2013-11-06 00:55:55

なぜ「愛」がなくても成功する人がいるのか?

テーマ:ブログ

ビジネス書や自己啓発書を読んでいると、

成功するためには「サービス」や「思いやり」、「誠実さ」、「愛」などが必要だと書いてあるのですが、

そして、これらはもちろん大事だと思うのですが、

そういったポジティブな要素とは無縁な人で、ある程度大きな成功を収めている人たちがいて、

「どうしてだろう?」とずっと観察してきたのですが、

そして、この点に関しては、ほとんどでビジネス書では触れられていないのですが


あえて言い表すとするなら、彼らは


「勝負脳」


が発達しているからだと思います。



勝負脳を言葉で説明するのはなかなか難しいのですが、、、


たとえば、「大富豪」というトランプゲームがありますよね(地域によっては「大貧民」と呼ばれています)。


このゲームの勝敗はほぼ最初の手札の強さで決まるわけですが、


「大富豪」でガチで勝とうとするなら――つまり勝負脳が鍛えられている人なら――少しでも勝つ確率を上げる方法はないだろうか?と考えて


たぶん、次のような方法を思いつくと思うんです。


それは、



■捨て札をすべて記憶する



ということです。


大富豪というゲームは基本的に52枚にジョーカーを足したカードすべてをプレイヤーに配るゲームなので


他のプレイヤーが出した(捨てた)札を記憶しておくと、


後半戦で何がまだ場に出ていないカードなのかが分かります。


そこで、最終局面に入ったとき、誰の手札にどんなカードが残されているか憶測がついて


カードの選択が変わってくるわけです。


しかし、素早いスピードで切られるカードをすべて記憶することは難しいです。


となると、次は、「記憶法」を工夫してみる。


たとえば52枚のカードを1枚の「絵」で記憶します




12345678910111213
12345678910111213
12345678910111213
12345678910111213




そして出されたカードを頭の中で塗りつぶしていくのです。



■23456■8■10■12■
■23456■8■10■12■
■2345678■10■1213
12345678■10■1213




これはあくまで一例であり、他にももっと色々な記憶法が考えられますが、


重要なのは、


「これを実行したところで、確実に勝てるわけではない」


ということです。


しかし、なぜ勝負脳の発達した人はこういう発想をするかというと


そうすることで「勝率」が上がるからです。


つまり、「勝つ」ということに大きなこだわりを持っていて、「人がやっていないやり方を見つけようとする」のは彼らにとって自然なことなのです。



また、今はカードゲームを例にしましたが「勝負脳」が発達している=ギャンブルが好きということではありません。


逆に、公営ギャンブルという勝率の悪い勝負に時間を費やしてしまうことは「負ける確率の高い勝負をする」ということなので


「勝負脳」が発達した人はむしろ手を出さないケースが多いでしょう。


そして何より重要なのは



勝負脳の発達した人は、





リスクを取ることに、ある種の快感が伴う




ということです。


よくリスクを取る行為においては「勇気」が必要だと思われているのですが、


実はそれは間違っていて、


リスクというのは、ある人から見たらリスクではあるけれど、勝負脳が発達した人から見ると


「まだ誰もそのことのに気づいていない割の良い勝負」


なのです。



東大生で有名な起業家が少ないのは、受験ではこの「勝負脳」を計測するシステムが存在していないからだと思いますし


まったく学歴がなくても成功する人がいるのは、「勝負脳」が優れているからだと思います。


そしてこの勝負脳を発達させるにはどうしたらいいかということですが、これはもう非常にシンプルで




勝ちにこだわる




ということです。



とにかく、何をやるにしても、「勝つにはどうすればいいか」を考える。


営業だろうが広報だろうが、単純作業だろうが、目の前の作業において、他者に抜きん出るにはどうしたららいいかを考えて実行するということです。


そして、負けたら、めちゃくちゃ悔しがる。




こういった、勝ちにこだわる人生は寂しいと言われがちですが、、、それはもちろん、「勝つ」ことは幸福の「必要条件」ではないからです。


それは、いわゆる一般的な成功が幸福の必要条件でないことと同じです。


ただ、逆に、一般的な成功を目指すのであれば、勝負強さを鍛えることは、避けては通れない道だと思います。



そして、「他者へのサービス(愛)」と、「勝負脳」の両方が発達した人こそが、



極めて大きな仕事を成し遂げることになると思います。





いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)

水野敬也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

コメント

[コメントをする]

32 ■マジで

そう思います

31 ■↓

「~ですが」の多さが彼のいいところだっていうのに!もう!!
少ないときには、一体水野さんなにやってんだこのやろうぐらいあ思ってますよ私達は!

30 ■無題

~のですが、


という表現が多すぎて、最後まで読む気になれませんでした。

29 ■それは成功とは言わないでしょう

はじめまして

おっしゃられるとおり勝負に対する感覚が鋭い(幼い頃からの学習と訓練で発達)という可能性はあると思います。

ただ、金銭的に豊かになる瞬間=成功

と当たり前のように思い込んでいることが間違っていると思っています。

一瞬のできごと(たとえば30代は楽しかったとかのような)

それは人生の間の一瞬の出来事をです。

人生という時間をかけて、その成功もかすむ日がきます。

愛という基盤のうえに成り立った成功でなければ、長続きしないということです。

勝負で得た成功なら、必ずや勝負に負ける日が訪れるということです。













そもそもそれを

28 ■確かに

勝負脳ってゲーム理論の考え方に近いですね。

27 ■5年前

水野さん
5年くらい前のブログにも
だいたい同じ趣旨のこと
書いてましたよ。
再確認だとまだよいですが、
ぐるぐるぐるぐるぐる回ってるんだとしたら、、、、

26 ■記事読みました!

初めまして!ブログ記事読ませていただきました!ネットでいろいろ検索していたらたどり着きました!また訪問させて頂きますので、更新がんばってくださいね!

25 ■無題

先生が珍しく真面目なこと書いとる!笑←
大富豪…最近やってないのぅ。
…よしその作戦でいこう!

24 ■ドラッカーの言う

成果を出す能力ってやつですかね。

23 ■手塚治虫の言葉で・・・

『調和』なしに暴走する『科学技術』は、いずれジレンマに陥るだろう

っていうのを思い出した。

(ジレンマ)の伴う、孤独な成功は、寂しく、先細りな気がする。

いつもおもしろい視点をありがとうございます。

22 ■無題

はじめまして!高校3年生、看護師志望の受験生のサナと言います。
先週、学校の図書室に入ったときに『夢を叶えるゾウ』という本が目に飛びこんできました。
今まさに受験期だからでしょうか、夢を叶えるという言葉に反応して、本来借りようと思っていた看護系の本と一緒に借りました。
実は中学生のころもこの本を借りたのですが、借りたのに読まずじまいで、今回はきちんと読もう!と一気に読んでしまいました。
僕とガネーシャの掛け合いや、僕が成長していく姿がとても面白く、夢中になってしまいました。さっき読み終えたのですが、うるうるきました(笑)
ガネーシャの教え、わたしも今実行しているところです。

実は今週の土曜日に受験です。
感想なんて書いている暇があるのか!と言うところですが…どうしても今感じたことを書き留めて、知って欲しかったので書いています。

わたしは看護志望ですが、他にもやりたいこと、挑戦したいことが沢山あります。
ガネーシャの言う応募を、中学生のときにして落選してしまい、それからは怖くて出来ていなかったこと…もう一度挑戦しようと決意しました。
背中を押された気持ちでした。

わたしも僕のようにガネーシャが近くにいると思って、あんみつ用意してまずは試験!頑張ってきます!

長々とした文になってしまいました…。

夢を叶えるゾウ!って気持ちにさせてくれて、ありがとうございました!(*⌒▽⌒*)

21 ■真壁

最近の真壁は何をしてるんですか?

20 ■無題

いつも面白い視点の切り口で
楽しく読ませて頂いてます!!

このような内容のときは、無料で
お得過ぎると感じます(≧∇≦)

19 ■!!!

またまた勉強させて頂きましたっ!!

18 ■水野さん♡

水野さんの本を読んではまってしまい、
ブログをよんで、人柄に惚れました♡
これからもたくさん素敵な本かいてくださいね(=゚ω゚)ノ♡ブログもたのしみにしてます!

