ヘヴィメタル僕流レビュー

ハードロック、ヘヴィメタルのCDを僕的観点でレビューしています。CD購入の際の参考にして下さると嬉しいです。メロディ重視。切なく哀愁漂うメロディが好きです。


テーマ:
レヴォリューション・セインツ
レヴォリューション・セインツレボリューション・セインツ 二ール・ショーン アーネル・ピネダ

キングレコード 2015-02-17
売り上げランキング : 16581


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(2015)♪♪♪♪♪
アメリカ産。1st。
ジャーニーのディーン・カストロノヴォ(Dr,Vo)、ナイト・レンジャーのジャック・ブレイズ(B,Vo)、そして、元ホワイトスネイクのダグ・アルドリッチ(G)からなるプロジェクト。当初はディーンのソロプロジェクトとして企画されたとB!誌でディーンが語っていました。フロンティアーズ・レコーズ社長セラフィーノ・ペルジーノによってバンド形態に変わったそうです。ライオンヴィル等でおなじみアレッサンドロ・デル・ヴェッキオがプロデュース。

僕は恥ずかしながらディーンの歌声を聴くのは初めてなんです。多方面で絶賛されているので期待度はかなり高いです。また、メンバーがメンバーですからいわゆる産業ロック、ジャーニーのようなメロディック・ハードロックを思い描いてしまいます。アレッサンドロだからAORの感じもするかなとかダグだからギター・フレーズはブルージーなのかなといろいろ期待に胸が膨らんで聴きました。

①Back On My Trail を聴くや興奮度がマックスに。冒頭Gリフにすべてが凝縮されていました。メロディアスでありブルージーであり。続く、②Turn Back Time でのディーンとジャックの掛け合いVoがカッコいいこと。そして、バラード③You’re Not Alone へ。ジャーニーのアーネル・ピネダがゲスト参加。AORの雰囲気もあり、哀愁あるそのメロディにどっぷりと浸かってしまいました。アーネルの歌唱は絶品。でも、ディーンの歌唱も素晴らしい。高音はとても伸びていて、パワフルでした。このサウンドにはとてもあってる声ですね。なんで今まで聴かなかったんだろう。ほんと恥ずかしい限り。⑤Way To The SUN で同じくジャーニーのニール・ショーン(G)がゲスト参加。とても流麗で情感たっぷりに弾いておりました。⑧Here Forever はAORですね。歌声が雰囲気にぴったり。

ちょっと中だるみするんですよね。どうも、外部ライターによる曲(一部ジャックが関わる)がすでにあり、だたレコーディングするだけだったそうです。ジャーニーのようなメロディック・ハードロックにしようという意図が先にあり、メンバーを選んだようですね。もう少し、ジャックやダグが曲作りに関わっていたらどうなったのかな。それでも全体的に質が高いのはアレッサンドロの貢献が大きいのでしょう。さすがです。またライオンヴィルも期待して待ってます。きっと曲目が気になった人もいたかと思いますが、ヴァージョン違いが4曲あります。僕としてはアレンジ、ヴォーカルが変わっていて楽しめました。アーネルの声をフルで聴けたのはとても得した感じ。

総じて、素晴らしいアルバムでした。爽快感、ブルージーさもAORの感じも漂っていて、、完成度はめちゃくちゃ高い。ディーンもジャックも歌唱力の高さは折り紙つきですが、期待していた以上にかっこ良かった。ダグも存在感発揮していましたし、ヴォーカルだけではなくジャックのベースラインは歌心を感じました。当然ディーンのドラミングもパワフルでずっしりとした安定感があり土台をしっかり支えてました。これらも曲のスケールを大きくしている要因でしょう。これは次回も期待してしまいますね。メロディック・ロックが好きで未聴の人はぜひ聴いてください。聴かないともったいないですよ。

70年、80年代のメタル・アルバムをレビュー。
古きを知ると新しい出会いがあるかもですよ!!
「ヘヴィメタル僕流レビュー温故知新」

メルマガで先にレビューしますよ。
こちらの方が本音トーク。
詳しくはこちらで

ランキング参加しています。
よろしければポチっとお願いします。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
Countdown to Evolution【通常盤】(CD)
Countdown to Evolution【通常盤】(CD)Mary's Blood

