☆パラダイムシフト☆新たなる夢現世界へ☆

下記サイトにて、数年前に執筆した私の小説『無花果の幾可学』を読むことができます。
 少々エロティックですが哲学小説です。http://slib.net/a/178


NEW !
テーマ:

孤独に歩め あくをなさず求めるところは少なく

林の中の象のように


生きる中で この言の葉は常にあります


我々は見えない目的地を目指していきております


今 自分が どの段階にいるのか・・・


仏様の教えには その段階がわかるものがあります


幸せの概念でみていきます


1・最も低い幸せは感覚器官の幸せです

欲  執着 好みの世界です 


こちらの意識では身体 感覚から得られるものを幸せと感じます

お洒落な洋服 高級車 おいしい食事 楽しい談話 快適な住まいなどなど・・・


2・感覚的幸せを乗り越えると世俗の幸せです

こちらの意識では読書 映画鑑賞 芸術 人を助ける 子供 家族への奉仕に

幸せを感じていきます

この世界までは 喜怒哀楽に翻弄されていますし

心をつかめていません


3・高い意識 


世俗から離欲へと移行します

一人でいる幸せを感じていきます


執着から離れ 心の成長を求めていきます


物から離れる幸せから 感情から離れ幸せを学んでいきます

この意識の境地は 無に近い 禅定です


ここでは 常に今を見つめ(観察・実況) 世界をありのままに

観ることは必須です





4・最高に高い意識

 


この中でも4つの段階があるようで ひとつクリアしてゆくほど

生きる重荷は消えてゆくそうです

私は まだ3の後半ですので こちらの感覚は今からです


仏様は ここまで目覚めるように8つのステップをつくりました


 

我々が求める幸せは世俗にはありません

世俗の道を歩むことは 原因と結果の道 因果応報 カルマの道を

歩むことなのです



感覚によって 欲(渇愛)がうまれ

欲によって求める


求めることによって(ものを)獲得し

獲得することによって価値を判断する


判断することによって熱望と貧りがおこる

熱望と貧りによって執着する


執着によって所有欲がおこる

所有欲によって ものおしみがおこる


ものおしみによって (所有したものを)守る

守るがために 喧嘩 避難 嘘 戦争がおきる


忘れてはいけないこと



世界は 自分の意識であり 鏡であるということ


正しい選択 意識 言の葉で他者と世界と生きること


ありのままに世界を観ること


判断しないこと


今を生きること 過去や未来 あらゆる想念は無視する

考えない 悩まない


自分の呼吸 身体を観察し 操り人形のように観ること


いきとしいけるものに感謝


だって 全ては 自分なのだから



AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ホメオスタシス

我々 人類は 無意識的に平和 平安 安定を求めていきる

性質があります と同時に変わりたいと願い続ける


矛盾した生命体です


そして 固定概念を変えるには 相当な訓練がいるようですね


お天気が好き 綺麗なものが好き 平和が好き いい人が好き

優しい人が好き おいしい物が好き・・・


個人個人で 色々な好きがありますが そうでないものに対して

人間は 否定をしてしまいます


今朝のニュースで 女子大生が高齢の方を殺して喜んでおりましたが

それを観て 人は なぜ? こんなことを?ひどい・・・

そう思います


もちろん 私(自我)も思います


しかし それは 違うのです 


私たちは 虫をころします 魚を食します たくさんの命をもらいます

死をいただいています


それに対しては 何も感じません 虫が死んでも 泣きません

きもちわるいから・・・ 殺していいのですか?


蝶々は綺麗だから生かしますか?


雀はかわいいですが カラスは黒いからきもちわるいですか?


数匹の猿なら可愛がるのに 増えすぎたら迷惑なのですか?


牛は食すけれど犬は違いますか? かわいいからだめですか?


