横浜 1-3 浦和



ようやくチェックが終わった。


完勝!!


といってもいい出来だった。

終了間際に失点されなかったのと数ある決定機を決めていられれば尚、よしだったが

相手の大島と後はGK榎本がいいプレーをしたからなぁ・・・・・


ライバルになりそうな相手は全力で叩く!!



この試合はそんな執念を選手全員から感じたが、何よりその気持が強かったのが

浦和の17番 長谷部誠。

もう終了間際だけれど、ホイッスルが鳴るまでアグレッシブにいったことが相手の戦意を喪失させる得点を生んだのだと僕は思う。

それだけこの試合にかける気持?というか重要性を感じていたのだろう。

またDF陣は闘莉王を中心に坪井・堀之内がマリノスの攻撃陣に仕事をさせなかった。

後は目立たないながらも鈴木啓太が本当によく攻撃の芽を摘んでいた。

彼のそういう働きが浦和を影で支えていることを感じさせる。


攻撃陣はポンテが存分に持ち味のテクニックを発揮していたし、

ワシントンも後半開始直後のビックチャンスを決めていれば文句なしだが、

その後松田・中澤を翻弄してゴールを決めたのは流石の一言。

小野伸二は・・・・前節のC大阪戦に続いてのゴールはならなかったが今の彼には

そういうビックチャンスの局面にフィニッシュという形で顔を出すということが重要なのかもしれない。



さて、次はナビスコカップの予選 対FC東京戦。

昨日GGRで解説原博美さんとの情報を得た。

実況は毎度の事ながら上野晃氏。


リーグ戦はホームで対名古屋戦。



ナビスコの方は代表組みが抜けるからその代わりに出る選手に期待。

永井・平川・内舘・酒井あたりか?

後は、若手の細貝・赤星・エスクデロにもチャンスはあるだろうか?


リーグの方は開幕5戦で 4勝1分。

上々の滑り出しといってもいいだろう。今後もこの調子で1点でも多く勝ち点を積み重ねて欲しい。



AD

「やってやるさ」


「何を!?」




・・・・・・・・・・・・・・・


いきなりバキネタだ。

何を!?の後の台詞が何なのか?


それはまぁ、あえていいますまい。


オチをいうと、範馬勇次郎がどアップで出てきて終るんだけどね・・・

もうこの辺りはいろんな意味で面白い。


また、チャンピオンのあおり文句がスゲェの。


「え?なぜ!?あろうことか勇次郎!?」


確かにありえねぇよ・・・・・そのオチは、とチャンピオンを読んだ当初強く思ったものだ。

今となっては、いい思い出だ。

いい思い出じゃねぇっての!!


随分と横道に逸れたが、ここで最初に戻って


「やってやるさ・・・・」

「何を!?」

「FF12」


そういうことで発売されてからもう1週間経つのだが仕事終わって、個人の勉強をした後

細々とやっているんです。FF12。


まず、バトルがシームレスなので、ワールドマップで気が抜けない。

それと魔法とか武器とか全部ライセンスを取得して初めて使用できるから面倒といえば面倒。

それに俺、道具屋に魔法とか売っているの知らなくて、ファイラとかブリザラとかサンダラとか

つい最近、背徳の皇帝マティウス習得後にようやく手に入れた。


まぁ、ミストナックは早々と全員3つ習得したけど。

というより、ミストナック後のMPが重要。

あの恩恵ないと正直先に進めないというくらい。

ケアルラ1回MP32って反則ですから!!



そんなこんなで、睡眠時間を少し削ってますが何とかやってます。

いよいよ帝国に乗り込みます!!

そんな感じです、進行状況は。



メーカー:スクウェア・エニックス

タイトル:ファイナルファンタジーXII 特典 FFXII/iTunes Custom Card付き

このアイテムの詳細を見る

AD

浦和 3-0 C大阪




「ホームだから中継録画やっているだろう」


と思ってTVをつけたら既にレッズナビをやっていた。

タイミング悪いなぁ・・・俺。

新聞取ろうかなぁ?



レッズナビだが見たことのない人が司会をしている。

ただ今、今節のダイジェストシーンをやっているところだ。

実況の声は上野さん。

後半、先制点は小野伸二のダイレクトボレー。

2点面はワシントンのポストプレーの間にポンテが怒涛の走り込みからこぼれ玉が生まれ

最後はワシントンのゴール。

3点目は田中マルクス闘莉王のオーバーラップからのゴール。


「何でそこにいるんだ?」


な感じだがその分鈴木啓太とかがカバーしているんだろう・・・・・

C大阪どうしちゃったんだろう?

去年の最後の追い込みのような強さはどうしてしまったのだろう?


しかし今回のレッズナビはイロイロ工夫しているなぁ?

