「なかボうよ」が始まりました!このゲームをサイトで見た直後ポチってしまいました。あほゲー万歳!人間の尊厳をかけるゲームで敗北者は人間以下になってしまうようです。このゲームは3~6人で出来るのですがこのステータスカードが秀逸です。緊迫したセリフが色ごとに全く違うのです。裏表あり。表裏ゲーム初期値では7ポイントあるのですがペナルティを得るとどんどん減っていき最後無くなっちゃうと残念な結果に。ゲームの流れとしましては、最初に配られた4枚の手札の中から1枚を共通の場に出してその数値がカウントアップされていくという仕組み。ちなみにその数値をモレール値というようです。モレール値が1以上のカードを場に出したとき31、61、91(バースト値)になったもしくはそれを超えた人はそれぞれのペナルティを受ける。プレイしてみて感じたのは、やっている途中でモレール値を忘れてわかんなくなっちゃうことがあったので、場の横に電卓を置いて全員のカウントを計算するといい感じ~モレール値アップカードだけじゃなくてマイナスさせるカードや、リバースカード、その他いろんな効果があるカードが意外とたくさんあって、バースト値直前になるとすさまじい攻防がみれてすごい盛り上がります。そして誰か一人がおもらしをしてしまったらゲーム終了なのですが、ここで最後のチェックがすごいリアル。おもらしをしなかった残りのプレイヤーは無事にトイレに到着できたのですが、みなさんも経験ないでしょうか?いままで何とか我慢できていたのにトイレを目の前にすると、自分の意に反してスイッチが入ってしまいズボンを下げるときには半分顔がでていることも固形ならまだ救いようがありますが、軟らorzその緊迫感あふれる表現をサイコロ2個で行いそこでダメージを受けておもらしをした人はその人も負けに^^;終始盛り上がることができました。ボードゲームを初めてやる人にも分かりやすいルールで「はげたかのえじき」とともに初心者キラーとして今後活躍させていきたいと思いました。こういうネタは子供も喜びますしね。それでは今回も閲覧ありがとうございました。なんかおなかが痛くなってきた。

      2
      テーマ:
  • 22 May
    • ワンナイト妖怪開封!