これがよくて あれはだめ 


固定概念には そういうものがたくさんあります


どれも よくもなく どれもわるくない


ただ そういう事実が 現実が 幻想が人の数だけ存在するのです


世界は それを教えてくれています


インドのガンジス川には 答えがあります


生命の水であり 生活の水であり 死者の流れてゆく水であり

無と有が同時に存在する川です


仏様の法則は それを教えてくれています


これがある時は これがある

これがない時は これはない

これが生まれると これも生まれる

これが消えると これも消える


こちらの法則に なにか言の葉をいれてみますと・・・


幸せがある時は 不幸がある

幸せがない時は 不幸はない

幸せが生まれると 不幸も生まれる

幸せが消えると 不幸も消える


自分の中にある否定したくなる物事に こちらの法則を

使用してみては いかがでしょうか


固定概念を壊してゆきましょう



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

自分を常に実況中継しながら生きているとで とても大切なことは

身体を感じることです


食事をする際には 一つ一つ食し 味わうこと


その食物の味 舌にあたる感じや匂い 音 食感 味覚

あらゆることを感じるのが大事なのです


そうして食事に集中していると 今まで 如何に無意識に体内へ

食物を流し込んでいたかが分かるのです


多くの人はTVや音楽 本や新聞 なにかを観ながら聴きながら

食事をしていると思われますが 実況中継をしていると 丁寧に生きて

みようと思えてきます


まず 椅子に座り その時の おしりと椅子の感触を感じることができますし

お箸を持つ 食材をお箸がつまむ その感触 口元へ入れる

どの瞬間も身体を感じることができるのです


私たちは 今という時間から それて生きる癖があります


従って お箸を持っているにもかかわらず 次の口元へと意識が

うつりがちですが


それでは 今を生きることにはなっていないのです


集中して 一つ一つを感じていくことが大切なのです

丁寧に 丁寧に 見つめて感じること


どれだけ意識をしていくかで 如何に今までが無意識であったのか気づくのです


その気付きが重要です


人間は考える葦といいますが それは違います


考えていないのが常なのです


考えているようで考えていない


人間は変化を望まない それは考えないように生きていたいから


毎日  楽をして単調に生きていたいのです それが自我であるから



従って考える葦になるには 常に意識していること もちろん自我を捉えるという意味です



身体を感じることができたら感情や欲などに対しても 同じように捉えられるようになります


浄化しなくてはとか 無にならなくてはとか思う必要はないのです


今日はだらけていたいな・・・と思っていたら  自我の私はだらけていたいのかと

ただ それを観察するだけでいいのです


いらいらしても 泣いても ただ 水に映る月のように・・・ 眺めていたらよいのです


観察することで 解体されてゆく


自分と思いこんでいる自我や意識 身体 感覚 様々なものが解体されてゆく


本当の自分が 最後の残った何もない空であると実感してゆくのです


全ては色即是空なのです

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

世界を常に 幻想として忘ない為には 自分と思っている個に

名前やあだ名をつけ 行動を見つめるとよいです


サリーさんは 今 おなかがすいたようだ 

サリーさんは 今 よろこんでいるようだ

サリーさんは 今 眠たいようだ


このように まずは他者として見る癖をつけるとよいでしょう


次に 今を生きるには 徹底的に行動を実況中継すること

サリーさんは 今 両手をつかい PCを操作している

気温が低いせいか 手は冷たく感じる


のどがかわいた コップを手に取る コップが移動し 口元にふれる

飲む 飲み物が身体に入る 浸透してゆく コップを置く


サリーさんは 立つ 歩く 右足 左足 止まる 座る 


このような感じで 常に実況をしておりますと 無駄な概念は生まれませんし

今を生きることになります


悲しさや いらだち 雑念 想念 あらゆる感情も中継してみるといいですよ


下記の動画は 概念が崩壊してゆくシンジ エヴァンゲリオンより


https://www.youtube.com/watch?x-yt-cl=84503534&v=Pa0UKwyRdIM&x-yt-ts=1421914688

いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

ずっと観たかった映画ルーシーを やっと観られました

全てが シナリオ通りのタイミングで 観るタイミングも

完璧な気がしました


主人公が ある薬の影響で 脳が覚醒してゆきますが

まずは空間や大気 エネルギーを感じるようになり存在しているものの

