モンゴルだるま@ウランバートルです。
物不足には慣れているはずですが、やっぱり久々に1ヶ月余りに続き、そして新聞、テレビなどでの政府発表とはウラハラにどんどん悪化の一途をたどっているようなオイルパニックに、気持ちがささくれ立っております。

先日5月28-29日に開催した「モンゴルザクラお花見乗馬・ラクダ騎乗トレッキングツアー」は総勢20名様、2歳児からん十歳の方々までまさに老若男女入り混じった賑やかな大所帯ツアーとなりました。

さんざんがんばってディーゼル燃料を集めたわけですが、どうしても大型バスを動員するには予算的にも厳しいことになり、ガソリン燃料のハイエース(13人乗りマイクロバス TOYOTA製)とピンクワゴン(12人乗りマイクロバス ヒュンダイ製)の2台に鮨詰め分乗することに。

6月10日ごろに一応、ロシアから政府が外交交渉の末、ある程度の国内需要を満たすだけの燃料を輸入できることになった、という話もあるけれど、逆に7月1日までは国の公的機関と国会議員が経営している鉱山関係企業とか建設関係企業などに優先的にまわされちゃうから、やっぱり一般車両に対する燃料不足状況は泊まらない、という話もある。

政府発表がことごとく現実的には覆されている状態で、ガソリンスタンドの多くがディーゼル燃料の販売を制限、あるいはもう完全に「タンクは空っぽ、売れるものがない」と開店休業状態。
今のところ、ソドモンゴルが一番安定していて、プリペイドカードは1日あたり25,000tgの追加補給ができて、これによって1日15リットル程度はもらえる。15リットルといえば、グレースだと、一応90km前後は走れるという計算で、市内の移動には滞りないという程度です。ソドモンゴルでは4月26日までは1370tg程度だったのが(ちょっと安いスタンドで買ってた)ロシアの輸出停止処分発表で一気に1430tgまで値上がり、さらに5月5日くらいには1470tgに。んでもって、つい先日、お花見ツアーの1週間ほど前に1590tgにと値上がりがつづいているのです。


こういう燃料の高騰状況は、すでに4月28日の段階で私には見通せてたから、1トン分のドラム缶に備蓄したかったのですが、ガナー君がまったく協力してくれず、「新聞では燃料がきれることはないといっている」との一点張りで、今現在の朝から晩まで行列し、市内をかけずりまわっても、遠出するために必要な燃料が確保できない、という状態にいたっています。先の見通せない負け組モンゴル人に関わるとろくなことが無い、という典型です。
業務に支障を出さないように、結局、今年も勝負にうってでる!ぐらいの覚悟でツアー三昧にしたかった気持ちをややペースダウン。

燃料の保管場所がないと確かに危険は危険なのです。
ガソリンスタンドでは燃料確保に血眼になっている人たちの間で日常茶飯事的にハードで血しぶきが飛び散るような殴り合いが繰り広げられています。ましてや一般人のところに燃料の備蓄があるってわかったら、燃料泥棒が夜中に忍び込むだろうし、ねたみで家を放火しようとする輩が現れてもおかしくない。それがゲル地区の治安状況なわけですから。

そんな状況でブログの更新もままなりませんでした。

くすぶっていても仕方ない、とわかってはいるのですが・・・
先が見通せないし、根拠が全然ない提灯記事みたいなモンゴル国内での新聞やネットニュースなどを翻訳して流したところで、ガセネタつかまされたみたいな徒労感は多分、読者の皆様のほうが私より酷いかもしれんしな、とか、すっかりネガティブな気持ちになっているから。

MT(マグナイトレード)から300ℓ分の燃料配給券を確保できる、というガセネタで5日間を完全に待ちぼうけ状態で振り回され、人づてで200ℓ分のディーゼル燃料確保の約束を取り付けたけれど、皆が制限配給を甘んじている中でとても行列している人々の前にドラム缶に燃料入れているところを見せられないという事情で15時間まった挙句断念せざるを得なくなり、1ℓ3,000tgなら売ってやるといわれたけれど、それがまた1トン単位ということで、ムリになり・・・とずーっと振り回されっぱなしです。

