目指せ! 自衛官のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

「一般曹候補生が繰り上げ合格になりました!」

 

先週末、高3の女の子(Kさん)からお電話を頂戴しました。

 

彼女は昨年、当YSTの「夏期講習」を受講していました。

 

自衛官候補生(陸)の最終合格は頂いていたのですが、一般曹候補生(陸)は「仮合格」。

 

本人的には、倍率の高い女性ということもあり、自衛官候補生でもバンバンザイだったのですが、一般曹候補生の繰り上げ合格を頂いたことで、受話器の向こうはもう、大ハッピーでした。

 

勿論、私もとても嬉しかったです。

 

 

今日は節分。明日は立春。

 

「実質的な新しい年」が始まる季節です。

 

既に入隊が決まっている人は、4月からの新生活に期待と不安が入り交じっていることでしょう。

 

一方、この3月に高校を卒業するものの、残念ながら、「仮合格」も頂けていない人もいらっしゃると思います。

 

 

昨年の2月。当時、高校3年生だったSさん(女性)から電話を頂きました。

 

前年、自衛官候補生と一般曹候補生の両方を受験したものの、残念ながらどちらも不合格とのことでした。

 

人づてに当YSTのことを知り、連絡をよこしてきたようです。

 

Sさんは、親に頼らずに「学費」を捻出するため、週5日ほどアルバイトをしながら通ってきてました。

 

勉強をしなければいけないのにアルバイト? と思う人もいるでしょう。

 

でも、私も、可能であれば週3回程度のアルバイトをするようにススメています。

 

1つには社会と接点を持って頂きたいということがあります。

 

面接の際も、「苦学をして試験に臨みました」と言うこともできます。

 

2つ目には、気分転換になります。

 

1日中、勉強してもしんどいです。

 

全く別の活動をすることで生活にアクセントがつくことになります。

 

3つ目に、自立することができます。

 

これまでは高校生でしたので、「おこづかい」も頂ける身分だったと思うのですが、ちょっとしたオシャレもしてみたいものです。

 

自活すれば、親も大目に見てくれます。

 

そして、4つ目。一般曹候補生の試験科目は「高1の国語・数学・英語」です。

 

大学受験のように、あれもこれもというのであれば、勉強に専念すべきだと思いますが、試験科目的には、幾分時間に「余裕」が持てるわけです。

 

 

従って私は、一般曹候補生を第1志望にしている人に対しては

 

「浪人=勉強のみに専念」

 

ということをススメておりません。

 

勿論、他の公務員も受験をして、自衛官が第1志望でないというのであれば話は別です。

 

そういう人は「勉強に専念」して下さい。

 

また、アルバイトはあくまで「従」であって、自衛官採用試験の勉強が「主」ですので、そこだけははき違えないようにしましょう。

 

そして、可能なら、8月からはアルバイトの回数を減らすか辞められるようにするとよいでしょう。

 

4月から通ってきたSさん。

 

見事、第1志望の一般曹候補生(陸)の最終合格を勝ち取りました。

 

11月の合格発表後にアンケートをお願いしているのですが、Sさんから、とてもありがたいお言葉を頂戴しましたので、最後に紹介したいと思います。

 

 

 

現在高3生で、残念ながら4月から浪人をしなければいけない人もいると思います。


今回の記事を、浪人生活の参考にして頂ければ幸いです。

 

★7日間完成!一般曹候補生★
http://mezaji.com/7days02/

【目指せ! 自衛官】
0120-44-9415

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、陸上自衛隊高等工科学校の推薦入試・合格発表がありました。

 

高等工科を受験するべく、当YST塾にも中3生が1名通ってきていました。

 

結果は・・・

 

見事合格でした。

 

情報が少ない試験ということもあり、一般的な学習塾ではなく、自衛官採用試験に特化して指導をしている当YST塾に、片道1時間ほどをかけて通ってきていました。

 

本当におめでとうございます。

 

実は昨年も、推薦入試で合格した塾生がいます。

 

ですので、2年続けて合格ということになります。

 

