カサンドラ症候群(発達障害の人を持つ家族)脱却♬カウンセリング〜コーチング〜セミナーで心も身体も元気にします!byジュンコ田中

大人の発達障害の方もその家族の方も、日々の中でこんな事を知ってたら心が軽くなるコツをアップしています。
個別カウンセリング・コーチング・セミナー・講演会はラポール・ラボのホームページ内のご予約サイトからお申込みください。
⬇︎
http://rapport-family.com


テーマ:

こんにちは
カサンドラさんのメンタルサポート

ジュンコ田中です。

 

周りの人にはわからない家族が困っているADHDの症状をご紹介します。

 

(その対処法の例もご紹介しますが、家族はやらなくてはならないものではありあません。)

 

 

 今回は『事故を起こしやすい』です。

 

 

 

【症状】

 

ADHDの人は、不注意という特徴がありますので、よそ見運転などをして交通事故を起こしやすいということがあります。

鼻をかみたいと思ってティッシュを探すことに気を取られての前方不注意や

音楽が気になってのよそ見など他の人の数倍、安全運転に注意しなければなりません。

 

また、時間管理が不得意なので、ギリギリの出発になってしまって、

間に合わないからあわてて事故を起こすこともあります。

 

 

【症状例】

車の運転中、後ろの席の人と話していて追突事故を起こした

約束の時間に遅れそうで慌てて事故を起こす

 

 

 

【本人の対処法】

 

他の人より事故を起こしやすいということを十分頭に入れて、壁に書いておくなどする。

駅では、黄色の線より前に行かない。

歩くときは歩道、横断するときも横断歩道を歩く。

 

 

 

 

【家族の対処法】

 

道順を教えるときは、早く行けるかどうかより、道幅が広くて見通しのよい信号のある道を教えるようにする。

運転は家族がする

「遅れても大丈夫」と言っておく



 

ではまた
ジュンコ田中でした

 


 


 ジュンコから心理を学びたい方→セミナー  
  個別に相談したい方→カウンセリング コーチング
  とりあえず聞きたいことがある方→お問い合わせ  

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

junko田中さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります