2016-03-10 22:19:10

気仙沼へ…。

テーマ:ブログ


明日、3月11日は東日本大震災から5年。

明日はあの日と同じ、金曜日になるんですね。。

日常が大きく変わったきっかけの1日。
今年も、我々は5年前と同じ様に宮城県気仙沼へ向かっております。
気仙沼の魚市場前で東北放送『サンドのぼんやり~ぬTV』のロケ中にあの地震。
番組スタッフの適切な判断により、大津波が押し寄せる前に安波山へ避難…避難したから今もこうして生きています。
後に、地震発生時、我々とほとんど同じ場所にいた方が大津波の被害で亡くなった話も聞きました。

あれから5年。
あっという間の5年だなぁって思う。
震災直後、壊滅的な町や農地を見たとき、これ…5年や10年で何とかなるレベルじゃないだろう。。って感じました。

勿論、まだまだ時間はかかりますが…被災地の皆さん頑張ってますよ!本当に!
綺麗になったし、新しく町を作るんだ!生まれ変わるんだ!っていう気持ちに切り替えて毎日一生懸命動いてます。

まず、建物や農地でいうとあの惨状から5年でここまで復活出来るんだっていう人間の凄さを感じます。
本当に…見渡す限りとんでもない状況でしたから…。

ボランティアや義援金等、全国の皆様からのご支援により絶賛復興中です!

つい先日、行方不明になっていた方がまた1人発見されました。
沿岸では、5年近くなっても捜索は続いています。
約2600人が未だ行方不明。。1日も早く家族の元へ帰って来れます様に心から祈っております。


今、気仙沼に到着しました。
明日は気仙沼をいっぱい歩きます。
地震発生時刻、2時46分の黙祷は避難した安波山へ戻ります。
 
 
夜は22時からニッポン放送にてオールナイトニッポンGOLD生放送やります。
アーティストに歌って頂いたり企画も盛り沢山です、是非ともお聴き下さい。

写真。東北のローソンで展開されているキャンペーンです。
サンドウィッチマン 伊達みきおさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

98 ■東北魂

いつもポッドキャストで東北魂を聴いています。サンドウィッチマンさんの東北の復興に対する熱い思いを感じながら聴いております。お二人の御活動を心から応援します‼︎ 頑張れ、サンドウィッチマン‼︎

97 ■無題

いつも気仙沼を気にかけていただきありがとうございますm(__)m震災3年後に帰郷した際息子が《お魚いちば》の前で伊達ちゃんに握手をして戴き「伊達ちゃんの匂いがする」と喜んでいました。また気仙沼で会えますように。本当にありがとうございます。

96 ■blog更新

復興には時間がかかりますが…今日生きてる事に感謝ですね!
サンドウィッチマーンの笑顔が幸せを運ぶように思います!!
これからも応援しています!!
伊達ちゃん最高

95 ■気仙沼へ

私達家族も気仙沼に居ました。昨年は出産の為、行けませんでしたが、毎年気仙沼に行ってます。毎年通う中で、気仙沼紫市場復興商店街に友人が出来ました。今年、その商店街が10月閉鎖になります。友人は今の場所の目の前で、また商売を始めますが、かなり客足が減った上、新店舗では、家賃が発生するそうです。
だから、どうぞ、何かしらのお力添えで、宣伝して下さい。お願い致します。

94 ■追悼

サンドウィッチマンの漫才が好きです。
サンドウィッチマンの地元愛に溢れる心が好きです。
サンドウィッチマンはこれからも東日本大震災のことを伝えてくれる大事な存在です。
僕も一緒の想いです。これからも一緒に東北の、日本の復興と幸せを願いたいと思います。
サンドウィッチマンさんお二人の存在は、東北の方々の光であり勇気だと思います。
これからもご尽力ください。よろしくお願いします。

93 ■初コメです!