戦術の解説だったりがより具体的にわかるようにボードを用意しているよ。




さてさて、次は絶好調の横浜戦。

勢いまかせにぶっちゃけると、開幕5戦鬼のようなカードじゃないか?


1戦目  ガンバ大阪

2戦目  ジュビロ磐田

3戦目  サンフレッチェ広島

4戦目  C大阪

5戦目  横浜Fマリノス


俺、携帯のサイトで日程をはじめて見たとき


「うわぁ・・・・・」


と思ってしまった。いきなり去年の上位チームとの潰し合いよ?

ただ、そんな中でも3勝1分は上々のスタートは切れたと思う。

現在上の順位に横浜がいないことを除けば・・・・



ライバルは直接叩くのみ!!


AD

ルナルナ

テーマ:

特に意味はないんですけれど・・・・タイトルには。

何となく面白そうだから続けていってみただけ。


ルナルナルナルナ~♪子牛をのせて~♪


ドナドナだよ・・・・・


さてさて少しご無沙汰だった庵さん のところで拾ってきた新占星術ルナ28。

面白そうなのでちょっとやってみた。

やりたい人はコチラ から。



あなたのルナ



◆18のルナ


なぜかとても派手に目立ってしまうあなた。本当は華美でもなく見栄を張る人でもないのに、他人からは、派手な人に見られたり、なぜか派手に目立ってしまう18のルナ。他人のために働くと大きな財を生むことができるという天運を抱いて生まれている人なので、自分の会社というより人の会社を盛りたてる生き方で大きな成功をおさめます。これと決めた目標に対しては、なりふり構わず突進する働き者ですから中年の頃に最高潮の運勢となるのですが、この頃から顔を出してきそうな色難や酒難、そして、健康面でのかげりが少し心配です。男女ともに、明るく陽気でさっぱりとした性格、気が強いのが特徴で、働くのが好きで、できれば生涯現役で働きたいと思っている人です。あなたが持って生まれている相当な成功が望める、という運を生かすためにも、ぜひ持続力を身につけてください。また、命令するのは好きだけど、お世辞を言ったりおだてたりするのが苦手、そして、細かいことを気にしない性分なので、相手かまわずズバズバ言ってしまうことがあり、悪気はなくても、その言動の荒っぽさは、何かと誤解されます。

◆金運


 お金儲けは上手ですが、なぜか手元に残りにくいタイプ。けっこうむだ使いも好きな人として生まれているので、収入があるわりにはお金が手元に残りにくいタイプです。ぜひ、イザという時のための貯えを別に積み立てるなどしてください。

◆結婚・恋愛



 結婚相手との相性次第で大きく人生が変わる暗示。あなたは、自分から好きになることは少なく、自分を頼る異性と恋愛関係になりやすいタイプです。特に女性は、配偶者によって人生が大きく変わる暗示がありまから、配偶者選びは慎重に。

◆仕事


 あなたは。商才があり、攻めの態勢で利益を上げることができ、しかも、他の人のために働くことによって大きく儲けることができるので、自分で何かを始めるより、人から会社をまかされたりする方が発展性大。各分野のセールスや旅行関係の仕事、車関係の仕事なども適職です。正義感が強いので、警察官や自衛官も適職。分野を変えて、逆にあるいは、お酒に縁がある宿命を生かした水商売も大吉です。



へぇ・・・・・

俺に夜王になれというのか?

井上紀良先生ばりのコピー攻撃を期待しているのか?


何のことかわからない?

だったら夜王を一度読んでみたらいい・・・・・・

一話に同じ顔や構図がどれくらいあるのかを探すのが最近の楽しみになってきた。


あ、でも聖也が九州でトイレ掃除をしているところで終了した時は

思わず吹いてしまった。


「やられたよ・・・・・聖也には。やるな井上先生」


と心の中で思ってしまった。


えー性格面なのかな?最初のヤツは結構当たっている。

ヨイショがとにかくだめなのである。

だから、会社関係の飲み会は実は結構疲れるものだ。

たまにくらいが丁度いい。



興味がある人はどうぞ・・・・



広島 1-4 浦和




攻撃に関しては役者がキチンと決めたという感じだ。


三都主アレサンドロは


「え?こんなにフリーキックの精度高かったけ?」


というくらい絶妙のゴール。

2点目はポンテが相手のクリアーミスを奪ってそのままゴール。

3点目は鈴木啓太の3シーズンぶりのゴール

4点目はワシントンのヘッドからゴール。


ワシントンが前線で体を張って自分で打ったりポストプレーからの攻撃は今後増えそうだ。


後半の終わり際の失点はウェズレイの技ありのシュートだが、防げた失点でもある。

2勝敗が半ば決した状態とはいえ後半終了近くに失点が続くのはやはりいただけない。

この辺、次の試合までに修正して欲しい。


さて次節はホームでC大阪戦。

その次の試合が今、絶好調の横浜戦。


C大阪は去年


「さぁ、これからだ」


という時にことごとく立ちはだかって跳ね返されてきた印象があるので何としても勝って欲しい。

あそこのチームは乗せると怖いからな。


という訳で中2日の厳しい日程だけど勝つ!勝つ!絶対勝つ!!

復帰する日を楽しみに

テーマ:

去年のリーグ後半で大怪我をおった田中達也がスパイクを履いた練習をはじめたとの事。

詳しくはこちら



長かった・・・・・・

怪我した時の足の状態を映像でみていたから、本当に気がかりだった。

歴史にもしもはないが、あの怪我がなければ3年連続2桁ゴールは記録できていただろう。

それくらいに怪我前・・・・特に代表に召集されたあとは動きにキレがあった。




年も明けてチームは大幅補強を行ったからレギュラー争いは熾烈だろうし

また、体調(コンディション)を整えるのも大変だろう。

それでも、彼はやってくれる気がする。


ゲットゴール福田氏が何かのインタビューで語っていた気がするが


「ここ数年の彼は上手い選手から怖い選手に変わってきている。」


と語っていた。


彼の持ち味はドリブルではあるがFWとしてそれだけでは怖い選手とは言えない。

シュートを打つという選択をする選手というのが怖い選手だと福田氏はよく語る。


確かに2004年くらいからシュートを打つタイミングというのが早くなってきていると僕も見ていて思う。

それは多分コンビを組んでおいたエメルソンの影響というかお手本というか

そういうのがあるんじゃないのかなぁ・・・・と僕は勝手に思っているがどうだろう?



とにかくピッチに立てる日を僕は待っている。

そしてレッズの勝利のためのゴールをアシストをまたたくさん見せてくださいね。



浦和 3-1 磐田


 



ホーム開幕戦。

勝ち点3を獲った。

まずはこの事実が大きい。

去年は開幕してから中々ホームで勝てなかった。

結局それが尾を引いたといっても過言ではない。


さてさて、昨日・・・というか土曜日は仕事にしろ学校にしろ用事がないほうが珍しいくらいの生活なので

中々ライブで観戦することは叶わないのが寂しいところ。

結局は11時台のスポーツまでお預け。

しかもダイジェストだからどこか物足りない。


ただそんな中でも今節はアレックスが怒涛の活躍を見せていた。

サイドからの突破、フリーキックといい絶好調な感じだ。

よく酷評されること多いがそれ期待の裏返しなのだろうと思うのは贔屓目だろうか?

また、ポジション争いがいい方向に向いているのだろうなぁ・・・・・きっと。


調子が落ちてきたら出場時間は短くなるし、

平川や相馬といった選手何時スタメンを獲られてもおかしくはない状況だから

イヤでもいいプレーをせざるを得ない。


後はワシントン。

今節はゴールこそなかったが何度か惜しいシーンがあった。

また彼の加入によりサイド攻撃が今まで以上に効果的になるだろう。

彼一人で強引にねじ込めるし、体躯がいいので競り合いでのこぼれ玉を拾えればかなり面白い。

そのイメージにピッタリの選手がやっぱり田中達也なんだよなぁ・・・・

ウーン、焦っては欲しくないが早く彼が絡んだ攻撃というのを見てみたい。


前線では色んなパターンが考えられるが、

長谷部・鈴木啓太(実は彼みたいな労働者タイプの選手が結構好きなのよ。チェルシーのマケレレだったりミランのガットゥーゾのようなタイプの選手。)の中盤の底に、

坪井・闘莉王・そして解説者信藤建仁一押しの堀之内(GGRを見ている人なら多分わかります)のDF陣

最後に守護神GK都築。

この辺はよほどのアクシデントがない限りいじらないだろうなぁ・・・・という気がする。


後半終了間際の時間帯で1点奪われてたのは余計だったので

完封勝利は次節までお預け。


今シーズンまだ開幕して2試合しか立っていないが横浜が怖い。

元々守備には定評のあるチームだけに得点力が上がったのは非常に脅威だ。

後は清水が少し不気味。天皇杯での経験が今のところいい方向に働いているように見える。

川崎は持ち前の攻撃力に磨きがかかっているが守備のいいチームと対戦したときが見もの。


さてさて、次節はアウェイで広島戦。

そう、昨シーズンは勝ったには勝ったが、

今や代表の座のぼりつめた佐藤寿人にハットトリックされているんだよ!!

さらに今年はウェズレイも加入したし・・・・・

とにかく最低でも勝ち点をゲットして欲しい、切実なる願い。

今日は大宮に用事があり(用事といっても専門学校の講義だけど)

その帰りになじみのブックオフに行ってきた。


いらっしゃいませこんばんは~♪


の声がこだまする中、中古CDを物色。

山崎まさよしのベストアルバムがあったので即購入。



アーティスト:山崎まさよし, 山崎将義, 中村キタロー, 森俊之, 萩原健太

タイトル:BLUE PERIOD ~A side集

このアイテムの詳細を見る



他にはB'zのアルバム「RISKY」「FREANDS」がかなりお買い得な値段だったので迷わず購入。

他にも洋楽のアルバムを買おうかなぁと思ったんだけど

俺、和訳の歌詞カードないとダメなんで、基本的にはブックオフで洋楽は買わない主義。

あそこじゃ確認できないからねぇ・・・・・残念だ。


まだ、開封していないけど聞いたら感想でも載せようかねぇ。

その後、単行本コーナーで「バキ」を読む。


そう、梢江のためなら電車よりも早く走れてしまうバキだ。


歯痛のように梢江が頭から離れないバキだ。


ヤクザ相手にトーキックかます女子高生が彼女のバキだ。


強くなりたくば喰らえッ!!朝も昼も夜もなく喰らえッ!!という祝福の言葉をくれる

地上最強の生物の親父がいるバキだ。


・・・・いい加減くどいな。

他にもバキとはどんな漫画か?ということを形容するとキリがない。

最近は「範馬刃牙」と名前を変えて現在イメージ上の巨大蟷螂(カマキリ)と戦っている。



最早、バキはマンガという枠を突き抜けて芸術の域に達した・・・・・・

といっても過言ではない。


「この本はロックだ、そしてこの本を手に取った君達もロックだ」


の名言を遺した漫画より突き抜けている。ロケットなんか目じゃないぜ?


アレ?随分変な方向に話がずれたなぁ・・・・・

どーもバキが絡むとついつい我を忘れてしまう。

バキが俺の中でアート?(というか突き抜けた)作品へと変化したのはこの章が始まり。

これはもう色んな意味で必見。



著者:板垣 恵介

タイトル:バキ特別編SAGA

このアイテムの詳細を見る



ちなみに「バキ特別編 SAGA」

中古屋さんで見たことが未だにない。

見かけたことのある方いらっしゃいますか?




今週は災難

テーマ:

ここ一週間、本当に酷い体調不良のため、ブログの更新を怠ってしまった。

何せ体調不良で会社を2日ほど休んでしまうくらいの重症だったのだ。



今の会社は普通に休ませてくれるが、前の会社だったらこんなとき、


「アァ?何言ってんの?いいから出て来いよォオラ!!」


というような人がいたのでそれを思うと天と地の違い。

つくづく普通の生活はいいなぁと思う。



そんなこんなで昨日ようやく仕事に復帰し今日が2日目。


今週は後何したかなぁ・・・・・

そうだ、スティールボールランの7巻が出たから買ったんだ。

今巻は3rdステージのクライマックスと4thステージの始まり。

あの4thステージの拳銃男は果たして何者なのだろうか?

実はウルトラジャンプ読んでないので内容は一切知らない。


聖人の遺体をめぐる陰謀とレースの勝敗が見逃せないスティールボールランレース。

これからも見逃せないぜ!!



著者:荒木 飛呂彦

タイトル:スティール・ボール・ラン 7 (7)

このアイテムの詳細を見る



余談だが7巻でのジョニィ・ジョースターの


「飢えた者」「受け継ぐ者」


のくだりは読んでいて中々面白かった、というか感心した。

関心のある人は読んでみるといいかも。




G大阪 1-1 浦和




とうとうW杯イヤーのJリーグが開幕。

開幕戦の相手は去年優勝をさらわれたG大阪。

試合は後半途中から見たのでポツリポツリとしか語れないが、

見出した時間帯はもうG大阪押せ押せの時だった。


そんな中でもポンテ?(だと思う)シュート→長谷部ふかすというシーンでは思わず頭を抱えてしまったが

その直後マグノアウベスのシュートがポスト直撃というシーンはほっと胸をなでおろした。


開幕一週間前の試合ではレッズのよさを出せた試合だったが

昨日の俺が見た時間帯に限ればガンバの方が持ち味を出していたように思える。

まぁ、ガンバのホームだし勝ち点1を取れたということでよしってところかな?

去年だとこういう相手の流れになった時ポロリと失点してしまうケースがあったからね。


さてさて、次節はホームでの磐田戦。

俺が浦和駅まで行くバスにでかでかと広告があるので記憶に残っている。

ここで勝ち点3を獲りましょう、獲りましょう!!