====================================================================






人の目を気にせずにトレーニング出来る完全個室型プライベートジム





・過去に短期間ダイエットで失敗やリバウンドした方


・経験10年以上のトレーナーをお探しの方


・ダイエット達成後のアドバイスが欲しい方


・スポーツに役立つトレーニングを目指す方




ダイエットモニター同時募集中!詳細はお問い合わせ下さい。





産後の骨盤ダイエットも実施しております。





クリップMiyauchiパーソナルトレーニングGYM
クリップ











====================================================



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

ランナーズニー③

2017年03月03日(金) 20時51分39秒 テーマ:ランニング
年末にランナーズニーを発症してからというもの、膝の痛みを感じない日がありませんでした。
膝周りの内側や外側の靭帯周辺のストレッチはあらゆる方法でストレッチしましたが、残念ながら大きな症状の改善は無し
セッションは出来るし日常生活には支障が無いので整形外科には行かずに自分なりに対処療法。
しかし、一日でも早く痛みから解放されたい想いから膝の治療に良い成果を上げていると報道ニュースで取材されていたスポーツ整形外科を尋ねました。

すると、きちんとこちらの意向を聞いてくれ、レントゲンを20〜30枚あらゆる角度から撮影してくれた上、診察台ではエコー画像を見ながら説明をしてもらえました。ここでランナーズニー確定です(苦笑)

ついでに中足骨も痛みが出やすいのでエコーで膝周りの靭帯、半月板や足裏や甲の神経の状態を見ながら説明してくれました。
闇雲にボルタレンやロキソニンで痛みを一時的に取るだけの処方なら心配ですが、大事には至らないレベルの故障で痛みと向き合いながらだと走っても問題ないとのお墨付きをもらい少し安心です

痛みと向き合い、ゆるゆると走った不完全燃焼の1月、2月がこんな感じ。

{D2E7D22F-05C4-4536-A796-302453D33F3C}

{0CF6D255-7677-44CF-8C15-4B935DF0427D}

違和感が出ればすぐに止まってストレッチやウォーキング、そしてまたスロージョグというリハビリ走行です。

{E192DBFC-0665-40F0-8ED5-7BF428420704}

{880B6A0B-D185-420E-848F-E21ABA33413C}

1週間全く走れない週もありました。

が、今週はほぼ痛みの出ない日もあり元気も復活です。

薬はロキソニンと同時に処方される胃を保護する薬。
それと、グルコサミン&コンドロイチン、ビタミン、安いのはコンドロイチンが低容量なのでグルコサミンの量に惑わされずコンドロイチンもしっかり高容量をチョイス。
リハビリで脚は筋トレを軽めに毎日やっています。
さぁ、そろそろ復活出来るかな。
次回は最終回になる予定です

ランニングの為にも筋トレ!
リハビリにも筋トレ!
80代まで自分の足で歩く!
谷町四丁目、天満橋近くのパーソナルトレーニングジム
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

ランナーズニー②

2017年02月19日(日) 17時15分44秒 テーマ:ランニング
膝の故障までは練習も上手くいっていました。
身長171cmの僕がボディビルをやめた時の体重はおよそ82kg前後でした。といってもコンテストの時のウエイトなら70kg前後なのでそれほど大柄な選手ではありませんでした。

マラソンを始めた頃はせっかくボディビルで付けた筋肉がランニングで少しずつ落ちていく事に対して、正直かなり抵抗感がありました。
しかし、練習を重ねていく度に太腿の筋肉が強くとも重くて走るのには邪魔だと思うようになって来たのです。
大腿四頭筋の太さは特に邪魔に感じるようになりました。
そもそも、ボディビルで太腿を太く見せるポージングの時とランニングの時の重心は全く違うのです。

これは互いに相反する面が強いスポーツなのでどちらが良いという事ではありません。
どちらを取るかというだけの事です。

いつかはフルマラソンを走破してみたいという気持ちに傾いた時に、太腿外側(外側広筋)を削ぎ落とす事に全く抵抗感が無くなりました。
といっても未だに普通の方よりもかなり太腿は太いです(^^)
まだ60cmほどありますからー(笑)
ボディビルやってる時はどうやったら外側広筋が発達するか色んなスクワットを試したものです。
懐かしいー

結論としては、やはりフルマラソンを走るには身体が大きいのはプラスにならないし、膝に過大な負担が掛かると身をもって証明されたのです。

走る為に膝は大切だと今回は痛感しました

練習を重ねる事で極端なカーボカット(低炭水化物ダイエット)をせずともランニングで夏から秋頃で体重75kg前後まで絞れて来ました。
80kg前後あった頃の走力は6:40/km程度。
それでもかなりしんどかったです。
あの頃はスピード出すなんて全然無理だったぁ。
昨年の5月頃から夏までに足と心肺に負荷を掛けるトレーニングも結構実施しまして昨年秋頃には5:30/km位までスピードを上げられるようになりました。
以前は大腿四頭筋で走っていたように思いますが、今は腸腰筋をバネにしてハムストリングスを活かす走りに改善出来たように思います。
それだけでキロ1分以上の走力アップだったのでかなり満足しました。

{34E9C9BC-6B74-40C2-91CC-21CE1B750AA0}

12/18(日)悪魔がやって来た日ですね。
往路は自宅から大阪城公園まで向かいそこから周回で21.72km。
ハーフマラソンの距離を走り。
{F8558B7C-519B-43B3-AAC1-FB7E947325C5}


その後、復路は大阪城公園から自宅まで5.32kmはジョギング程度のユルランで帰りました。
{4CCAEED7-378B-4616-9ED1-94FE24DD5C7B}

走り終えた後、少し膝に違和感あるなぁって感じで大した異変は当日感じなかったんです。

これがランナーズニー発症前日の練習でした。
さて、次回はやむなく休養していた時の事を書きたいと思います。

ランニングでフォーム改善で教わった事
走ってる時の重心は必ず親指(母指球)を通るように

つまり腸腰筋やハムストリングス、膝関節などを上手く使って走れという事ですね
その為にコアトレ(動的トレーニング)は重要です。
ヒップアップにもなりますしダイエットにも直結します!
足痩せダイエット
谷町四丁目、天満橋近くのパーソナルトレーニングジム

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ランナーズニー①

2017年02月09日(木) 14時20分10秒 テーマ:スポーツ
昨年末の事です。
今年のフルマラソンに向けて、ランニングの練習はかなり順調に進んでいました。

しかし

やはり魔物が潜んでいました…

生駒山登頂ランや25km走などの行程を良い感触でこなしていた矢先。
25km走は大阪城公園20km環状コースを坂を取り入れながらこなし、そこから一直線に5kmで自宅まで帰るというコース

翌朝起きると、右膝が歩くのも辛いほど痛い

ありゃりゃ

{71E13731-176F-4100-A30B-14CDE783AEE9}



膝蓋靭帯炎ですね、トホホ
年内は大人しく休養だなぁと自分に言い聞かせる。
表題はランナーズニーとしました。
ランナーズニーとは俗に腸脛靭帯炎の事ですが、その辺りはまた次に続いて参りますm(__)m

運動しない方にも将来的に役立つ知識なので、興味本位でまた後日の続きを読んでいただけたらと思います。
フルマラソン当日回避までの話しとなります。
ではまた後日に


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。