ワークライフバランス 大田区の女性社長日記

「ワークライフバランス」とは、働く人がやりがいのある仕事と充実した私生活のバランスをとりながら、個人個人が持っている能力を最大限に発揮すること。それが私の人生の指針です。


テーマ:
2014年も残すところあと僅かになりました。そこで改めて時系列に振り返っていこうと思います。

1.病気発症
5月の連休明けに、高血圧、糖尿病、脳梗塞を発症しました。右半身が麻痺し、2週間寝たきりで動くことができませんでした。
生まれて初めて命が有限であることを、意識しました。それまで病気らしい病気をしたことがなかったため、本当に骨身にしみる辛い体験でした。 それでも生きることを諦めない強い気持ちがありました。

そして8ヶ月を経て、8kgの減量に成功し、血圧、血糖値、コレステロール値も大きく改善しました。まだ鼻の周りに若干の麻痺が後遺症であるものの、現在は普通に日常生活を送れるようになった幸せを噛み締めています。

2.食事療法の徹底
5月からほぼ毎日、お弁当持参で会社に通いました。コレステロール、塩分、糖質に注意したメニューに日々腐心しました。

3.継続的な運動療法
病気発症から1ヶ月目は、歩くことが目標でした。そして食生活を徹底的に見直すとともに、運動療法として水中ウォーキングを始めました。
当初は週4回フィットネスクラブに通い、現在は週2回ペースで体調コントロールに努めています。

4.学会発表
病気発症から3ヶ月目に出張に行くことができました。低血糖の発作が起きて、ベストコンディションではなかったものの、北海道の地域活性学会で発表することができました。そしてここで、法政大学大学院政策創造研究科でかつてお世話になった、中嶋聞多先生を介して、慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の前野隆司先生とお会いしたのです。

5.大学院博士課程進学決定
食事療法、運動療法で徐々に体質改善の成果が出てきたので、次は学習療法で脳を鍛えようと思いました。

地域活性学会でお会いした慶応の前野先生のところへご相談にうかがい、大学院博士課程の進学を決意しました。その後、一次試験、二次試験を経て、6ヶ月経った10月21日に慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科後期博士課程に合格しました。来年4月からの進学が決定したのです。

6.新たな大学で教鞭を執ることに
病気発症から7ヶ月目の11月21日。ひょんなご縁から、来期4月から日本女子大学家政経済学科で、非常勤講師として教壇に立つことが決まりました。

7.書籍出版
11月22日、『大田区の法則』という地域エンターテインメント本を出版しました。7月初旬、リンダブックスから書籍の執筆の話をいただき、恐る恐るですが、取り掛かり始めました。
今年は体調を大きく崩したこともあり、書籍出版を半ば諦めていました。ところが21名の「大田区の法則研究委員会」とした協力者のみなさまからご支援を得ることができ、出版することが叶いました。

11月30日には、蒲田にて「大田区おたく」という今や2000名を超えるFBのコミュニティのみなさまから出版のお祝いもしていただきました。本当にありがとうございました。

8. 見えない障がいと戦うために
1ヶ月ごとの短期目標をクリアして、ようやくここまで来ることができました。
私は幸いにして、言語や思考や記憶の障害が、病気を発症した頃からまったくなかったため、外面上は病気であることがなかなか理解されませんでした。それゆえ、精神的にも肉体的にも、対外的には健康そうに見えることから、何度か辛い思いをしてきました。

たとえばかなり肉体的にはシンドい状況でも、表面的には現れないため、話すことを際限なく要求されることがあります。帰宅後、疲労とストレスが限界に達し、過呼吸で倒れてしまったりしたこともありました。

私のような障害者手帳はもらえないけれど健常者とも言えない福祉制度の狭間にいるような、「見えない障がい」と戦う人たちはきっとたくさんいるのではないでしょうか。
私はその人たちのために、そして自分自身のために、これからできることを考えていければと思っています。それが来年からの私の目標のひとつでもあります。

以上、簡単ですが今年を振り返ってみました。来年も体調に留意し、一歩一歩歩いて行く所存です。どうぞ来年もよろしくお願い申し上げます。

奥山 睦 拝
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
11月30日、Facebookのコミュニティ、『大田区おたく』1000人突破&『大田区の法則』出版記念のパーティーが開催され、60名弱のみなさまが参集しました。
開会のご挨拶は、「大田区おたく」の主宰者三沢清太郎さんと私も所属する、大田区異業種交流グループ連絡会の日置清弘会長にしていただきました。

