ぬるめがいい

テーマ:

こんばんは。

 

寒さがどんどん厳しくなりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

 

こんなに寒い日には、

熱々のお風呂にざぶんと肩まで浸かって、

身体の芯まできゅっとぬくもるのが至福のときです。

 

 

 

一日のはじまりに頂くお白湯も、また格別です。

身体にいいってよく言うけれど、なにがどういいのか実感はありません。

 

ただ、起きたてに飲む白湯は、

のどから食道、胃にかけて、あたたまっていくのが分かって、

そのあたたかさにほっこり幸せな気持ちになります。

 

 

科学的なことは実感としてはないけれど、

幸せな気持ちになれるのなら、それだけで身体にいいって言えるかも。

 

 

 

だけど、お風呂も飲み物も

あんまり熱いのは、身体に良くないようですね。

 

熱々のお風呂は、お肌にとってもあまりよくないみたい。ちぇっ。

 

 

白湯は、大人しくしばらく置いて冷ましているけれど、

たまに置いていたのを忘れて、冷え切ってしまうときがあるのが、

たまにきず。笑

 

 

 

 

そんな寒い日のある朝。

びっくりするくらい晴れやかな青空に出会いました。

 

 

 

風船も、

その気持ちよさそうな青空に近づきたくって、

しょうがないみたい。

 

いいなあ。

 

 

 

寒いのは堪えるけど、

寒いときにしか味わえない幸せってありますよね。

たくさん噛みしめようっと。

 

 

ほんとは熱々がいい。

だけど、ぬるめがいいみたい。

 

 

 

 

それでは、明日も良き日に。