意味を理解してゆきます


脳が覚醒するにつれ人間的な感情は消えゆき概念が崩壊します


自分の髪色や長さまで変化させたり 電脳を自由に操作したり 

空間を操れるようになっていきます


最後100%は 原初の世界へ・・・ イノセンスの素子やAKIRAを

彷彿とさせます



人間が進化してゆく課程が 真実に近い作品だと思いました



印象的な台詞が多く とても為になりました



気に入った台詞をいくつか記載してみます



初期の脳は ほんの数ミリグラム ニューロン1つで生存し

ニューロン2つで動き出す ただ 反射して動く存在だった



動くことで様々なことが起こり始める



人間以上に脳を活用している生き物は イルカであり 20%の脳を

使用している


人という生き物は 本来の力より 創り出した道具に依存してはいないか?



音を音楽みたいに理解できる 今までは 自分が何者で

何になりたいか 分からなかった

でも 今は違う 脳の奥深くにアクセスできるようになって

分かったの

人間を人間にしているものは原始的なもの 

それが邪魔してる



人間が創り出した社会的システムは 単なる概念よ

1+1=2ではない 数字も文字も現実には存在しない

人間は自分たちの頭で理解できるように物事を単純化する

無限の恐ろしさを忘れたくて簡単な尺度を考え出した


走る車を撮影して早回しのスピードを無限にあげると

車は消えてしまう

車が存在したという証はない 存在したという証になるのは

時間だけ 真の尺度は時間だけなの



時間なしでは存在はない



この映画を観て これからの進化の過程がよく分かりましたし

今まで 学んできたことの意味が よく分かりました


概念 思考 意識を捨て去ることの意味が やっと腑に落ちた


時間もなく 幻想であることの意味も 腑に落ちた


進んでいる人間の方向も イメージできた


そこに向かってゆくのだと実感できた作品でした














いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

今回のイスラム問題は 多くの人にたくさんの気付きを

もたらしていると思います


神とは? 戦争とは? 平和とは? 探求心とは?

幸せとは? 制圧とは? 服従とは? 独裁とは? 自由とは?

安全とは? 幸せとは? お金とは?


たくさんのことを考えさせられております



私は 生放送で 後藤さんのお母様が会見されるのを観ておりました

その後 マスコミは 私が 感動したお母様の発言の箇所を

流しておりませんでした それは 少し残念に感じましたが・・・


私は お母様が まず 何よりも地球について語られていたことに

感動いたしましたし魂がふるえました



以下 転記いたします


この地球は大切にしなければいけない、神が、自然が作った貴重なプレゼントをなぜ壊すのか

私にはわからないのです。


原子力を使い、環境を汚し、何をしたいのかわかりません。


今、こみあげている涙を隠していますが、それは、原子力の問題です。

地球をダメにする、水をダメにする。

それを一時の感情でドンパチするのはやめなければならない。

いい方の活用でないなら、私の命を失うことも厭いません。


イスラムの方々も一緒に地球の平和を考え、素晴らしい地球が作れるなら

私の命はどうなってもいいです。

私の頭は良くないので、ここの皆様から知恵をもらえれば嬉しいです。


この発言のあと お母様は 息子さんへの思いや質疑応答をされました


そして もう一つ 息子さんの方も 良き発言をされておりました


それは とある講演会でのこと


彼が 写真を撮る理由について語っていたことですが

綺麗なものを綺麗に 汚いものを汚く 哀しいものは哀しく

そのまま ありのままを 伝えたいと 言っておられました


世界をありのままに 見てほしい その想いで 写真を撮っていると・・・


そして 彼が 今回 あの場所へ言った理由は 友人でも家族でもない

ただの知人を 救いたいという気持ちだけでした


自分の赤ちゃんが生まれたというのに 家族の元にいたらいいのに・・・と

皆は思うのでしょが 彼の行動は地球を愛する そのものに思えます


世界が一つであるかのような 愛をもっているのだと・・・


そんな風に感じました


生きて帰ってきてほしいと願うしかありません・・・



もう一つ スーパーフライさんの新曲が TVで流れておりましたが


歌詞に鳥肌が立ってしまいました



彼女は とても地球の声を感じている人なのだと思いました


塗り替えてゆけ あるべき世界へ


白を目指せ 白を目指せ 進化の時よ・・・ そんな歌詞です



真っ白な空間に 真っ白な衣装で 足音だけがきこえ音楽が始まります


動画ありましたので どうぞ↓



http://mu-zix.com/detail.php?id=6912


いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:

