結婚指輪の歴史は?

元々結婚指輪は、古代ローマ人が、

古代ギリシャ人の神話で登場する物語から

ヒントを得て始まったそうです。

神話の物語で、人に火を教えないように、

というゼウスの約束を破ったプロミテウス。

大王ゼウスは怒って、

「毎朝、顔を洗うときに思い出せ!」

プロミテウスの指に鉄の輪をはめました。


このストーリーから「約束を忘れない」

しるしとして古代ローマ人が結婚式で

使ったといわれています。

最初は鉄製のリングだったのが、その後、

金になって、最近ではプラチナも使われる

様になりました。

古代ローマ時代には、このほかにも

金庫のキーを結婚指輪に使ったりしました

が、これは、家計をお任せするよ…と

いう意味だったのでしょうか?

どちらにしろ、精神的な意味が強いのが、

結婚指輪の特徴です。


写真は、モリスブライダルのフェデリング。

フェデとは、忠実を表す言葉ですが、

手と手をとりあった姿をモチーフにした

モノです。



www.morisruby.com