かわいいアンチョビー♡

きみが居なくなって、さみしくてたまらないよ。

 

 

百か日が過ぎ、だんだんおうちの中で

きみの気配がうすくなっていくようだよ・・・

 
ときどき夢には出て来てくれる。
寂しそうではないけど、
何かを伝えようとしているような表情。
 

 

それがなんだかわかって来たような気がする・・・

 

 

2012年 夏。

車で引き殺されそうになっている子猫を義兄が助け、
家に連れて帰りました。
 
彼はチビ助(見たまま 笑)と名付けられ、
すくすく育ち・・・
 

 

もうすぐ5歳になります♪

お月様みたいなまん丸顔で、ずんぐりむっくり(笑)
性格は・・・
繊細で、石橋を叩いて叩いて、結局渡らないような
慎重派なチョビーとは違い、石橋をろくに叩きもしないで
走って渡っちゃうタイプ(笑)
 

 

チョビーに買ったけど気に入らなかったベッドをあげると、

チェックもせずに、すぐさま入って寝始めました(笑)

チョビーではありえないこと(笑)

チョビーの場合、数日間の厳しいチェックをパスしないと、

受け入れてもらえません(笑) 

 

 
そんなチビ助を、義兄の生活&仕事の事情で、
来月末から、うちでひきとることになりました。
 
{2C9286ED-19AD-448A-A38D-84D691CD4D73}

同居猫のトトばぁちゃん(21歳)とチビ助は、
今は喧嘩はしないものの、あまり仲がよろしくなく、
2ニャンは家庭内別居状態。
 
トトばぁちゃんは高齢のため、引き続き義兄と暮らすとして、
チビ助だけうちに・・・。
 
正直、複雑な気持ちでした・・・
チョビーを亡くして、まだ4ヶ月ちょっと。
悲しみがうすれるどころか、増々強くなっている。
 
ョビーが悲しまないか・・・
やきもちをやかないか・・・
いや、チョビーより私の気持ちかも。
 
 
チョビーと暮らすようになったのは、ももちゃんが亡くなって
1年半が経った頃。
おそらく、ももちゃんと同じ母猫をもつ(=弟)チョビーは、
まっ白ボディに、頭のてっぺんから後頭部にかけて
モヒカンのようなキジトラ模様で、まるで小っちゃい
ももちゃんを頭に乗っけているかのようでした(笑)
 
 
「猫は亡くなっても、必ず帰って来る。
それがどんな姿であっても必ず・・・
 
と言われたことがありました。
もしかしたらチョビーはももちゃんの生まれ変わり?!
と思い、すんなりうちの子にしました。
 
ただ今回は、チョビーを亡くした悲しみがあまりに深すぎて・・・。
今まで子供の頃から、何度も辛い別れをしてきましたが、
やっぱり、これからも猫と、動物と一緒に暮らしたい♪
と思っていた考えが覆るくらい。
もう、こんな苦しい、悲しい思いをするのなら、
猫と、動物とは暮らせる自信が持てませんでした。
 
そんな中、ある猫マスターの方から言われました。
「世の中には、不幸なコがたくさんいます。
そんなコたちを、1匹でも幸せにしてあげてください!!
そして、経験を積むことによって、だんだん上手に
育てられるようになり、幸せになるコが増えます。
だからこれからもいっぱい経験を積んでほしいんです」  と。
 
う~ん・・・わかるよ、気持ちは。
でも今は、チョビーの事で頭がいっぱい。
自分勝手かもしれないけど、ほかのコに目を向ける
余裕がない。
でもいつか、そう思える日が来るといい・・・のかなぁ??
 
そして、今回の”荒療治”とも思える決断!
チョビーが居るんだったら、間違えなく断っていた。
でも今は、気持ちは↓でも、断る理由がない・・・
里親に出すという考えもあったが、4歳にもなって
住み慣れた家を離れるのもストレスなのに、ましてや
まったく見ず知らずの人に託すというのも可哀想。
ならば、会う度にだんだんと懐いている私なら?
 
 
チョビーが亡くなってから、まるでチョビーが憑依したかのように、
トトばぁちゃんとチビ助の行動がチョビーのようになってきました。
 
トトばぁちゃんは、チョビーのあんよを持って寝る寝方になったり・・・
 
{CE3C0848-496E-410B-A735-AB8C086F51D7}
 
そこら辺にあるものをすぐ枕にして寝るようになりました(笑)
 
義兄によると、今までこんなこと一度もしたことないと。

 
そしてチビ助は、義兄や旦那、義母にも触らせなかった
アゴの下を私が触ると、くぅ~~っと気持ちよさそうに
首を伸ばして、これまたチョビーのよう。
同じように旦那が触ろうとすると、バシッと一発!
これもチョビーと同じ(笑)
 
 
チビ助を引き取りたいと旦那から話された夜、
久しぶりにチョビーの夢を見ました。
それまでは、お座りしてじっとしている姿が多かったけど、
その夜は、私が追いかけるとダッシュで逃げるという遊びを
誘うように、今にも走り出しそうな立姿でした。
表情も遊びモードマックスの元気そうな顔。
 
私が気にしていたから見た夢なのかもしれないけど、
なにか意味があるのか??
やっぱり、チビ助がうちに来るのをチョビーが嫌がって
いるというメッセージなのか???
 
