1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-14 10:07:53

4/13栄町ボトルネック

テーマ:めおと楽団ジキジキの公演

夜は栄町ボトルネックで投げ銭ライブ。

栄町市場は、日曜だったり遅い時間だったりで、閉まっている店が多かった。

道が入り組んでいて、このごちゃごちゃ具合が、面白そう。

ボトルネックは飲み屋だけど、店名の通りブルースミュージシャンなどによる

投げ銭ライブをたまにやっている店で、徳田建さんもよく来ているそうだ。

マイクスタンド、アンプなども装備されていて助かる。


開演予定時間の20:30頃のお客さんは、この店を紹介してくれた奈須さんと、

店長のいらいさんが呼んでくれた馬頭琴奏者の女性と二人だけだったけど、

21:00くらいにさっきバックギャモンを覚えてくれた三人が、

友達を連れてきて下さった。

後半下平さんと滝沢さんも来店。嬉しかったなぁ。


ライブ直前は眠くて眠くて。車で30分仮眠したら、何とかやる気になった。

お客さんもそれだけ来て下さったので、

張り切って最初から飛ばすことができた。

途中から観光客のお二人も来店し、ますますにぎやかに。


「ホテル北津軽」がよく受けて嬉しくなる。

あれをやると喉を酷使するし体力も消耗してかなり疲れるのだが、

その割に受けない時は、ますます疲れてしまうのだ。

でもこの日のようにゲラゲラ笑ってもらえると勢いがついて、

その後の演奏も張り切ってやってしまう。

芸人を生かすも殺すも客次第なのだ。

私たちが受けないのはもちろんお客さんのせいではないけれど、

同じように演奏しても、反応が全く違うのは、興味深い。

今回のようにミュージシャンが多いと、受ける確率が高い気がする。


ライブの終わりは、ありがたいことにアンコールが来たので

手の平に太陽をと小舟をやった。

ほっとくとだらだら演奏しそうだったけど、

奈須さんの「恋とライブと弁当は足りないぐらいが丁度いい」という曲を紹介し、

私たちの演奏は、そこで終えた。

いいきっかけで奈須さんを呼び込むことができた。

奈須さんは、二曲で会場を自分の世界にしてしまうのは、さすがだ。

CDも2枚売れたので、少しだけど恩返しができて良かった。

終わってから奈須さん、滝沢さん、馬頭琴の女性と話す。

つまみは豚の心臓「豚マメ」と「太メンマ」。

酒も飲めないのに、こういう酒のつまみのような物が、大好きなんだな。

シメに私は沖縄そばをいただいた。


帰り道は、滝沢さんを東横インに、奈須さんをご自宅まで送って、

車中いろいろ話す事ができた。

PR
2014-04-14 10:06:46

4/13沖縄オープン二日目

テーマ:ブログ

沖縄オープン二日目。私はスーパージャックポットに参加。

私よりかなり強い人しか参加しないけれど、

そういう人と真剣勝負ができるだけでも、参加する意義がある。

何年か前の札幌オープンのスーパージャックポットで、

私がまさかの優勝をしたように、何があるかわからないのがバックギャモンだ


1回戦で景山さんと当たり、けっこういい所まで行ったけれど、順当に負けた。

あと2枠空いていたので、リエントリーして運営進行に協力。

そこでは木原さんと対戦。

昨日岡谷さんと対戦した時にも、木原さんの口三味線がさく裂していたが、

私との時もいらんことをたくさん言ってくる。

それも楽しいから全く問題ないけど。


木原さんは、ポーカープレイヤーとして、世界各地の大会で活躍されている。

勝負にかける姿勢や、ここぞという時の思いきりとか慎重さに、

さすがプロだと思わせる冷静さがあるように思えた。


また、私が普通の人はやらないような動きをする事をよく理解している。

そういう無茶な動かし方は、たいてい失敗するのだが、

たまたまうまく行くと、大逆転があったりもする。

だから札幌ではそれが連発して優勝できたのだろう。