当方は宮城県の片田舎の小さい塾ですが、これからも、自衛官を目指す若者のために頑張って参ります。

 

 

さて、高等工科学校の一般入試があさってに控えています。

 

5教科まんべんなく出題されてきますので、あと2日、時間の許す限り、勉強をしていきたいところです。

 

細かい科目ごとの対策については、動画等で解説しておりますので、そちらにゆずることにして、ここでは、この2日でできる実用的な勉強法をお伝えすることにします。

 

学科試験の合否は5教科のトータルで決まりますので、特定の科目にこだわらないこと。

 

具体的には、理科・社会は基本的な事柄が浅く広く出題されますので、この2教科がまだ手薄だなと思っている人は、この2日間、理科・社会の時間を多くとるといいでしょう。

 

出来れば、苦手な分野の知識を「底上げ」するようなイメージで勉強するといいです。

 

得意な分野というのは、既に身についていますので、これから時間をかけて勉強しても、点数が伸びることは期待できません。

 

でも、苦手な分野であれば話は別です。

 

理想的には、5教科すべてを再確認できればいいのでしょうが、勉強できる時間も限られていますので、いい意味で割り切って、「理科・社会」の苦手分野に集中してみると良いでしょう。

 

朝晩寒い日が続きますが、体調管理に気をつけて、あさっての本番に臨んで下さい。

 

【目指せ! 自衛官】
http://mezaji.com/
YST進学研究会
(宮城県多賀城市)

0120-44-9415

AD
いいね!した人

テーマ:

新年明けましておめでとうございます。

 

「目指せ!自衛官」の中鉢です。

 

さて、今年の9月の採用試験を受験予定の方は、いよいよ「戦いの年」が始まりました。

 

多くの志願者を長年見てきて言えることがあります。

 

それは、試験対策は短期決戦で行われる場合が多いということです。

 

高校総体が終わる6月末頃から慌ただしくなってきます。

 

それまで高3生は部活動にどっぷりとつかっていますので、そこから切り替え、「短期決戦」となるわけです。

 

現役の高校生は「条件付き」ですが、これでもいいと思います。

 

その条件とは、普段から高校の勉強も一生懸命頑張っているということです。

 

一般曹候補生の学科試験では、数学や英語は高1のレベルで出題されますので、それらの知識がおぼろげながらも頭の中に残るように日々を過ごしていればいいでしょう。

 

勿論、早めに備えることができる状況にあるのであれば、積極的に対策を取るにこしたことはありません。

 

一方、転職を考えている人や大学生の場合、数学や英語が「3年ぶり」とか「5年ぶり」なんていう人もザラにいます。

 

特にスポーツ推薦で大学に入学した人は、必要な学力が不足していることが多いようですので、早めに対策を取りたいところです。

 

そのような場合、一番いいのは「1年分でいいので、過去問を解いてみること」です。

 

そうすれば、「現時点で自分に何が足りないのか、あるいは足りているのか」が手に取るように分かります。

 

それともう1つ。

 

これは高校生・大学生・社会人に限らず、すべての志願者に言えるのですが、

 

「正しい情報を仕入れること」

 

あるいは

 

「仕入れられるよう常にアンテナを張っていること」。

 

一番いいのは、実際に試験を受けて合格した人に聞くことです。

 

先輩や知人にそういう人がいれば、どんな対策をしたのか、積極的に話を聞くようにしましょう。

 

いずれにしても、「戦いの年」が始まりました。

 

その夢を実現できるかどうかは、ご自分の身の振り方にかかっています。

 

年の初めだからこそ、やるべきことを考えて9月の試験に臨みたいところです。

 

【目指せ! 自衛官】
http://mezaji.com/

AD
いいね!した人

テーマ:

一般曹候補生の採用形態が平成27年9月の採用試験から変わりました。

 

その内容は

 

「男女の区別なく能力に応じて決定」する

 

というものです。

 

厳密にはこの採用形態を取り始めたのは航空自衛隊だけなのですが、どのように変わったのか、ご説明しましょう。

 

 

平成26年9月の採用試験までは、採用予定者数が「男子は○○名」「女子は○○名」と男女の区別がありました。

 

まずはその時のデータです。

 

☆平成26年9月分[航空自衛隊:一般曹候補生]
男子 8.88倍[応募者数6,083 / 採用者685]
女子 12.7倍[応募者数1,208 / 採用者 95]

 

女子の採用枠は12%でした。
(全体で780名、うち女子が95名)

 

因みに、それ以前の採用試験も同じように推移しています。

 

これが平成27年になると激変します。

 

☆平成27年9月分[航空自衛隊:一般曹候補生]
男子 11.9倍[応募者数5,602 / 採用者470]
女子 6.02倍[応募者数1,368 / 採用者227]

 

繰り返しますが、航空自衛隊は平成27年の採用分から「男女の区別なく採用する」としています。

 

その結果、全採用者に対する女性の割合は33%になりました!
(全採用者697名、うち女子が227名)

 

12%から一気に33%。

 

なんと、2.8倍もの伸びを示しています。

 

因みに応募時点での女性の割合は19.6%です。

(全応募者数6,970名、うち女子1,368名)

 

応募時点で約20%の女性志願者が、採用時点では33%。

 

ほめるべきは勿論、女性志願者の頑張りなのですが、これまで採用枠で「保護」されていた男性志願者には、厳しい現実となってしまったのです。

 

それからもう1つ。

 

これまで述べてきたことは「航空」のお話なのですが、ある情報によると、「陸上」と「海上」についても、「男女の区別なく採用する」方向で動いているとか。

 

男性陣は大変になってきますが、自衛官を目指している女性にとっては、朗報と言えます。
陸・海において、「男女の区別なく採用」するようになるのがいつからかは分かりません。

 

来年早々にも始まるかもしれませんし、実現しないのかもしれません。

 

いずれにしても「募集要項」が出た時点で分かることですので、動きがありましたら、あらためてお伝えすることにします。

 

【目指せ! 自衛官】
http://mezaji.com/

いいね!した人

テーマ:

一般曹候補生の最終合格発表に先立ち、11月4日に女子の自衛官候補生の合格発表がありました。

 

当YST塾生も4名受験をしていました(いずれも女子)。

 

模擬テストなどを行っていますので、彼女たちの普段の学力がどんなかは分かっています。

 

陸海空の違いもあるのですが、常に1番をキープしていた高3生(女子:Aさん)がいました。

 

自衛官候補生の結果は・・・

 

残念ながら、Aさんは「合格」を頂くことができませんでした。

 

仮合格(補欠合格)もありませんでした。

 

結果を受け、Aさんは7日(月)にわざわざ塾まで足を運んでくれました。

 

すっかり弱気になっているAさんは、今後のことを相談に来たのでした。

 

大学進学にするか、民間にするか、専門学校か。はたまた自衛官を目指すべきか。

 

もっとも、一般曹候補生の最終合格発表がまだでしたので、いろんな可能性をAさんと話あいました。

 

 

そして運命の日がやってきました。

 

一般曹候補生の最終合格発表の日。

 

夕方の5時過ぎにAさんがやってきました。

 

でも、塾に入ってくるAさんの顔には笑顔がこぼれています。

 

「先生、合格しました!」

 

そうです、Aさんは見事、一般曹候補生(航空)の最終合格を勝ち取ったのでした。

 

 

一般曹候補生を目指すため、Aさんが当YSTに通い始めたのは7月はじめのことでした。

 

運動部に所属していたAさんは、6月まで部活動があったため、勉強もままならない状況で、当YSTに「駆け込んで」きました。

 

それから週2回、Aさんの個人レッスンがはじまりました。

 

2ヶ月半で結果を出さないといけませんので、効率よく必要な学力を身につけなければいけません。

 

ということは、使用するテキストは「7日間完成!一般曹候補生」以外にありません。

 

本テキストを駆使して、数学と英語を基本からみっちりと勉強して頂きました。

 

そして・・・

 

何とか8月半ばには、「7日間完成!一般曹候補生」も無事終了。

 