日本コロムビア 2014-08-19
売り上げランキング : 83995


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(2014)♪♪♪+α
日本産。1st。
メンバーはEYE(Vo)、SAKI(G)、RIO(B)、MARI(Dr)の4人組ガールズ・メタル・バンドです。。グラマラスなルックスとは違い正統派どメタルと聞いて購入。どのくらい激しいのか?メロディはキャッチーなのか?正統派ってあまりメロディ重視ではないようなイメージを持ってしまっているので、そこは疑いつつですね。あと、演奏は拘りはないのですが(上手に越したことはないですけど)、歌唱面ですね。EYEの歌唱力はどうかなと。

で、インスト①Countdown to Evolution から②Marionette の流れはいろんな名バンドがやってきた手法で、つかみとしては十分でした。のイントロはジューダス・プリースト「ペインキラー」のドラム・フレーズ。お~「どメタル」やるんだ~っておじさんは嬉しかった。パワー不足は仕方ないですけどね・・・。
メロディはキャッチーでそれを重視した曲作りをしていますね。これは好印象。④Wings のサビはとても豊かで、EYEもちょっと高音苦しそうですけど説得力ある歌唱を披露しています。SYOYAの寺田恵子みたいな感じですかね。パワフルに歌えていましたよ。全体的に激しい曲が多く、バラードがありません。ですが、⑤Campanula がもろJ-POP。楔としてバラード替わりだそうですが浮いてました。これならバラードの方が良かったかな。また、女の子の内面を歌った歌詞が愛おしくもあり、またなかなか「えぐい」のもあってこれは楽しめました。⑥Paranoid Delusion なんて特に。耳引きちぎられたくないです・・・。

後半に弛みがありましたけど、ルックスとギャップがある激しさは十分。リフも重く、疾走感あるサウンドはとても楽しめました。完成度は高め。一体感もあってノリも良い。メロディ重視の曲作りをしているのが好印象です。僕好みでもありますしね。今後、経験を積んでの期待度を込めてのこの評価です。応援しますよ。すぐに2ndアルバムが発売するようなのでそちらも楽しみになってきました。

70年、80年代のメタル・アルバムをレビュー。
古きを知ると新しい出会いがあるかもですよ!!
「ヘヴィメタル僕流レビュー温故知新」

メルマガで先にレビューしますよ。
こちらの方が本音トーク。
詳しくはこちらで

ランキング参加しています。
よろしければポチっとお願いします。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
レベル・イレヴン(初回限定盤)
レベル・イレヴン(初回限定盤)ラスト・オータムズ・ドリーム

マーキー・インコーポレイティド 2014-12-16
売り上げランキング : 124749


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(2014)♪♪♪♪+α
スウェーデン産。11th。

ベスト・アルバムを間に挟んでの今作は、ミカエル・アーランドソン(Vo、Key)による曲が大半を占めています。そのため哀メロ満載。初期の頃に近い作風となっています。これが僕好みのメロディが多くて嬉しいっす。残念なのがアンディ・マレツェク(G)の不参加。ピーター・パック・ソダーストロムが代役として弾いています。以前のアルバムでリズムGを担当していた人ですね。それにしてもアンディはまた弾けなくなったのでしょうか?原因不明でフェア・ウォーニングの時も同じことがありましたから心配です。

さて、今作は前述したようにミカエルが作曲している曲が多く、①Kiss Me からして哀愁を帯びています。②Follow Your Heart もPOPな雰囲気のイントロですが、Aメロで同じく哀愁が漂ってきます。③Fight The World もこれまた切ない。冒頭から哀メロの嵐です。④I'll B There 4 U はジェイミー・ボーガー(Dr)がタリスマンに提供する予定だった曲。⑦Delirious はミカエルのソロ作に収められていました。ソロではピアノとヴォーカルの曲でしたが、今回はバンドとして厚いハーモニーや情緒的なGソロをもった素晴らしい曲に仕上がっています。

不満のとしてはベース音が聴こえずらい・・・。これも初期にもあったなぁ~なんて思いましたが、ナリー・ポールソンのベース・プレイをもう少し生かしてほしかったな。これくらいしか不満はありません。とにかく好きな曲が多すぎました。捨て曲なし。初期のアルバムが好きな人やミカエルの哀メロが大好きな人(僕ね)は必聴ですよ。

70年、80年代のメタル・アルバムをレビュー。
古きを知ると新しい出会いがあるかもですよ!!
「ヘヴィメタル僕流レビュー温故知新」

メルマガで先にレビューしますよ。
こちらの方が本音トーク。
詳しくはこちらで

ランキング参加しています。
よろしければポチっとお願いします。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。