全国の3月の自殺者は、前年同月比で205人少ない2898人だったことが16日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。昨年9月以降、7カ月連続で減少した。
 例年、3月は自殺者が増える傾向にあるといい、2月と比べると483人増加した。
 今年1月からの累計は7815人となり、前年同期より445人少なかった。
 都道府県別の累計自殺者は、長崎(29人増の118人)、群馬(23人増の155人)、石川(22人増の77人)、愛知(21人増の415人)など17県で増加した。 

<長妻厚生労働相>子ども手当の「バラマキ」批判にピリピリ(毎日新聞)
「カジノ議連」発足 東京?沖縄?北海道? 当面の2カ所、焦点(産経新聞)
参院選出馬を否定=任期を全うする-東国原宮崎知事(時事通信)
<平野官房長官>仙谷氏を批判 衆参同日選発言(毎日新聞)
<全国学力テスト>過去問出題で成長分析(毎日新聞)
AD