 
とにかくチビ助をひきとらなければならない。
チビ助も苦労してきたコだから・・・
でも、自分の気持ちを納得させたいっっ
 
おそらく反対されるであろう母に言ってみた・・・
やっぱり・・・母は、ももちゃんの時もチョビーの時も、
狂ったように泣いて悲しんでいた私を見て心を傷めていたから、
またいつか私の悲しむ姿を見るのが辛いと言う。
 
姉にも言ってみた・・・
チョビーが夢に出てきたことは、「ボクを忘れないで!!」
と悲しんでいるのかなぁ??と聞くと、
「ちがうと思うよ、チョビーはチビ助の姿になって、もう一度
ろみと暮らすために来るんだよ。」 と言ってくれた。
 
なんか、ホッとした。
 
本当は、チョビーとの別れの”悲しみ”が”思い出”に
変わるまで、ゆっくり時間をかけて過ごしたかった・・・
こんな急な決断を迫られるような”荒療治”に戸惑いながらも、
もしかしたらチョビーが、今もおうちにいるのに(私にはまだ
見えないから)かまってあげない私に痺れを切らし、
チビ助になりすましてやってくるという作戦なのかも!
 
チビ助の話が出てからというもの、しばらく静かだった我が家に、
またチョビーの気配を感じるようになった。
旦那は、またちょいちょいチョビーの姿を見るようになり、私は、
キッチンに立っていると、足元をふわっとやわらかい毛が触って
行ったり、タワーからトンッと降りる音や、鳴き声も聞くようになった。
 
まだ、チビ助が我が家に慣れてくれるかという不安と、
今まで健診はおろか、病院にも行ったことがないチビ助・・・
どんなんであっても守って行くことは間違いないけど、
どうか、健やかで幸せになっておくれ!!
 
チビ助はチビ助だけど、どうしてもチョビーとダブらせて
しまうだろう・・・そこら辺は多めにみてね(笑)
 
{3EC7CB1A-342F-44B3-8E48-DBE9AACE295E}
 
チビ助という名前・・・
見たまま呼んで、そのままなんとなくついてしまった(笑)
義兄は「チビ助」と呼び、旦那は「チビ太郎」、私は「まめちゃん」、
義母に至っては、トトと間違えて呼んでいた(笑)
あまり遊んだりせず、ひとりでじっと過ごすような手のかからないコ
らしいけど、これからは新しいおうちと、私たち新しい家族と暮らす
ので、思い切って改名しようと思います(笑)
旦那と相談した結果(いや、ほぼ私の意見 笑)、
まめ蔵 (まめぞう) にしようと思っています。
ご覧の通り、まめ狸のようなお顔立ち(笑)
 
そして、最近は顔までチョビーに似てきた・・・
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

AD



ダンナがテーブルの角に貼った、

なんかの応募シール・・・

(結局、あちこちに貼って応募するの忘れる)

私のほかに気にしているヤツがいました(笑)


毎日毎日ひっかいて取ろうとしていたので、

シールはもうボロボロ(笑)

ひっかく度に爪にシールのカスがつくのが

気になってしまう・・・けど、

やめられないらしい(笑)

ときどきフェイントをかけてひっかくのが

かわいいね♡

AD
{20A462A7-3EB6-49E3-BDCF-CD4572A7F439}

ハイタワーとロータワーをくっつけて

窓側に設置すると、その境い目の段差を

うまいこと枕にして、よく日向ぼっこ寝を

していました。


{B60CCEED-693D-4119-800B-BE1686C606AF}

この段差の"角"は、枕になったり、
スリスリしたりしていたので、
すっかりハゲてしまいました(笑)

まだチョビーの毛がいっぱい
くっついている。そして、
チョビーの匂いもする・・・

{2D22B0E5-D68F-4EC6-A883-D76A0404FFE5}

子猫の頃から使っているロータワー。
もうチョビーにはかなり小さくなって
いたのに、ムリヤリ居座っていました(笑)
そして、これにだけはマーキングを
絶対にしませんでした(笑)

{05F453F8-95BC-411C-A833-5095A714A211}

ちょっと乗せスタイル。

{36983BBE-FA3C-45D8-BD3F-334D804E3FC5}

うたた寝スタイル。

{0B5EC398-9323-4D71-8967-DFC519D7AC8E}

枕ズレ落ちスタイル。

{52AEB98C-D4A1-476A-AF54-3AC1D19CEEF1}

ガッツリ寝スタイル。

{BAA6058E-9EE8-45AA-8582-8A252487A403}

今は毎朝、このお気に入りの場所で、
ぬいぐるみのちょびくんを日向ぼっこ
させているよ・・・

一番眺めのいい場所には、
チョビーのお骨や写真、お花・・・
そして私作のチョビー人形をいっぱい
飾って、賑やかになってきたよ。


AD
チョビーが虹の橋を渡って今日で100日目。
まだまだ悲しみは癒えません。
たぶん、これからも・・・。
「早く元気になって!!」なんて
お願い、言わないで・・・
顔では笑えるように努力するから。
 
{3F7974BF-F1F8-4047-A381-74BB124364C6}
 
毎年キッチンの窓から眺めていた桜、
今年もキレイに咲いたよ、チョビー。
 
あいにくの雨で、お花見散歩は中止にして、
昼間はずっとチョビーと一緒におうちにいたね。
 
{DC8B9B49-3728-4F4B-B655-D7C71927A02A}
 
チョビーがいないから、今年はちょっと早めに
コタツ布団をしまったよ。
 
やっぱり寒いよ、チョビーがいるだけで
お部屋も心もぽかぽかだったから・・・。

 

{CDE4BE13-5B2F-4C88-BDEB-70E0048F31DA}

 

私達が新婚時代から9年間住んでいた街、そして、

チョビーが生まれた街には、チョビーの血をひいた
一族がちゃんと育っています。
マロ模様もそっくり(笑)
顔はチョビーの妹の小チョビちゃんにそっくり!
 
 
いつもと違う春・・・
姿は見えないけど、これからもずっと
一緒にいてよ、チョビー!!!