覚え書きあれこれ

記憶力が低下する今日この頃、覚え書きみたいなものを綴っておかないと...

NEW !
テーマ:



クオンさんが最近アップしたテサモエのインタビューを聞きに行って、






そこに併せて掲載されていたそれはそれはカワユイ、テサモエたちのジュニア時代の動画に見入ってしまいました。

(注:動画の質が良かったので、この記事にはクオンさんのページとは別のバージョンを貼り付けています)


2004年のカナダ選手権で彼らがジュニア・チャンピオンになった時のフリーダンス、この時、テッサは14歳、スコットが16歳。


演技前後のインタビューの模様もプライスレス。











解説のロッド・ブラックとデビー・ウィルクス(クオンさんとこの動画ではトレイシー母さんが解説しています)が絶賛していますが、その中で引き合いに出されたのがもちろん、シェイリーン・ボーンとヴィクター・クラーツの衝撃的なジュニア時代の演技。テサモエたちがそれを彷彿とさせる、ということでした。


さて、そうなるとボーン&クラーツの動画も見たくなるのが当然で、残念ながらジュニア時代の動画は見つけられませんでしたが1992年のサンジェルヴェ杯で優勝した時の演技がありました。


この時、シェイリーンはまだ16歳、ヴィクターは21歳、若くて初々しいですね。








でも何よりも驚愕したのがそれから3年後の1995年のワールドで、4位に入った時の彼らのエキシビション・ナンバーです。


ボーン&クラーツのトレードマークである「ハイドロブレーディング」をこれでもかと駆使した演目で、シェイリーンの柔軟性、そしてヴィクターのエッジ・コントロールが存分に堪能できます。



ではお楽しみください。特に最初の方の両手を氷上についてツツーとリンクを自由自在に移動していくヴィクターの動きにご注目!


(テサモエのインタビューに関してはまた後程)









AD
いいね!(158)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


ひとつ前の記事では有名人と一般ファンの間の隔たり、みたいなことに関して書いてみました。


結論としては家族のようにお互いの人生に責任を持てるような関係ではないのだから、相手の人生に著しいマイナスの変化が生じるようなことがあってはいけない、 ということでした。


昨今はソーシャルメディアやインターネットの普及に伴って、有名人とファンとの境界線が非常に曖昧になっています。本来ならあるはずの距離を、ない かのように思わせてしまう。ミュージシャンの中にはそれを巧みに使って自分の音楽活動のツールとして生かしている人が増えています。

私のごひいきのSIXX:A.M.などが良い例で、メンバーがそれぞれ自分のインスタグラムやツイッターを通して常にファンとの交流を保持しています。





ツアーやアルバム制作の合間も私生活の一部を公開したり、ファンからのコメントにも時には返信したり、 そしていったんアルバムが発表されることになると、カウントダウンやあらゆるプロモーションをそれぞれのアピールの仕方で盛り上げます。


好きなアー ティストがより身近に感じられ、あたかも自分に直接、コンタクトを取ってくれているかのように思えるので非常に効果的な手法だと言えます。

しかしこうしてファンとの距離を「縮める」のはスターの方からすることであって、




ファンの方から積極的に接近するのはある一定の線を越えると危険で、それなりの制裁が加えられます。






「一定の線」がどこにあるのかを見極めるのは難しいこともありますが、たいていの人には直感的に分かることですし、越えてしまったとしても注意されればそそくさと引き下がるものなんですけどね。


さて、ここでちょっとギアチェンジをしますが、話をアスリートに限定して進めたいと思います。

我々一般人はお茶の間で様々なスポーツを観戦しますが、芸能人と比べてよりリアルに、目の前でドラマが展開される分、アスリートたちに深く感情移入することが多々、あります。


お気に入りのプロ野球のチーム、相撲の力士、テニスのスター選手、そして世界選手権やオリンピックで活躍する水泳選手や体操選手たちもこの中に入ります。勝ち負けに一喜一憂して、ファンとして当然の権利のようにそれらアスリートたちの成績について誇らしく思ったり、あるいは罵っ たり。


それをお茶の間でやっている分には直接の影響はないのですが、試合の行方を左右するようなことをたまにファンはやらかしてしまいます。


北米で有名なのは2003年のプロ野球の試合で起きた「Steve Bartman 事件」




シカゴ・カブスのファン(バートマン)が相手チーム(フロリダ・マーリンズ)の打ったファウルボールに手を伸ばしてシカゴの野手の邪魔をし、その後、フロリダが大逆転するきっかけを作ってしまった。


