1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年06月28日(火) 20時22分46秒

羽田空港から上海へ…

テーマ:ルビーの旅|旅行記
既に空港で4時間待っていますが、

上海行きの飛行機が多い様で、毎回、

現地からの要請で、出発が2時間ぐらい

遅れます。

今日中に着くのだろうか…

ちょっと心配。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月28日(火) 16時12分32秒

ルーペでルビーの内側を覗くと…愛着がちがう

テーマ:無処理で美しいルビー | 非加熱ルビー
皆さんが、ルーペを使って、

ルビーのインクルージョンを見ると、

このように見えます。



一つひとつのルビーには、

それぞれ違うインクルージョンが

入っていますが、例えば、

このルビー、ミャンマー産ルビーの

典型的なカルシウムの結晶が、

このように見えます。

このルビーは、カルシウム分の多い

大理石の中で育った事が分かり、

…すなわちミャンマー産だということ

が分かる手がかりになります。

皆さんもご自分のルビーの中をルーペで

覗いてみては!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月28日(火) 06時08分11秒

旧約聖書「出エジプト記」の時代に見分けられていたルビーとガーネット

テーマ:ルビーの森|ルビー関連
旧約聖書「出エジプト記」には、

エルサレムの祭司のために胸当て

お織りなさい…とあり、それに

飾る12個の宝石の記載がある。

第一列目には、

ルビー、トパーズ、エメラルド

第二列目には、

ざくろ石(ガーネット)、サファイア

ジャスパー、

第三列目には、

オパール、めのう、アメシスト

第四列目には、

藍玉、ラピスラズリ、碧玉

があり、それぞれにイスラエルの

12部族の名が彫られているのですが、

ルビーが一番先頭に並んでいる…

「知恵は、宝石(ルビー)よりも尊く、
貴方の望む何物も、これに比べるに
足りない」(箴言3章15)
「だれが賢い妻を見つけることが
できるか、彼女はルビーよりも尊い」
(箴言31章10)

と記述があり、その時もルビーが特別な

宝石と認識されていました。

ダビデの子でありイスラエルの王で

あったソロモンの教訓である

「箴言(しんげん)」として

旧約聖書の中にあります。

その当時から最高の宝石として認識

されているのが宝石ルビー。

驚くのは、ガーネットとルビーをその時代

にしっかりと見分けていることです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月27日(月) 18時06分39秒

ルビーは愛の色… ルビー婚のお祝いで笑顔のおふたり

テーマ:無処理ルビー|NotJust非加熱ルビー
<a href="http://stat.ameba.jp/user_images/20160430/16/morisruby/d2/0d/j/o0800053813632983357.jpg"><img src="http://stat.ameba.jp/user_images/20160430/16/morisruby/d2/0d/j/t02200148_0800053813632983357.jpg"  alt="" width="220" height="147" border="0" /></a>
 
結婚40周年は、ルビー婚。
 
いつも黙って、支えてくれた奥様に、
 
感謝と愛を込めてルビーを贈られては
 
如何でしょうか?
 
先日…ルビー婚を迎えるご夫婦が、
 
「宝石なんて買ってくれるのは何時ぶりかな?」
 
とネックレスを。
 
そのままお召しになって、お二人で銀座で
 
お食事に出かけられました。
 
何とも言えない、素晴らしいおふたりに感動
 
しました。
 
ルビーは愛の色…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月27日(月) 12時26分52秒

忘れ去られていた、天然無処理で美しいルビーの価値

テーマ:無処理で美しいルビー | 非加熱ルビー

宝石ルビーの価値を下支えするのは、

伝統的な存在価値とその希少性です。

ロイヤルファミリーや一部の超富裕層の

人々の宝石でした。

憧れの宝石だったのでしょう。

古くから人工的に合成されたものや

人為的に処理されたものが、販売され続け

今では、珍しい宝石ではなくなって

しまいました。

 

宝石ルビーといっても、どれが天然無処理か?

 

分かる人が少ないし…

ルビーを持っているからといって、

「すご~い!お金持ち!」

と言われることもなくなりました。

 

さて、それでは、いったいどのくらい高かったので

しょうか?

16世紀のフェレンツェでは、1ctあたり

のルビーが市民の400年分の年収

に相当したそうです。

今に換算して年収が、500万円だとしたら

1ctのルビーが、20億円!

それは、さすがに高過ぎないか!と。

単純に比較できませんが、そのくらいの

価値観であったと言うこと。

 

でも、このブログをご覧になられた方は、

 

元々の価値も、なぜ今は価値が分かりにくいか

 

の理由も分かった。

 

インターネットで情報が拡散していく時代には、

 

ホンモノが見直されます。

 

FB_IMG_1457002130696.jpg



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Mori's|モリス|日本で唯一、ルビーの採掘権を所有するジュエリーブランド