こんばんは。
私も今日は仙台に来ています。
塩釜と松島に行き、明日は盛岡に移動して、宮古市へ。
三陸鉄道にも乗車します。
それぞれの思いで5年を迎えましたが、忘れることなく、支援を続けていきたいですね。
いつもありがとうございます!
応援しています。

92 ■明日へ NHKみてます

サンドウィッチマンさんが復興に時間がかかる理由を、とても分かりやすく説明されてるので、初めて知った部分が沢山あります。
サンドウィッチマンさん、これからも沢山発信してください。
いつまでも応援しています。

91 ■無題

住人の努力なくして復興なし

90 ■無題

今年は曜日も同じなんですよね。5年でまだこれしか進んでないのかって感じです。宮城でも有名な所はちょっとずつだけど変わりつつあるけど田舎のほうは遅いです。人が少ない 若者がいない。そーいう所は後回しにされてる様に感じます。テレビでも報道してくれませんしね。サンドさんだけですよ、気にかけてくれるのは。感謝しています。見捨てないでくれて。私は雄勝出身です。あの辺は遅いです。たまに悔し涙がでます。

89 ■無題

5年。ツアーに参加させていただいたり、JRの復興バスで廻ってみたりしましたが 未だに大惨事が起きてしまったとは思えず しかし現実はとても悲しく。何もできない私は被災された方々から力と優しさをもらうばかりで。申し訳ありません。 

88 ■ウォッチン絆プラス宮城みてます。

伊達ちゃん
いつも宮城県の事、気にかけて頂きありがとうございます。
東松島在住で、あの日津波にのまれた者です。
まだまだこれからも頑張りましょうね。
いつも笑いをありがとうございます。
家族でサンドさんと、楽天のファンです(o^^o)これからも応援し続けます。

87 ■ありがとうございます。

宮城県塩釜市在住です。
5年前、多賀城市で被災しました。
迫り来る津波を目の当たりにして、
初めて『死』を覚悟しました。

あれから5年…私は生きています。
大事な人達も皆生きています。

サンドウィッチマンさんの、
東北を想う気持ち、行動などが、
被災した私たちにとっては、
本当に励みになります。
ご自身も、気仙沼で被災され、
大変だったことでしょう…

ご多忙の中毎年訪れ、祈りを捧げ、
感謝しています。

一度、松島で収録の際お二人を
見かけました。

キラキラ輝いていて、
益々好きになりました。

これからも、東北の明るい未来に
祈りを捧げていきましょう。

86 ■無題

私にも行方不明の従弟がいます。
そのあと生まれた赤ちゃんも5歳になりました。
ヤフーでの3.11検索の取り組みなどすばらしいと思います。
忘れないでいてほしいです。

85 ■無題

宮城県出身です。
従兄弟や、親戚等沢山の人が居るため、心配の毎日でした。
ネットで避難場所の名簿に叔父や友人を探したことも、鮮明に覚えています。
何度も繰り返し放映される津波の映像も、怖さとそこに居る人達を思うだけで、息苦しさをおぼえるようになりました。
本家は無くなってしまいましたが、皆さんの逞しさ、応援せずにはいられません。
毎日の何気ない暮らしが、この上ない幸せなんだと思う日々です。
サンドの活動、心強さを感じます。
311‥いつまでも忘れません。

84 ■無題

いわき市民です。伊達さん、富澤さん、お二人の存在がいつも支えになっています。本当にありがとうございます。あの日からずっとずっと支えになって下さって、本当に本当にありがとうございます。お二人の幸せとご活躍をこれからも応援していきます。今年もライブ行きますね!

83 ■サンドイッチマン昨日はありがとう!

私も宮城県民として3.11のことを決して忘れず、つぎの世代につたえていかなくてはいけないと強く思いました。
サンドイッチマンさん、いつも宮城を応援してくださり、感謝しています。ありがとうございます。

82 ■無題

久し振りラジオ北九州から聴いてました。
メッセージも送りました。今は放送しなく
なったけどサンドのぼんやりーぬ北九州も
放送してくれて今の現状が少しでも分かって
良かったです。炊き出しも福岡や海外にも
ある秀ちゃんラーメンさん炊き出し行って
くれて北九州でも石巻や釜石に活動しに
行った方もいて本当同じ地元として誇りに
おもいます。今度お友達がいる宮城に行って
美味しい物食べに行きますね。久し振りに
北九州にきて下さい。色んな情報やり取り
したいのでFacebookして欲しいです。
離れていても絆は伝わってるのでこれからも
応援してます(^^)v

81 ■オールナイトニッポン

ラジオ聴きました。
伊達さんの声を聞くの久しぶりでした。
懐かしくなりました。

また日本じゅうが同じほうを向いて頑張れたらいいですね(^-^)

80 ■負けるな東北!

東北出身です
訳あってもう東北に行く事は
ありませんが
東北の皆さんを心から応援してます
頑張れ東北!
負けるな東北!

