ダウン症児のママはシンガーソングライター MIMOの「ギフト」な日々

ダウン症の愛娘の子育てと、シンガーソングライターとしての音楽活動を楽しんでいます。
みなさんが元気でやさしくなれる情報をお届けいたします!


テーマ:

市川海老蔵さんの記者会見を見ていて、

 

思わず胸がいっぱいで、

 

涙が溢れてしまいました‥‥。

 

彼の言葉のひとつひとつが、

 

昨日まで小林麻央さんが、

 

「人生を精一杯生き切った」

 

その証しのようでした。

 

病気から「隠れる」ことをやめ、

 

その生き様を発信し続けることで、

 

同じように今、

 

病と闘っている人たちにとって、

 

どれだけ励ましになったことでしょう。

 

いや、そうでない人たちにとっても、

 

「生きる」ということの尊さを、

 

その身を以って、

 

十分に伝えられたと思います。

 

 

 

 

まだまだお若い。

 

いろんな心残りは、

 

あったことでしょう。

 

でもやはり一番の無念は、

 

残して逝く、

 

お子さん達のことだと思います。

 

まだまだ子供達の成長を、

 

見たかったことでしょう。

 

まだまだいろんなことを、

 

一緒にしたかったことでしょう。

 

同じ母親として、

 

その想いを重ねると、

 

胸が締め付けられます‥‥。

 

 

 

 

 

 

数年前の節分の日のことです。

 

私はフェイスブックで、

 

ある方とお友達になりました。

 

彼女は私の「ギフト」を、

 

聴いていただたあと、

 

こんなメッセージを下さいました。

 

 

 

♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

 

私は間もなく,

 

44才の関西のおばたりあん(笑)

 

こども3人、主人健在。

 

3年前に子宮ガン発覚にて全摘、

 

2年前に、心筋梗塞で心臓が止まり、

 

死にかけました。

 

6時間後に息を吹き返したけど、

 

心臓の半分はもうダメになりました。

 

手術も受けましたが,

 

元には戻らないみたい。

 

で、さらに昨夏、

 

また2度目の、

 

心筋梗塞の発作が起きました。

 

いろいろ処置を受けて、

 

また心臓は動き出したみたいだけど、

 

今の時点で(機能しているのは)、

 

通常の人の3割だけみたいです。

 

だから何をするにも、

 

息がつづかなくて、

 

家事さえもきつい。

 

なかなかね、

 

思うようにいかなくなって、

 

つぎの発作が起きたら、

 

もうダメとか言われていて。

 

大げさだけど、

 

死と隣り合わせみたいな状態です。

 

現状を受け入れられたような、

 

まだダメなような。。

 

先を考えると、

 

まだ幼い子供たちのことが不憫で、

 

いたたまれない気持ちになって、

 

やりきれなくなります。

 

そんな頃にほんと、

 

たまたまのタイミングで◯◯さんから、

 

MIMOさんの、

 

「ギフト」の紹介がありました♪

 

こんな巡りあわせが、

 

有るんですね╰(*´︶`*)╯♡

 

まだまだあきらめんとこー!

 

って思えたんです。

 

おこりんぼの、

 

泣き虫母ちゃんです(笑)

 

わたしのFBは、

 

自己紹介欄が未完成なので,

 

こちらでお伝えまで、でした(๑>∪<๑)

 

うまく説明出来なくてごめんなさい。

 

コレはもう読みっぱでいてくださいね!

 

お返事なしでねー!

 

今夜はうれしかったです。

 

今年の節分の鬼、

 

良い奴だなぁ(笑)

 

 

♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

 

 

 

それから3ヶ月後のことです。

 

彼女が天国に、

 

旅立ったことを知りました。

 

ほんの少しの時間の、

 

やり取りでした。

 

「いつかかならず、

 

 MIMOさんのライブに行きます!」

 

その約束は残念ながら、

 

果たすことはできませんでした。

 

でも彼女の存在はその後も、

 

ずーっとずーっと、

 

私の心の中で生きていました。

 

 

 

 

 

それから数年後、私は、

 

「どうかこの子を」

 

という曲を作りました。

 

これは、私が天国から、

 

あーちゃんを見守っている、

 

そんな気持ちになって作った曲です。

 

 

 

 

でも実はこの曲、出来上がるまで、

 

とっても産みの苦しみがありました。

 

なかなか「しっくりとした言葉」が、

 

いつまで経っても降りてこない‥‥。

 

 

そんな時、この彼女のことが、

 

スーッと、

 

心の中に思い浮かんできました。

 

それはまるで、

 

天国から彼女が私に、

 

メッセージを、

 

送ってくれているようでした。

 

「空の上からでも 守りたい」

 

「見えなくても そばにいると 伝えたい」

 

 

まだ幼い子や、

 

障がいのある我が子を残して、

 

天国に旅立っていく母の想い‥‥

 

 

小林麻央さんもきっと、

 

こんな想いだったのではないかと‥‥

 

最期まで「美しく生きた」

 

小林麻央さん。

 

心からお悔やみ申し上げます。

 

そして今日は、

 

この曲を捧げます。

 

「どうかこの子を」

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。