まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『コーセルテルの竜術士物語 1巻 (石動あゆま)』

石動 あゆま
コーセルテルの竜術士物語 1 (1)

 

インターネットでほのぼのしているという噂を聞いて買いました。

 

 

【あらすじ】

竜術士―それは竜の力を借りて術を使う代わりに、まだ弱く未熟な子供の竜を守り、育てる術士のことである。竜術士のマシェルは7つすべての術資質を持っていることから、7人の子竜を預かることに・・・。そんな彼の慌ただしくも賑やかな毎日は―。

 

 

ファンタジーマンガ。 むしろ『ふぁんたじー』って書きたい位のノリ(笑)。

嘘偽りなしで、ほのぼのした作品です(^^ゞ。

前作があったみたいで一応続きとなっているようですが、全然問題なしです。 
 

子竜といっても、人間の子供の姿をしています。

この子供の絵のセンスが非常に良く、ホントに可愛い(^^ゞ。

系統としては、女性が描いた『ヨコハマ買い出し紀行』みたいな絵です。

  

人間世界から隔離された空間での話。

なので、魔王であったり魔物類は一切出てきません。

当然、人間も竜術士だけに限られており、変な争いは一切ありません。

のんびりほのぼのファンタジーで、癒されます。

 

なかなかお薦めな作品ですよ(^^ゞ。

 

 

とはいえ、結構問題点もあったりします。

まず、キャラが多すぎる点。

メインキャラは、主人公と『闇、風、地、水、木、火、光』の7人の子竜。

他にも、竜術士やら子竜で20人以上出てくるんじゃないかな?

しかも、子竜は全部同じ顔(笑)。 

しかも竜の種類が同じだと、まったく同じ髪型・服装なので身長差で判断する。

キャラが多すぎて、名前もわけがわからない。

 

はっきり言ってしまえば、

主人公と『闇、風、地、水、木、火、光』の7人の子竜、そして他の竜術士だけの、

全体で15人くらいで物語を作れば、出版社がマイナーでも、

アニメ化も狙えるくらいの作品になると思うのだけど・・・。

 

話も、ただでさえ多いキャラを全員使おうと欲張っているせいか

一回一回メインキャラが変わってしまい、作品としての統一性がない。

一応マシェルが主人公のようですが、その存在感をあまり出せていないのは、

こういう作者の欲張った設定が原因かと。

 

でも、この作者の話を作る才能はトップクラスだと思います。

それくらい面白いだけに勿体無いな~、と感じさせる佳作かな。

 

--------------------------------------------------------

 

絵のレベルは高いし、ストーリーも非常に面白い。

でも、世界観設定があまり描かれていないので少しわかりにくいかも。

キャラも多く、絵ほどフレンドリーな作品ではない。 

でも、そんなことを気にしない方は、普通にほのぼの漫画として読めると思う。

っていうか、そんなの気にするなってことなんでしょう(笑)。

 

前作を読めば細かい設定がわかるのかもしれないが、

売っていないのだから確認のしようがない。

 

上記でも書いたけど、キャラクターを限定すれば絶対に面白くなる。

読んでもらえば、この感想の意味もわかるだろう。

多くのマンガを読んできた私が、読んでいて混乱しまくった作品なのだ。

 

とはいえ、結構面白いので多くの方に薦めたい作品であることは確か。

 

 

では、ここまで。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。