1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-07-28 14:55:35

にんげん座通信校正

テーマ:にんげん座

にんげん座通信の校正。

みんなで集まる予定だったが、飯田先生の都合が悪く、

電話で済ませることにした。

みなさんから訂正部分を教えていただく。


奥薗さんからも何点か電話でいただいた。

電話を切った後、また奥薗さんから電話が。

追加分があるのかと思ったら

「今回のにんげん座通信、いいですね!」とおっしゃる。

それを言い忘れたからと、わざわざまた電話して下さったのだ。


チラシでは、主役の二人がイラストだったので、

それを見た奥薗さんは写真がいいと主張してらした。

でも、諸事情でチラシはイラストになってしまった。

奥薗さんの意見を尊重して、にんげん座通信は写真にしてもらった。


最初は顔が写真、胴体がイラスト、という案が来た。

それだと全部イラストより、さらにコミカル色が強くなってしまうので、

全身写真でお願いしますと頼んだら、

石塚さんがとてもいい表紙を作って下さった。

奥薗さんもこれをご覧になって、きっと喜んで下さったと思う。

主役の二人のカッコ良さが出た!


わざわざもう一度電話をかけて、それを言って下さった奥薗さんの

優しさと気遣いが嬉しかった。


今回にんげん座の制作をやってみて、いろいろ面倒な事や、

思いのままにならない事に腹を立てたりしたが、こういう嬉しい経験をすると、

目に見えないボーナスをもらった気になって、苦労が吹き飛ぶな。

PR
2014-07-28 14:53:48

滝沢戦

テーマ:ブログ

まずいなぁ・・・

これから赤坂でリーグ戦なのに、お腹いっぱいになってしまった。

暑さでもかなり参っているし・・・。こんな体調で大丈夫か?

木下さんか滝沢さんと対戦してもらう予定だったが、

木下さんは例会幹事なのでいつもいるため、今日は滝沢さんと。

まあ滝沢さんも必ずいるけどね。


滝沢さんには7p2-0で勝つことができた。

こでぶさん、久保田奏さんと、明らかに格上のお二人にも5pで勝てた。

ちょっと出来過ぎだなぁ。

このまま勝ち続ける事はありえないので、

どこかで連敗が来るに決まっている。


いずれにしろ、勝敗よりも内容のいい、大間違えの少ない試合をしよう。

PR
2014-07-28 14:51:08

7/27椎名町ホーム納涼祭

テーマ:めおと楽団ジキジキの公演

椎名町の老人介護施設の納涼祭に出演。

10階と1階のでそれぞれ20~30分くらいの演奏をしたが、

全く反応が違うのが意外だった。

10階は、要介護度の高い利用者さんが多く、反応がわかりにくかったが、1

階の皆さんは、歩行機を使ってご自分で歩ける方も多く、元気元気!


