覚え書きあれこれ

記憶力が低下する今日この頃、覚え書きみたいなものを綴っておかないと...


テーマ:



遅くなりましたが、今年のGPSスケート・カナダ大会の会場となる「ハーシー・センター」についての記事です。

なお、記事内の情報は私の個人的な見解が盛り込まれていますので、あくまでもご参考程度に。

ご自分で調べるなり、旅行会社に問い合わせるなり、この大会の観戦のためにはるばるカナダまでいらっしゃるのですから最終的な判断はくれぐれも慎重になさってくださいね。


***********


ハーシー・センターはトロントの隣町、ミシサガ市にあります。




トロント国際空港から非常に近く、直行便のある日本から観戦に来る、となるとここ数年では最高に便利な立地条件だと言えます。(2013年のセントジョン、2014年のケロウナ、そして2015年のレスブリッジなどと比べると、ホンマ、ありがたい)




検索してみると、どんなルートを通っても空港から11キロメートルほどしか離れていないことがわかりますね。




公式HPによるとアリーナ自体は5500人の収容キャパがあるようです。(コンサートの場合はもっと多くの座席を設置することができるらしい)





実際、このアリーナで何度か客席に座ったことがありますが、たいていどこにいてもリンクは良く見えました。


サイト内にバーチャルツアーができるページもありますが、この頃はグーグルマップを駆使すれば、会場の中をみることもできますよね。ぜひ試してみてください。



さて、周辺情報ですが、


私は息子が小学生から高校生の時期にかけて、ハーシー・センターのお向かいにある「アイスランド」という別のリンクに頻繁に通っていたこともあり、このあたりの土地勘はけっこうあるつもりです。


その結果、言えるのは


「周りになんもない」
(徒歩圏内では、の話です)



ということです。


念のため、お友達のMさん(スケート選手のママでもある)に確認してみたのですが、彼女も「本当になーんもないですよね」とおっしゃってました。


グーグル・アースで検索してみると、白っぽいグレーの屋根の建物がハーシーセンターのある総合スポーツ施設で、青い屋根の建物がアイスランドです。高速道路とか、企業とか、工場とか、そういったものしか目につかないことが分かるかと思います。





まあ昨年のレスブリッジ大会でもアリーナの周りには何もなかった憶えがあるのですが、今回はさらに歩かないとレストランとか店はありません。


グーグルマップでも確認したんですが、1キロ以上は歩かないと飲食店はなさそうです。


遠方から観戦にいらした方々はいったんホテルを出ると、試合中は会場以外で飲食をすることができないんじゃないかしら。


しかも周辺のホテルでさえも、けっこう閑散としたところに建っているので、車がないとなかなか食べに出ることもままなりません。


どこに移動するにもタクシーを駆使することになるのかな?


なお、トロント空港からは近いですが、トロント市内まではかなりの距離(30キロメートル以上)があります。ラッシュアワーはもちろん、ほぼ何時でも交通渋滞がひどいので、トロントに宿泊して会場に通う、ということはあまりお勧めしません。


ミシサガからトロント市内に出るにはGO Transit という電車やバスの交通網がありますが、







空港からだとUP Express という電車がつい最近、開通して便利です。







これに乗れば空港からまっすぐトロントの都心まで行けます。


なんだかこれだけ書いているとさもミシサガ市には何もない、という風に思われるかも知れませんが、実は巨大なショッピングセンターがあります。





SQUARE ONE
 といって、私などは入り込んだら迷うのではないかと避けていますが、いつも大勢の買い物客でにぎわっています。観戦の合間にショッピングや食事に行くには車(タクシー)ですと10分ほどなので、良いと思います。

ただ、タクシーを呼ぶのもけっこう面倒なんですよね。会場に随時、待機しているとは限りませんので。。。






今のところ、思いつくのはこれくらいなので、また質問があればお寄せください。


このところ物騒な事件ばかりが相次いで、海外旅行もみなさん、億劫になられているかも知れませんね。


スケートカナダは普段、とってもアットホームで雰囲気の良い大会なのでもしもこういった世情が影響を及ぼすとなれば本当に残念です。


皆さま、どうかお気をつけてお越しください。





AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(2)

