北千住みずはの整体院発・愛と天職の電子書籍

★ナラサキヒトシ&中華嫁★

漫画・靈無くん客人帳スタート!


靈無くんがあっち、こっちの宇宙の

色んな秘密を知っている

霊夢の訪問者(ビジター)との会話で

セカイの真実の姿へと迫ります!


「セカイの秘密を知りたいか?」


テーマ:



電子書籍新刊

「天職・適職・凡職・愚職2 能力格差を超える力」


5月1日からの5日間Amazonkindle無料キャンペーンに

応援・ご協力ありがとうございました。

↑終了時間の最後で前作もビジネス・経済3位内にランクインしたので

記念画像です。


最終的に総合無料ランキングで最高19位、

ビジネス・経済無料ランキングで最高1位に

入ることができました。


5日間で無料DL数は約350冊(前作のDL数もあるのでだいたいの数)

でした。


このテーマを電子書籍として文書化するのはこれで全て終了です。


人間は自らの本心に嘘をついて生きているうちに思考の迷路へと

嵌って抜け出られなくなってしまうものですが、「天職」というキーワードで

人生の脱出口を見出してもらえる人が一人でも増えていただければ本望です。


さて「かなえる文庫」的には、まもなくこのブログで

漫画「靈無くん客人帳」の再開です^^;


私自身の欲求が具現化した世界、靈夢の本質に迫ります。

「空」の世界から現れる「ビジター」新キャラクターも出てきますよ。


ではでは

いつもありがとうございます。

次回も宜しくお願いいたします。

いいね!(43)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ついにAmazon Kindleにて発売開始です!

そして5月1日PM6:00頃から5月5日まで

5日間の無料キャンペーン実施いたします。

期間中、定価が必ず0円になっている事をご確認ください。

 

短縮アドレス作っておきました。ここからどうぞ。

http://qq4q.biz/tBma

 

ここしばらくSNSへの書き込みを一切やめて

仕上げに集中しただけあって

読み切るまで90分はかかる大作になりました^^;

その内容はと言えば・・・

 

「下流老人激増社会となった日本」
老いて死ぬまで「愚職」で働く奴隷人生にならない為にも
今すぐ「天職」への移行準備活動を始めよう!

「死ぬまで健康」が施術テーマの「下町の整体院院長」発
「天職・適職・凡職・愚職」第二弾が3年ぶりに登場!

 

新裏テーマ

「中・高・大学生にこそ読んで欲しいビジネス本」として
また更に加速する「ドッグイヤーの時代」に流されない人生の為、
レベル3の「プランナー能力」と「能力の掛け算」を知り

運命の「メンター」と出逢う為のヒントとは?

 

***************************

「天職・適職・凡職・愚職2 能力格差を超える力」目次

 

