★試写会中毒★

michi です。 試写会がキッカケで映画にハマり、8年目を迎えました。 そんな私が書いた映画感想です。 
ストーリーはさわりだけ書いてます。 感想は時に、いや、思いっきり、ネタバレあり!! 


テーマ:
08.10.26ウォーリー

満 足 度:★★★★★★★★
   (★×10=満点)
 
監  督:アンドリュー・スタントン
吹き替え:ベン・バート
      エリッサ・ナイト
      ジェフ・ガーリン、他









TIFF 特別招待作品

■内容■

 西暦2700年の地球。
宇宙に逃れた人間が残したゴミを700年もの間
片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。

 ある日、地球にイヴという名のピカピカのロボットが現れた。
ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、
イヴが宇宙船にさらわれてしまい…。
                      (シネマトゥデイ より)


■感想■

 急遽、TIFFのクロージングを鑑賞。
表彰式の後、休憩をはさんで本作の上映です。
ディズニー&ピクサー作品なので子供も多かったな。

08.10.26ウォーリー模型
 予告編を観て、
何となく物語のさわりは
知っていたんだけど
本編を観て初めて、
本作がクロージング作品に
選ばれた理由がわかりました。



TIFFの今年のテーマは「エコロジー」
ウォーリーで描かれている物語が

「地球は人間をつくった。人間は映画をつくった。」


            というキャッチコピーと、

「Action! for Earth」


   このスローガンにピッタリ合っていたんですね~。

鑑賞前に気付かないなんて私だけかもしれませんが、
なるほどね~と思いました。
愛とエコをいっぺん描くなんて、さすがディズニーですミッキー帽

 淡々とゴミを圧縮するウォーリーの先に、
片付けるのにどのくらいかかるのか
予想も付かないほどのゴミが描かれています。
これはCGですが、現実にも地平線までゴミだらけという光景が
あるのだと思うとゾッとする映像でした。。。
地球の最後は本当にこういう状態なのかもしれません。

 映画が始まってしばらくの間、
セリフらしきものが全く無かったのには驚きました。
ロボットの電子音や微妙なしぐさやパーツの動きで
感情表現をしていましたが、
お気に入りのミュージカル映画のビデオのように
手を繋ぎたいと思うウォーリーの切ない気持ちが
しっかり伝わってくることには感動です。

 人間の退化(進化?)した姿には、ア然。。。
自分の足で立って、ゼロからがんばれ~っ!
と心の中で叱咤激励でしたが、
今もこういう人っていそうだわ。。。なんて思っちゃった。

 それと、ちょっと面白いなと思ったのが、
700年後の地球でも、
男女の関係はそれほど変わっていないということ 笑。
ゴミ処理ロボのウォーリーは、凄い機能のあるロボットだけど、
どこか野暮ったいところがあるの。
一方のイヴはスタイリッシュ。
滑らかな流線で艶ピカ、洗練された都会の女なわけですよ。
(イヴはアップルのi podをイメージして作られたらしいです。)
それに、猟奇的な女でもあります~苦笑

 だもんで、二人の力関係は最初から決まっていて、
明らかにウォーリーの片思いなんですが、
何があっても彼女を救う精神で立ち向かう姿に
イヴにも人情が・・・
この辺り、21世紀の恋愛事情と変わっていません。
ここは私のツボでした。
ウォーリーの一途さとイヴの変化は
まさに、  愛は地球を救う  そのもの。
ラスト近くでイヴがウォーリーに話しかけるシーンでは
私、胸がいっぱいになってしまいました。
まさか、涙を流す映画だとは思っていなかったので
自分でも意外だったけどね。

 子供向けかと思っていたんですが、
地球上にたった一人(一体)になってしまったウォーリーの孤独感は
子供よりも大人の心にチクチクくるのでは。。。と思う映画でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

michiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。