シーズン中の普通の試合であればさほど問題にはならなかったのでしょうが、これがワールドシリーズへの出場権を決める重要な対戦だったため、シカゴファンから永遠に憎まれる対象となってしまったのでした。

考えてみれば、ファウルボールが欲しいばっかりに自分の応援するチームに打撃を与えたばかりか、自分もその後、脅迫や揶揄にさらされることになり、きっと悔やんでも悔やみきれなかったことでしょう。


ファウルボールどころか、最近ではツール・ド・フランスなどの自転車競技中にレーサーたちを背にセルフィーを撮るという極めて愚かな、しかも危険な行為が横行していてレース主催者を悩ませています。





くだらない自己満足のために選手たちの邪魔をしたり、危害を加えたりする。これはファンとしては決してやってはいけないこと。




レーサーたちと並走したり、道路に入り込んで写真を撮ったり、その結果、何が得られるのか?




その代償は何なのか?




気の遠くなるほど長い時間をかけて、アスリートたちが積み重ねてきたことを、ほんの一瞬で台無しにしてしまう。


その時に撮った写真、キャッチしたボール、それをファンが一生、大事に家宝とするならまだしも、たいていは数年後に引き出しの中に入れられて忘れられるのがオチです。


でも妨害によってレースや試合で失敗した選手にとってそれはもしかすると一生に一度の勝利のチャンスだったかも知れない。

勝てなかった悔いと無念に一生、苦しめられるかも知れない。



昨年、エルビス・ストイコについて書かれたベヴァリー・スミスさんの記事を取り上げました。スミスさんによるとストイコさんは長野オリンピック以降、深刻な鬱状態に陥って、10年間、そこから脱することができなかったそうです。





オリンピックで優勝を期待されていたのに、負傷のため実力が発揮できずに銀メダルに終わったのがきっかけとなったようですが、私はこの記事を読んで、アスリートたちの競技にかける思いの深さを再認識させられました。


我々一般人は試合を観戦していて、ごく無責任に興奮したり、落胆したり、その時は異様なまでの感情移入することはあるけれど





一生、その結果の重みを背負うわけではない。


だとすれば、人生をかけて競技に挑む選手たちとの距離を、自己満足のために縮めようとしてはいけない。



ましてやアスリートの側から「距離を保ちたい」という意思表示がされている場合は。。。









AD
いいね!(322)  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

テーマ:


先月のプリンスの急逝のニュースを受けて、改めて有名人と我々一般人との「関わり方」、あるいは「接点の持ち方(あり方)」について考えさせられたのですが、うまく自分の考えを表現する自信がまだありません。

でもやっぱり書きたいテーマではあるので、とりあえずトライしてみようかな、という思いでこの記事をアップします 。



プリンスが亡くなった時、彼に関して、最近のものだけではなく時代を遡って様々な記事を検索して読みました。高校や大学に通っていた頃のことを思い出すと私の周りに はいつもロック音楽が鳴っていたという印象なのですが、当然、プリンスの曲もよく流れていました。


しかしプリンス本人に関してはあまり興味がなかったらし く、このたび調べてみるまではほとんど彼がどういう人物だったのかは知りませんでした。しかも1980年代の大ヒットアルバム「1999」「パープル・ レイン」などを発表した時代以外、全く彼の音楽についても認識がなかったことに気づきました。


そしてちょっと妙な言い方になるのですが、


「へー、プリンスにもプリンスなりの人生があったんだ」


という結論に達したのでした。


つまり私にとって、プリンスはほんの数年の間しか存在しなかったのに、当然のことながらその前にもその後にも彼は実在していて、私の計り知れないところで年月を重ねていたんだな、というごく基本的なことに気づかされたわけです。


でもこれはプリンスが私のロック・ワールドにおいてさほど中心的な座を占めていなかったからではなく、

たとえば私が11歳の時に初めて真剣に好きになったミュージシャンで、今でも彼らの曲の歌詞はすべて暗記しているビートルズにしても、





中学時代ほぼ毎月、ファンレターを送っていたKISSのポール・スタンレーにしても、





はたまた高校三年生の時に恋い焦がれたTOTOのスティーブ・ポーカロにしても、




(念のために言っておきますが、左の方の人です)




