1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-18 20:57:51

お歳暮の時期に「自分買い(自分にお歳暮を贈る)」する人が増えている

テーマ:ブログ

お歳暮の時期に「自分買い(自分に #お歳暮 を贈る)」する人が増えている

 

■「お歳暮は毎年欠かさず贈っている」と答えた人の割合は、2016年は32.2%

 

お歳暮、トレンドは“自分買い”“小分け”

 

(2016/11/2、NNN)

博報堂生活総研の調査では、お歳暮を「毎年欠かさず贈る」と答えた人の割合は年々低下し、今年は32.2%。22年前の1994年と比べると半分近くにまで落ち込んでいる。

 年代別に見ても、今年は30代では18.6%、20代に至っては5.4%しかない。

博報堂生活総研の調査によれば、「お歳暮は毎年欠かさず贈っている」と答えた人の割合は、2016年は32.2%となっているそうです。

 

【参考リンク】

■お歳暮の時期に「自分買い(自分にお歳暮を贈る)」する人が増えている

こうした中、いま、お歳暮の時期に「自分にお歳暮を贈る」という人が増えているという。

 お歳暮の時期の限定商品を自分へのご褒美や家族向けに購入する人や「相手に贈る品物の味を自分でも確かめておきたい」と購入する人もいるという。たとえば、高島屋では、こうしたお歳暮の「自分買い」の売上は、ここ2年、毎年5%ずつ伸びていて、幅広い世代に見られる傾向だという。

お歳暮ギフトのトレンドとして注目されているのが、自分にお歳暮を贈る「自分買い」の売り上げが増加傾向にあることなのだそうです。

 

お歳暮ギフトでしか提供されない珍しい商品を買いたいという人や、自分へのご褒美のために購入されているのではないかと考えられます。

 

→ お歳暮の時期・マナー・お礼状 について詳しくはこちら

 

→ お歳暮ギフト人気ランキング について詳しくはこちら

 

【関連記事】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-17 13:26:42

マドンナ(Madonna) 、Instagramでパーソナルトレーナーを募集

テーマ:有名人とダイエット

マドンナ(Madonna) 、Instagramでパーソナルトレーナーを募集|あなたならどんな基準でパーソナルトレーナーを選びますか?

 

マドンナ、パーソナルトレーナーをオーディションで募集

 

(2017/3/17、ELLEオンライン)

今週インスタグラムに一本の動画をアップしたマドンナ。ダンス専門サイト「ダンスオン」と組んでパーソナルトレーナーを募集すると発表した。

ダンス専門サイト「ダンスオン」と組んでパーソナルトレーナーを募集すると発表した。

<中略>

ちなみにマドンナは週に6回、ダンス、ヨガ、バレエとフィットネスを融合させたバーワークス、ピラティスでトレーニングしているとか。

マドンナ(Madonna) さんはInstagramでパーソナルトレーナーを募集すると発表したそうです。

 

記事によれば、現在でも週に6回、ダンス、ヨガ、バーワークス、ピラティスといったトレーニングを行なっているそうで、パーソナルトレーナーに何を求めているのかが気になるところですね。

 

ところで、あなたがパーソナルトレーナーを募集するとしたら、どんなことを選ぶ基準にしますか?

 

選ぶ基準として考えられるのは、1.心的イメージを作り上げられること、2.フィードバックを与えることができること、です。

 

1.心的イメージを作り上げられること

 

「超一流になるのは才能か努力か?(Peak – secrets from the new science of expertise)」(著:アンダース・エリクソン)

 

 

練習の大部分はその技の瞬間ごとのあるべき姿またそれ以上に重要なこととして適切な身体の位置関係や動きがどんな感覚のものであるかと言う明確な心的イメージを形成することに費やされる。p98

1人で練習していると自分のパフォーマンスに目を光らせどこがおかしいかを判断するのに自分自身の心的イメージに頼らざるを得ない。不可能ではないが経験豊富な教師に見てもらいフィードバックをもらうのと比べてはるかに難しく効率が悪い。練習始めたばかりの段階では心的イメージがまだあやふやで正確であるため特に難しい。しっかりとしたイメージの基礎ができてしまえば、その上に新たな、より有効なイメージを独自に作っていくことができる。p200

「超一流になるのは才能か努力か?(Peak – secrets from the new science of expertise)」(著:アンダース・エリクソン)によれば、

 

心的イメージ(Mental representation)とは、

脳が今考えているモノ、概念、一連の情報など具体的あるいは抽象的な対象に対応する心的構造のこと p97

です。

 

つまり、今回のケースでいえば、マドンナさん自身に対して、どんな心的イメージを持っているかが重要だということになります。

 

2.フィードバックを与えることができること

 

