ワークライフバランス 大田区の女性社長日記

「ワークライフバランス」とは、働く人がやりがいのある仕事と充実した私生活のバランスをとりながら、個人個人が持っている能力を最大限に発揮すること。それが私の人生の指針です。


テーマ:
昨夜の報道ステーション、「下町ボブスレー」特集でしたね。

「下町ボブスレー」でググってくる方も多かったようで、私のブログの過去記事も、アクセス解析を見たらかなりヒットしてました( ̄∇ ̄+)

株式会社マテリアルの細貝淳一社長、有限会社大野精機の大野和明さんをはじめ、大勢の地元の知り合いの方々が映っていたので、感情移入しないわけにはいきません。画面に釘付けでした!(‐^▽^‐)

$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-細貝



$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-ボブスレー



国産初のボブスレー用ソリを製作した大田区の町工場の有志27社。
海外では名だたる自動車メーカー、航空宇宙会社が開発している中、日本では海外の払い下げ品を改良して使用していたというのが現実です。

その状況を「町工場の現実と似ている」とプロジェクトの実行委員長の細貝さん。

厳しい経済情勢の中、さまざまなハンディキャップを背負いながらも生き残っていかなければいけない中小企業と、日本のボブスレーを取り巻く厳しい環境を重ね合わせて出てきた言葉です。

そこで受注の「待ち工場」から脱却すべく、プロジェクトのメンバーは無償で高スペックのボブスレーを作り上げました。しかも昨年末に開催された長野の全国大会ではぶっちぎりの新記録!
競技スポーツはいわば「結果を出してナンボ」の世界。しっかり結果が伴ったことで、大田区町工場の技術力の高さが証明されたとも言えるわけです。

昨年、プロジェクトへの参加呼びかけをして個々の企業が部品製作を担当し、「たった12日で作ったんですか?」と取材した松岡修造さんが驚きの表情を浮かべていました。
しかし、大田区の町工場は、図面が来て翌日納品するなんていうのは当たり前。
多品種短納期どころか変品種変納期にも対応しているのが、日々の町工場の現実です。当然厳しい品質管理にも耐えうる製品でなければなりません。この日々の厳しい環境に鍛えられている大田区の町工場だからこそ、「下町ボブスレー」を生み出すことが出来たのでしょう。

最後に「もし海外の目に留まって注文があったらどうしますか?」との松岡修造さんの質問に、細貝さんは、「断わる」

日本人が作るものは日本人が乗る。

この気概、覚悟にも似たメッセージに思わずホロっときました。

2014年のソチ五輪に向けて、更なる飛躍を心から期待しています!
そして私も微力ながら「書く」ことで、後方支援ができれば幸いです。

$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-大野



#本日の5つの良いこと。
1.無事ルーティンワークを終わらせた。
2.電子書籍の表紙画像が出来上がった。
3.来年度の企画がスタートした。
4.明日から入院していたスタッフの復帰が決まった。
5.ハンバーグが美味しくできた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『キャリア・チェンジ!-あきらめずに社会人大学院!新たなキャリアを切り拓こう-』(生産性出版)

ようやく最終校正まで辿り着きました!

$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-最終校正


法政大学大学院政策創造研究科 諏訪康雄教授および諏訪研究室の修士・博士課程修了生・在籍生の総勢14名による共著です。


私は諏訪先生から編集長を拝命され、10月から企画書作成、出版社探し、編集作業と携わってまいりました。

日々共著者から届く原稿をチェックし、弊社デザイナーにDTPを組んでもらうという流れ作業。14名という大人数の原稿の取りまとめは、想像以上のワーク量で年末は鼻血が出ました…( ̄_ ̄ i)
でも、諏訪先生の細やかな原稿チェックや副編集長のさとゆうさんのサポートを得て、なんとかここまで辿り着くことができ、感無量です!