これからは自転車の時代だな。といってもかっこいいマウンテンバイクとかじゃなくて、ママチャリでいいと思います。駐輪所さえ点在設置できれば平坦なところばかりのウランバートル市内なら十分機能できると思う。
今、モンゴルに入ってきている自転車はマウンテンバイク的なスポーツ自転車ばかりだけれど、日本から放置自転車になっちゃって処分に困ってるママチャリとか輸入できれば、今のこの大気汚染とか大渋滞とか燃料不足とかに対しての一般庶民の対抗策になるはず。誰か一緒にやりませんか?
AD
ご無沙汰しました。
モンゴルだるま@ウランバートルです。

先週は、まぁ、いろんなことが立て続けに起こり、なんだかブログ記事を作ったり、更新したりする余裕が全然ありませんでした。

反省です。

こんなダメダメな私ではありましたが、1週間延期していよいよ今週末にせまった毎年恒例「モンゴルザクラお花見乗馬・ラクダ騎乗トレッキング1泊2日」エコツアーの参加者が控えめな私の予想をはるかに上回りなんと20名弱のご参加。

そんな大盛況になったツアーの詳細はコチラ



ウランバートル市内や中・長距離地方バスとして使われているミクロ(マイクロバス 多くはヒュンダイ製のグレース)のように鮨詰め状態でお客様を運ぶわけにもいかず、当然のことながら、ピンクワゴンはお休み。急遽、25人乗りの大型バスをレンタルすることにしました。

嬉しい悲鳴ではありますが、久々に自社車両以外をレンタルすることになったら、レンタル料が「た、た、高い・・・」。

昨今のディーゼル燃料不足など足元見られて、なんと今回、清算が移動距離xメーター単価(しかも市内タクシーの倍以上)という。。。

というわけで、あと2、3名様参加していただけると赤字、ガイドで企画者なのに自腹で参加、という事態は避けられるんだけど・・・どうですか?駆け込み乗馬?

お申し込みはmongolhorizon☆gmail.com(☆印を@マークに変えてくださいね)まで。
お問い合わせといっても、ツアー募集で書いていることぐらいしかないので、直感・フィーリングで「参加したい!」という方だけご連絡くださいませ。

21日には固い蕾だったモンゴルザクラも、ここ2、3日にあったかくなったおかげで、ボチボチ咲いているそうです。
咲き始めるとあっという間なのですが、とにかく週末までは穏やかに咲き乱れていてくださいませ、と去年に引き続き願うばかりです。

賑やかなお花見イベントになりそうです。

あ、ちなみに、人が増えたことと、去年の牛肉BBQの肉が固かった、といわれちゃったので、今年は花見現場でホルホグパーティーってことにします。

参加者の皆様には後ほど、詳細をお送りします。

AD
モンゴルだるま@ウランバートルです。
先日ご紹介させていただきましたアクティブエコツアー(詳細はコチラ)の日程を天候上の理由で1週間延期することになりました。

参加ご希望者が多かったため、急遽、車両を大型25人乗りバスに変更しました。
5月23日現在の参加者19名様。うち、ちびっこが何名かいらっしゃるので、あと2・3人は受け付けられます。
駆け込み乗馬ご要望の方、すぐにご連絡ください!(先着順とさせていただきます)
mongolhorizon☆gmail.com(☆印を@マークに変えてね)


現地からの連絡で、4月末から断続的な吹雪によって、土壌水分は十分ながら、気温が開花に十分なだけ上がらなかったため、当初予定していた5月21、22日には花が咲かない可能性が高い、とのこと。

モンゴルザクラは、ウランバートルのビルの陰や日当たりのよい場所などではすでに花盛りを迎えているわけですが、やはり沙漠に自生という過酷な環境では思ったようには花は咲かない、ということですね。

5月17日までに参加お申し込みをいただいた方にはすでに日程変更のご案内をさせていただきましたが、日程変更によって、参加をご検討いただける方もいらっしゃるかなぁ、と思って再告知させていただきます。