私が 美しいと思う人


所作 知性 人格 内面もさることながら 

言の葉を超えた領域にふれていた人



三島由紀夫さんと


山口小夜子さん


こちらの動画で語られている言の葉たちは とても美しく尊いものです


どこまでも濁りのないものを求めて生きておられた方


自己を消すことを 境界を消すことを 教えてくれる動画です


とても美しい人だと思います


こんなふうに 透明に自己を消してゆけたらと思います


https://www.youtube.com/watch?v=YeyoTQL8Sdg


明日は1月23日 白鵬さんの33回目の優勝になるかもしれない日

月齢3日目 そして  イスラム国のリミット3日目でもあります


数字がひふみで 3がそろっておりますので 何かしら 起きそうな

気もしますが 自己を消して過ごしてゆきたいと思います


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

つまようじ事件  今までみた事件の中で 最も陳腐ではありますが

個人的には 自我を見つめる大きなものでした


まず 事件としては あまりにつまらないと思ったこと

とても幼稚で意識の低い人間だと思ったこと 


そんな感想をもった方も多いかも知れませんが・・・


エゴは どこまでも瞬時に判断してしまうものなのだと改めて実感しました


少年は動画サイトでどうしてもTOPになりたかったと言っていました

その為に 何でもしていたという感じです


これは 承認欲求という人間の最も大きなエゴです


世界中の有名人など もちろん我々一般人も同じことです

大なり小なり もっているものです


誰かに認めてもらいたい 誰かに褒めてもらいたい 見てもらいたい 

共感してもらいたい  そんな気持ちが人間にはあります


良いことをしたら 感謝されたいし  努力していたら 褒めてもらいたい

家族のお世話をしていても感謝されたいし 文句を言われるといやな気持ちになるのが

人間です


もう一つ少年の動画に関して まっさきに思ったことは 悪趣味であるということ

しかし その思考にも疑問を抱きました


悪趣味であると決めつける概念・・・どこまでも しみついている概念・・・


私は 正直 おそろしくなりました


趣味がよいとは何だろう? そもそも いいもわるいもない筈なのに



エゴはすぐに判断しています



その思考自体が 間違った世界を創り続けているというのに・・・


フランスのテロにしても同じことですね


どうして 自分と違うからと 他者を非難するのでしょうね


人間は どこまでも 自分が正しいと思いたいのでしょう


しかし 世界は変化しています


そういった古き思考の人間は これから先は 進化できないことでしょう


ノストラダムスの時 第二次アセンションが起きました


あれから16年 第三次アセンションが起きる気がしてなりません


三船美佳さんが16歳の時 結婚して 16年目で離婚するとTVで

見ましたが  ノストラダムスと同じ年 そして3つの船


自我 真我 神我  そして ジョージさんの代表作はロード 道

道(タオ) 源 そのものですね


お二人も対照的で 美佳さんは 自由を知った真我に見えましたし 

ジョージさんは16年前と同じで自我に見えました 


お二人は おしどり夫婦と言われていたようですね


押し鳥 押す鳥

今は 鳥インフルエンザがひろまっています


鳥 イン(IN) フル(FUL)円 座


なんとなく 火の鳥が浮かんできて 魂の座への道が満ちてきた・・・

そんな風に 私は感じました




世界は常に 統合への道を示すようになったと感じております




世界を花を愛でるように眺めることができたら どれだけ世界は変化するでしょう


お花と同じように ただ 見るという行為が なぜできないのでしょう・・・


私は 毎日 たくさんのお花を見て お花に教えてもらっています


お花は 自分の色さえも知りません ただ 今を必死に生きています


美しいと言われても そうでなくても お花は ただ そこにいます


そして人間や空間に 愛を注いでくれます お花は何も求めません


ただ 静かにそこにいます 沈黙の愛が そこにはあります


枯れても捨てられても お花は沈黙を守っています


全てを 受け入れるかのように・・・







野に咲くお花を見て そのお花を非難しますか?