テーマ:


2016年7月7日午後(トロント時間ですが)現在、ソフィーさんたちからお返事がきましたのでお伝えします。


質問1:

「私たちのチケットもチェックしたら、1日1枚だった!」

ということでしたので、どうやら一日その一枚で全競技が観られるようです。



「公開練習を見るためのパスもあるけど、その日だけの分も買えるので心配ありません!」

ということで、水曜日に行った人は大会中の公開練習を全て見ることのできるパスを買えるけれど、その日の練習分のチケットも個別に買える模様です。


なお、コメントの方で出てきた質問ですが、「競技観戦用の通しのチケットはあるのか?」という点について、すでにチケットを入手された方々の情報によりますと、最初から「バラ」でしか売られていないので一日ずつ、根気よく買うしかなさそうですね。


それにしても「GPFっていうのにアバウトな広報よねえ」、って上から目線でいたら、「スケカナの会場ってどんなところですか?」というご質問があり、確かにまだあまり情報が出回っていなかったのだと気づきました。


ちなみに HERSHEY CENTRE のサイトではバーチャル・ツアーなんていうものもあるので、会場の中や、座席からの観点もチェックしてみてください。

TAKE A VIRTUAL TOUR OF THE HERSHEY CENTRE


また別途、スケートカナダに関する紹介記事を書きたいと思いますが、取り急ぎ、私が2013年に初めて生観戦したカナダ選手権の記事をリンクしておきますね。


初・生観戦!フィギュア・スケート カナダ選手権 



ではまたのちほど。



*************


2016年末にマルセイユで開催されるGPF大会について、情報がなかなか行き渡っていないようですね。


海外からの来客を想定していないのか、英語での説明がほとんどないと聞きます。まあ、日本で開催され時は英語で対応してくれたのかっていう話もありますが、2013年とかはどうだったんでしょうか?


とにかくコメントやメッセージで質問が寄せられてくるところを見ると、困っていらっしゃる方が多いのは確かです。ソフィーさんたちに伝えていますのでお返事はお待ちください。


例えば:

Francebillet からチケットを購入したのですが、分からないことだらけです。12/8, 12/9,12/10, 12/11 の4日間なのですが、チケットにはどの競技か一切書かれておらず、11日がエキシビションらしい事以外不明だらけ。チケットは1日1枚分づつしか出てない ので、男子、女子、ペア、ダンスのどの試合が各曜日に何試合づつあっても1枚で全部観れるのか、私が気づけないだけでちゃんと複数枚、別に売られているの か不安です。


うーん、そういえばたいていの大会では昼の部と夜の部、おまけに練習用のチケットも発行されてたりしますよね。一日に一枚、ってなると返って心配になります。本当にこれでその日の競技が全部観れるのか?って。


あるいは、公開練習を見るためのチケットは練習開始の30分前に販売される、ということをひとつ前の記事でソフィーさんたちからの伝言として記載しましたが、水曜日に大会中の全公開練習用のパスが販売されるだけだったら、水曜日に行けなかった者はどうなるのか?という質問がありました。


私の理解ではパスは水曜日に販売されるけど、個別の練習日にも開始30分前にリンクの入り口で販売されるのではないかと思っています。でもこれも確認のため、ソフィーさんたちに聞きましたのでもう少し、お待ちください。


このほか、また何かご質問があればお寄せください。







AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:


訂正:
書きながら「なんかおかしいなあ」って思いながら、「持ち入り禁止」っていう言葉を使ったんですが、「持ち込み」ですよね、どう考えても。。。



フランスのスケートファン姉妹のマリーさんとソフィーさんからの続報をお伝えするのが遅れていました。


最初の記事はこちら:
2016年GPFマルセイユ大会についての情報:フランスのスケートファンからのメッセージ(訂正あり


皆さんからの質問を送ったところ、彼女たちがフランスの連盟に問い合わせてくれたようです。


大会会場や周辺の情報(赤):

Il n'y aura pas de navette mais il y a le tramway et le métro (subway) pour rejoindre le centre-ville.
シャトルはないけれど、都電と地下鉄があるのでそれで都心にアクセスできます。