多少長い期間、私の生活の一部であっただけで、いつの間にか忘れて他のこと、他の有名人に夢中になっているのです。


そしてある日突然、何らかの形でニュースになった時にだけ改めて思い出したり、


自分のことは棚に上げて現在の姿にちょっとびっくりしたり。





さらに驚くのは自分があれだけ情報を集めて、穴が開くほど資料を読み込んで、生い立ちから子供時代を経て、バンドの結成の経緯から解散の原因まで、かなり詳しく把握していたと思っていたことが、実は彼らの口から述懐される実態とあまりにもかけ離れていたりすること。





私は本当に何も分かっていなかったんだな、と思い知らされます。

自分で作り上げた彼らのに熱中して、勝手に泣いたり笑ったり、感動したりガッカリしたりしていたんだな、と。

もちろん、アーティスト側からのインプットがあってこその虚像でもあります。ファンにはそういう風に見てもらえれば良い、本当の自分は違うんだけれどどうせ音楽を通してだけの関係なんだから。







そう考えると改めて思うのは:


どんなにその時は「寝ても覚めても」その人のことしか考えられなかったとしても

たとえ十年、あるいはそれ以上長い間フォローしているアーティストであっても、

私たちファンにとって彼(彼女)たちは一時的な憧れの対象であり、

家族と違ってお互い相手の人生に責任を持つ、という関係ではあり得ない


逆に言えば


相手のために人生を著しく変化させる関係であってはいけない、とも言えるかな、と思います。


この「変化」はもちろん、ポジティブなものであれば問題はありません。

私はビートルズのおかげで英語をマスターしたいと思うようになって、実際、必死で勉強したし、KISSやTOTOのおかげでバンドを組むようになって楽しい経験もいっぱい、しました。


その一方で、好きなアーティストや彼(彼女)らが力を入れている事業をサポートするなど、ファンとしてできるポジティブな貢献もあり、アーティストたちはそれを感謝して受け止めるでしょう。


しかしマイナスの変化に至るようなことがあっては本当に残念だし、時には危険なこともあります。


(つづく。。。のでコメントはもう少しお待ちください!)



AD
いいね!(282)  |  リブログ(0)

テーマ:

まだまだ肌寒い日の続くトロントです。

先週末は雪やら霰やらも降りました。20℃を超える日があるかと思いきや、

「まだまだ頑張るでー」


という感じで寒気が戻ってきます。今年は特に春が短くなりそうな気配だなあ。


さて


ブログをサボっている間に、フィギュアスケートのオフシーズン中の出来事がいくつかありました。


まずはナム・ニューエン選手がクリケット・クラブから移籍したことが(私としては)大きかったでしょうか。


「クリケット・ブラザースの三男」
として羽生選手、フェルナンデス選手とともに日本のファンから親しまれていたナム君ですが、お茶目なインスタグラムやツイッターから受けるイメージとは裏腹に、非常にまじめで練習熱心なスケーターです。

彼のクリケット・クラブにおける練習風景や日常生活については昨年のワールド以降に記事にしました(クリケット・クラブの本領に関する考察:ナム・ニューエンの台頭を例に①、②、③)。


ブライアンたちの考案した「システム」にバッチリとはまってまずはジュニアの世界チャンピオンに輝き、翌シーズンは弱冠16歳でシニアレベルのカナダ・チャンピオンの座を獲得、そしてワールドでも5位入賞、と怒涛の快進撃を遂げたという内容の記事でした。

それからほんの一年後にクリケット・クラブを離れて、サンノセに練習拠点を移すとは誰が想像したでしょうか。


確かに2015-2016年のシーズンはナム君にとって辛いものだったと思います。前年度に素晴らしい成果を遂げたため、周囲も自分もそのままの「右肩上がりの成長」を期待したかもしれません。

しかし、シーズン冒頭のサマー・スケートやオータム・クラシックでは良い成績を収めたものの、ナム君のいつも弾けるような笑顔はあまり見られなくなっていました。スケートカナダではすでに不調の兆しがあり、メディア関係者からも「ナムらしいスマイルが見たいね」といったような事が言われていました。

昨シーズンからさらに背が伸びたことがジャンプ不調につながったのか?