79 ■無題

ラジオ、聞いてますよ。

78 ■5年経ちましたね

岩手県出身です。
5年前の今日…
テレビのニュースで津波の映像ばかり流れて、従兄弟達がどうなったのかも分からず、連絡も取れず、何も出来なくて涙が止まりませんでした。
故郷が流される映像は本当に辛くて、遠くにいる自分がもどかしかったです。
伊達さんたちが被害に遭われ、無事だとブログで知り、現状を写真で伝えてくれましたよね。
東京に戻られテレビで『津波の映像はもういいから、被災した人たちを映してあげて欲しい』と伊達さんが言われた言葉、忘れません。
まだ、やっと5年という感じです。
これからも自分に出来ることを続けて行きたいです。

77 ■3.11

今朝、バイト先でアナウンスが入って開店前に黙祷しました。
被災地には陸前高田に1度しか行ったことがありませんが、1度でも被災した場所を実際に見たことは大きいです。誘ってくれた娘に感謝です。
忘れないこと、とても大事だと思うのです。

自然は想像を超えることが起こりますが、これから先、大きな被害が出るようなことがないように準備する・考えること、続けていかなければいけないですね。

76 ■3.11

初めまして。
あの日から5年。県外業者ですが震災の直後から気仙沼の復旧、復興関連の仕事に携わって今日も気仙沼に行ってきました。
5年前に比べれば嵩上げ工事も進み、復興しつつあるように思うけどうちの仕事を見てもまだまだ道半ばです。
だんだん遠方の人は記憶が薄れて風化してきているように思いますが被災された方々の為に今後も復興のお手伝いをしていきたいと思います。

75 ■あれから5年

あのときに福島に住んでいて
今も福島に住んでいます
「小さな子供がいてどうしてふくしまから逃げないの?」と外の人から聞かれたことがあります。
でも、福島に住む自分たちが
福島を愛する私が福島を見捨てたら
一体誰が福島を再生させるのだろう?
ここにいる自分が踏ん張らなかったら誰が本気になってくれるだろう?
そんな思いで地元で頑張っているひとたちは未来を見据えていると思います。
震災の時、避難のために引っ越ししたいのに運送会社が福島に行くのを拒否したというニュースが流れた時に
伊達さんが真っ先にブログで怒ってくれて本当に嬉しかったです。
頑張ろう東北
頑張ろう福島

74 ■震災から5年

伊達さんこんばんは
今日は震災が起きた日ですね
わたしゃもあの日は東北人でした
今は関東に住み たまにがおった日もありますが
こっちもがんばってます
伊達さんや東北のとうちゃんかあちゃん方々もがんばって下さい!
オダツナヨの世の中になりましたが
必ずいいことがあっから!ですな

73 ■心から感謝。

伊達さん、お疲れさまです。
俺の故郷は気仙沼です。あの日、伊達さん、富澤さんは気仙沼に残ってボランティアすることまで考えて下さったのを、俺は今でも忘れていません。
気仙沼の惨状を全国へ発信して下さったことも。
震災後も何度も何度も気仙沼へ足を運んで下さり、市民はどれだけ励みになったことかと思います。
行動を起こすというのは、たやすく出来る事じゃないのに、しかもサンドウィッチマンのお二人にとっては同県ではあるものの、故郷でもないのに。
いつも気仙沼のことを想って下さって、本当に、本当に、ありがとうございます。
心から感謝しています。
まだまだ寒いですから、お体にはお気をつけて下さいね。
それでは。

72 ■あれから…

もう5年なんだよね…
だけども、何かしらの変化って有るの?って実家に帰る度に思うのは私だけかなぁ~
東北だけでなく千葉県だって被害合ったしね!!
とにかく、私は何かやるって言っても東北地方の野菜など買ってくるしか出来ない。
でも、小さい時からの場所は大きく変わって行くのが淋しいね。毎回TVに出てくる津波のシーン伝えなきゃってなる。
これからも東北の発展期待しています。

71 ■無題

あの日の出来事、忘れた事なんてないよ。
絶対に忘れない。。

今日は一日、5年前を振り返ってます。
伊達ちゃんとトミーを見ると、
やはり心にこみ上げるものがあります。
いつもありがとう☆
東北魂☆

70 ■ありがとうございます。

影響力のある、お二人が、震災の事をずっと、語り続けてくれている事、感謝の気持ちでいっぱいです。
私は気仙沼出身で、家族も気仙沼にいます。育った気仙沼が大好きです。
本当に、ありがとうございます。

69 ■あっという間の

この5年でした。
宮城出身の私はとてもお二人に元気をいただいています。
このブログもシェアさせていただきますね。
私も同じ時間、仕事前に黙祷します。
もうすぐですね。

68 ■忘れない

私たちは絶対にこの日を忘れてはいけません。
あれから五年。私の中でできることを続けて支援したいと思います。

67 ■あれから5年それとももう5年?

こんにちは未だに気持ちが複雑です。
地元が福島の浪江町で大熊町にも思い出がたくさんあります。特に福島の南相馬市小高の双葉食堂さんも大好きな味でした。
懐かしい思いでしかないです。
3.11で辛い現実逃げたくなる時もありました。
私も震災の時間黙祷します。

66 ■5年は早いですね。

うちのお店でも黙祷の時間があります。が、お客様がいたら接客優先です。そんな状況がなんだか悲しいというか、寂しいです。5年前にテレビで見た、津波に流される町を見下ろしながらお母さんと呼ぶ女の子が頭から離れず、今元気に過ごせているのかと思います。

65 ■無題

今年も気仙沼に来てくれてありがとう。
サンドイッチマンのお2人のおかげでどんなに気仙沼人が元気づけられていることか!
岩井崎の龍の松も新しくなりましたよ。
あと今日かもめ食堂でラーメン無料で振舞ってるから食べてって。
ホント感謝。感謝。
サンドイッチマンありがとう。
いつもこの日来てくれてありがとう。
いつも東北のためにありがとう。
元気でがんばって!
同い年の気仙沼人より。

64 ■すてきなポスターです!

サンドイッチマンのお二人は
この震災と津波を目の当たりにして
いろんな想いがあると思います。
その気持ちを忘れず
ずっとずっと活動し続けるお二人に
私は深く感銘しています。
福島の
大したことない番組にも
きてくださったときは
嬉しかったな
無理せず
これからも頑張ってください
皆さんに笑いを届けてください

63 ■あの日から5年

私は、今日用事があり気仙沼に行って来ました。気仙沼の海岸の所を車で通った所、サンドウィッチマンさんとお会いしお話しをしてきました。震災から、今日で5年になります。震災当時私は、高校卒業生でした。その時は、私学校に用事があり朝の始発の電車に乗り、気仙沼に行ってきました。午後の電車に乗って、志津川に帰ろうとしたらその時の午後に震災にあって家に帰る事が出来ませんでした。私は、三日目の夕方に親が迎えに来てもらいました。今日まで、これたのはサンドウィッチマンさんの御蔭だと思います。今日、一緒に写真を撮って頂き有難う御座います。

62 ■本当に5年ですね…

初めてコメントします。私はその5年前、2011年3月11日、サンドウィッチマンさんがいらっしゃった魚市場付近の本屋にいました。後から、サンドウィッチマンさんがそんなに近くにいたなんて、と、びっくりしました。私もそこからどうにか逃げ、こうして生きています。サンドウィッチマンさんの漫才を見るとお腹を抱えて笑ってしまいます。笑えない日々があの日からありましたが、サンドウィッチマンさんの漫才で笑えました。これからも、私をはじめ、辛いことを抱えていて笑えなくなってる人を、お腹を抱えて笑えるよう、がんばってください。笑わせてくださってありがとうございます!

61 ■忘れていません

私のふるさと。宮城。両親、妹、親戚みんなが住んでいる宮城県。募金もいいですが、直接行って沢山直産物買ったりするのが一番の復興だと思ってます‼ 北陸に嫁いだので、そうそう行けませんが、今年も帰りたいです。

60 ■お疲れ様です

当たり前の日常を奪い去られた、5年前の今日。
現実を受け止められず、夢の中にいるような気持ちでした。

被災地のために走り続けてくれているサンドのお二人には、心から感謝しています。

お仕事、忙しくて大変でしょうが、これからも被災地の今を伝え続けて下さい。

よろしくお願いします。

59 ■同じ気持ちです。

とれだけの人があの3月11日から人生が変わってしまったのでしょう。 想像もきっと足りてはいないのだと予測出来ます。 あの日、我が子を心配し車のテレビで見たニュースに実際の出来事だと認識するまでにかなりの時間が掛かりました。

新聞、テレビ、雑誌を見ては涙する日々もしだいに時間の流れと共に薄れていくのは事実です。
今も毎日苦しい思いをしている人達が大勢いる。 わかってはいても何をしたらいいのか…。
思うのは1日でも早く一人でも多くの人が本当に前向きに笑顔になって欲しいと願うばかりです。

午後のあの時間、黙祷すら辛い方もいますよね。
早く、早く、早く元気になって下さい。

58 ■涙が...

