久々に本当に魂を揺り動かされた言葉。

「日本語には『理動』という言葉はなく『知動』という言葉もありませんが、『感動』という言葉があります。つまり、人は、『感』性によって『動』かされるものであると思います。」(弁護士・高井伸夫先生のブログより)

そう、そうなんです!
なんだか初心に戻ることができました。

私はこの「感動」を求めて、一時は必死になって美術を学んだわけです。
そのうち、どうしても「美術」で食べていくイメージが湧かなくなったのです。
ライフワークとライスワーク(=食べるための仕事)は、似て非なるものではないか、とふと気づいてしまったわけですね。

そこからはもう負のスパイラル。
かなりもがき、苦しみ、そしていつの間にか少しずつ道も変わっていきました。

「やめない選択。
変える選択。
そして、
やめる選択。

続けることで見えてくるもの。
止めたからこそ見えてくるもの。」
(ベトナム奥様の日記より)

今の自分は、様々な選択を自分自身がしてきたからこそ形成されたわけです。
10数年前に法政大学の諏訪康雄先生にお会いしていなければ、自分が大学院で再び学ぼう、という道も開かれなかったと思います。

そして勉強をし始めると、またもや必死に立ち向かう自分がいたりして。

「地域活性化のための研究」という新たな課題が見つかり、もう少し勉強を続けたほうがいい、という修了にあたっての諏訪先生の言葉がズーンと胸に響きました。


きっと自分の道は、また変わっていくような気がします。
ただ、若いころとは違って、今は、それをありのままに受けいれられる自分がいます。
自分のその時、その時の変化に寄り添いながらも地に足をつけて。


人生後半、そんな生き方をしていきたいものです。


#本日の5つの良いこと。
1.産業交流展@東京ビックサイトへ行った!
2.会場でいろいろな人とお会いすることができた。
3.秋田から送られてきた新米がおいしく炊けた。
4.修士の仲間の活躍をFBで知ることができた。
5.懸案だった某案件が無事納品できた。
AD

右脳に刺激を与えた3連休

テーマ:
久々に穏やかな3連休を迎えました。少々、やらなければならない教育DVDの評価の仕事があったのですが、1日2時間ずつやれば十分でした。

連休1日目。
青山のワタリウムにて、草間彌生展を観ました。1960年代の作品にスポットを当てたものでしたが、当時日本人の女性アーティストが渡米して、作品を発表するのは容易なことではなかったでしょう。彼女はジョージア・オキーフに手紙を書き、それがきっかけとなって渡米した、とありました。
未来の扉は、自分が動き出さなければいつの時代も開かないんだなぁ、と実感。

その後、武蔵美時代の同級生・新井敦夫くんの個展に伺うため、タンバリンギャラリーへ。

新井くんとの再会は、なんと大学卒業以来!なんだか仙人みたいな風貌になっていましたが、きっと絵だけを描いてきたのでしょうね。ひとつの道を追求してきた潔さみたいなものが全身からにじみ出ていました。展覧会のあとは、当分、パリに滞在するようです。
$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-Arai


連休2日目。
お仕事仲間の漫画家の細川貂々さん原作の「ツレがうつになりまして。」の映画を見てきました。
貂々さんと初めて会ったのは、10数年前。友人の龍川優さんのご紹介でした。
ご自宅にも遊びに行って、ペットのイグちゃんと遊ばせてもらったり、お手製のマトリーシュカもいただきました。そのころは、「ツレ」ことえいびーさんもお元気でした。

その後のお二人の経緯に関しては、漫画でも、NHKドラマでも、そしてこの映画でも紹介されていますから、きっと広く知られていることと思います。

いい映画でした。宮崎あおいさん、堺雅人さんというキャストもいい!実際のお二人の空気感とも重なるものがあって、号泣しました・°・(ノД`)・°・
貂々さん描きおろしの漫画も散りばめられていて、その点も楽しめました。
時には「頑張らなくてもいいんだよ」、「無理しなくてもいいんだよ」。そんなメッセージが聞こえてきそうな作品です。


連休3日目。
北品川の原美術館へ行きました。
「アート・スコープ2009-2011」─インヴィジブル・メモリーズ
小泉明郎、佐伯洋江、エヴァ・ベレンデス、ヤン・シャレルマンという日独作家の展覧会。作品の背後に見えない記憶(インヴィジブル・メモリーズ)を内包した空間世界が出来上がり、そしてその作品を鑑賞することによって生まれる更なる世界観。

原美術館はお散歩にはいいですね。帰りはゼームス坂を通って大井町まで30分かけて戻りました。お天気も良くてサイコーの気分でした!

ということで、右脳に刺激を与えた3連休をおかげさまで過ごすことができました!左脳ばかり使っているとアイデンティティが崩壊しそうになります。今の私にとって、アートは「砂漠に水」ですね(*^▽^*)

#本日の5つの良いこと。
1.久々に原美術館へ行ってリフレッシュ!
2.夫から誕生日イブで花束が届いた。
3.来年の奈良美智くん手帳を原美術館でゲット。
4.お赤飯がおいしく炊けた。
5.評価用教育DVDの鑑賞が終わった。
AD

学位記交付式&授与

テーマ:
今日は修士課程修了のセレモニーの日でした。
10時からは、市ヶ谷キャンパス外濠校舎で学位記交付式が行われました。9月卒業の学部、通信教育、大学院修士課程、博士課程の卒業生が一同に会しました。たぶん100名くらい?

$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-学位記交付式


午後の学位記授与まで、少し時間があったので、同じ卒業生の岡本ゼミの高倉さんに案内していただいて、神楽坂をぶらぶら散策しました。毘沙門のそばの「だいこんや」という和食屋さんでまったりランチしました。

その後、新見附校舎4Fで待機していたら、TAの早川さんから素敵なお花をいただきました。有難うございました!

14時に7Fに移動。研究科長から学位記を授与され、その後、記念撮影でした。サプライズで、1期生の清水さんが来て下さって、セレモニーにおつきあいいただきました。有難うございました!それからロールケーキもいただきました。重ねて御礼申し上げます。

$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-集合写真


$ワークライフバランス 大田区の女性社長日記-諏訪先生と


指導教員の諏訪康雄先生には、3年半の長きにわたり本当にお世話になりました。有難うございました!
副指導教員の坂本光司先生をはじめ、在籍中、お世話になった先生方、みなさま、本当に有難うございました。今後も「何回でも女子大生」の気持ちでいきたいと思います。

それから、夫が品川区政功労者に選ばれ、本当は今日が表彰式でした。しかし、業務多忙のために残念ながら出席できませんでしたが、夫の長年の地域活動への貢献にも心から拍手を送りたいと思います!


#本日の5つの良いこと。
1、学位記交付式&授与、無事終了。
2.夫が品川区政功労者に選ばれた。
3.素敵なお花をいただいた。
4.神楽坂をゆっくり散策できた。
5.お赤飯がおいしく炊けた。
AD