公開練習と大会について(青):
Les entrainements auront lieu au même endroit que la compétition. La vente des billets se fera à l'entrée de cette patinoire.
練習は試合と同じ場所で行われます。公開練習のチケットはアリーナの入り口で販売されるようです。

Il y aura des pass entrainement pour toute la semaine qui seront en vente dès le mercredi.
水曜日にその週一杯の公開練習を見ることのできる「パス」が販売されるとのこと。



このあと、もう一度メールをいただきました。


We don't live in Marseille, but we don't think it's unsafe. It's just a big city so there are always the same advices: do not travel with your wallet in view, it must be in a closed bag.
私たちはマルセイユに住んでいないけど、特段治安が悪いという気はしていません。ただ大都市であるだけに特有の注意は必要でしょう。たとえばお財布は目のつかないところに保管して、バッグは必ず閉じておく、など。


The ticket office will open 30 minutes before the beginning of the pratice, but we don't know the time of the beginning of the practice yet.
公開練習用のチケットは練習の始まる30分前に販売になるそうです。でも公開練習が何時から始まるのか、についてはまだ分かりません。


The audience can sit where they want for the practice and for the competition there is 3 categories:
練習時は座席は自由。大会になると3種類のチケットがあります。

the 5 lower rows are numbered, from the 6th rows ,  it's the first category and the balcony is the second category.
前から5列目までは指定席、それ以外は自由席で6列目以降はその第一カテゴリー、バルコニーが第二カテゴリー。

On these two categories, it will be first come, first served basis.
これら二種類の自由席については早い者勝ちで席が決まります。


The reentry will apparently be possible only during the competition, and not during the practices, but maybe that can change!
再入場については大会中はOKで公開練習中はダメ、ってなっているけど、もしかすると変わるかも?


No prohibited object.
持ち入り込み禁止物はありません。






というわけで、ソフィーさんたちはマルセイユの治安についてはあまり心配されていないようですが、私自身は現地を知らないのでどうとも言えません。

公開練習のチケットは始まる30分前に販売、とありますが、水曜日の最初の練習時に大会中の全練習を見ることのできる「パス」みたいなものがゲットできそうですね?

練習時はどこでも好きな場所に座ることができるようですが、会場から出たり入ったりするのはできないとのこと。



ふと思ったのですが、

ソフィーさんたちは現時点で持ち物には制限がないとおっしゃっていますが、このポリシーは後々、変更される可能性大じゃないかな。あまり大きな荷物をリュックに入れていると不審がられるかも知れません。


また、荷物を座席に置いて会場内を動くのもおそらく禁止されるのではないかと思います。やはり最近はどんなイベントでも置き去りにされた荷物に関しては主催者側が敏感になっていますので、気を付けた方が良いでしょう。

ほんの短時間だから、と思って放っておいたら大事なものをセキュリティによって取り去られることも十分、考えられます。くれぐれもご注意ください。

自由席だから取られないように衣服やバッグで確保したい気持ちは分かりますが、自分の見ない競技の間は他の人に譲るべきだと思います。それが嫌ならば試合中はすべての競技を見るしかないですね。





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


二時間半ほど前、出先だったので携帯から初投稿を試みたのですが見事に失敗しました。


で、気を取り直してPCからアップしなおし。


GPSアサイン、出ましたね!


羽生選手がまたまたスケートカナダに参戦とは、ちょっと意外でしたが素直にうれしいです。


これまで偶数年はハビちゃんが、奇数年は羽生選手がカナダの大会に出場していたのでてっきりそのパターンの踏襲かと思いきや、見事、予想が外れました。


でも最初の驚きが過ぎれば、次はカナダ連盟広報担当のエマちゃんの顔がパッと頭に浮かびました。


「今年もえらい事になりそうだねー」


と、早速メッセージしたところ


「大丈夫、準備はできてる!」



という心強いお返事。

(エマちゃんは大の羽生選手ファンなのです。)



さあ、皆様、トロントにいらっしゃいませー。





(↓ 昨年も使ったウィルドビーストの殺到の図)