■ごあいさつ・能力格差を超える力
■序章・天職への道標
☆天1おさらい「天職」「適職」の探し方
☆求められる人材の本質
◎「プレゼン力」と「空気を読む力」が大事?
◎希少価値なきワーキングプアへの道?
◎40代劣化は「自己変容可能」の限界点?
☆心・身・魂でメンター引き寄せ
◎日本人は魂寄りの変種?
◎理想のメンターはバランス感覚で出逢う?
◎なぜプランナー能力者が理想のメンターなのか?
☆あしたのジョーは天職の物語2
◎「真っ白な灰」が悲劇でない理由とは?
◎孤独と向き合って生きる力「孤独力」とは?
◎丹下段平は「勝手に人生プランナー」?
☆幸福感の立ち位置は自分で作る
◎「適職」は恋・「天職」は愛?
◎「気疲れ」と「ストレス」の無い仕事はあるのか?
◎21世紀は経済論=幸福論ではない?
☆思い込みの迷路には出口がない
◎反社会的な稼ぎの結末とは?
◎生きがいの基本は「ありがとうございます」の数?
☆序章まとめ
■第一章・愚職とは
☆苦労働を経験値に変える思考
◎「貧困の恐怖=愚職の選択」から抜ける思考とは?
◎変化に怯えて立ち止まらない為の「格言」とは?
☆マルチタスクとチャレンジの愚
◎マルチタスクとは中途半端の事?
◎チャレンジ兵役サラリーマンとは?
☆脱・愚職は身近な対人スキルの進化から
◎否定形の行為は全てが愚職になる?
◎人生で愚職体験をする意味とは?
■第二章・凡職とは
☆今すぐやるべきは凡職離脱準備
◎奴隷人生に気付けない理由とは?
◎「楽」と「楽しい」では意味も思考も違う?
☆「職務保証」は失ってから気付く
◎借金力ではない「人から引き出す力」とは?
◎「下流老人」回避への選択とは?
■第三章・適職とは
☆ごっこで「好き感覚」を体感する意味
◎自己投資は才能を見直すチャンス?
◎適職で他人との距離感を見直す意味とは?
☆適職への目覚めは「起業本」にあり
◎凡人と探求者では「道」の意味が全く違う?
◎バブル伝説の人々は何処へ消えた?
■第四章・天職とは
☆天職は潜在意識が知っている
◎あなたの男性性・女性性比はいくつ?
◎価値と真価を決める直感力とは?
☆天職に一番近い就職の道
◎いきなり運命の企業に就職するタイプとは?
◎あなたは「想像力格差」に気付いているか?
☆人生の理想は天職の上位ルーチンワーカー
◎暗示を有効に活かす自分ルールの秘密とは?
◎神性とモラルの喪失が天職の終焉?
■最五章・【天職・適職・凡職・愚職】まとめ
●「なんとなく」で漂流する「人生の意味」
■最終章・私の職歴表
◎情報の無い時代の天職探し
☆職歴1・愚職時代の学び
◎1980年アニメ制作会社
◎1982年雑誌企画印刷会社
◎まとめ・創造的コンプリートへの決心
☆職歴2・凡職時代の学び
◎1983年鞄制作メーカー
◎1984年イベント・広告代理店
◎まとめ・やっと独立起業に気付く時
☆職歴3・適職時代の学び
◎1985年修行時代・メンターとの出逢い
◎1987年独立起業~休業
◎2002年最後の就職
◎まとめ プランナー能力はゼロ・サバイバル力
☆職歴4・天職時代の学び
◎2008年整体院開業
◎まとめ・感謝の質と量の法則を知る
■感謝をこめて・自分の能力は「直感力」と一緒に活かす
■かなえる文庫のご案内

*************************

読者の方々からの前作感想と質問に関する

以下の解答を中心に執筆

1・天職、適職、凡職、愚職の違いと意味を具体的に知りたい
2・自分だけのメンター(仕事や人生の指導者、助言者)を

見つける方法やヒントがもっと欲しい
3・天職とは今後、時世に左右されずに一生涯続けていくことが

できる職業なのか?

 

誰もが知りたい「運命の天職」はこの世界の何処にある?

 

・・・というようなAmazon紹介文丸コピペ内容です。

スマホでの閲覧に一番向いている形に編集してありますので

是非、GW中、行楽先や仕事の合間にお楽しみください。

 

おっさんしかわからない1980年代の話題とか

懐かしいお話もいっぱいです。

電子書籍未体験の方もこの機会にキンドルアプリを

インストールして是非どうぞ。

 

いつもありがとうございます。

 

 

いいね!(34)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:





昨日は1日仕事で疲れて、なんか無性に麻婆定食が食べたくなり、すた丼前を通過しようとしてこれが目に入り食べてしまいました。

想像以上に量が多い😢
しかしなかなか辛旨でした。
期間限定だそうで気になる人はお早めに。

珈琲いただきながらスマホ投稿二回目、うまくできてるかな?

