北千住みずはの整体院発・愛と天職の電子書籍

★ナラサキヒトシ&中華嫁★

漫画・靈無くん客人帳スタート!


靈無くんがあっち、こっちの宇宙の

色んな秘密を知っている

霊夢の訪問者(ビジター)との会話で

セカイの真実の姿へと迫ります!


「セカイの秘密を知りたいか?」

NEW !
テーマ:

靈無くん客人帳の更新記事がしばらく止まっていて

申し訳ありません。

電子書籍で登場する霊夢や前世のカラー画面は

どう表現するかで色々と思考錯誤しましたが

↑こんな風にざっくりした水彩画で行く事にしました。

 

CLIPSTUDIOの新作素材に「四角水彩」というざっくり平筆塗り

ツールがあったのでダウンロードして使ってみたら

凄くアナログ感のある水彩画風に塗れて大満足です。

この絵は完全新作オープニング、「祭祀遺跡」の冒頭画面です。

 

そして表紙画面も基本的なベース絵ができました。

ここからタイトル文字等を入れてみて配色バランスを調整します。

靈無くんの体色ですが色々塗ってみた結果、「天駆ける白い犬」

なんですからこんなホワイト・ブルー的な感じかなという処で

落ち着きました。

ぶっちゃけた話、ほぼムーミン色ですね^^;

10月は続々とカラーに塗った原稿が随時アップしますので

最新情報をちょくちょくと更新していきます。

11月発売目指してしっかり頑張ります。


ではでは

いつも最後までお読みくださりありがとうございます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



靈無くん客人帳 第二話「絶対境界線」②の続きです。


靈無くん客人帳は現在「第一話」「第三話」「第四話」「第二話」の順番で

執筆しております。

初めてご覧になられる方は過去に描いたお話も一緒にごらんください。


第一話


第二話①



第二話②



第三話


第四話



霊夢(明晰夢)の世界の果てに見つけたものとは?

いよいよ死神博士との対話が始まります。











 










天国と地獄のお話


テーマパークみたいになったいろんな地獄世界の姿は人間が抱いた


区別や差別そのものの幻覚と気づけばそんなに難しい話ではありません。


あなたは普段、何かを自己基準で好きに「評価」していますか?


あの世が階層化するので注意してくださいね^^



ちなみに自分自身で自分に見合った世界を作って勝手に嵌ってしまうなら


判定者である閻魔大王の存在は全く必要ないって事になりますね。


また宗教や思想等に関係なく誰でも天国なり、地獄なりに囚われてしまう


ある意味、究極のトラップなのかもしれません。



さてこの第三話「絶対境界線」ですが今回でブログ版は終了いたします。


この天本さんに見える人物の正体はとりあえずおあずけです。


もし期待していた方がいらっしゃったら申し訳ございません。



今後は今のところ新規パソコンが漫画描きツールのクリスタこと


CLIPSTUDIOを問題なく動作させているようなので、


悲願の^^電子書籍制作作業に入ろうと思います。


新しく描き足す場面やセリフもありますし4コマや彩色ページもあり


ということで年内に完成させるべく色々作業ありまくり状態です。


電子書籍の制作経過も順次、描いていきますのでお楽しみに。




なるべく多くの人に見てもらいたいので


下リンクをクリックしていただければ有難いです。


気に入ったら「リブログ」も大歓迎です。


いつもありがとうございます。


Web漫画 ブログランキングへ  



精神世界ランキング 漫画コミックランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週からパソコンが何度もブルースクリーン状態に入り、作業が滞るので最低限の重要なデータを外付けに移し、
依頼業者で色々悩んで、結局PCデポに一週間、データサルベージで本体を預けています。

こういう作業を頼むとなると本当に業者で悩みますね。はっきり言ってPCデポは作業代が高い!まあ、それで大々的な商売にしているのだから仕方ないかもしれません。



逆に小規模なパソコン修理業者は明朗価格で安く提示しているのですが腕の程は
実際に上がってみないとわからない。

これって整体価格と似てますね。
ホームページで色々書いてあっても
かかってみるまではわからない。

依頼の選択で悩んでしまう心理の体験学習になりました。

そういう訳でパソコンはなく今スマホから書いています。

また復帰したらパソコンからご報告いたします。

いつも最後までお読みくださりありがとうございます。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

靈無くん客人帳 第二話「絶対境界線」①の続きです。


靈無くん客人帳は現在「第一話」「第三話」「第四話」「第二話」の順番で

執筆しております。

初めてご覧になられる方は過去に描いたお話も一緒にごらんください。


第一話


第二話①


第三話


第四話



霊夢(明晰夢)の世界の果てに見つけたものとは?