すみれを見て すみれを蘭に変えようと思いますか?


お花を見るように 偏見なしに 人間を物事を ありのままに見ることが

できるように 毎日 自分の意識を しっかりと見つめて生きたいものですね



いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

今年は 毎日 毎日の成長がすごいです


自分のことではなくとも 周りの人たちの出来事を観賞することによって

多くの気付きがあります



世界は どこまでも お互いが鏡で みんなそれぞれが

自分の都合の良いように 相手と共感して生きているのだと

本当に理解できました


それらが本当に理解できると いい人も そうでない人も 人をだますひとも

だまされる人も どんな人でさえ どちらでもよく 何もないのだと分かります


新作映画レンタル開始になった スパイクジョーンズのHer という作品は

マルコヴィッチの穴 脳内ニューヨークなどの集大成とも言える 最高傑作であり

これからの 世界そのものでした


世界は 今と似たような電脳世界で 主人公が人工知能と恋をするお話です


興味深かったのは 人工知能は 最初 主人公の人間よりも世界を理解しておらず

次元で言うと 人間が3次元 人工知能が2次元といった感じでした


そして 人間と恋をするようになり 世界を知りたいという自我が目覚め

嫉妬や欲がでてきます


しかし そのうちに 全てを知り尽くした人工知能は5次元の感覚に

いきつき 人間を超えてゆきます


とても良い台詞がありました


自分でも信じられないスピードで意識が変化しているの


うまく説明できない 非言語の世界に戻ってもいい?