いつも最後までご覧いただきありがとうございます。
いいね!(32)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
エイプリルフールにスマホ初投稿
ちゃんとできるかどうか不安。
これができればイベント会場から投稿とかできますね。
まずは北千住の桜から。
東京芸術大学の桜と
仲町公園の桜です。
ここは冨獄三十六景の中にある場所なんですよ。






ちゃんと投稿できてるかな?

ではでは
いつもありがとうございます。
いいね!(33)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:





本日、3月23日は私の56歳の誕生日です。


おめおめと56歳のヲタ爺になってしまいました。


「あと何年くらい生きられるか?」または「生き永らえてしまうのか?」


よく考え計画を立てて行動しないと「あっ」という間に還暦です^^;


加齢で動けなくなる前にやることをやらないとですね。



そしてご報告です。


今しがた、やっと電子書籍


「天職・適職・凡職・愚職2 ~能力格差を超える力~」


の出版まで8割方作業が終了してタグ付けや、奥付等の細かい調整作業を


残すのみとなりました。


ここまで来たら4月頭の発売に向けて間違いのないものを発行いたします。


執筆が約1年余りもかかった理由はここしばらく経済問題や政治問題、


日本人の未来意識に大きな悪い変化が起きている事に尽きます。


仕事に関しては「ワーキングプア」に続く「下流老人」なんていう嫌な新語も


注目を浴びました。



それらの事象も取り込んで「今、何をすべきか?」を「天職」という


キーワードで答えていたらなかなか作業が終わらなくなってしまいましたが


しかしやっと納得の答えに収まりました。



そんなわけで発行まで、もうちょっとだけお待ち下さい。


そして「天職・適職・凡職・愚職2 ~能力格差を超える力~」発行の後には


これの続きが控えております。





そう!現在更新が止まっている「靈無くん客人帳」は


前世と転生の答えを知るべく、一足早く彼岸の入り口まで行った話です。


「あの世の霊夢」に関するお話は、一発芸^^のアカシック・レコード編とは違い、


この後も「靈無くん客人帳」の中に何度か登場する予定です。


「転生」 「地獄」 「天国」 「神」 「悪魔」 


避けては通れない大きなテーマに明晰夢で靈無くんが挑みます。


今回はその第一弾になりますので事前に、より詳しいネームを制作し、


4月から8月にかけて「靈無くん客人帳」の第一章ブログバージョンを


終わらせて年内の電子書籍化を目指します。


ではでは、2016はより充実したクリエイティブな56歳を目指します。


いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。


今後共どうぞよろしくお願いいたします。

いいね!(27)  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:



↑1月末に区役所の受付番号でまさかの「ケダモノの数字ゲット!」

この辺からなにかと体調悪くなったような^^;


*********************


3月に入りました。


皆さんお元気でいらっしゃいますか?


私は2月前半は風邪、後半はプチうつでしたが


月替りの時期になってだいぶ身体がすっきりしました。


春エネルギーを体感すると身体から邪気が抜けていくような


気分になりますね。



以前は2月にこれほど体調が悪くなることは無かったのですが、3.11の


東日本大震災以降、毎年、ピンポイントでテンションが下がる月になりました。


昔からウツと全く無縁な人間と周囲から名指しされていた私もこの時期だけは


あの当時の節電で全体的に暗くなっていた街の様子が脳裏に蘇ってきます。


寒さが厳しくなって身体が冷え、税金の申告シーズンが迫ると、



「そろそろまた大きい地震が来るかな」とか


「福島は何にも解決してないんだよな」とか



仕事の手が空くと考えてもしょうがない事をつい考えてしまいます。


3月ですっかり気が戻りましたのでどうしても気が向かなかった諸々の


活動をスタートさせます。


通常仕事的には3月15日までに税務署持参の確定申告もあるんですよね。



まずは3月末を目処に電子書籍の「天職・適職・凡職・愚職2」を発刊します。


ノリの悪い時に書いた文章が結構あるので言い回し等を全面修正して


各章の扉イラストを描き起こしします。



そしてこのブログでは漫画・靈無くん客人帳の再開です。


「新ゲストキャラ」というか、「新ゲストビジター」というか、去年から登場待ちの


意外な人物がいますので早く登場させたいです。



とりあえず年内に第一巻をフルカラーで電子書籍化が目標です。(難度高い)



