1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-23 10:38:32

高橋真梨子さんは47歳のころ、重度の更年期障害だった|めまい、手足のしびれなどの症状が現れていた

テーマ:ブログ
高橋真梨子さんは47歳のころ、重度の更年期障害だった|めまい、手足のしびれなどの症状が現れていた

■高橋真梨子さんは重い更年期障害だった


高橋真梨子 重い更年期障害だった「生きていけなくなるんじゃないか…」

(2016/6/18、スポニチアネックス)

しかしそれから3年後、高橋は突然、コンサートの最中に歌えなくなる。その後もめまい、手足のしびれに襲われ、外にも出られなくなってしまう。それは重度の更年期障害、47歳の時だった。「仕事が生きがいでしたので…仕事ができなくなるんじゃないか、生きていけなくなるんじゃないか…」と苦しんだ。


高橋真梨子さんは47歳のころ、重度の更年期障害となり、めまい、手足のしびれなどの症状が現れ、歌うことができなくなってしまったそうです。

→ 更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代の更年期の症状 について詳しくはこちら

【更年期障害 関連記事】


そのような状況の中で大事だったのが夫の支えだったそうです。

医者のアドバイスで太陽を浴びた方がいいと言われ、自転車を2台買って引きこもりがちだった高橋を外に連れ出したり、家事ができなくなってしまった高橋のために栄養たっぷりで食べやすい料理を工夫したりした。


更年期を乗り切る方法の一つとして紹介しているのは、家族との会話をする機会を増やすこと。

重度の更年期障害の場合、一人で乗り切るのは難しいため、必ず家族の助けが必要となります。

家事をしっかりやっていた女性ほど、家事ができなくなったことにショックを感じてしまいます。

しかし、そうした状況はホルモンバランスの変化による更年期障害によってできなくなっているだけであって、本人に決して責任があるわけではなく、家族で乗り切る必要があるのです。

だからこそ、家族と会話する機会を増やし、助け合いをすることが重要なのです。

更年期障害の食事・更年期を乗り切る方法


  • 食生活の見直しをする

  • ビタミン・ミネラルなどバランスの取れた食事で栄養を十分に摂る。
    亜鉛は、ホルモンバランスを整える働きがある。
    女性の場合は、亜鉛が不足すると女性ホルモンの働きが悪くなったり、月経異常を引き起こしてしまう可能性がある。
    特に更年期ともなれば、亜鉛不足がホルモンバランスをさらに乱れさせて症状を悪化させてしまうことにもありえる。
    → 亜鉛の多い食品 について詳しくはこちら

  • 軽いウォーキングなどの適度な運動

  • ご自身にあったリラックス方法

  • 家族との会話をする機会を増やす

  • 更年期障害のツボ
    更年期障害のツボ:三陰交(さんいんこう)|たけしの本当は怖い家庭の医学

  • 相性の合う医師・病院を見つけておく



→ 更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代の更年期の症状 について詳しくはこちら

【AD】

亜鉛サプリ通販

→健やかに過ごしたい40代・50代の女性に亜鉛サプリ!まとめ買いで最大15%OFF!

【関連記事】
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-22 20:56:28

水川あさみさんの美脚の秘訣は冷えをとること|クラリーノ美脚大賞の30代部門で選出

テーマ:低体温

クラリーノ美脚大賞の30代部門で選出された #水川あさみ さんの美脚の秘訣は冷えをとること|靴下を4枚履いて血液の循環をしっかりさせることでむくみにくい脚に

 

松井愛莉・菜々緒・水川あさみ・草刈民代が受賞 「美脚大賞」で美の競演

 

(2016/11/22、モデルプレス)

脚にコンプレックスがあったという水川は「まさかですが、光栄に思っています」とコメント。美脚の秘訣は冷えをとることで「靴下を4枚履いています。血液の循環をしっかりさせることでむくみにくいです」と明かした。

「第14回クラリーノ美脚大賞」の30代部門で選出された #水川あさみ さんの美脚の秘訣は冷えをとることで「靴下を4枚履いています。血液の循環をしっかりさせることでむくみにくいです」とコメントしたそうです。

 

■なぜむくみが起きるのか?

 

むくみとは、血液中の水分が皮膚の下に水がたまった状態のことです。

 

なぜ、むくみが起きるのでしょうか?

