どうでもいいけど、気になるの

テーマ:

夫NGは休日出勤。

ぶんぶん丸は、障害児向けダンス教室に誘われて、体験会に出かけていった。

 

sei-seiは、美猫姫とふたりでお買い物。彼女の学校で使う、画材を買いに街に出た。

さすが連休、地下鉄車内も、楽しげな雰囲気に包まれている。

 

そんな中、ひとりの女性に目が留まった。地味な濃紺の制服に、頭には例のものも被っている。

 

修道女さんだ。

 

背負ったリュックサックも、濃紺だった。ファスナーのつまみにつけた、根付だけが鮮やかな色で目立っている。

 

……!?

 

よく見ると、根付だと思ったものは、「お守り」だった。「交通安全」と書いてある。

 

彼女が買ったのだろうか? それとも頂き物か??

 

 

どうでもいいけど、気になるし、思わず何度も見てしまう。

 

 

 

ペタしてね

 

AD

彷徨う視線と、暗い瞳と。

テーマ:

世間は狭いものだな、と思う。

 

先日、10年来の友人と久々に話をした。

彼女は隣町に住んでいる。ぶんぶん丸と同じ、中学2年生の息子を持つ母親だ。

 

「ぶんぶん丸のクラスに、同じ中2の男の子の転校生が来てね……」

男子の人数が増えてよかった、そんなことを話したときのことだ。

 

ちょっと変わった、その転校生の子の苗字を告げると……。

「もしかして、〇〇君?!」

 

彼女の息子さんの、元同級生だったのだ。彼女の息子さんは普通級在籍である。ということは、〇〇君は転校を機に、普通級から支援級に移動したということなのだろう。

 

彼女の話によると、小学校でも中学校でも、いろいろと問題を起こしていたらしい。彼女の息子さんも、トラブルに巻き込まれたことが何度もあるのだとか……。

 

「ぶんぶんに、あまり関わり合いを持たないよう、注意しておいた方が良いよ」

そんな忠告を受けたが、ぶんぶん丸のクラスは全員で8人だ。どう頑張っても、「関わり合い」を持たないことは無理にちがいない。

 

授業参観の折に、様子を観察してみることにした。授業参観は「体育」、生徒の様子の観察にはうってつけだ。

 

当日、彼の家族は、誰も来ていなかった。4月中旬にあった保護者会も、欠席だった。

 

授業中、彼は、想像よりは落ち着いて見えた。時折、「腹が痛い」だの「疲れた」だの云って、列を外れることはあったが、それなりに参加している。

 

そして、自分が「一番」だったときは上機嫌で、誰かにとってかわられると、舌打ちをして悪態をついた。

「ごめんね」

勝った子が、謝っていた。

 

彼は、体育館の出入り口付近でひとの気配があると、必ず視線を送る。度々、保護者たちが群れている壁際に、視線を彷徨わせもした。

 

自分が一位になったときは、挑むような眼で、観覧中の保護者達を見た。自分に、賛美の視線が集まっていることを、確認したがっているようだった。しかしながら、残念なことに、保護たちは、常に「我が子が一番」で……。

 

彼の要求に、十分には答えられない。

 

彼は寂しいのだ。何があっても「彼が一番だ」と云ってくれるひとを求めているのだ。

 

暗い目で、皮肉な笑みを浮かべながら、彼は待っている。

 

家庭には家庭の事情があろう。しかし、彼が満たされていないのは、事実である。

 

わたしの友人は、「かかわるな」と云った。彼と彼の家族は、何年、そんな他人の視線を受けてきたのだろう?

 

学校は、いばらの中になってしまったか?

 

それでも、彼は逃げずに、学校に通いつづけている。

 

気のイイクラスメートたちに囲まれ、この教室が彼の居場所になることを、祈らずにはいられない。

 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

ぶんぶん丸の目覚め!?

テーマ:

「ねぇ、お母さん!」

美猫姫が、楽しそうに寄ってきた。

 

「ぶんぶんの前髪が、キレイにクルリンッてなってんの! どうして?」

 

ぶんぶん丸は、真っ黒真っ直ぐなツンツン剛毛である。自然な状態で、「キレイにクルリンッ」はあり得ない。

 

「そう云えば……」

姑が見たそうである。

 

ぶんぶん丸が、自分の前髪を右手でくるくるしているところを。

 

手持無沙汰で弄っていたのか、それともわざと?

 

「整えています」

本人に確認したところ、そんな回答が返ってきた。後者だったようである。自分の見た目に興味が出てきたのか!?

 

支援級の中2男子、思春期に突入、かも。

 

しかし、今のところ、見えているのは前髪だけだ。トップにアホ毛が立っていようと、サイドの髪がミミズクのようになっていようと、気にしていない。

 

背中に、白いうさぎのしっぽのように、シャツがはみ出ていても気がつかない。

 

注意すれば直すようになっただけ、マシだけど。

 

 

 

ペタしてね

AD