      深夜、自分のおならで目が覚めて、それに反応した空気清浄機が怒り出しMAXで爆音を轟かせながら稼働するため寝付けなくなりいつも寝不足のもっちです。こんにちは。さて!今回のブログでは、「ワンナイト人狼」のスピンオフ作品「ワンナイト妖怪」が昨日届いたので自慢紹介していこうと思います~従来大人数でのプレイが推奨されている人狼なのですが、ワンナイト人狼では最低3名から楽しめて、なおゲームマスターも不要(進行役も参加できる)でそして一晩で終了するため脱落者もでないのが特徴のようです。はじめて人狼をやってみる方はこっちから始めたほうが分かりやすいかもですね~そういう私も初心者ですが^^;封筒が届いたので開けてみると、クリアなプラスチックの容器に入れられたカード類とチラシが1枚はいっていました、っておい!説明書じゃないか。危うく捨てるとこだったよ!まずカードをみて一番最初に感じたことは、従来厚紙だったカードがワンナイト妖怪ではプラスチックになっていました。左半分が「ワンナイト人狼」右半分が「ワンナイト妖怪」ちょっと小さめカードがプラスチックになったということは・・・・・風呂で人狼ができるではないですか!全国の人狼と風呂が同じくらい好きな方是非購入を検討してみてはいかがでしょう。もし入浴全裸人狼大会が開催されても私は参加しません。もう一つのメリットとしては、カードの劣化、傷、こすれ、などで裏からカードが特定されてしまうということが起こりにくくなったのかな。4人プレイでの画像参加人数より2枚多いカードで始めます。各自配られたカードを確認後、場に裏向きにして置きます。中央の2枚は選ばれなかったカード。夜に各役職の方がこそっと行動して、朝になって議論して1名処刑する人を決め、その人が妖怪(人狼)だったら人間サイドの勝ち。人間だったら妖怪(人狼)サイドの勝ち。通常の人狼と大きく違うところは、誰も人狼ではない平和村になることがあるということですね。それではカードを紹介させていただきます~陰陽師人間サイドのキャラでワンナイト人狼での「占い師」とほぼ同じ。夜に誰か1名のカードを確認する、もしくは場の2枚のカードどちらも確認する事ができます。ここからが違うところなのですが、他のプレイヤーのカードを確認した場合そのカードが「豆腐小僧」であったらそのカードを表にすることができます。(表にされた豆腐小僧の効果はのちほど~)五右衛門人間サイドでワンナイト人狼での「怪盗」に似た役職。夜に自分の右側もしくは左側のプレイヤーのカードと自分のカードを交換した後、さらに先ほどとは逆サイドのプレイヤーのカードを交換することができる。内容を確認できるのは最後に自分が所持するカードのみのようです。カード交換をしなくてもよいが、右側だけ、もしくは左側だけ交換とかはだめよ。村人人間サイドでとくに特殊な能力はありません。初心者の私はこのカードがくるとホッとするのは内緒です。でも何もしなくてもいいというわけではなく議論での矛盾などを嗅ぎ分け誰が一番怪しいかを推理するのは同じです。早起き人間サイドで村人と同じく夜は何もすることはできませんが、初期のカードでこの早起きを引いていた人は昼の議論中いつでも自分のカードを誰にも見せないように確認できるようです。早起きは3文の得ってこと?てんぐ妖怪サイドの占い師。夜に陰陽師のターンで今回のプレイヤーの中に陰陽師がいないと思ったら、目を開け他のプレイヤー1人のカードもしくは中央のカード2枚とも確認できる。陰陽師と鉢合わせしてしまったら、先に陰陽師が行動して(カードの内容をてんぐにみられないようにする)その後てんぐが行動する。ぬらりひょん妖怪サイドの怪盗のような役職。夜に五右衛門のターンにて今回のプレイヤーに五右衛門がいないと思ったら、中央の余ったカード1枚を選びもう一人プレイヤーがいるかのように、選んだカードを配置する。その後その選んだカードと誰かのカード(自分も含む)を交換する。自分と交換した場合でもカードの表は見ることはできないようです。「もう一人プレイヤーがいるかのようにカードを配置する」って演出は夜にぬらりひょんが行動を起こしましたよ~っていうのをみんなが認識出来る為の目印なのかな?五右衛門と鉢合わせた場合は陰陽師と同じく五右衛門から行動して、その後ぬらりひょんのようです。豆腐小僧妖怪サイドで特に能力はないです。とってもかわいいですね陰陽師のターンでカードを表にされたら豆腐を取り上げられ人間サイドになってしまうようです。しかも夜に顔合わせした元仲間の妖怪が誰だったかを村人に教えることができる。豆腐小僧からちくり小僧に変身。かわいくないですね。役職の効果が多彩なので、夜が明けたらカードが入れ替わりまくって混乱の渦が予想されますね^^まだプレイ出来ていないので早くやりたくてうずうずしちゃいますこんな感じで紹介を終わらせていただきます~次回のボドゲ会に参加するときに持って行って一緒にプレイしてくれる人募集してみよっと。それでは閲覧ありがとうございました!

      テーマ:
  • 19 May
    • エルドリッチホラー拡張版 狂気の山脈にて リプレイ!