一人でトレーニングを行なったり、多人数クラスで教えてもらう場合のデメリットとしては、フィードバックが得られにくいという点です。

 

フィードバックとは、ここでは、結果や行動を基に、その原因を突き止め、修正していくことをいいます。

 

一人でトレーニングをする場合には、自分自身で自分をチェックすることが難しかったり、どこが合ってるのか間違っているのかを判断する基準が自分にあるため、そもそも判断する基準が間違っていることが考えられます。

 

また、多人数で教えてもらう場合には、どうしてもトレーナーが自分につきっきりというわけにはいかないので、わからない部分が出てきているにもかかわらず、そのままにしてしまうケースがあるのではないでしょうか。

 

以前「一万時間の法則」という言葉が話題になりましたが、トレーニングというものはただ何時間もやればいいわけではありません。

 

一万時間の法則とは、どんな才能や技量も、10,000時間の練習を続ければ「本物」になるというマルコム・グラッドウェルが掲げた法則です。

 

 

【関連記事】

「心を上手に透視する方法 」(著:トルステン・ハーフェナー)の中でドイツ人バイオリニストのアンネ=ゾフィー・ムターが練習時間の長さよりも重要にしていることが語られています。

 

 

練習時間の長短よりも、私が大切にしていることがあります。

音や演奏技術のことでつまづいたら、そこから距離を置いて冷静に解決する方が良いということです。

つまり、単調な動きをひたすら繰り返して練習するよりも、分析を行なうことで解決するのです。

単調な動きは短時間やってみてしっくりこなければ、いくら繰り返しても無駄なのです。

ひたすら繰り返せば引けるようになるというのは大きな勘違いです。

ひたすら同じ練習を繰り返しても改善できるわけではなく、分析をして、修正を行うフィードバックが重要だということです。

 

フィードバックを得る上で最も効果的なのがコーチであったり、トレーナーの存在です。

 

揺らぐ“1万時間の法則”

 

(2014/3/11、ナショナルジオグラフィック)

「Psychology of Sport and Exercise」誌に3日付で掲載された論文によれば、プロのサッカー選手になった人とならなかった人を比較した場合、子供のころの練習時間に違いはなかったという。両者の大きな違 いは、良い指導を受けた量だった。

同じ練習時間であってもよい指導を受けたかどうかがプロになれるなれないの差に現れたという論文もあるそうです。

 

フィードバックに関するエピソードとしてフィギュアスケーターの羽生結弦選手のインタビューが印象的です。

 

羽生結弦選手インタビュー − キャノン・ワールドフィギュアスケートウェブ

自分としては同じイメージのつもりなんですが、ブライアン(コーチ)からは『毎回違うフォーム、違うタイミングで跳んでいる』と言われます。

<中略>

僕は跳ぶ直前に、バッって頭の中に成功する軌道とかのイメージが湧いて、そこに身体を乗っけていって跳ぶ。だから口で指導されてもダメ。視覚で伝わってくるものが良いんです。ビデオとかを繰り返し見て、イメージを記憶します。

羽生結弦選手はブランアンコーチからフィードバックを受けて、心的イメージを作り上げているのがわかるかと思います。

 

エクササイズやトレーニングが続かないというのは、その人自身に「やる気」がないからと言われてしまう人もいるかもしれません。

 

しかし、実際は「やる気」の問題ではなく、「本当に効果があるのかよくわからず、それを確認する手段がない」ことが問題なのです。

 

「超一流になるのは才能か努力か?(Peak – secrets from the new science of expertise)」(著:アンダース・エリクソン)

一般的に壁を乗り越える方法は「もっと頑張る」ことではなく「別の方法を試す」ことだ。テクニック、つまり、やり方の問題なのだ。p50

壁を乗り越えるのに1番良いのは別の方向から攻めてみることで教師やコーチの存在が役立つ理由の1つはここにある。p51

パーソナルトレーナー選びで悩むときには、「心的イメージを作り上げることができること」「きちんとしたフィードバックが与えることができること」を選ぶ基準にしてみてはいかがでしょうか?

 

P.S.

 

Mihaly Csikszentmihalyi:ミハイ・チクセントミハイ: フローについて

 

(Feb 2004、TED Talk)

 

ミハイ・チクセントミハイ(Mihaly Csikszentmihalyi)が提唱する「フロー体験」とは、時間を忘れるほどのめりこんで没頭する状態であると解釈しました。

 

フローの状態を体験するには、チャレンジ(難易度)が平均よりも困難で、スキル(能力)も平均以上のものが求められている時に体験できるそうです。

 

何かにチャレンジする際に、あまりにやさしすぎると気持ちがたるんでしまったり、退屈だったり、やる気そのものがなくなってしまうでしょう。

 

また、そのチャレンジがあまりに難しすぎると、心配になったり、不安な気持ちになってしまうでしょう。

 

つまり、自分の挑戦の度合いと自分の技術の高さがどの程度かを把握することができれば、この「フロー」への入り口を見つけることができるということです。

 

毎日毎日何かに没頭するように努力をしている人は、おそらく自身が掲げるチャレンジと自分が磨いたスキルが一致した状態が続いているということではないでしょうか?