第一巻 ヒガンの章(悲願・鄙願・彼岸の意味)


第二巻 シンカの章(進化・真価・神化の意味)



全二巻です。


以上、すでにおおまかな内容とエンディングまで決まっています。


(私の靈夢の話を再現しているだけなので問題は構成と表現方法だけです)



実は「靈夢くん客人帳」には英語版の発行という更なる目標があります。



アメリカのamazonのサービスには書籍化して配送というのもありますので


日本語版、英語版、そして双方の電子書籍版、書籍版をamazonで


販売というのが「靈夢くん客人帳」の最終形態になります。


また本にまとめた時点でタイトルも変えようかなと色々考えてます。



いやいや春の訪れに合わせて早速、駆け足進行です。


これからもどうぞよろしくお付き合いの程、


よろしくお願いいたします。

いいね!(51)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


2月頭に風邪を引きまして・・・咳が止まらず通常仕事以外は「天2」本の

執筆をずるずるとやっていました。

現在文章の3分の2くらいは終了しています。


本の中のイラスト描かなきゃと思っていたのですが今回のこの動画は

懐かしいアナログ水彩絵から、おなじみの漫画ツールを使った

デジタルで絵を描く作業まで、

プロの絵描き作業がさっくりと見られてとても参考になります。

下絵からのペン起こしとか、色塗りの手順とか色々勉強する処があります。


お題になっている「記憶イラストリレー」ですが

案外、記憶に無いんじゃなくて結構わざと狙ってやっていますね。


一部、本当に記憶力の怪しい人もいますが、そこは人選に問題ありでしょう^^

まあそこも狙っての人選だとは思いますけど。


ではでは「そろそろブログもHPも復帰いたします。

電子書籍「天2」本発売は今少しお待ちください。


いつも最後までお読みくださりありがとうございます。


いいね!(39)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

漫画・靈無くん客人帳 第四話「妖怪ヒナコボシ」


今回はver.1.02完結です。

(ver.1.00  10月15日更新 3ページ更新)

(ver.1.01  11月2日更新 1ページ更新)

(ver.1.02  1月21日更新 8ページ更新完結)


********************


靈無くん客人帳 第二話と同時進行で第四話を描きます。


第四話と第五話は短編ですのでさくっと終了予定です。


********************


(ver.1.00感想)


さて、霊夢内に侵入するビジターとしてどうしても避けられないのが


「幽霊」と「妖怪」です。


なぜ彼らはわざわざ夢の中に侵入してくるのでしょうか?


そしてそれに対応する私のスタンスとは?


完結までしばしお付き合いください。


********************


(ver.1.01感想)


黒澤映画「夢」の感想オープニングを追加しました。


実は私は黒澤映画が昔から大の苦手でして(笑)


映画の一部分だけでも観ると、ものすごく精神不安になるんですね。


基本的にジャンルを選ばず映像大好き人間なのに何でなのか


理由が全くわかりませんでしたが、映画「夢」を観て、黒澤映画は


私の見る夢に色々な部分がそっくりな事に気付きました。


映像のアングルや画像の濃淡の色合い、さらにテンポ的に間の悪い


と感じる部分とか、俳優の化粧が妙に浮いていると感じる処まで


そっくりなんですね。


靈無くん客人帳を一度、脳内で黒澤映画変換して読みなおしてみると


実際の私の霊夢に近づくかもしれません^^


では次回更新もお楽しみに。


********************


(ver.1.02感想)


昨年11月よりCLIPSTUDIOソフトの新バージョンがつかえなかったり、


年末で進行が滞ったりで2016年内に第一巻のフルカラー電書化が


危ぶまれてきましたので今回からブログ版は下描きモードで


進行いたします。


そういう事で一気に終了です。


妖怪ヒナコボシの正体やいかに?


