入院中の三女と四女、五女の点滴に水を混入したとして傷害致死と傷害の罪に問われた高木香織被告(37)への被告人質問が14日、京都地裁であった。高木被告は「子供はすべてを委ねてくれる私の一部。医師らから特別な子供、特別な母親と見られて居心地が良かった」と動機を語った。

 高木被告は、次女に対しても検査用の尿に自分の血液や卵を混ぜたことを明かし、「かなり長期間続けた。病気であるかのような状態が続いてほしいと思った」と供述。三女らへの水混入時の心情については「花粉症のようにじんましんやアレルギーが出ると思った」「罪の意識はとても小さかった」とはっきりした口調で答えた。

 また、精神鑑定医から混入が四女の死につながったと聞かされた際には、「生きることも自殺することも許されないと思った。自分の行為と苦しんでいることを関連づけて考えられなかった」と声を震わせた。【古屋敷尚子、熊谷豪】

官房長官、きょう鹿児島入り=徳之島町議と会談へ-普天間(時事通信)
【写眼】安田菜津紀「明日を忘れないために」(産経新聞)
<亀井金融相>郵政改革法案巡り、岡田外相とバトル(毎日新聞)
<静岡死体遺棄>遺体の女性は窒息死の疑い 殺人の可能性(毎日新聞)
賞味期限切れ菓子5箱、1か月間にわたり販売(読売新聞)
AD