なんと!霊夢の世界と、あの世の入り口は繋がっていたのです。


奇しくも、私の実弟がこの漫画を描いている最中に


「夢の中で遠くにアルプスが観えた時、死んだらあそこへ行くんだと思った」と


ぼそっと語った時、ちょっと鳥肌が立ちました。


この話の事は知らないのにタイミングも良すぎです。



そして越えてはいけない「絶対境界線」とは・・・もうお気づきでしょう。


「三途の川」の事です。


まあまだ私は死んでいないので、この世の未練とか無いから


だだのフェンスみたいなものに見えたのでしょう。


あの世へ行きたくないという未練が多いほど巨大な川や谷に見えるんじゃ


ないでしょうか?



そしてこの後の展開ですが「死神博士(仮)」に色々質問してきました。


もちろん明晰夢の中でのお話です。


質問と解答と言っても直接イメージをやりとりしつつ最低限の日本語会話を


するという感じですね。



それだと漫画として成立しないのでしっかり漫画的会話に直しておりますが


なるべく忠実に霊夢に内容を再現しております。


次回は「絶対境界線」③になります。


なるべく多くの人に見てもらいたいので


下リンクをクリックしていただければ有難いです。


気に入ったら「リブログ」も大歓迎です。



Web漫画 ブログランキングへ




さてさて死神博士の正体は・・・?


次回をお楽しみに


精神世界ランキング 漫画コミックランキング
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は本当に猛反省です。


5月の連休明けくらいから時々、食後に左わき腹が痛むので

内科病院でエコー検査を受けた処、検査結果は「異常なし」なので


「消化器系が荒れているんだろ」とか軽く考えていたら...

先日、血尿が出てしまい内科病院の紹介で泌尿器科のある


近所の大きい病院を紹介してもらいました。


検査を含めて結論が出るまで1週間かかりましたが結局、

痛みや血尿の正体はノーマルの「尿路結石」でした。





検査の最中に泌尿器科の先生から悪いケースとしてガン系、感染系等、


色々あると言われたのでちょっとだけ安心しましたが、


いきなり激痛がくるかもしれないと言われてまだまだ病気継続状態です。



それで最初の「猛反省」の件ですがこの状態に至る


生活習慣の問題よりも、このまま重い病気で倒れたら、


やるべきことをやれないまま人生終わってしまうような


56歳という年齢だったという現実から目を背けていた事に

気付かされたいう事です。



もう小学校時代の同級生も数人は逝去しておりますし


気力を持ってあと20年位、生きられる保証もありません。


今、電子書籍で漫画を書いていますが、


目的は多くの人に知ってもらいたい話があるからなので、


先行してずっとやってみたかった「セミナーもどき」をやろうと決心しました。


病院で検査の結果を待つ間、


抗癌剤治療を受けている若い女性や、


救急で搬送されてきた人を間近で見て


人生、いつどうなるのかわからない事を再確認しました。



ちなみにうちの整体院の名前は古事記に出てくる


「みずはのめのかみ」に由来しているのですが

この神様は「し尿の神」「トイレの神様」です。


なんか今回は神様に気づきを与えられたみたいな気がします。


セミナーもどきは次回の靈無くん公開時にお知らせいたします。


下手をすると私の実体験だけに


稲川淳二のこわい話より怖くなるかもしれません(笑)


アメブロ規約的に引っかかる様な気がするのでちょっと工夫してみます。



ではでは


いつも最後までお読みくださりありがとうございます。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



電子書籍新刊

「天職・適職・凡職・愚職2 能力格差を超える力」


5月1日からの5日間Amazonkindle無料キャンペーンに

応援・ご協力ありがとうございました。

↑終了時間の最後で前作もビジネス・経済3位内にランクインしたので

記念画像です。


最終的に総合無料ランキングで最高19位、

ビジネス・経済無料ランキングで最高1位に

入ることができました。


5日間で無料DL数は約350冊(前作のDL数もあるのでだいたいの数)

でした。


このテーマを電子書籍として文書化するのはこれで全て終了です。


人間は自らの本心に嘘をついて生きているうちに思考の迷路へと

嵌って抜け出られなくなってしまうものですが、「天職」というキーワードで

人生の脱出口を見出してもらえる人が一人でも増えていただければ本望です。


さて「かなえる文庫」的には、まもなくこのブログで

漫画「靈無くん客人帳」の再開です^^;


私自身の欲求が具現化した世界、靈夢の本質に迫ります。

「空」の世界から現れる「ビジター」新キャラクターも出てきますよ。


ではでは

いつもありがとうございます。

次回も宜しくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ついにAmazon Kindleにて発売開始です!

そして5月1日PM6:00頃から5月5日まで

5日間の無料キャンペーン実施いたします。

期間中、定価が必ず0円になっている事をご確認ください。

 

短縮アドレス作っておきました。ここからどうぞ。

http://qq4q.biz/tBma

 

ここしばらくSNSへの書き込みを一切やめて

仕上げに集中しただけあって

読み切るまで90分はかかる大作になりました^^;

その内容はと言えば・・・

 

「下流老人激増社会となった日本」
老いて死ぬまで「愚職」で働く奴隷人生にならない為にも
今すぐ「天職」への移行準備活動を始めよう!

「死ぬまで健康」が施術テーマの「下町の整体院院長」発
「天職・適職・凡職・愚職」第二弾が3年ぶりに登場!

 

新裏テーマ

「中・高・大学生にこそ読んで欲しいビジネス本」として
また更に加速する「ドッグイヤーの時代」に流されない人生の為、
レベル3の「プランナー能力」と「能力の掛け算」を知り

運命の「メンター」と出逢う為のヒントとは?

 

***************************

「天職・適職・凡職・愚職2 能力格差を超える力」目次

 

■ごあいさつ・能力格差を超える力
■序章・天職への道標
☆天1おさらい「天職」「適職」の探し方
☆求められる人材の本質
◎「プレゼン力」と「空気を読む力」が大事?
◎希少価値なきワーキングプアへの道?
◎40代劣化は「自己変容可能」の限界点?
☆心・身・魂でメンター引き寄せ
◎日本人は魂寄りの変種?
◎理想のメンターはバランス感覚で出逢う?
◎なぜプランナー能力者が理想のメンターなのか?
☆あしたのジョーは天職の物語2
◎「真っ白な灰」が悲劇でない理由とは?
◎孤独と向き合って生きる力「孤独力」とは?
◎丹下段平は「勝手に人生プランナー」?
☆幸福感の立ち位置は自分で作る
◎「適職」は恋・「天職」は愛?
◎「気疲れ」と「ストレス」の無い仕事はあるのか?
◎21世紀は経済論=幸福論ではない?
☆思い込みの迷路には出口がない
◎反社会的な稼ぎの結末とは?
◎生きがいの基本は「ありがとうございます」の数?
☆序章まとめ
■第一章・愚職とは
☆苦労働を経験値に変える思考
◎「貧困の恐怖=愚職の選択」から抜ける思考とは?
◎変化に怯えて立ち止まらない為の「格言」とは?
☆マルチタスクとチャレンジの愚
◎マルチタスクとは中途半端の事?
◎チャレンジ兵役サラリーマンとは?
☆脱・愚職は身近な対人スキルの進化から
◎否定形の行為は全てが愚職になる?
◎人生で愚職体験をする意味とは?
■第二章・凡職とは
☆今すぐやるべきは凡職離脱準備
◎奴隷人生に気付けない理由とは?
◎「楽」と「楽しい」では意味も思考も違う?
☆「職務保証」は失ってから気付く
◎借金力ではない「人から引き出す力」とは?
◎「下流老人」回避への選択とは?
■第三章・適職とは
☆ごっこで「好き感覚」を体感する意味
◎自己投資は才能を見直すチャンス?
◎適職で他人との距離感を見直す意味とは?
☆適職への目覚めは「起業本」にあり
◎凡人と探求者では「道」の意味が全く違う?
◎バブル伝説の人々は何処へ消えた?
■第四章・天職とは
☆天職は潜在意識が知っている
◎あなたの男性性・女性性比はいくつ?
◎価値と真価を決める直感力とは?
☆天職に一番近い就職の道
◎いきなり運命の企業に就職するタイプとは?
◎あなたは「想像力格差」に気付いているか?
☆人生の理想は天職の上位ルーチンワーカー
◎暗示を有効に活かす自分ルールの秘密とは?
◎神性とモラルの喪失が天職の終焉?
■最五章・【天職・適職・凡職・愚職】まとめ
●「なんとなく」で漂流する「人生の意味」
■最終章・私の職歴表
◎情報の無い時代の天職探し
☆職歴1・愚職時代の学び
◎1980年アニメ制作会社
◎1982年雑誌企画印刷会社
◎まとめ・創造的コンプリートへの決心
☆職歴2・凡職時代の学び
◎1983年鞄制作メーカー
◎1984年イベント・広告代理店
◎まとめ・やっと独立起業に気付く時
☆職歴3・適職時代の学び
◎1985年修行時代・メンターとの出逢い
◎1987年独立起業~休業
◎2002年最後の就職
◎まとめ プランナー能力はゼロ・サバイバル力
☆職歴4・天職時代の学び
◎2008年整体院開業
◎まとめ・感謝の質と量の法則を知る
■感謝をこめて・自分の能力は「直感力」と一緒に活かす
■かなえる文庫のご案内