      カップ麺とかの調味油なんかによくある「どこからでも切れます」ってやつ。どこからも切れずに仕方なくハサミで切っているもっちです。こんにちは。さて。今日は会社からお休みをいただいたので、いままで購入したのはいいけどそのまま放置していた「エルドリッチホラー 狂気の山脈にて」をプレイしてみました。本体が無いと遊べない拡張版のくせに、価格が5000円以上する生意気なやつです。箱の表と裏トークン類と南極ボードカード大のサマリーが入ってました。最初からあったら便利でしたね。新たな探索者が8人追加されてます。これはうれしいね~エンシェントワンは2種類追加。イタクァと古のものどもの再来です。拡張版をまぜて説明書を読みながら準備できるまで50分かかりました(ヒィ)1人4役でプレイしてみます。これもこの拡張での追加カード「導入カード」開始前の準備でいろいろ変更や追加が書かれています。6種類あってランダムで引いてもよいし任意で選ぶのも良いみたい。今回は南極ボードもサイドボードとして使う「南極よりの終末論者」っていう導入カードをためしてみます。エンシェントワンは「古のものどもの再来」にしました。このゲームはアクションフェイズ・遭遇フェイズ・神話フェイズに分かれており、アクションフェイズでは移動やら回復やらアイテム補強などが2アクションできます遭遇フェイズでは自分がいるマスの地域遭遇やトークン遭遇などに応じて所定のカードでサイコロにて成功判定をしたり、モンスターと戦ったりします。神話フェイズで「神話カード」を1枚引いてその内容を解決します。だいたいろくでもないことが書かれています。最初のクエストカード破滅トークンが0になる前に4枚達成するとゲームクリアです。(他のエンシェントワンだと3枚でクリアだが古のものどもの再来は4枚)ちなみに破滅トークンが0になるとエンシェントワンが目覚めてそいつも討伐しなければいけなくなりよりクリア困難になってしまいます。南極のサイドボードにあるレイクのキャンプが最初のクエスト場所。しかし先ほど説明した「導入カード」の指示によりレイクのキャンプには「猛り狂うショゴス」というあからさまに強そうなモンスターがすでに登場しています。いきなり波乱の予感・・・1ターン目のアクションフェイズ「導入カード」の指示により探索者リーダーのアシュラーは冒険トークンのある南極(メインボード)からスタート都市以外では出来るアクションが限られているため今回から登場した集中トークンとやらを入手するアクションでターン終了 遭遇での成功判定やサイコロふり直しなどでも使える便利なアイテム。(1人2個まで持てるようです)1ターン目のアシュラーの遭遇フェイズにて探検カードの成功判定にてアーティファクトカードの「聖エロニムスの剣」を入手。モンスターとの戦闘中は意志力+2、筋力+5 モンスターを1体倒すたびに正気度が1回復するという素敵なアイテム。アーティファクトカードはチート級の効果があるカードが多いのが特徴です。次の冒険場所も南極(メインボード)になった為次も狙おう!2ターン目の神話フェイズ。青い神話カード「噂」。21番マスにモンスター「網を紡ぐもの」が出現。決められた期間(超自然トークンが3つ無くなるまで)にこいつを倒さないとなんとその時点でゲームオーバーいきなり終了フラグ立つ・・・しかも噂トークン(!マーク)がある場所はシドニーからしか行けずそのシドニーはゲートやらモンスターやらでぐちゃぐちゃな状態であった。3ターン目の神話フェイズ。探検者リーダーのアシュラーの正気度が2点失い残り1に。さらに同時発生効果マーク(カード上の真ん中の赤いマーク)にて南極(サイドボード)のレン高原にいた「ディンダロスの猟犬」がアシュラを襲う。鬼畜コンボにより最後1点だった正気度も無くなり、気が狂い早くも1人目の再起不能者に。代役として新米警官のトミーを出動。4ターン目の神話フェイズ。同時発生効果にてまたもや「ディンダロスの猟犬」にパトリスが襲われ体力が無くなり再起不能に。この人ほとんど何もできずに退場・・・代役として初期メンバーの頼もしいゲートクローザーのアカチを投入。7ターン目の遭遇フェイズ。ピラミッド群にいるアカチが「レレイの霧」を唱え(モンスターがいる場合はモンスター遭遇が優先されるがこの呪文が成功するとモンスターを無視して別の遭遇ができる)ゲート撤去に成功!そしてアカチの特殊能力で(ゲート撤去直後に別のゲートがある場所にワープできる)シドニーにワープ。やっぱりこいつ使えるね!8ターン目の神話フェイズ。同時発生効果にて2ターン目で発生した噂の時間切れが来て敗北に・・・結局最後までシドニーがモンスターの巣窟になったまま有効な対策も取れず進めてしまったのが敗因だったと思います。「狂気の山脈」のリプレイを観に来てくださったお客様にお詫びを。一度も南極(サイドボード)に行けませんでした!ゴメンナサイ新たに追加された「基地遭遇カード」や「山脈遭遇カード」などは1ミリも紹介するプレイができませんでした。私のお見苦しいへぼリプレイを最後まで観ていただきありがとうございました。次はもっと頑張ります・・・プレイ時間 2時間33分ちなみに片づけ時間 30分準備から片づけまでの全所要時間 3時間53分ハァ チカレタ

      1
      2
      テーマ:
  • 15 May
    • 宇佐ロップイヤーズ第8回に参加させていただいてきました!

      休日に職場の友人宅にお邪魔した時に、以前から友人が少しボードゲームに興味があったので持参していきました。「このゲーム意外とすぐ終わるから気軽にやろう」ってバトルラインを始めました。夢中になり4時間連続で付き合ってもらったもっちです。こんにちは。次の日から友人はボードゲームの話をしなくなりました。なんでだろ?あはは。さて!本日は星屑さん、しーぷさん夫妻が主催のボードゲーム交流会「宇佐ロップイヤーズ」に参加させていただきました。数日前に星屑さんよりメールにて、ニックネームを教えてほしいとの事で連絡がきました。同行予定の嫁さんにその旨を伝えた所「私はコスモスにしてね!それ以外だったら行かないから!」と強く念を押されました。僕に委任してくれたら素敵なニックネーム考えて上げたのに(チッその後職場にて、同行していただく同僚に同じくその旨を伝えた所「うーん・・・」って考えてたので「僕が考えておいてあげようか!?」って聞いたら「おねがいします」と。(ニヤソちなみに同僚の友人も参加したいとの事でその方のニックネームも委任していただきました。とりあえず同僚には「山うにとうふ」という数時間考えた挙句ひねり出した素敵なニックネームを、山うになんとかさんの友人には「にぼし」とつけてあげ、星屑さんに全員のニックネームを送信しました。送信した後で思ったのですが、山うになんとかさんの友人に僕はまだ一度も会ったことが無いのです。たとえば、山うになんとかさんの友人の顔が「にぼし」そっくりで幼いころからいじめられていて「にぼし」というフレーズがトラウマだったら初対面から地雷を踏むことになるんじゃないかと・・・あいにく「にぼし」さんはにぼしにはトラウマは無く無事に挨拶を済ませて会場に向かいました(チッ会場に到着すると初めてお目にかかるボードゲームばかり置かれておりました。わくわくです。最初にプレイさせていただいたのは「ダイ公望」という魚をダイスで釣り上げるゲームでした。カードに表示されている数字にダイスの合計値が近い人がその魚をゲット!所持しているダイス(勝負前に手のひらに握ってみんなに何個かばれないようにする)が一番少ない人がスタートプレイヤーになれるが、少ないダイスだと魚が釣れる条件の数字に到達するのに困難だというジレンマが。10面ダイスや20面ダイスも各自1個ありそれもすごい戦略がありこのブログでは説明できないですが(忘れたのは内緒)とても緊張感ある対戦が楽しめました。ビギナーズラックでしょうか。私が勝つことができました~またやりたいです。私の希望でamazonにてぼったくられて購入したチケットトゥライドの5人対戦を希望していたところ快く卓を設けていただきとても充実した時間をすごせました。僕はまけちゃったけどね。ってかこのゲーム勝ったことないっす。。。他にも他にもたくさんの初めてみるボードゲームをプレイすることができました。全部楽しかったです!(なんか適当だなwクイズいいセンいきまSHOW!恋愛編わたしの世界の見方コルトエクスプレス今日一番楽しかったです~ドラコン中津市対宇佐市の2対2での対決!見事に中津市勝利!バハムートゲート協力系討伐ゲーム13諸島の秘宝次回は5月29日に「重ゲ会」が開されるらしいのでまた参加したいです!本日はありがとうございました!

      テーマ:
    • ブログはじめました!

      大分県中津市在住で、ボードゲームが趣味のもっちです。はじめまして。会社の友人がボードゲームが趣味ということで私に「エルダーサイン」と「パンデミック」というゲームを貸してくれました。すごく楽しくプレイでき、もっとこの世界が知りたくなりサイトなどでチェックした面白そうなボードゲームを買い漁っているところです。私は小学生のころはボードゲームが大好きで、「人生ゲーム」「お化け屋敷ゲーム」「日本特急旅行ゲーム」「気まぐれテレフォン」(他は忘れちゃった^^;)など多数所持していました。しかしファミコンが発売されてそっちに夢中になり、ボードゲームは隅に追いやられいつしか忘れてしまっていました。その当時の情熱が数十年ぶりに蘇り現在夢中になり楽しんでおります。しかしボードゲームは基本、人が数人いないと出来ませんこのブログで新たな同じ趣味を持った友達ができたらいいな。と思い立ち上げました。自分のプレイしたボードゲームの紹介なんかもできたらいいな。それでは短いですがよろしくお願いいたします

      テーマ:

プロフィール

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。