社会人が大学院へ行くということはどういうことか。また社会人大学院へ行く前に知っておきたいことは何か。
本書では、大学院進学のための基礎知識や、その申し込みから入学まで、実際の研究生活の様子をはじめ、修士獲得までの道、それによる効果、修了後のさまざまなキャリアの事例などを、実際の体験記も交えながら紹介しています。

執筆にあたられた、諏訪康夫先生をはじめ、石山恒貴さん、鍵谷道生さん、菊池桃子さん、小山浩一 さん、齊藤弘通さん、佐々木広美さん、佐藤雄一郎さん、清水誠司さん、鈴木康仁さん、須東朋広 さん、千葉登志雄さん、早川由美さん、そして私・奥山睦。
本当にお疲れ様でした~。

月曜日に校正戻しをして、印刷・製本に回ります。

既にAmazonでは予約販売が始まりました。
書店発売は2月16日です。
どうぞ皆様、『キャリア・チェンジ!』をよろしくお願いいたします![^ェ^]


キャリア・チェンジ!/生産性出版

¥1,575
Amazon.co.jp

#本日の5つの良いこと。
1.新潟出張の資料がすべて出来上がった。
2.『キャリア・チェンジ!』の最終校正紙が届いた。
3.昨夜、菊池桃子さんが登壇したセミナー、「オトナの女子会」でお知り合いになった出版社の方から、アポをいただいた。
4.入院中のスタッフのルーチンワークを他のスタッフがカバーして、無事今週の仕事を終えることができた。
5.嬉しいメールをいただいた。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
午後から世田谷美術館「生誕100年 松本竣介展」を観に行きました。

ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-松本竣介



松本竣介の同時代には、武蔵美で教鞭を執っておられた麻生三郎先生(私らの世代はその最後の教え子となりました)、靉光、舟越保武などがおりました。

大学時代は、正直言ってあまり興味がある画家ではありませんでした。
どちらかというと、「眼のある風景」を描いた靉光に傾倒していたような美大生でしたから…。

松本竣介は同級生だった奈良美智くんがかなり傾倒していた記憶があります。
彼が1年のときに描いてきた津軽の風景画は、松本竣介の作品にかなりインスパイアされたような印象を受けました。

大学時代、私は「ちょっと苦手だな」と感じたのは、その軽妙さというか…。ちょっと説明し難いのですが、松本竣介自体は病気で聴覚を失い、36歳で夭折した画家なのですが、絵そのものはどちらかと言うと軽妙なのです。戦禍をくぐりぬけて激動の時代を生きてきたはずなのですが、その絵は決して重くはならない。それが悪い、ということではなくて…。

今回の展覧会で、はじめてまとまって松本竣介の作品を観ました。
代表作「立てる像」、「Y市の橋」をはじめ、自画像シリーズなど、震えるような心の機微を感じられる作品群。
この軽妙な、清涼感にも似た感じが、現代人には受け入れられやすいのかなぁ、と思いました。いわば「癒し」効果とも言えるような…。

世田谷美術館で1月14日(月祝)まで開催されています。
ネットで日経の紹介記事が出ていますのでご参考まで。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO43413790V00C12A7BC8001/

#本日の5つの良いこと。
1.松本竣介展を観に行けた。
2.校正の確認が終わった。
3.読書がはかどった。
4.ようやく証明写真を撮りに行けた。
5.1日穏やかな気持ちで過ごすことができた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明けましておめでとうございます!

2013年のスタートです。

今日はいつもよりも少しゆっくり起床して、家族でお雑煮とおせち料理を食べ、我が家の隣の神社へ参拝してきました。
おみくじを引いたところ、なんと…大吉!(ちなみに夫と息子は末吉でした(・∀・))

その後、夫の実家の平塚へ車で向かいました。
毎年、お正月は夫の両親、夫の妹家族と一緒に旅行をしていたのですが、義母が目の手術を近々控えていることもあり、今年は旅行を見送りました。
その代わり、総勢10名が夫の両親宅へ参集し、賑やかなお正月となりました。

18:00頃に自宅に戻り、その後はゆっくり本を読んだり、TVを観ながら過ごしていました。
年末は仕事納めの夜までバタバタでした。少々体調が不安でしたので、神様がくださった休日だと思い、少しこのお正月はゆっくり過ごそうと思います(´▽`)


昨年もたくさんの方々のご縁をいただき、ご指導をいただきまして、本当にありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-お飾り


#本日の5つの良いこと。
1.お雑煮がおいしくできた。
2、夫の実家で総勢10名が参集し、楽しく過ごすことができた。
3.息子が肩のマッサージをしてくれた。
4.藤沢付近で富士山がすごく綺麗にみえた。
5.新しいブーツをゲットできた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。