言の葉と言の葉の間にある空間 その空間が 本当の居場所だとわかったと

だから もう あなたの本の中では生きられないと 人工知能は言います


これは まさしく 5次元への移行 超我の世界 神我の世界


映画全体は さすが スパイクジョーンズといった具合に 美しくセンスがよいです

内容は ここにこられる方なら 心に すとんとくると思いますので おすすめです



しかしながら 同じ周波数で生きる人間は 映画でも 音楽でも どの世界でも

同じ方向にしか進まないのだと思いました


ゴダールの新作にしても エヴァンゲリオンにしても 無の先の世界です

ジョニーデップの新作も人工知能と一つの意識への変化でした


もう そこにしか 興味がありません


それから 一つ とても素敵な情報です



覚醒者であるKan氏の時空を超えて生きるの書より


お花を見ている時間は 潜象界と繋がっているとのことです


実際にお花だけが この世で 美しい芸術品であり 無償の愛

そのものですよね


家は お庭も お部屋も台所も どこでも お花だらけですが

やはり去年から お花の数も増えていました


これもシナリオ通りの行いなのでしょうね 自分には何もできないわけですから・・・


毎日 様々な出来事があると思いますが どんなことに対しても

判断しないこと そして 正しいことなどないこと どちらでもよいということ


最後に 何もないということ


意識があるので有が発生するだけの世界であるということ


色即是空 この意味を しっかりと理解し そして その思考さえ消してゆくこと













いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

2015年にはいり 9日ですが 毎日が大きな気付きの連続で

9日がとても長い過去に思えます


目覚めを決意した者たちへの本格的な自我の消滅は加速しているようで

本日も友人と そのすごさについて対談しておりました


そして やっと分かったことが 我々は 確実に人間機械だということです


これは 個人的な私たちの記憶 現在での過去をもとに気づいたのですが

ノストラダムスの予言もアセンションも2013年の反転も ポールシフトも

太陽黒点なども 全てが 内側で起きていたということ


そして 今まで 生きてきた中で好きになった物 興味を抱いてきた物

好きな環境 人 生き物 全てが ただ 愛という入り口に気づく為の

きっかけにすぎなかったということ


愛 つまりハートは 我々の源であり 内側の奥に潜んでいる

しかし 我々は まだ ハートにふれてはいない


ハートだと思っていたものは ただのマインドでしかなかったのだ


傷つく心はマインド 自我を消したいと思い それに奮闘し くるしむのもマインド

ハートはマインドという密接した壁で 未だ姿を現したことがない


ただ 我々は 精神世界を探求する後に ハートというものが 存在すると

聞いただけにすぎないのだ


ハートが開かないと 神我は存在しない


ハートを開く方法は 自我を捨てるしかない


それには まず我々は人間機械にすぎないと認めることが 鍵となる

認めたくないが 操り人形である


人間機械は空っぽでしかない これについて もし あなたが

悲しいとか切ないとか思うのなら それは自我が思っているのだ


自我 マインドは傷つく


ハートは傷つかない


エヴァンゲリオンという人造人間で例えてみよう

エヴァの物語は とても難解で複雑であるので 端的に書きます


エヴァの世界では 神が生命の実と知恵の実の卵を創り

地球に宿らせます それは白き月と黑き月という卵で

南極と北極に落ちてきます これが ファーストインパクト


白き月から生まれたアダムは生命の実であり使徒になります

黑き月から生まれたリリスは知恵の実であり後に人間となります


物語では 人造人間エヴァンゲリオンが登場しますが初号機のみが

リリスより制作された 本物の人造人間エヴァンゲリオン


そして 初号機に搭乗するのが シンジ 神の子 です


シンジは エヴァとのシンクロ率が高く エヴァに搭乗せずとも

エヴァが動かすことができました


シンジはとても弱く いつも逃げちゃだめだと 自分に言い聞かせ

何度もエヴァには乗りたくないといい 逃げては乗り 逃げては乗りました



エヴァに搭乗している時の席は魂の座という空間です

そこに神経接続によって感覚が繋がります


エヴァと使徒(神) 敵と思わされて闘っている使徒ですが

魂の座にいる間は エヴァのいたみが シンジにも伝わります


エヴァの中には母親の意識も存在している為 シンクロ率が高いのは

愛のエネルギーであったと思われます


エヴァの世界では エヴァと使徒が融合し アセンションし

人類が完全な形へと帰還します

まさに 真我の海


私たちの現在は 身体という人造人間です


自分たちは 存在しないのです していると思わされているだけです


そもそも 源はエヴァを操縦するシンジの空間にいます


我々はシンジに操縦されているエヴァです


今まで好きだと思ってしたきたことも 人との出逢いも 出来事も

自分で選択してきたと思っていたことは 操縦されていたものです


それを自我は認めてこなかった


自分 自分という世界を確立し 自我の力を強め物質世界を現実だと

信じていったのです

操縦者が自分であったのに いつしか 人造人間の意識に取り込まれて

しまったのです


エヴァの中でも シンジがエヴァに取り込まれてゆくお話がありました


今 目覚めゆく者は この事実に気づいている筈です

もしくは 今 この手記を読んで 気づく筈です


我々が向かう道は 一つ 人造人間である自我の世界から抜けること


その方法は マインド 自我を壊すこと


その方法は ひたすら世界の全てを ありのままに見て 無償の愛をそそぐこと


この幻想世界は 全てが 自分であるのだから 自我をすてるまで 無償の愛を

注げるようになるまで 世界は自我の意識である映画を 上映し続けます


輪廻転生を抜けるには 自我を完全に黙らせるしかありません


どこまでも しみついている機能の自我を 鑑賞してゆくこと

記憶 名前さえも 忘れるくらい 今を生きること


究極な例えで言うと 人を助けて相手に感謝どころか ひどいことを言われても

愛を与え 奉仕し続けること


そして 何をしても誰かに評価されることも 認められることも そういう

求める感情を捨て去ること


無償の愛こそが 自我を消し去る唯一の方法


そして 自我を消し去った時 我々は 初めて 今という時を目撃する


こうやって書かされている私は 確実に人間機械である


私は 今日 人間機械であることを 認めた


そして 操縦者が操るごとに 意識が反応して行動していたことが分かった


私は 人間機械から操縦席に移行する為 ハートを開くことを決意した


きっと 同時多発的に 同じ周波数で存在する人造人間は 気づいていることだろう








いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード