ミスプロの海外競馬

競馬のために世界中を駆け巡る、さすらいのギャンブラー


テーマ:
カシオの腕時計「Gショック」のブームが再燃しているそうですよ。
最初のブームのきっかけは、キアヌ・リースの大出世作映画『スピード』で、彼が身に着けていたからですよね...
 
世界で日本製品の優秀さは有名ですが、自動車やカメラなどは、ある程度金を持った人しか手に入れられません。
あまり裕福でない人でも入手できる、高品質な日本製品と言えば...やっぱり、カシオのGショックなんですよね。 ちょっと忘れられがちな品物ですが、世界で最も有名な日本製品は、カシオのGショックだと私は思っています。
 
     *****
1990年代後半、米国発で日本にも一大ブームを巻き起こしたカシオ計算機の腕時計「Gショック」。 97年には全世界で過去最高となる約600万個の販売を記録したが、ブーム一巡後に販売は下降。 出荷ベースでみると、一時は年間200万個程度まで落ち込んでいた。 そのGショックが、ここへ来て再び勢いを増している。
 
今年度(2014年3月期)、カシオはGショックの出荷について、過去最高となる650万個を計画している。 97年のピークを上回る基調だ。 Gショックが誕生したのは1983年。 くしくも「30周年」という節目で、新記録更新を射程に捕らえた。
 
そもそもGショックとは、ロレックスなどスイスの高級機械式腕時計に対し、エレクトロニクス技術をベースにした独自の世界観を追求した腕時計である。
“第1次ブーム”の際は、耐衝撃性の高さやファッショナブルなデザイン、限定生産モデルで希少性を高める販売戦略などが、米国や日本を中心として、流行に敏感な若者を中心に人気を博した。 97年は日本国内で240万個が売れた。
 
 ・日本国内の販売はピークから半減しているが…
一方、直近12年度の出荷内訳は日本国内が120万個。 根強いファンに支えられ、それでも大きな数字だがピークからは半減している。 では、今の“第2次ブーム”の流れはどこから来ているのか、答えは海外。 米国での好調が持続しているのに加え、とくに中国やインド、南米、ロシアなどといった新興国での伸びが大きい。
 
 ・キモはブランド戦略
「ショック・ザ・ワールド」――。
カシオは08年ごろから世界各地で大規模なプロモーションイベントを展開している。 欧米の主要都市に加え、中国・上海、ブラジル・リオデジャネイロなど、経済成長著しい地域へも積極果敢だ。 「伝統ではなく、進化」「匠・逸品ではなく、若さ・かっこよさ」。 訴えているのはカシオの理念である。 米国ニューヨークには旗艦店を出すほか、宣伝の工夫にも余念がない。
 
これらのブランド戦略が奏功して、新興国でも主な購買層である10~20代の若者の支持を集めているのが、“第2次ブーム”の大きな流れだ。 実は、08年のリーマンショック後、それまで好況を謳歌していた高級腕時計メーカーの販売は一時的に落ち込んだ。 ところが、Gショックはピークからは下がっていたものの、その逆風下で出荷台数を伸ばし続けた。
 
 ・タイのメイン工場が生産ピークへ
そのGショックのメイン生産基地、タイ・ナコンラチャシマ洲のコラート工場は過去最高出荷に向けて、活況を迎えつつある。
 
カシオは11年10月に起きた大洪水で、バンコク近郊にあるナワナコン工場が浸水被害で操業停止に追い込まれた。 それを受けて、新たに立ち上げたのが海抜200メートルにあり洪水の心配のないコラート工場、12年3月より操業を開始。
 
コラート工場は、「ケースやバンドなどの射出成形工程をクリーンルームで行うことなどで歩留まりを高めている」。 足元の月産は50万個強と旧工場時代の8割程度まで立ち上がっており、9月には被災前の水準に戻す計画。 現状の設備で月産70万個、敷地としては月産100万個の生産キャパシティがあり、今後の出荷台数増にも十分対応できるという。
 
 ・カシオの営業利益、8割超を稼ぐ腕時計
カシオの12年度の腕時計事業は売上高1000億円、営業利益170億円。 会社全体でみると売上高の33%、営業利益では実に85%も占める稼ぎ頭だ。 15年度には時計事業で、売上高1500億円(12年度比50%増)、営業利益300億円(同76%増)という目標を掲げる。
 
樫尾和雄社長は、「腕時計はGショックの高いブランド力を軸に展開していく」と、海外でのさらなる成長をもくろむ。 ASEANや中東など、これまで手薄だった地域での販売・マーケティングにも力を入れていく方針だ。
Gショックが迎えた“第2次ブーム”に、さらに弾みをつけられるか。 カシオの浮沈も左右する重要な要素である。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
思わず目が行ったニュースです。
北朝鮮でスキーリゾートの建設計画があるそうです。
 
しかし、誰がスキーに行くのよ?
 
     *****
CNN
北朝鮮に「世界クラス」のスキーリゾートを建設する計画が進んでいる。
朝鮮中央通信(KCNA)はこのほど、東部・江原道の現場を視察する金正恩(キムジョンウン)第1書記の姿を伝えた。
 
標高768メートルの馬息嶺に、ホテルを併設したスキー場が開設される見通し。 一帯は11月上旬から3月上旬にかけて雪に覆われる。 上級から初級まで、幅40~120メートル、延べ11万メートルのコースを設けるという。 現場には平壌と元山をつなぐ観光道路が通じている。
 
金第1書記はスイスへの留学経験があり、スキー場には詳しいようだ。 KCNAによれば、コースの随所に救護所を設置することや、事故防止用の自動監視システムを導入することを提案し、生態系の保護や工事による汚染防止を求めるなど環境への配慮も示しているという。
 
北朝鮮への旅を専門に扱う北京の高麗旅行社によると、スキーリゾート建設の計画は2~3年前から浮上していたが、工事は最近始まった。 基本プランの情報は先週入ったばかりだという。 オープンの時期は発表されていない。
 
一方、韓国のある脱北者は匿名で韓国メディアに「住民や兵士の食糧が不足する中でスキー場建設に大金をつぎ込むのは、金第1書記のイメージアップを狙った動きだ」と話した。 北朝鮮に現在あるスキー施設は軍専用だと指摘し、「今回もそうなる可能性が高い」との見方を示した。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
なかなか興味深い記事です。
2014年にはアメリカ市場から消えそうなブランド10選です。
 
     *****
先日、米国メディア『24 / 7ウォールストリート』が、「米国市場で2014年までに消えていそうなブランド10選」を発表し話題となっている。
 
日本のメーカーや、あの海外の有名ブランドまで……アメリカではそんなことになっていたのか!? 
【2014年には米国市場から消えていそうなブランド10選】
 
 1. 電子ブックリーダー「Nook」
「Nook」は2009年に発売された電子ブックリーダーだ。 OS は Android。 Amazonの Kindle、そしてアップルの iPad に完全に押され生存は絶望的だ。
 
 2. 日本のカメラ「オリンパス」
世界のデジカメのシェアは「キヤノン」、「ニコン」、「ソニー」の3社で占められている。 加えてスマートフォンの普及でコンパクトデジカメの需要も減っており、非常に厳しい状況だ。
 
 3. 日本の自動車「三菱モータース」
日本車のなかで、なかなか存在感を発揮できなかった三菱ブランド。 「ランサー」や「エクリプス」などヒットした製品もあったものの、販売台数は下降。 低価格だったのに売れなかったのはラインナップの少なさも原因のひとつではないかと見られている。
 
 4. スウェーデンの高級車「ボルボ」
スウェーデンの自動車メーカー「ボルボ」は日本では有名だが、アメリカでの市場シェア率はたった0.3パーセントだ。 アメリカにおける競合相手は GM やトヨタ。 これではもう太刀打ちできないだろう。
 
 5. 女子プロバスケリーグ「WNBA」
「WNBA」は1996年に誕生した女子の全米プロバスケットボールリーグだ。 観客動員数はふるわず「WNBAの損失をNBAが補填している」と批判されるほど。 加えて、設立者であるデビッド・スターン氏が2014年2月に退任することが決まっており、これ以上の継続は困難だと見られている。
 
 6. クーポンサイト「LivingSocial」
クーポンサイト「LivingSocial」。 グルーポンに次ぎアメリカ第2位のクーポンサイトと言われたが、eBay、アメリカン・エキスプレス、Amazon など膨大な顧客データを持つ強力なライバルの出現に、もはや虫の息である。
 
 7. 携帯電話サービス「リープ・ワイヤレス・インターナショナル」
加入者が増えず、収益が上げられないのが最大の原因だ。 テコ入れとしてiPhone も導入したが、結局、大量に売れ残って重荷になってしまったようだ。
 
 8. 老舗デパート「J.C.ペニー」
アメリカの大手デパートチェーン。 ウォルマートなど激安路線のショップや、他のデパートに押され、長らく経営難に陥っていた。 加えて Amazon や eBay などECサイトが強力なライバルとして台頭しており、同社の建て直しは困難だと見られる。
 
 9. 雑誌『マーサ・スチュワート・リビング』
『マーサ・スチュワート・リビング』は、日本でもカリスマ主婦として知られるマーサ・スチュアートさんが経営する出版社の主力雑誌だ。 近年、販売部数と広告収入が落ち込み、廃刊の危機であるという。
 
 10. カー雑誌『ロード&トラック』
アメリカで最も歴史のある自動車専門誌であるが、やはり広告収入の落ち込みにより存続の危機に陥っている。 ウェブ版は生き残ると見られているが、雑誌版の存続は絶望的だ。
  
――以上である。 ちなみに『24 / 7ウォールストリート』は毎年「消えていそうなブランド10選」を発表しているのだが、昨年度は日本の「スズキ」が選出された。 そして残念なことに、その言葉通りスズキは1年以内にアメリカから撤退している。 オリンパスや三菱は踏ん張ることができるのだろうか? 海外で頑張る日本企業、ブランドを見守りたい。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。