 

ただ、自分の挑戦の度合いと自分の技術の高さがどの程度かを客観的に判断するのは難しく、それにはトレーナーの存在が欠かせないのだと思います。

 

【パーソナルトレーニング 関連記事】

【関連記事】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-17 11:41:45

土屋太鳳さんの体型維持の秘訣は毎日ジョギングとストレッチ|メレンゲの気持ち

テーマ:有名人とダイエット

#土屋太鳳 さんの体型維持の秘訣は毎日ジョギングとストレッチ|チャームポイントは「筋肉」|#メレンゲの気持ち
 

【追記(2017/3/25)】

 

2017年3月25日に放送されたメレンゲの気持ちに出演した土屋太鳳さんは仕事の休憩の合間にストレッチを行なって体を解放するようにしているそうです。

 

【追記(2017/3/2)】

 

CROSSFIT(クロスフィット)トレーナーAYAさんのトレーニングを受けたことがある芸能人・モデルは?によれば、土屋太鳳さんはリーボックでクロスフィットを指導するフィットネストレーナーのAyaさんのパーソナルトレーニングを受けているようです。

 

【追記(2016/10/9)】

 

『オールスター感謝祭』(TBS系)の「赤坂ミニマラソン」に出場し、全体で8位に入賞、女性の中で1位となりました。

 

ゴール直後にはひとりで歩けない状態ほどの走りを見せ、その中でも『IQ246~華麗なる事件簿~』の番宣をする姿に番組出演者が涙を流す場面もありました。

 

ネット上では絶賛の声が挙がっています。

 

【追記(2016/8/6)】

 

2016年8月6日放送の「メレンゲの気持ち」に出演した竹内涼真さんが「青空エール」で土屋太鳳さんと共演した時のエピソードによれば、撮影後夜にランニングして、朝からもランニングをしていたそうです。

 

土屋太鳳はガラケー女子 憧れるけどスマホもLINEも使いません

 

(2015/3/31、スポニチアネックス)

30日に始まったNHK連続テレビ小説「まれ」に主演している土屋太鳳(たお、20)。日本女子体育大学で舞踊学を専攻し、ダンスやスポーツ全般が得意な活発な女性だ。

NHK連続テレビ小説「まれ」の主演を務める土屋太鳳さんは、

撮影が大変でも“日課なので”と毎日ジョギングを欠かさず

行なっているそうです。

 

■チャームポイントは「筋肉」

1メートル55と小柄だが、体が引き締まっていて動作も機敏。ふくらはぎには、小中学校の部活動で鍛えた“バスケ筋”がついており、

「やせててきれい」の印象は筋肉が左右する。でも紹介しましたが、筋肉をつけると体重が増えてしまいますが、出るとこは出て、引っ込むところは引っ込む、そして肌にハリがあり、健康的な肌の色を目指すには、やはり筋肉をつけることは重要です。

 

【関連記事】

憧れボディのトレンドは“健康的でメリハリのあるカラダ”によれば、日本ではあまりフォーカスされていませんが、ミス・ユニバースの候補者やハリウッド女優などは、実は過酷な筋力トレーニングをしています。

 

例えば、キャンディス・スワンポール、ヴィクシーモデルボディの作り方(食事・運動)3つのポイントによれば、ヴィクトリア・シークレットのモデルの撮影時の写真を見ると、 多くのモデルの腹筋が割れていることに驚きます。

 

あまりにも腹筋が割れていることでイメージが損なわれるため、腹筋が割れていないように修整をかけることもあるという噂があるほどですそうです。

 

【関連記事】

キャンディス・スワンポールみたいな美脚になれる!?バレエ・エクササイズ【動画】

海外のハリウッドセレブやモデルは、体重が多くても、筋肉トレーニングによってカラダを引き締め、メリハリがあるため、結果的にスタイルが良く見えるのです。

 

以前の日本では、スタイルが良くすること=体重を落とす・脂肪を落とすことばかり考えがち立ったと思いますが、最近では、インスタグラムで海外セレブのライフスタイルを見ることができるようになり、実際どんなトレーニングを行なってスタイルを維持しているのかを知ることで、少しずつ意識が変わりつつあるように思います。

 

これからは筋肉を付けることで健康的でメリハリのある美しいボディーラインと代謝の良い体を作るということが、ますます注目されるようになるのではないでしょうか。

 

【関連記事】

【関連記事】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。