どうぞ最後までお読みください。


********************












ここから先の展開は下描きモードで進行いたします。


何かの事故ではありませんので宜しくお願いいたします。





















********************


長いことお待たせいたしました。


これにて第四話ブログバージョンは完結です。


下描きモードで十分よくわかるのがなんか悔しいですね^^;


このモードの良い処はパソコンを凝視しないので目が疲れない処です。


別名「老眼モード」と呼んでください^^


おもいっきり細かい部分が適当ですが、フルカラーバージョンで


電子書籍化という作業がまだ待っていますので


同じく、途中で止まっている第二話も来月から順次、下描きモードで


進行いたします。


*********************


さて、第四話は妖怪の「真名」と「顕現」のシステムが


よくわかった靈夢のお話でした。



妖怪はエネルギーが小さい存在なので「名前」が最初に出てきて、


名前を元に人間のイメージで姿が見えるように顕現するわけです。


おそらくこれが「真名」です。



神様の場合はエネルギーが大きいので自分から名乗らずとも


どんな姿で現れても人間の方で特定の神様だと気付くのでしょうね。


多神教では同じ神様に幾つもの化身がある理由がよくわかりました。



しかし、鳥居の門、注連縄の蛇、そして紙垂の妖怪までが靈夢に出てきて、


これで前世が神道関係者じゃなかったら、一体おまえは何者だって感じです。


ではでは、次回の靈無くんもどうぞお楽しみに。


いつも最後までお付き合いくださりありがとうございます。

いいね!(71)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




中国嫁日記最新、第五巻の感想です。


今回は一昨年、第四巻発売の時の様な「発売トークイベント」を


開催しない事を確認してから、商店街の本屋さんに注文して


購入したので少々遅くなりました。


(今、日本では一日に1店舗の本屋さんが廃業しているという事なので


最近はすこしでも地元の本屋さんで購入して応援するように心掛けています)



去年の第四巻発売時は「新刊+トークイベント+懇親会」セットをネット上で


速攻購入したらトーク会場の最前列、購入順番3人目でしたので


今回も最前列10位以内を狙って緊張していたのですが、開催されずに


ちと残念な気分です(笑)


↓その時に描いて貰ったサイン色紙





ではまず総合的な感想です。


一言で言うとこの第五巻は


「今、日本で一番スピリチュアルな漫画」


でしょうか^^


どの辺がスピリチュアルかという説明は後にして


まずは読んでいない方の為にちょっとだけ


第五巻の内容を大雑把にご紹介すると



前半は


「中国いろいろ実体験やってみた!」


今日本人が一番気にしている中国の汚染問題(まだ序章)