パトリック・チャンのカムバックがプレッシャーとなり、精神的な影響を及ぼしたのか?


といったような要素は外部の人間に思いつくことですが、この他にもきっと色々とあったことでしょう。2016年1月のカナダ・ナショナルズでは昨年のチャンピオンになった時とは違い、持ち前の安定感は見られずにまさかの4位。演技後のインタビューでは「さんざんなシーズンで、本当に自分に腹が立っている」というようなことを漏らしていました。

フィルス選手から出場権を譲られたワールドでは、これまた昨年とは打って変わってフリー競技にさえ進めないという悪夢のような結果となりました。この時のナム君の心情はどんなものだったでしょうか。


ところで正確にいつ、取材されたものが編集されたのかは定かではありませんが、ついこの間ナム君の特集がテレビで放映されました


かつてのカナダ代表の100メートル走選手、アトランタ五輪金メダリストのドノヴァン・ベイリーが司会するこの番組では「未来のレジェンド」と題して有望なアスリートを紹介しています。




ナム君が登場し、練習風景が見られますが、場所は紛れもないクリケット・クラブ。





5月も上旬を過ぎてこの番組を見た人はてっきり彼がまだ(番組内でも紹介されている)オーサー・コーチのもとで鍛錬を積んでいることと思うでしょう。


ほんと、これだけ情報が容易に手に入る(と思われている)時代でも、我々一般のファンは自分が応援しているアスリートたちの生活のほんの一部しか知りえないんですね。(この点については色々と考えることがあるのでまだじっくりと記事にしたいと思っています。)



話は変わって、羽生選手が出演している映画がトロントの日本映画祭(TJFF = Toronto Japanese Film Festival)に出品されているという件:




会場は日系文化会館(Japanese Canadian Cultural Centre)という所で、この映画祭は館長さんが大の映画ファンだということから始まったと聞いています。9月には(ちょっと似た名称の)トロント国際映画祭(TIFF =Toronto International Film Festival)が開催され、私も過去二回、通訳として手伝わせてもらいましたが、昨年そちらに出品された河瀨直美監督の「あん」もラインナップに加えられているなど、なかなか豪華です。

(映画のリストは映画祭の公式HPでどうぞ)

知り合いがこの日本映画祭のプログラミング担当としてスタッフに加わっているのでちょっと問い合わせたところ、毎年ゲストを招待することになっているようです。昨年は『舞子はレディ』の周防正行監督と草刈民代さんがいらっしゃいました。今年も最終日のレセプションに誰かを招待出来たらと交渉中だそうですが、みなさんやはり人気者の監督さんや俳優さんは忙しいのでなかなか難しい、ということでした。

上映日の6月23日にもしもトロントにいたらぜひ観に行きたいと思っていますが、もしも行けなければ誰かお友達に頼んでレポートしてもらいますね。



さてまた話は変わって、


息子の卒業式のあった週末にはスターズ・オン・アイスの他にもう一つ、行きたかったショーがあります。それがMargaret Garrison Ice ShowというCentral Ontario地区のスケーターたちのための公演で、今年はお友達の息子さんのマックス・デンク君や、ローマン・サドフスキー選手、ギャビー・デールマン選手、そしてアイスダンスのギレス&ポワリエ組、ポール&イスラム組も参加していたようです。昨年はナム君も出演していましたが今年は移籍のため、残念ながら欠場。



Danielle Earl さんのフェイスブックにこのショーの写真がありました。)



聞くところによるとローマン君はマイケル・ジャクソンの曲に乗せた演目を披露したらしく、今までのイメージとは違った、とても新鮮な演技だったとのことです。見たかったなあ。なお、このショーの模様を写したDVDがあるらしいので、マックス君のママと一緒に後日、鑑賞会を開くことになっています。またその様子もお知らせしたいと思います。


ではここいらでいったん、アップします。

 
いいね!(344)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:



思えば四年前、長男の大学入学に際して、主人と私とでシカゴ近郊のキャンパスまで大荷物を積んで、車で9時間運転して送りに行ったのでした。

(その時の模様はこちら


その息子が先週末の土曜日、おかげさまでちゃんと卒業を果たしました。


まー、短いようで長かった四年間、所属していた体育会ホッケー部の監督やらチームメイトたちとも色々ありましたが(その辺のことは、もしもご興味があればこちらとかこちらでどうぞ)、何はともあれ、充実した学生生活だったことと思います。


大学の事務局から、式に備えて保護者にメールが届きます。


「当日は天気予報がなんであれ、会場は絶対に寒いです。冬服でいらしてください。帽子、手袋、マフラー、毛布など持参で」


え、マジで?5月なのに?