海外から、マエケンや岩隈さんもブログで3.11へのメッセージを送られてました。やっぱり、皆が忘れないこと。そして、未来につなげること。
今、生かされていることに感謝の気持ちを忘れずに、前へ進むこと。

57 ■5年

初めてコメントします。つい先週、初めて宮城に旅行に行きました。仙台空港から仙台市へ向かう車中、家がたくさん並んでいたと思われるさら地や、たくさんの人がまだ生活をしている仮説住宅をみて、5年という月日を考え直させられました。復興のスピードはそれぞれだと思いますが、大事なことは5年前からずっと、戦い続けている人たちがいるということだと思います。サンドウィッチマンさんはこの5年間、先頭をきって東北の復興に向けたサポートをしたきたと思います。そのおかげで、わたしも東北に興味をもちましたし、旅行に行こうとも思いました。今後、震災を絶対風化させないために、私なりに自分にできることを見つけてみたいと思います。

56 ■忘れてないよ!

東北のみんなの笑顔が嬉しい。
笑顔の連鎖、生んでおくれ!!

行方不明が0になりますように!
みんな、家族の元に!!愛する人の元に!!

伊達さん、ありがとう。
無理せず、でも、力の限り尽くして欲しい…!

55 ■無題

あの日の事は決して忘れません。
今日は改めていろいろと考える日にしたいと思います。

54 ■おはようございます

ウォッチン見ましたー!朝早くからお疲れ様です。やまなか家のCMはミスチョイスですね(笑)きっと名久井さんも見てますね~☆
あれから5年。。早いです。未だに震災時の映像見ると怖くて怖くて涙出ます。津波も街中の揺れてる映像も全部ダメです。あの揺れも震災後の日々も非現実的過ぎて、悪い夢だったんじゃないかと思う位です。毎年この日は本当に気持ちがザワザワしてしょうがないです(>_<)

53 ■こんにちは

あれから5年になるんですね。
被災しトラウマを抱えてる方々に何もしてあげられないもどかしさ今もあります。
トラウマを抱える子供達が必死に被災地の事を訴えてます。
応援してます。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りしてます。
被災地の方々の健康そして放射能の安全祈ってます。ただただ
祈る事しか出来なくて申し訳ありません。

52 ■本当。

あの日と同じ金曜日。
5年前の朝、カラスが変な鳴き方をしてて
息子の中学卒業式の日なのに嫌な朝だな~⤴
何かおきるぞ、子供達、気を付けて!と
言った朝、何事も起きませんように❕って
心の中で祈りました

51 ■あの日から5年

東日本大震災から5年の月日が経ったんですね。早いのかな、東北の人達の頑張り、頭が下がります。お二人の東北を支援する活動にも、行動力が凄いなと思います。
東北の現状を、ずっと伝え続けていくのが大切なんですよね。
よろしくお願いします。また、出来ることがあったらしていきたいです。

50 ■おはようございます。

今日ばかりは多くの言葉を並べられませんが、お身体に気をつけて無事一日をお過ごし頂けましたら・・・。

今夜の『オールナイトニッポンGOLD』聴きます。

49 ■安波山は校歌の歌詞に出てきます(-.-)

ワタクシは父の仕事の都合で、小学生の二年間を気仙沼で過ごしました(._.)。通っていた小学校は避難場所になり、皆さんの避難生活の大変さをテレビを通して知りました。

「ぼんやり~ぬ」の収録中にサンドさんが逃げた安波山からの風景を見たとき、とても悲しくなり涙がでました。(;_;)

二年間しか住んでいなくても、故郷です。石巻にも住んでいた事があって、悲しみが倍増しました。

これからがいろんな意味で正念場ですね。政府も外国人の観光客増に向けて、頑張るようなのでサンドの二人の活躍が不可欠になりますね!

陰ながら応援していきます‼頑張ろう‼東北!

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み