これで基本事項が一通り身につきましたので、今度は実戦問題集を使って、本番さながらの問題をどんどん解いていってもらうことにしました。

 

もう残り1ヶ月ですので、もう「習うより慣れろ」の世界です。

 

9月からは、作文の対策も同時に行いました。

 

7月の模擬テストでは、(45点満点中)20点に満たなかったAさんでしたが、8月下旬と9月初めの模擬テストでは、安定して30点を越えるようになっていました。

 

当YST塾に通ってきた4人の女性志願者のうち、3人が一般曹候補生に最終合格、残る1名が自衛官候補生が最終合格&一般曹・仮合格という結果に終わりました。

 

Aさん以外の3名は、結果報告を電話で入れてくれました。

 

「自衛官採用試験に合格できたこと。これは君たちのゴールではなく、これからの人生のスタートラインに立つことができたことを意味するんだよ。でも、そのスタートラインに立つことができたのは、外ならぬ自分自身の努力の賜なんだよ。だから胸を張って自衛隊に入っていけばいい」と、私は、はなむけの言葉を送りました。

 

4名のうち3名が高3生、残り1名が浪人生(1浪生)でした。

 

浪人生の子は、親に頼ることなく、アルバイトをして学費を捻出して当YSTに通ってきていました。

 

実に頼もしい4人の塾生たちでした。

 

彼女たちの努力に敬意を表するためにも、これらの経験を来年以降の指導に活かしていきたいと思います。

 

【目指せ! 自衛官】
http://mezaji.com/

いいね!した人

テーマ:

一般曹候補生の1次試験まで、あと3週間となりました。


前もって9月の採用試験を念頭に置いて、既に対策を練っている人はいいのですが、急遽自衛官採用試験を受けることになった人もいると思います。


あるいは、これまで部活動や他の活動に時間を取られて、実質的に今から受験対策をしなければいけない人もいることでしょう。




一般曹候補生の試験科目を1つずつ見ていきましょう。


幸い、国語が実質的に「漢字と語句」ですので、あらためて細かい対策をとる必要はありません。


というか、取りようがないんですね。


強いて上げれば、文法(現代文)をコツコツやって本番までに仕上げられれば大丈夫です。


あとは対策問題を解いていって本番の形式に慣れることが大切になります。


他の科目ですが、数学は「数学Ⅰ」、英語は「英語Ⅰ」。


さて、今日の話はここからが本題です。


昨年の8月末、ある男性(大学4年生)からお電話を頂戴しました。


実は私は、自衛官採用試験の対策だけではなく、中学生・高校生を対象とした学習塾も運営しております。


その大学生と話をしていくうちに、彼が当YSTの元・中学塾生だったことが分かりました。


その時は青森の大学に通っているとのことで、当YSTに直接通って授業が受けられないということ、そして、直前まで所属していた運動部の大会等で実質的にこれから勉強を始めるということでした。


それで「何かいい対策法はないでしょうか」ということでした。


元塾生とだからというわけではないのですが、私は彼にある秘策を伝授しました。


「これから勉強するのであれば、数学に専念しなさい。数学はやればやった分だけ即点数につながります。あとは時間がどれだけ確保できるのかですが、数学をやって時間がないのであれば、英語の対策はやらない。時間があるのでれば、文法を中心に対策をすること」。


これは数学と英語の出題形式にもよるのですが、 数学は本当に勉強すればした分だけ、即点数になります。


でも、英語は形になるまでに時間がかかるんですね。


結局、元塾生のG君は、「7日間完成!一般曹候補生」と「実戦問題集」を購入して、残りわずかの期間に全神経を集中することになりました。


11月の最終発表の日。


G君から電話が入りました。


「先生、一般曹、無事合格しました。ありがとうございます」


「それはよかった。おめでとう。最後の追い込みはかなり頑張ったんじゃないの」


「はい、教材を購入したその日から毎日8時間、勉強しまくりました。テキストも問題集も何回もやりまくりましたよ」


「ほかに何かやったことある?」


「いえ、もう時間がないので、先生から頂いた教材だけです」


「英語もやる時間はあった?」


「何とかつくってやりました。人生でこんなに勉強したことはなかったですね(笑)」


運動部でつちかった集中力が、追い風となり、G君は見事「短期決戦」に打ち勝つことができました。



千里の道も一歩から



その一歩を踏み出すことで、あなたの夢が実現します。


まだ3週間あります。自分の可能性を信じて頑張っていきましょう!



【目指せ! 自衛官】
http://mezaji.com/

いいね!した人

テーマ:

今日は夏期講習の3日目。


当YSTでは、数学は教科書通りには進みません。


はじめに扱うのは2次関数です。



本番でも15問中5問も出てくる、とても大切な分野です。


初日には3つの基本形を説明し、更には平方完成の式変形を詳しく細かく指導しました。


基本的な平方完成ができるかどうかは、その後の2次関数の問題を扱う上でとても大切なカギを握ることになります。


限られた時間ではありましたが、何とか演習の時間も確保し、受講生が理解しているかどうかを1人ずつ確認しながら進めていくことができました。


幸い、基本的な式変形は皆さん何とかクリアできていました。


2日目は、平方完成の式変形を使用して、2次関数のグラフを描く練習です。


グラフを描けるようになった後は、移動の問題と最大・最小の問題を扱いました。


ここら辺は、平方完成ができていれば、勢いでなんとかなる分野です。


よって2日目は順調に進んでいきました。


そして3日目の今日。


ここから2次関数の後半になります。


前半はグラフを中心とした問題。


今日からの後半が「2次不等式」を中心とした問題です。


昨日までとは違った考え方で解き進んでいきますので、基本となる考え方をじっくり、詳しく説明していきました。


何とか無事、2次関数が終了し、明日からは晴れて三角比に突入です。



一方の英語は、文法を中心に進めております。


英語の試験範囲は「英語Ⅰ」なのですが、実質的には中学校の文法のビシバシ出てきます。


そのため、中学校の文法まで掘り下げています。


昨日は「時制」だけで丸一日を費やしてしまいました。


でも、この部分はどうしても時間がかかるところなので、焦らず、「時制の一致」や「時を表す副詞節」などについて細かく指導していきました。


今日は、進行形・受動態・現在完了形を扱いました。


受動態は元の文(能動態の文)が「進行形」、「知覚動詞+目的語+原形」、「完了形」、「助動詞を含む文」、「4文型の文」、「5文型の文」、「疑問詞を含む文」などでその都度、受動態の型を覚えなければいけません。


これらを1つずつ丁寧に扱っていきました。


そして現在完了形。


現在完了形には基本的には「継続」、「完了」、「経験」の3つの働きがあります。


そして、よく現在完了形と一緒に用いられる語句のsince, for, already, yet, just, ever , neverなども細かく説明していきました。


学科試験の内容を細かく書いてきましたが、これらのことを1つずつこなして初めて、1次試験の合格を勝ち取ることができます。


県外の志願者諸君も、焦らず1つずつ基本事項を身につけて、1次試験に臨んでいきましょう!



【目指せ! 自衛官】
http://mezaji.com/

いいね!した人

テーマ:

今日から一般曹候補生対策の夏期講習会が始まりました。


受講生は、やはりというか、高3生が一番多いのですが、既に高校を卒業して数年経っている人もいます。





今日を含めて7日間、数学と英語を中心に、一通りの試験範囲を扱っていきます。


高3生は高1の時の勉強の復習になりますが、基本事項を掘り下げてコツコツ進めております。


1次試験まで40日ほどですが、長年のノウハウから得られた出題傾向・出題レベルをもとに、「出る項目の基本事項のみ」を講義していきます。



今回の講習会がきっかけとなり、未来の日本を担っていく若者達の夢の実現の一助となれば幸いです。



一般曹候補生対策。


本番までの時間は限られています。


何をやっていいのか分からない方は、「自宅で夏期講習」を利用して、あなたの夢をつかんで下さい。

http://mezaji.com/smr2016/smrhome/


【目指せ! 自衛官】


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。