最前列の入口近くに座られた男性も、元気なお一人。

焼き鳥だったのかな、パックに入った食べ物を食べ終わって、

ゴミ箱に捨てようとしていたが、近くにいらした方が受け取って、

ゴミ箱まで運ぶと、にっこり笑って「さんきゅ~」と言われる。

私たちの演奏している時も、すごくノリが良かった。


私もああいう風に歳を重ねたいものだ。

でも私は小言幸兵衛の女版になりそうで。

今でもサービス業の使えない定員がいたりすると、

注意をしたり、ずっとぶつぶつ小言を言い続けているもんな。

あの男性のように、いつもにこやかで、感謝の気持ちとユーモアを忘れない、

すばらしいばあさんにならなければ。


池袋の「永利」という店だったか、帰り道に中華料理屋に入って、

ランチの海老と卵の炒め物、上海焼きそば、野菜スープなどをいただく。

ランチには、思いがけずもう一品、マーボー豆腐が着いていたので、

食べきれないほどの量になった。

本格的な中国料理で、きっと中国の人もたくさんみえるのでは。

PR
2014-07-28 14:47:38

7/26東洋館・盆踊り司会

テーマ:めおと楽団ジキジキの公演

東洋館三日目。今日は土曜日なので、招待のお客さんがいないため、

客席はかなりまばら。それでも温かいお客様ばかりで、助かった。


今度仕事をいただいた担当の方が来て下さった。


また、演芸図鑑を観て下さったかたが受付に

「ジキジキさんを観に来ました。やっぱり面白いねぇ」と言って下さったそうだ。


かなりの暑さで参っていたが、町内の盆踊りの司会進行を頼まれた。

家を出るときは、うだうだしていたが、

会場に着いて喋り始めてしまうと、楽しくなってくる。

2014-07-28 14:45:19

7/25鎌倉kikuichi入門講座

テーマ:バックギャモン

鎌倉には、余裕を持って行ったので、かなり早く着くことができた。

今回は夜19:30からの開催なので、会社員の方が多かった。

男性4名と女性2名が参加。今回は私一人だったので、

テーブル2台、4人を同時に見たが、ちょっと厳しかったかな。


女性の方から、私が作ったプライムを指して

「この壁は、どうやって作るんですか?」と聞かれた。

初めてルールを覚えた方から、そういう質問が出るとは思っていなかった。

分かりやすくて簡潔な答えを用意しておかないと。


講座が終わってから、あきらさんと5pマッチを3セットやった。



2014-07-28 14:43:58

飯田先生と会う

テーマ:にんげん座

キヨシは飯田先生と、台本や稽古日程のことなどで打ち合わせ。

私は先日渡した招待券200枚を返していただいた。

会計の宮村さんと二人で、このうち半分くらいは販売してもらえないか

次の機会に頼んでみようと思う。


にんげん座通信も、仕上がってきた。

私はバックギャモンの入門講座で鎌倉へ。

2014-07-28 14:41:58

7/25東洋館二日目

テーマ:めおと楽団ジキジキの公演

「魅惑の盆踊り」は、昨日よりは少しまとまった。

コントの部分は、意外と受けがいい。

演奏の途中にコントが入るのは、意外性があるのかもしれない。


東洋館でできるのは、この7月が勝負。

次は9月なので、盆踊りちょっと季節外れになってしまうだろう。



2014-07-28 14:35:36

7/14東洋館

テーマ:めおと楽団ジキジキの公演

二ヶ月振りに東洋館でボーイズバラエティの定席。


時期的にぴったりな「魅惑の盆踊り」をかける。

コントの部分を仕上げて、歌の部分も少し変えた。

まだ安定していないので、ちょっとチグハグな感じが拭えない。

キンカンを持ってくるのを忘れたが、向かいのドンキホーテで売っていたので、

助かる。


最前列にいらした男性と、二列目の女性が、大きな声で笑って下さるので、

それが全体に波及していい雰囲気になった。ありがたい。


東洋館は久し振りなので、出演の初日はちょっと新鮮な感じがする。

2014-07-28 14:27:01

7/22にんげん座顔合わせ

テーマ:にんげん座

チケットのナンバリングや、日付のスタンプ、

スケジュール記入用紙の作成などで、ヘトヘトになって先生のお宅に向かい、

1,000部のチラシを積み込んで浅草に。


仕事でどうしてもこられないペロリさんを除いて、ほぼ全員がそろった。

それでけでもすごい。


出来立てのチケットやチラシが配られ、稽古日を設定する為、

みんなにスケジュールを記入してもらった。

聡美ちゃん、宮村さんがいろいろ気遣って、作業を手伝って下さった。


芝居の冒頭に出る予定の「紙芝居」の作者の方や、

美空ひばりや昭和歌謡を歌う高校生、有希乃路央さんもいらして下さった。


キヨシが仕切って、出足としては、なかなか楽しくていい集まりだった思う。

みんなが帰ってから、作業の残っていた私やキヨシ、

会計の宮村さんが呼ばれ、飯田先生と話をした。


台本を仕上げた飯田先生は、ほとんど徹夜続き。

私もチケットなどの作業で寝ていない。そこで私の積もっていたものが爆発。

大きな声で飯田先生を非難するような事を言ってしまった。

後から考えれば、大人気ないし、先生に対して、とても失礼だったと思える。

でも初対面の方の自己紹介が良く分からなかったので、

先生からちゃんと説明して欲しかったと言ったら

「紹介しましたよ、聞いてなかったんじゃないですか?」と言われ・・

「聞いてなかったぁぁ!?」と逆上してしまった。


それまでも、予定していなかった台本の配布、

主役級がチケットを50枚売ろうとしていて、他のみんなも30枚を目標にして、

出演しない私達すらも30枚とか言ってるのに、

招待券を200枚、販売25枚とか言ってる先生に、ムカムカ来ていた。


「こんなの、やってられないですよ!」と啖呵を切って、

荷物を荒々しく片付けだした。

そういう時は、何か言っても火に油を注ぐだけだと知っているから、

キヨシも黙って見守っている。


荷物を車に積んだら、宮村さんから「和民には来られますか?」とのメール。

古谷さんや江藤さんが先に行っている。

宮村さんの気遣いには、本当に頭が下がる。

激怒して叫んでいる私の横で、言葉を選びながら、

先生に失礼のない対応をしておられた。私には、絶対無理だなぁ。

和民に着いたら1階で宮村さんが待っていて下さった。

古谷さん・江藤さん・明石さん・プッチャリンさんが店内で、

料理をあまり頼まずに、私たちを待っていて下さった。


私は宮村さんに「大人気なく怒鳴ったりして、すみませんでした」とあやまった。

先生には、改めてお詫びの手紙を出そう。

私の主張が間違っているとは今でも思っていないが、

あの態度は確かに良くない。

これから何度もこういう事があるかもしれないが、

宮村さんのように大人のふるまいを心掛けよう。


チケットは「ノルマ」ではなく「公演協賛金」という言葉を

飯田先生が使っていた。それは確かにいい言葉だ。

みんなでいい公演を実現するために、「協賛金」を各々が工面するのだ。

それはチケット販売でもいいし、広告を取るのでもいい。

芝居はとにかくお金がかかる。


ほとんどボランティアのように関わって下さる、

石塚さんや、バトルロイヤル風間さん、大平さんに、

ちゃんとしたお礼がしたい。だから絶対収益を出さなければならないのだ。

そこは制作の腕の見せ所だろう。絶対黒字にしてやる。

どんなに舞台が成功しても、赤字はダメだ。

2014-07-28 14:25:04

7/21岡たつやディナーショー

テーマ:めおと楽団ジキジキの公演

岡たつやさんのディナーショーにゲスト出演。

岡さんとは、小笠原さんの寺の落語会でお会いして、

今回声をかけていただいた。

「笑点」に出てるから、とかではなく、

実際に見て下さってから仕事をいただくのは、本当に嬉しい。

岡さんは、白いタキシードがまぶしいくらい良くお似合いだ。


ゲストは平浩二さん。豪華だなぁ。

平さんの「わたしゃ百歳まで恋をする」という歌を聞き、これいい!と思った。

マネージャーさんやご本人にうかがったら「どうぞ、どうぞ歌って下さい!」と。


なにしろ歌い出しが「とうに亭主と死に別れ」

これがいいじゃない!音頭調で覚えやすいし、歌詞も語呂がいい。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>