から観光地「桂林」レポートまで、いつになく行動的な内容。


将来的に中国レポート記事漫画家の座を狙っているだろうなと思われる


井上氏の老後の野望がコマ間からちらほらと見えてきます。


今から蛭子能収氏みたいな立ち位置で中国食べあるき旅行特番とか


出ておくと良いのではないでしょうか^^



中盤は


「中国で子ネコと出逢ってしまってどうしよう!」


「中国でネコを拾うとこうなるのね」という事がよくわかります。


動物との出逢いの「縁」の不思議さも感じる良いお話です。


この子猫「牛角(にゅーじゃお)の「エピソートⅠ」は


ブログでリアルタイムに展開している時には今にも牛角が死にそうで


毎日、その後がすごく気になったのが思い出されます。


「結局牛角はどうなったのか?」は是非第五巻で確かめてみてください。


ちなみに大きくなった牛角の「エピソートⅡ」はきっと第六巻に続きます。



そして後半の描きおろし長編は


昨年、ネット上でも凄く話題になった


「会社のお金が無くなって税金が凄い事になっていた事件」


の顛末記です。


結局、何が起きたかと言えば「古い友人の裏切り行為」です。


この記事の最初に今回の第五巻は



「今、日本で一番スピリチュアルな漫画」



と言いましたが、このお話がとってもスピリチュアルなのです。



この事件のお話は誰にとっても他人事ではなく


スピ的には誰にでも時期が来れば必ず起きる事だからです。


人によってはもっと酷い形で信じていた古い友人から


裏切られる事もあります。



私にも昔から、なかなか別れられない腐れ縁の友人がいましたが


十数年前に納得できない借金の依頼で結局、縁を切った経験が


あります。当時は借金を断った事を色々と後悔して悩みましたが


時間が経ってみると、お互いに自立するべき時期だったんだなと


気付かされます。



「腐れ縁」は文字通りに縁が腐っているので、時期がきたら

切り離さなくてはいけません。


「縁を切る」「縁を結ぶ」の繰り返しで人間は成長します。


ある意味、自然界の法則です。


腐った縁を肥にして新しい新芽の縁を育てていくのが人生の妙です。



井上先生のこの事件は人生において成長するための



「縁の見直し時期だった」



という事です。見方を変えればゴミ掃除の断捨離時期なんですが、


井上先生の場合は部屋に積まれた友人の超大量のおもちゃと


一緒に友人との縁が切れた超断捨離で人生が次の展開に


移行した事が目に見えて体感できたのではないでしょうか?



そもそも月(ゆえ)サンと強い縁が繋がった事で中国嫁日記が


スタートし、運命が大きく変わった時点で今回の友人との縁切れは


人生の必然だったのだと思います。


この事件で凹まずに国際結婚、日中夫婦の伝道に励まれてください。



しかし漫画の中の月さんの言葉にはとても強い意思力を感じますね。


意思力がへろへろな日本人とは大地への根付き方が違う印象です。


この月さんの言葉が今回最大の見どころです。


コピーにするなら


「逆境で強くなる国際結婚夫婦の絆を刮目して見よ!」ですね^^



そうそう、思わず話をまとめて終わりにする処でしたが、


前回は「男性の不妊治療」にも触れて、今、日本一スピな漫画と


なっている中国嫁日記には次のイベントとして健康問題という


スピリチュアルテーマが控えているように思われてなりません。


中国といえば自然の汚染がありますし、ようやく緊張状態がほぐれた


井上先生の体調も気になる処です。


張っていた気が抜けたあたりが一番病気にかかりやすいんですよね。


そういう理由で日本に帰ってきたらうちに是非来てくださいね(笑)


とりあえず固まっている首と腕の可動域をもうちょい拡げます。


以上、最後に整体院の宣伝でした。


ではでは


いつも最後までお読みくださりありがとうございます。

いいね!(28)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


北千住で整体院を始めて8年目になりますが千住の正月行事


七福神巡りには一度も参加した事がありませんでした。


今回、初めてスタンプラリーで一周してきたのですが・・・


いやいや結構面白かったです。


正月の三が日は凄い人出でしたが最終日の今日は


来る人もまばらでしっかりとお参りできました。


江戸時代の富士信仰で作られた富士塚に登ったり


恵比寿さんを回して願かけしたり


200年くらい前の江戸時代の娯楽の一端を体感できるというのは


ちょっとタイムスリップしたような気分になりますね。



そうは言ってもずっと行かなかった理由の一つに


私と神様との相性があったので少々、腰が引けながらのスタンプラリーと


なりました。


では回った順番に画像をみてみましょう。






まずは大黒天




布袋様




恵比寿様




寿老人




毘沙門天




福禄寿






・・・そして弁財天です。



ぱっと見てわかると思いますが


大黒天、布袋様、弁財天の本体はとても古いものです。


それ以外の四福神は比較的新しく作られたものなので


七福神巡り用の石像にしか見えませんが、古いものは昔の人の


深い信仰を背負って妙なオーラを放っています。


今日は全然日も浴びていないのに弁財天の庚申塔の周りに


なんか出てましたね^^;(位置的に太陽光じゃなかったです)


ちなみに、このもやもやですが普通に目で見ても全然判らないのに


デジタルカメラを通してみると見えるんですよね。




何でしょうね^^



私と七福神の中の「大黒天」、「弁財天」は私に憑いている神様との


相性が良いらしいので


お参りに行くとたびたび何かしら面白い事がおきます。


ちなみに私の母方は「大黒天(大国主大神)」、


父方は「ミズハノメノカミ」を熱心に信仰して


いたらしいのがはっきりしています。



「らしい」というのは直接先祖に聞いたわけじゃありませんが


色々記録が残っているので、だいたい推察できると言うことです。


実際に人生上で縁の深さを実感するイベントがよく起こります。



先祖の信仰の契約により子孫が守られているのが「憑き」であり


そこから神様の属性からくる引き寄せと反発が生じる様です。



そういう事で大黒天の「千住本氷川神社」と 弁財天の「氷川神社」は


いままで毎月頭には、習慣としてお参りをしていたのですが


今回、七福神巡りで、初めて行ってみて


思いっきりお参りを拒否られた場所がありました。



それは・・・・福禄寿の「稲荷神社」です^^;



これはタイミングの問題なのですが稲荷神社に着いたら丁度団体ツアーの


お客さんがいて、ラリーのスタンプを押している間に


「写真撮影しますので集まってくださ~い」の声とともに、


ちょっと高い場所にあるお社の階段に横三列で並んでしまい


絶妙なタイミングで人の壁でお社への唯一の通路を塞がれる格好に


なってしまいました。


わかりやすい形で行く手を阻まれたわけです。




正直、嫌な気分になるどころか「これは凄いわ~」と感心しちゃいました。


果たして福禄寿なのか稲荷神社の主なのかはわかりませんが


神様はいつも絶妙なタイミングで色々と仕掛けて来るものです。


単に憑いている神様の相性の問題なので特に気にしませんけどね。



たまに私の顔を見ただけで怒ったり、怯えたりする人がいますが、


その人には間違いなく何か変な神様か妖怪が憑いています。


それも憑いている神様同士の問題です。



さてツアーの撮影が終わるまでちょっとだけ待っても良かったのですが、


そういう何者かの「拒否」の意思を感じたので、「まあいいか」と思い


ラリーのスタンプだけ貰ってきました。



それとは逆に弁財天の方は、今回、なんかもやもやが写っていたし


毎回、色々と縁のある意外な出来事が起きるしと言う事で、


年の最初にちょっとだけご奉納イベントをしてきました。


コレです。


拝殿屋根修復に使用する銅瓦板の裏にマジックで名前を書くだけですが、


一枚、参千円で参加できるという気軽さが良いです。


普通に御札を買ったり、絵馬を掛けたりするよりも、ご利益がありそうです。


銅板の裏面だから名前を他人に見られないという処がとても気に入りました。



これが真面目に屋根瓦に名前を刻むとかだと数万円も寄付金がかかって


後世の人に何百年間も名前を読まれ続ける恥辱を味わうわけですよ^^



そういえばわざわざ自分の銅像や記念碑とかを建てたがる人の心理は


私には理解不能です。政治家の皆さんはそういうのが好きですよねぇ。



そういう事で初めての七福神巡りは結構楽しかったです。


そういえば千住神社の富士塚に丁度ネコがひなたぼっこをしていて


なんか縁起が良い物を見たような気がしたので・・・(↓鷹っぽいし・・・)



冒頭の写真の招きネコを買ってしまいました。




千住神社はさすが恵比寿さんだけあって縁起物商品は色々あるわ、


敷地は広くて自動販売機や休憩用のベンチはあるわ、


↓本殿のお社は広いわ、若いバイト巫女さんは大勢いるわ^^で、


初めて行ったけれど、結構気に入りました。


大黒天とは相性良いみたいですね。




今度、願掛けで恵比寿さんを回しに行ってこようと思います。



ではでは


いつも最後までお読み下さりありがとうございます。

いいね!(27)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)