17 ■無題

私は人より抜きに出たり、一番になってしまうと妙に居心地がわるい。・・・・私って絶対成功しないタイプだわ・・・。

16 ■勝負脳!

私の子供たちは小さいながらも異様に負けず嫌いです。
そりゃあもう、勝った時は超興奮。
負けたら負けたで尋常じゃないほど悔しがります。
勝った相手を責める勢いで。
でも、それが、相手に勝たせてもらって(わざと負けてもらって)でも勝ちたい・ズルをしてでも勝ちたい…にまで及んでいて、親としてはちょっと悩みどころだったりするのです。


ですが「負けて悔しい」という気持ちは大切ですよね。
勝ちの手段を悪い方向に向かって巡らすのではなく、うまいやり方を模索できるようになれればいいのかもしれませんね。

相手を貶めるのではなく、出し抜く知恵を巡らせる方向に向くように補助していこうと思いました。
大変為になる内容でした。感謝です!

15 ■無題

もしかして、某有名元野球選手の言っていた、「プロは失敗してはいけない」って言葉と近いものですかね?

勝つことへの執着心と言いますか…

私も、勝負脳を鍛え上げていきたいと思います

14 ■無題

「他者へのサービス(愛)」と「勝負脳」の両方が発達した人って…
水野さんじゃないですか!

13 ■勝ちにこだわる!

勝ちにこだわることも悪くないんだなぁと思うと、元気がでます!
そっか・・・愛と、勝ちへのこだわり、両方必要ですね~。

勝ちにこだわるからこそ、勝ちにこだわっていることがばれないように隠してますが・・・。そんなことを考えていては、勝負脳は発達しないかも?とブログを読んでいて思いました~

12 ■んー

本を書く時に 愛が大事 とか書きたくなるだけのような気もします。

もしくは成功しているので、気持ちに余裕があるとか(笑)


愛は大事と思いますが、愛だけでは成功しにくいのも事実ですよね(=゚ω゚)ノ

11 ■無題

昔マガジンであった漫画を思い出しました。
お金持ちの3兄弟の父が、各息子に100万円渡して、「100万を元手に一番増やした者を後継者とする」と言い放つお話ですねたしか?
3男が主役で、カジノ?に行って着々と資産を増やすんですけど、捨て札を記憶する代わりにカクテルを頼むんですよ(捨てたAの分だけ?)。そして勝率を上げて勝って、ネタばらしでした。

10 ■無題

すごい!!久々真面目な内容ですねー!
こーゆーの好きです(≧∇≦)
ありがとうございます!!

9 ■なるほど

そういう捉え方もありますね?
さて、僕は今非常にお腹が空いてる、とします。
そこで、今日の朝ごはんはウィンナーの目玉焼きか、それともベーコンエッグか?
さて、懸命な水野さんならもうお分かりですよね?

8 ■無題

今回はかなり真面目なことを言ってますね(笑)(≧ε≦)でも、確かにそうなんだろうなぁって思います!!

7 ■ドキッ!

私は最近、誰も気づいていないような事に
取り組んでいるので、驚きました。
勝手に「励ましの言葉」を頂いたと解釈して
また頑張ろうと思いました。
ありがとうございました。

6 ■無題

すごーい!
さすが先生!!
めっちゃわかりやすい!

5 ■なるほど

「年収1億円は逆からやってくる」という本を読んだばかりなので、ブログの内容がスッと入ってきました。
もしかして、著書さんとお知り合いですか?

4 ■ありがとうございます!

水野さん・・・、どうかしましたか?

超真面目内容に、感銘すると同時に、少し不安を覚えました・・

これは、新手のお笑いネタでしょうか?だとしたら、深すぎます・・・

3 ■水野さん、本当に大好きです。

考え方だけじゃなく伝え方にもシビれました!
愛してます!
私も愛情を持って勝ちにいきます。

2 ■無題

今回の内容はマッキンゼー風というか至って真面目な内容ですね。

1 ■無題

今回の内容はマッキンゼー風というか至って真面目な内容ですね。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース