MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:

マッチョマンは苦手なんだけど、アントニオ・バンデラスは別。なぜか結構好きです。最初に観た映画『デスペラード』のときから好きで、たいていの彼の出演作は観てます。嫁(メラニー・グリフィス)との共演作以外は(笑)。

まだ感想書いてませんが、実は昨日も映画を観てまして。それはジョディ・フォスター主演『フライトプラン』。これもまぁアクション映画ではあったけど、どっちかっつーと「頭脳戦」って感じでした。

それに比べて今日のは、なんたって怪傑ゾロですからねぇ!! もう「血湧き肉躍る」って感じ!! 面白かった~。キャサリン・ゼタ=ジョーンズも、いい女ですよね。

今回(もちろん『ゾロ』の続編)は前作の10年後で二人の間に子供が出来ていて、子供には「パパは怪傑ゾロ」ってことはナイショにしてあって.....という話。子役の坊やも可愛くて、アクションも満載で(子役もアクションシーンが! しかもパパの血を引き継いでいるのでアクションがすごい!)キャサリン・ゼタ=ジョーンズもドレス姿であばれまくるし、スカッとするオモシロイ映画でしたー!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ジョディ・フォスターが犯人と戦う(しかも体力勝負+知能比べ)という時点で、もう「だって、そりゃ、ジョディ・フォスターが勝つやろうもん」と思う私は、スレてますか?
これ、映画『パニックルーム』のときにも、まったく、同じこと思ったんだよねー私。
でも、このストーリーだと、やはり適役なのは、ジョディ・フォスター以外の女優って、思い浮かばないしなぁ。それにしても真犯人、こんな事件を起こすにはツメが甘いっつーか、「失敗したらどうするの! リスク大きすぎやしないか?」と、思った私ですが。
やっぱ、スレた客ですかねー。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Bent Fabric
Jukebox

HMVの店頭でかかっていてカッコヨカッタので衝動買い!

宣伝のコメントに「フランク・シナトラmeetsファット・ボーイ・スリム」と書いてあったので「ファット・ボーイ・スリムの新作か?」と思って、よくよく読むと、違った。ピアノを弾いてるBent Fabricは81歳の現役JAZZピアニストだそうです。かっっちょいーい!! とにかく1曲目からぶっ飛びます!!
めちゃくちゃファンキーなピアノですよ!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

香港映画を観るのは久々。

銃撃戦から始まる、なんとも男臭い映画でした。私、ヒロインのケリー・チャン、大好きなのです。彼女の演技力は評価としてはあまり高くないようですが、この映画のクールな感じ、ステキだと思います。肝心の男優たちが、犯人を追う警部補チョン(ニック・チョン)が、私にはどうも、マジシャンのマギー審司 に見えてしまって、どうもストーリーに入り込めませんでした....。今に「びっくりしたー!」って耳がでかくなるんじゃないかと。犯人役(リッチー・レン)のほうが岸谷吾朗に似ていて私好みだったので、どうしても犯人に肩入れして観てしまった.....。

公式HPはこちら。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
階級制度が確固としてとしてあった時代のイギリスが舞台。
娘を玉の輿に!と奮闘するお母さんが、すごすぎ。
そして、「田舎の娘」という設定にしては、4人姉妹の次女、キーラ・ナイトレイは「美しすぎる」のでした。でもなぁ。だからってブスな女優をつかってはロマンスにならないだろうからねぇ。
お話自体は、現代のラブコメディの元祖みたいな小説が原作の映画ですからね。ほとんど「少女マンガ」の世界ですが、ここまで徹底して「浮世離れ」した話だと、これはこれで楽しめますね。仕事帰りのOLさんとかが憂さ晴らしに見て、うっとり~!って感じかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
林海象監督、久々の新作! またも探偵モノ。ほんとに探偵モノが好きなのね、この監督。
映画『濱マイクシリーズ』が好きだった人にとってはニヤリの小ネタ続出でした。成宮君カッコイイですね。でも全般的に昔ほどのインパクトは無いかなぁ.....。ともかく久々に新作見れたというだけでも、ありがたいです。
”雨あがり決死隊”の宮迫氏が意外と健闘していたので、ちょっとファンになりそうでしたよ私。
「メガネ男子好き」の私としては、あの探偵事務所の局員(っていうのかな?)が、ずらりと黒ぶちメガネをかけた状態で、レトロな事務所内を歩き回る様は「うひょひょ~!」って感じでした。変態チックですか私?
でも、まー、一番メガネが似合ってるのは、この中では、やっぱ佐野史郎!!(ラブ!)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12月にライブ遠征で東京に行ったとき、東京の映画館で予告編を見て「おおーっ!」と、かなり期待していた作品。福岡でも上映。嬉しい! しかも私、LOVE-FMで招待券当ててタダで見れました。えへへ。
「ワム!」って、私は今まで、アイドルでチャラチャラしてて頭悪そぉ~って思ってましたが(すごい偏見! ファンの方々ゴメンナサイ!)でも歌は改めて聴くと、どれもPOPで覚えやすくて名曲ですよね。
ジョージ・マイケルが実はかなりいろいろ考えていたヒトだったのねというのが分かって面白かった。80年代のミュージシャンも総出演!って感じで、コメンテーターとして登場していたのですが、なんといっても、元「ワム!」の相棒の変貌ぶり(めっちゃオッサンになっていた)のが、ちょっとショックでした。あと、カルチャークラブのボーイジョージとか「ひぇーーーー!!!」と驚きの変貌ぶりでした.....。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
小倉のシネコン(Tジョイシネマ)で試写会で見たのですが。なんと入場前に当選ハガキを予め「指定席」に交換していなくてはならず。そんなこと知らずに、呑気に開場ぎりぎりに行った私。
なんとシネコンの最前列で見るはめに。
シネコンの大スクリーンで、最前列で映画見たことありますか?
もうね、ド迫力なんてモンじゃないですよ。中国の広大な風景も何もあったもんじゃありません。スクリーンが近すぎて、吐きそうでした。高倉健さんの顔のしわが、もう、ナントカ渓谷って感じでドアップで迫ってくるし。
お話自体は、じーんとくるイイ話でした。中国の山奥のヒトたちは、ほとんどが現地の素人の人達を採用したそうです。それでなのか。素朴で余計にじーんときました。
しかし、やはり、かなりしんどかった。もうシネコンで最前列では二度と見たくないです。
ちなみに私の両隣のヒトたちは始まって10分くらいで、もう耐えきれずに退場。試写会だから、元々タダだしねぇ。こんなしんどい思いまでして見ないよね。でも私は根性で最後まで見ました。おほほ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これだけ大勢の出演者なのに話が破綻せず大団円で終わる。素晴らしい~。これぞ娯楽映画です!

最後までぎっちりアンコがつまったたい焼きのような、充実の面白さでした! 大満足!!

とあるホテルでの大晦日の一日。訳ありの宿泊客や、ホテルのスタッフの人達の裏事情とか垣間見れて面白かった。だってホテルの内部なんてフツーの客には見る機会ないからね!

香取慎吾君扮するベルボーイが歌う歌は、なんと甲本ヒロトの作詞作曲なのでした。びっくり。妙に耳に残るんだよなぁ。ってことは、やっぱ名曲なのね。 そしてYOUさんも、そういや昔「フェアチャイルド」ってバンドでミュージシャンだったのよね、というのを思い出したラストでした。彼女の歌声、キュートですよね!

あと、私はライブ遠征でけっこうビジネスホテルとか利用するのですが、自分では一応、部屋はきれいに使っているつもり。で、この映画を見て改めて「部屋はキレイに使おう.....」と思いました。はい。


ところで。
私、役所広司さんも大好きなのですが「SAYURI」は未だ観ていません。なんか、観たら、”日本のいい加減な描写ぶり”に腹立ちそうなんだもん(苦笑)。でもファンとしては役所さんハリウッド映画進出!だから観なきゃねぇとは思うものの....。観たという映画友達の感想も散々だったし。ううーむ。

映画の公式HPは、こちら。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
中野 独人
電車男
今頃になって読みました。図書館に「予約」申し込んだのが昨年の夏だか秋だか、それくらい。それが、今頃、自分でも忘れていた頃に「予約の本ご用意出来ました」と連絡があったので。
中が「2ちゃんねる」の掲示板そのままにアスキーアートとかも転載してあったり、ネット独特(つーか「2ちゃんねる」専用?)用語も多かったりで読みづらいとこもあったけど、案外フツーの可愛らしい純愛物語で面白かった。
でも、これ、雑誌記事か何かで読んだんだけど、この本には収録されなかった生々しい話の後日談もネットにアップされたんでしょう? で、確か、そっちも本になってるんですよね?
でも、そーゆーの読んでも気分悪くなるだけだろうから、ま、こっちだけ読んで「ヨカッタねぇ」という感想で。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。