お申し込みは現地への予約の関係上、5月23日(月) までにお願いいたします。




毎年恒例のモンゴルホライズン・バヤンウンジュール遊牧民のコラボツアー。
砂漠と草原の境界線にあるモンゴル桜(ボイルス)を馬・ラクダに乗って見に行きます。
ランチはBBQまたはお弁当。
【場所】
ウランバートルから南へ約150㎞ トゥブアイマグ・バヤンウンジュールソム(アルブルドツーリストキャンプ)

【集合場所】在モンゴル日本人会総会会場から15時の懇親会終了後、専用車で出発。総会に参加していない方は、15時ごろにハーン銀行本店前のピンクワゴン前にお越しください。

...
【プログラム】
初日:草原からゴビへの植生の移り変わりを観察しながら移動(約4時間弱)
   現地には手つかずの自然。広大な砂丘を散策。
   ラクダと馬のお試し乗り(1人30分程度)
   あるいは夕食後、草原の乗馬を楽しむ。
   天体望遠鏡で月を見つめて癒される
   モンゴル談義に花をさかせる。
   ゲル宿泊
2日目:馬・ラクダでトレッキング(約2時間)
   砂漠でお花見ランチ (ホルホグパーティー
   乗馬や乗ラクダを楽しむ。
   大体18時ぐらいに乗馬終了。整理運動をして撤収の予定。ウランバートル市内のご自宅・ご宿泊先までお送りします。

【1名様あたりの料金】
 1名様…340,000tg (23,000円)
 2名様…210,000tg (14,000円)
 3名様…170,000tg (12,000円)
 4名様…150,000tg (11,000円)
 5名様以上-12名様まで…140,000tg ( 9,700円)

 13名様以上24名様まで・・・140,000tg(9,300円)
 すいません。車両を外部からレンタルすることになってしまい、当初予定していたよりも車両代が予算を大幅にオーバーしてしまいました。ゆえに人数が増えても、これ以上お安くすることができません。ごめんなさい!!!!(でも、企画内容に対して、1万円弱、150,000tgを切る料金ってかなり格安なはず)
 かわりに普通のランチあらため、新鮮なハーブを食べてパワーアップしている羊Or山羊のホルホグ(モンゴルの野外おもてなし料理。圧力釜などを使った石蒸し焼きの絶品料理)をすることにしました。


【定員】12名様まで 
(すでに5名様お申込み済みなので催行は決定)
希望者が多く、締切前にあっという間に定員を超えてしまっていたので、急遽25人乗りの大型バスに車両を変更。なので、あと2、3人なら受付可能です。てか、むしろ参加してくださーい!


4月28日からのモンゴル国内での車両用燃料の値上げにより、前回の告知よりも交通費がかかることになりました。ウランバートル市内では1回につき30リットル、地方では20リットルの販売制限が行われているため、今回は、弊社の備蓄でまかなえるだけの車両をつかうことにしました。
ゆえに定員は12名様までとさせていただきます。
(諸事情で既に備蓄を使い果たしてしまいました。大手石油燃料販売会社と交渉し、ディーゼル燃料配給券を購入し、200リットル確保の手配をしました。)

残席は5-72-3名様です。
 

*ご出発日当日、エコツアーガイド・山本千夏に現金でお支払ください。 
*銀行振り込みをご希望の場合は、別途ご連絡ください。


【対象】在留邦人+ツーリスト (初心者は現地ガイドが安全のため引いて誘導します。馬は慣れてきたら帰りは一人で乗って帰れるようになります)


【参加申し込み。お問い合わせ】mongolhorizon☆gmail.com (☆を@に変えて送ってくださいね)

 ~・~・~・~・~・~・お申込みフォーム~・~・~・~・~・~・
*ご氏名:
(ふりがな)
電話番号:
*携帯電話:
*E-mailアドレス:
フェイスブックURL:
ご住所:
(      )区・第(   )ホロー/第    ホローロル・(  )号棟(   )番入口
目安となるランドマークなど;



【備考】天候によってモンゴル桜の開花期が前後します。もし咲いていない場合は、砂漠植生&クロハゲワシのヒナ観察。乗馬やラクダ騎乗をガンガン満喫することに。。。
 仕切り直しで5月28-29日に延期させていただきました。
初日スケジュールは夕方出発。(28日が日本人会の総会があるため)
   
AD