日置さん


会場は羽根つき餃子で有名な京急蒲田駅至近のニーハオ大飯店。おいしい中華料理に舌鼓を打ち、終始和気あいあいの雰囲気の中、話に花が咲きました。

ニーハオ


いまやこのコミュ二ティは1500人に迫る勢いです!
しかもこの中から、「落書きバスターズ」という町の落書きを消すボランティア活動が活発に行われたり、メンバーの飲食店に日々、コミュニティの仲間が集まったりと、とてもアクティブな様子がコミュニティのFacebookにアップされ続けています。
30日は初めての大オフ会で、私もドキドキしながら参加させていただきました。
途中、メンバーのみなさまのPRタイムも設け、経営する店舗やミュージカル公演などをご紹介いただきました。

和気あいあい


今回、「大田区おたく」のコミュニティのメンバーのみなさまに、たくさんご協力していただいたおかげで『大田区の法則』という本が仕上がりました。
この本の制作プロセスはユニークな手法をとりました。
21名の方に情報提供をしていただいたのですが、2回情報交換の場を設け、Facebookのみで参加者を募集して来ていただいたのです。

メンバーは地域映画を作っている方や蒲田切子の製作をしている方、蒲田図書館の館長さん、下町ボブスレーのメンバー、自治会活動に携わっている方、区議会議員さんなど実に多彩。
そんな方々のネタ出しの協力を経てコンテンツを私が精査し、原稿に落とし込んでいったのが今回の『大田区の法則』なのです。

販売方法は大田区の書店、コンビニの地域エリア中心で、実は蒲田グランデュオの有隣堂さんでは、発刊2日目の11月24日から本日12月3日までの10日間、売上3位をキープしています。
地域限定のエンターテインメント本が、区民のみなさまの支持を受けたことを考えると、嬉しさもひとしおです。
実はこのとき、初めてPOPで楽しいイラストを描いてくださった、アキワシンヤさんともリアルミート!担当編集者の松原大輔さんとも一緒に3ショットも実現しました。

3ショット


今年5月の連休明けに、高血圧、糖尿病、脳梗塞を発症しました。
右半身が麻痺し、2週間寝たきりで動くことができませんでした。

発症から1ヶ月目は、歩くことが目標でした。
そして食生活を徹底的に見直しました。
2ヶ月目は電車に乗ること。
この頃から水泳を始めました。
3ヶ月目は出張に行くこと。
ベストコンディションではなかったのですが、学会発表のために北海道へ行くことができました。

そして4ヶ月目から勉強を始めました。
学習療法で脳を鍛えようと思ったのです。そしてこの頃、書籍の執筆の話をいただき、恐る恐るですが、取り掛かり始めました。そしてたくさんの協力者のみなさまから支援を得ることができました。

そして6ヶ月経った10月21日。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科後期博士課程に合格しました。
7ヶ月目の11月21日。来期から日本女子大で教鞭を執ることが決まりました。
翌11月22日。『大田区の法則』を出版しました。

それまでの過程を振り返ると胸がいっぱいになりました。

そして「大田区おたく」の大オフ会で、多くのみなさまに出版のお祝いをしていただき、感激で思わず涙……。
グラスフォレストさん製のステキな蒲田切子のグラスも記念品としていただきました。一生、大切に使わせていただきます。また五島電機株式会社の濱口朋子社長から美しいお花のアレンジも届きました。有難うございました。

蒲田切子


お花


このコミュニティを主宰され、今回の大オフ会開催のきっかけを作ってくださった、三沢清太郎さん、本当に有難うございました。そして当日、受付、会計、司会、カメラ撮影などもすべてコミュニティのボランティアの方々が役割を買って出てくださいました。本当に有難うございました。
みなさまの優しさ、結束力は、ただ一点「大田区が好き!」という思いから。

そして第2フェーズとして当日のプレゼント抽選で大人気だった、ウェディアさん(下町ボブスレーTシャツを製作してくださった工場)製の「I♡OTA」のTシャツが商品化する、という動きも出てきています。

プレゼント


ますます「大田区おたく」から目が離せません!(*´▽`*)
来年早々には2000人突破するかもしれませんね。
またその時に、大オフ会ができて、たくさんのみなさまにリアルミートできることを夢見ています。

ILOVEOTA


奥山 睦拝

大田区の法則 (リンダブックス)/泰文堂

¥1,026
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。