どどどどどどぉぉぉ~っ





いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


ダレない間に二つ目の記事を書きます。


先ほどの記事では10年に一度、行くか行かないかの東京、と言いましたが、今回はなんと同窓会の他にももう一回、上京する用件があったのです。


お友達のご招待で、某財団の「日仏翻訳文学賞」の受賞式にひょんなことから出席することになりました。

今年はそのイベントがフランス大使公邸で開催されるとあって、なかなか格式高いものになりそうと聞いていましたが、これまたひょんなことから私が通訳を手伝うことになったのです。


スケートカナダや映画祭の通訳では英語から日本語、日本語から英語の通訳を最近もやっていますが、日仏、仏日の通訳(正式な場での、ですが)は本当に久しぶり。いささか緊張しました。


結果としては完全に満足の行く出来ではなかったのですが、貴重な体験となったことも確かです。


そしてそして、受賞作がなんと





『オペラ座の怪人』(ガストン・ルルー著、平岡敦訳)




だったのです。


なんとはなしに、この通訳のお話が断われたなかった理由の一つ。


でもつくづく、語学って使ってないと錆びるんだなって実感しましたー。



さて、残るもう一つのイベントは6月18日に神戸のポートアイランドで開催されたFantasy On Ice でした。


日本行きの日程が決まってまだ間もない頃、羽生選手の応援つながりでお世話になっているIさんからメールが来て、まさかとは思うけど、もしもこの時期に日本に来るのだったら、とアイスショーのチケットについての打診がありました。(Iさん、その節はありがとうございました)


あまりにも偶然ですよね。もちろん、すぐに飛びつきました。


そんなラッキーな巡りあわせで、母と一緒にワールド記念ホールに出向いたのでした。


大好きな羽生選手は残念ながら出ないけれど、母はハビエル・フェルナンデス選手のファンでもあります。それを楽しみに会場に向かったのですが、まー、隣りでコメントを矢継ぎ早に発するものだから慌てます。


「お母さん、もうちょっと小さな声で」


と懇願する私をほぼ、スルーして


「ハビちゃん、いつ出てくるの?」

(我慢のきかない子供か?)


「あの衣装、何?やめてほしい」


(↑ この発言は幾つかのバリエーションで、数人のスケーターに関して繰り返された)


「織田君、すごい人気ねえ」

(こら、演技も見なはれ)


「やっぱりハビちゃん、綺麗。全然ほかの人と違う」

(結局ここに落ち着くのね)


とまあ、妙にハラハラしながら鑑賞したショーでしたが、個人的にはおそらく初めて生で見たステファン・ランビエールに一番、感動したかなあ。特に最後の福間洸太郎さんとのコラボで演じたラヴェルの演目は素晴らしかった。


もちろん、ハビエルのマラゲーニャは衣装も大会のものとは変わってて素晴らしかった。あれがワールド前の予行演習で見たものと同じプログラムとは思えない、芸術的な面でも「舞踊」と言えるほどに完成された演技でした。トレイシー母さんに特訓されたステップも見事に決まり、すっかり王者の風格が備わった感が見て取れました。


ショーが終わった後、何人かの羽生選手ファンの方々とポートビアホテルでお喋りをする機会があって、母も参加させていただきました。Rさんをはじめ、皆さん、相変わらずの熱さ、マメさ、圧倒されます。

おまけに母にまで羽生選手動画満載のDVDなどをいただき、感謝感激でした。Yさん、ありがとう!


帰りのタクシーの中で母が

「それにしても良いわねえ、ああやって夢中になれることがあるって。皆さん、すごい元気そう。」

と感心していました。


本当にありがとうございました。今シーズンもカナダでお会いできるしょうか?楽しみにしています。


。。。


あー、でもショーの途中で流れた羽生選手の音声メッセージ、切なかったわー。少し雑音も混じる録音で彼の声が聞こえてくると、観客がみな一瞬、ハッと息をのんだような気配がありました。


それに次いで、音にこそはなっていないけどファンの悲嘆のため息が聞こえるかの様。



暗闇の中で、思わず手を胸のあたりで組んで、お祈りしちゃっていた人も多かったのでは?




必ず、良くなりますように。


夏の終わりには再び、たくましい戦士となって戻ってきてくれますように。


祈って、待っています。








いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。