 

浮腫みの原因にはいくつか考えられます。

 

●ふくらはぎの筋肉のポンプ機能が疲労により働かなくなるから

 

通常は、ふくらはぎの筋肉がポンプのような働きをして血液を心臓に戻そうとしているのですが、足の筋肉が疲労すると、この機能が弱くなって、むくんでしまいます。

 

女性にむくみが多いのは、ふくらはぎの筋肉が男性と比べて発達していないことも関係しています。

 

●冷え

 

冷えの影響によって血行が悪いと、むくみやすくなります。

 

【関連記事】

●血流を悪くする服装や体を冷やす服装

体を冷やす服装、足を締め付ける靴などによって、血行が悪くなるとむくみやすくなります。

【関連記事】

また、このほかにも、肝機能の低下や腎機能の低下などもむくみの原因となります。

 

【関連記事】

■足のむくみ解消法|足のむくみをとる

 

履くだけで足の部位ごとに適度な圧力をかけてくれる着圧靴下(加圧ソックス・着圧ソックス)やマッサージ(リンパマッサージ・足裏マッサージ)、むくみとりには運動が欠かせないので、足首を回したり、かかとを上げ下げするエクササイズをしてむくみ解消法をしているそうです。

 

●着圧靴下・弾性ストッキング

 

医療用弾性ストッキングで、足に適度な圧力を加えて余分な血液がたまることを予防し、足の深部にある静脈への流れを助けます。

 

選ぶ時のポイントは「血行を促進」「段階着圧設計」と記載されているものを選ぶことです。

 

【関連記事】

●マッサージでむくみを解消

 

ふくらはぎが東洋医学にいう「お血(おけつ)」(血液が一定の個所に滞る状態)の状態になると、免疫力の衰えや自律神経のバランスの乱れ、こりやむくみなどさまざな症状が出てくるそうです。

 

●良いふくらはぎの状態

  1. 冷えていたり熱すぎたりせず、適度な体温を感じられる
  2. 弾力がある
  3. 皮膚に張りがある
  4. コリコリした部分がない
  5. 押したり触ったりしても痛みがない
  6. 指で押して離すと、すぐに元の状態に戻る

ふくらはぎの状態を毎日チェックしておき、ふくらはぎの状態がよくないときには、マッサージを行なうようにしましょう。

 

【関連記事】

松下由樹さんが「温活」でむくみ改善・ダイエット・美肌に!その方法とは?によれば、松下由樹さんは「温活」でむくみが改善されたり、周りから痩せたといわれたり、肌の調子が良くなっているそうです。

 

温活の方法の一つとして、バスタイム中に足先や指先などをマッサージが紹介されています。

 

お湯に浸かると、身体が温まり、血液の循環がよくなり、疲れもとれ、健康にもダイエットにも効果的。

 

また、ストレスがかかりやすい現代人の生活の中ではリラックスする方法としてもお風呂の時間を大事にしたいものです。

 

さらには、冷え性・低体温になると、血流が悪くなり、肌に栄養がいきわたらず、老廃物の代謝が低下してしまうため、肌の不調が出てくるので、美容のためにも、お風呂にゆっくりつかるのはよいのではないでしょうか。

 

「寒くなってきた」と思ったあなたに♥️2016年最新冷え対策特集でも紹介したのは「マッサージ」です。

 

冬場になると、気になるのが、冷えと乾燥による肌荒れ。

 

冷えと肌荒れに共通するのが、血行不良。

 

冷えは血行不良が原因の一つであり、血行が悪いと新陳代謝が落ちるため、肌荒れが起きやすくなるそうです。

 

また、ユースキン製薬が男女約800人に調査したところ、かかと荒れがある人のうち約8割が「冷えの自覚がある」と答えています。

 

冷えと肌荒れ防止のために、マッサージクリームを使ってマッサージをすると、冷え対策・肌荒れ対策になり一石二鳥ですよね。

 

特に、ふくらはぎのマッサージを入念にやるとよいそうです。

 

ふくらはぎは血液を送るポンプの役割を果たしていて、ふくらはぎをマッサージをするとその機能を補うことが出来ます。

 

【関連記事】

  1. 手の平を足首につけて足首からひざの後ろまで左右交互にさする。
  2. 手の平を密着させ、手には力を入れず体を引くようにさする。
  3. 手の平でくぼみを作り、ふくらはぎまで両手でリズミカルに叩く。

●足を中心にしたエクササイズ

 

足首を回したり、かかとを上げ下げするエクササイズなど様々なむくみ解消エクササイズがあります。

 

■美脚エクササイズ

 

基本姿勢:脚を肩幅よりやや狭く開き立つ

  1. 脚を横に踏み出し指先で床に触れる
  2. 基本姿勢に戻り、同じ脚を後ろに引き、軸足のひざを曲げる

※両腕は背伸びをするように上に伸ばす

 

※左右に10回ずつ所要時間2分

 

※このエクササイズは、美脚に必要な3つの筋肉を1度に鍛えることができます。

 

ふくらはぎの筋肉は「下腿三頭筋(かたいさんとうきん)」といい、この筋肉を鍛えることで、余分な水分や老廃物を運び、むくみ解消につながります。

 

太もも前の筋肉は「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」といい、この筋肉を鍛えることで、女性らしい脚線美を生みます。

 

太もも後ろの筋肉は「大腿二頭筋(だいたいにとうきん)」といい、ヒップアップに貢献して、脚長効果(脚が長く見える)があります。

 

【関連記事】

●むくみ解消ストレッチ

  1. タオルを用意して、タオルを両手に持って伸ばし、片方ずつ足にかける。
  2. つま先を自分の方向に反らし更にタオルを引っ張って、その状態をキープする。

※1セット30秒。左右2セットずつ行なう。

 

ふくらはぎの「ヒラメ筋」と「腓腹筋(ひふくきん)」をストレッチを行ないます。

 

二人一組で行なう場合は、仰向けに寝て、かかとを固定して足を頭の方へ持ち上げる。

 

血流が良くなりむくみが取れるので、美脚効果が期待できるそうです。

 

また、ふくらはぎを伸ばすことで足首の可動域も広がるそうです。

 

【関連記事】

→ むくみ解消方法(食べ物・ツボ・マッサージ)|手と足のむくみの原因 について詳しくはこちら

 

【関連記事】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-22 15:18:31

原日出子さんも経験した更年期障害 家族の支えで乗り越えた

テーマ:更年期症状
原日出子さんも経験した更年期障害 家族の支えで乗り越えた

■原日出子さんも経験した更年期障害 家族の支えで乗り越えた


原日出子、家族の支えで更年期障害乗り越え笑顔「ズボラになった」

(2016/3/23、スポーツ報知)

原は44歳の時に突然、息切れ、体が重い、といった症状が出始めた、同じく更年期障害で苦しんだ経験を持つ女優・奈美悦子(65)に相談。奈美からは一人で頑張らず、家族を頼るようにアドバイスを受けたという。


原日出子さんは44歳のころに息切れや身体が重いといった更年期障害の症状が現れたそうです。

そこで、更年期障害を経験したことがある奈美悦子さんに相談し、家族を頼るようにアドバイスを受け、症状は8年ほど続いたものの、家族と一緒に乗り越えたそうです。

一人で乗り越えようとせず、誰かに頼ることが大事なことですね。

→ 更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代の更年期の症状 について詳しくはこちら

【更年期障害 関連記事】


更年期障害の食事・更年期を乗り切る方法


  • 食生活の見直しをする

  • ビタミン・ミネラルなどバランスの取れた食事で栄養を十分に摂る。
    亜鉛は、ホルモンバランスを整える働きがある。
    女性の場合は、亜鉛が不足すると女性ホルモンの働きが悪くなったり、月経異常を引き起こしてしまう可能性がある。
    特に更年期ともなれば、亜鉛不足がホルモンバランスをさらに乱れさせて症状を悪化させてしまうことにもありえる。
    → 亜鉛の多い食品 について詳しくはこちら

  • 軽いウォーキングなどの適度な運動

  • ご自身にあったリラックス方法

  • 家族との会話をする機会を増やす

  • 更年期障害のツボ
    更年期障害のツボ:三陰交(さんいんこう)|たけしの本当は怖い家庭の医学

  • 相性の合う医師・病院を見つけておく



→ 更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代の更年期の症状 について詳しくはこちら

【AD】

亜鉛サプリ通販

→健やかに過ごしたい40代・50代の女性に亜鉛サプリ!まとめ買いで最大15%OFF!

【関連記事】
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。