*************************

読者の方々からの前作感想と質問に関する

以下の解答を中心に執筆

1・天職、適職、凡職、愚職の違いと意味を具体的に知りたい
2・自分だけのメンター(仕事や人生の指導者、助言者)を

見つける方法やヒントがもっと欲しい
3・天職とは今後、時世に左右されずに一生涯続けていくことが

できる職業なのか?

 

誰もが知りたい「運命の天職」はこの世界の何処にある?

 

・・・というようなAmazon紹介文丸コピペ内容です。

スマホでの閲覧に一番向いている形に編集してありますので

是非、GW中、行楽先や仕事の合間にお楽しみください。

 

おっさんしかわからない1980年代の話題とか

懐かしいお話もいっぱいです。

電子書籍未体験の方もこの機会にキンドルアプリを

インストールして是非どうぞ。

 

いつもありがとうございます。

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:





昨日は1日仕事で疲れて、なんか無性に麻婆定食が食べたくなり、すた丼前を通過しようとしてこれが目に入り食べてしまいました。

想像以上に量が多い😢
しかしなかなか辛旨でした。
期間限定だそうで気になる人はお早めに。

珈琲いただきながらスマホ投稿二回目、うまくできてるかな?

いつも最後までご覧いただきありがとうございます。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
エイプリルフールにスマホ初投稿
ちゃんとできるかどうか不安。
これができればイベント会場から投稿とかできますね。
まずは北千住の桜から。
東京芸術大学の桜と
仲町公園の桜です。
ここは冨獄三十六景の中にある場所なんですよ。






ちゃんと投稿できてるかな?

ではでは
いつもありがとうございます。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:





本日、3月23日は私の56歳の誕生日です。


おめおめと56歳のヲタ爺になってしまいました。


「あと何年くらい生きられるか?」または「生き永らえてしまうのか?」


よく考え計画を立てて行動しないと「あっ」という間に還暦です^^;


加齢で動けなくなる前にやることをやらないとですね。



そしてご報告です。


今しがた、やっと電子書籍


「天職・適職・凡職・愚職2 ~能力格差を超える力~」


の出版まで8割方作業が終了してタグ付けや、奥付等の細かい調整作業を


残すのみとなりました。


ここまで来たら4月頭の発売に向けて間違いのないものを発行いたします。


執筆が約1年余りもかかった理由はここしばらく経済問題や政治問題、


日本人の未来意識に大きな悪い変化が起きている事に尽きます。


仕事に関しては「ワーキングプア」に続く「下流老人」なんていう嫌な新語も


注目を浴びました。



それらの事象も取り込んで「今、何をすべきか?」を「天職」という


キーワードで答えていたらなかなか作業が終わらなくなってしまいましたが


しかしやっと納得の答えに収まりました。



そんなわけで発行まで、もうちょっとだけお待ち下さい。


そして「天職・適職・凡職・愚職2 ~能力格差を超える力~」発行の後には


これの続きが控えております。





そう!現在更新が止まっている「靈無くん客人帳」は


前世と転生の答えを知るべく、一足早く彼岸の入り口まで行った話です。


「あの世の霊夢」に関するお話は、一発芸^^のアカシック・レコード編とは違い、


この後も「靈無くん客人帳」の中に何度か登場する予定です。


「転生」 「地獄」 「天国」 「神」 「悪魔」 


避けては通れない大きなテーマに明晰夢で靈無くんが挑みます。


今回はその第一弾になりますので事前に、より詳しいネームを制作し、


4月から8月にかけて「靈無くん客人帳」の第一章ブログバージョンを


終わらせて年内の電子書籍化を目指します。


ではでは、2016はより充実したクリエイティブな56歳を目指します。


いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます。


今後共どうぞよろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)