とメールをもらった当初は思ったのですが、確かに我が家の辺りも今年はめっちゃ寒い。なのでちょっとやり過ぎかな、と思いつつも厚めのワンピースにスエードのブーツ、上にはロングのダウンコートを着るつもりで荷造りをしました。

結果的にはこれで大正解。手袋と帽子はさすがに持っていきませんでしたが、マフラーはあって嬉しかったかも。


卒業生250人なのに、会場は3500人収容できるという、夏は有名な音楽祭が催される場所でした。





屋根はあるけど、壁があるわけではなし。ミシガン湖からの強い風が左右に吹き抜けていきます。


学生たちは長いローブを着ているけど、その下にオーバーを着ている子はいなかったでしょう。さっぶー。

まあそんな中、式は順調に執り行われて、無事に終わりました。



(校章は一応、ボカシてあります)



そして今回、お泊りしたホテルは大学の正門のすぐ近くにあるオシャレなところ。




(外観)




(インテリアはこんな感じ)






でもうちの主人はこーいうちょっと凝った場所は苦手で、最初っからえらくテンション低い。


「頑張り過ぎやねん、どーせ大したことないくせに。だいたい、いちいち車を出し入れするのにVALET PARKING なんて鬱陶しい」


そう、ここのホテルは駐車料金を取らない代わりに、出し入れはすべてスタッフ任せで、そのたびにチップをやることになっているらしい。

過去四年間、息子のホッケーの試合を見に来る時はこのホテルではなく、もっと大きなチェーン系の気楽なところに泊まっていたんですね。でも今回はせっかくだから、ということで大学の近くに宿を取ったのですがどうやら逆効果だったみたい。


そこへ行くと、日本からわざわざ卒業式のために来てくれた友人のNちゃんはここがすごく気に入っていました。

彼女はこのブログにもしばしば登場しているファッショニスタですが、かつてご主人の駐在でこの界隈に住んでいたという奇遇もあり、「自分のテリトリーに戻った」といった感じで車はガンガン運転するわ、買い物に行きまくるわ、と大張り切り。


朝ご飯をご一緒した時も、Nちゃんはいそいそと先に注文して、メニューを胡散臭そうに睨んでいるうちの主人に


「コンチネンタル・ブレックファーストがシンプルで良さそうよ」



と勧めます。



来たのはこんな感じの可愛らしいフルーツとペイストリーの盛り合わせ。





テーブルの向こう側で頑固そうに腕組をしているのは主人ですが、この時は内心、「ちゃぶ台ひっくり返し」を思い浮かべていたに違いありません。





窓から差す美しい朝陽に心を動かされるでもなく、主人は


「エッグ・ベネディクトください。ソースなしで


と注文しました。


ソースなしのベネディクトってただのポーチド・エッグやんか


まあそれは放っておいて、私はオートミールなんか食べてみました。干しブドウとかナツメヤシのシロップ煮などが添えられてておいしかったです。






そして卒業式の翌日には息子の荷物を一部、積んで、またトロントまで9時間の道のりを運転して帰りました。


これでもうこの町にも二度と来ないだろうな、と思うとちょっとだけ寂しかったかな。


息子はというと、チームメイトたちと借りていた家を引き払って、今週末に帰ってきます。次男と合わせて本当に久しぶりに親子4人とレニーとの夏休みが待ち受けています。




さあこれから数カ月間、大きな男どもに囲まれて、どうなることやら。



あ、ついでに全然、関係ないんですが面白かったので。。。


帰ってきた次の朝、裏庭でなんだかすごい剣幕で鳥の鳴き声が聞こえるので外に出てみたら






いきなり屋根の上の煙突のすぐ横でカナダ・グースが鳴いていたんです。


もっとよく見ると、実は二羽もいました!(ちょっと木の枝などで紛らわしいですが、写真、左端)





こんなの初めて。なんかの良い予兆かしら。








いいね!(341)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。