2014-02-05 21:33:20

手書きチラシ&ウェブデザインセミナー好評のうちに終了しました。

テーマ:その他
手書きチラシ&ウェブデザインセミナー好評のうちに終了しました。

小さなサロンの手書きチラシ集客の青木です。

東京神田での、昨年の11月に続き、今年最初の手書きチラシ&ウェブデザインセミナーが、リピート集客でお馴染みの城岡氏とのコラボで、2月3日(月)に開催いたしました。

午前中の部。

まずは、チラシのコンセプト。

手書きチラシを作る上での、考え方。

通常のチラシがなぜ今、反応が鈍っているのか?

消費者の言動を考えると、自ずと手書きチラシの独特の良さが見えてくる。

小さなサロンには、オススメの意味や、3年5年10年経っても新規客が来続ける消費者心理。


その辺の、見方考え方を中心にお話させていただきました。

 


今回は、パワーポイントを使ってみました。

続いて、手書きチラシの基本。

新聞折り込みとポスッティングはどちらが良いのか?それぞれの利点欠点。

何枚くらい配ればよいのか?

どの範囲に配るのか?

チラシの経費は、いくらくらい掛かるものなのか?

そもそも、新聞折込はどこに頼んだらよいのか?

チラシを作る上で、チラシの大きさはどのサイズがベストか?


そんな素朴な基本から、始まりました。

最後にはチラシ事例の解説。




白熱する城岡氏



さすが、城岡氏、説明が完結でわかりやすいです!

午前中の2時間の講座が終了し、お昼を食べながら、自然に質疑応答に発展して、皆さん真剣に質問される受講者さんばかりで、こちらも熱が入ります。

お昼の時間も、講座での質問が、ざっくばらんにできて有意義な時間でした^^

午後は、いよいよ、実践講座。

アナログの手書きチラシ作成と、デジタルのパソコンソフトを使ったウェブデザインに分かれて、お待ちかねの、楽しい作成時間です!

今回は前回の講座で、要望の多かった、文字の書き方や、一瞬でだれでも書けるようになるイラストの描き方と地図の描き方を、実演で見ていただきました。

この方法を使えば、間違いなくだれでも上手にかけるようになります。

こちらでは、たった2~3分で、描いた受講者さんのイラストや文字の作品を公開してみました!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10日間で学ぶ方法はこちら

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小さなサロンの集客アップの方法「お客さまを集める研究会」さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