バックギャモンには、そういう中級者にも夢を与えてくれる要素がある。

そこに魅力がある。だからやめられない。

強い人と対戦できたけど、成績としては散々だった。


会場に下平さんの知り合いの方が3名遊びに来て下さった。

ギタリストや歌手の方で、Seaman’s Clubを見てみたいという事で、

いらしたようだ。

普通は会員でないと、入れないとの事。

その中の女性二人が、バックギャモンを覚えたいという。


もう一人のギタリストの男性も、横で見守る中、ルールの説明をして、

1ゲームやってもらった。

初めてやるゲームにしては、いろいろな展開があって、おもしろい内容だった。

3人とも興味を持ってもらえたようだ。

それだけでも、沖縄に来た意味は大きかったと思う。


表彰式では、今回負けが続いて一番残念だった人として、

木原さんの「勝つための確率思考」のDVDをもらった。

これを見て少し勉強しなさい、という意味だろう。

よかったぁ、情けない賞だけれど、手ぶらよりはいいだろう。


今回の沖縄オープンは、下平さんや犬塚さん、渡辺さんのおかげで大成功だ。

会場もゆったり使えたし、沖縄という土地の魅力から、多くの参加者があった。

運営も下平さんと渡辺さんの二人で充分。

必要な時は手伝うと言っておいたけど、私はほとんど運営にかかわることなく、

参加者として楽しめた。

また来年も開催するようだが、日程が合えば、ぜひまた参加したい。


2014-04-14 10:04:02

4/12メガネロック大屋くんのライブ

テーマ:観に行ったもの

4/12の夜は、メガネロック大屋くんが所属する、

FECオフィス主催のFライブを観に行く。

当日出演の14組のうち、お客さんのアンケートにより、

上位6組が、次週のライブに出演できるというもの。


審査中に、次週ライブの常連芸人が何組か出てきてネタをやったが、

さすがに面白かったなぁ。

特に司会をした「太平スタイル」の「待て待て待てぇ」は、

なんだか真似したくなるくらい、印象に残った。


大屋くんは、残念ながら上位6組に入れなかった。


桜坂ドラミンゴにも、子供たちが来ていたが、

このライブにも、小学生低学年くらいの子供たちがたくさん来ていた。

ゲラゲラ笑ったり突っ込んだり。



ライブ会場の向かいにある「わらゆい」という店で夕食。

さんしんの女の子と、太鼓をたたく男の子の二人で、

沖縄の歌を演奏しているのが、観れるという店。

国際通りには、こういった島唄や民謡が聴ける店が多い。


ふーちゃんぷる、らふてー、沖縄そばなどを食べる。

みんなおいしかったし、演奏もよかった。


2014-04-14 08:53:43

4/12沖縄オープン初日

テーマ:バックギャモン

第一回沖縄オープンの会場は、空港近くの米軍施設。

ダーツやビリヤード、スロットマシンなどがあるクラブ。

スロットマシンには25¢の表示が。

トイレも下の隙間が大きく空いている、アメリカンスタイル。

コーヒーのカップサイズもでかい!

昼にはウェイトレスさんお勧めのテキサスバーガーを頼んだ。



最初の対戦相手は、松宮美智子さん。

ほとんどリードされていたが、途中逆転しそうな展開になった。

でも最後にはやはり逃げ切られてしまった。

コンソレーションの相手は小倉さん。このゲームもいいところがなく負け。

二敗した人を対象にアンラッキートーナメントが開かれ、

決勝で岡谷さんに負け。


以前沖縄で普及活動をされていて、今は宮古島に住んでいらっしゃる、

伊志嶺さんに、初めてお会いする。

サイコロ柄のアロハシャツに、サイコロ柄の手拭いで鉢巻、気合が入っている。

トーナメントが始まる前や、試合の合間に対戦しながら、

お話させていただいた。

地元からの参加は、たぶん一人だけ。


2014-04-12 08:57:13

4/11桜坂ドラミンゴ

テーマ:めおと楽団ジキジキの公演

ライブには3組が出演。まずベリーダンスのSatriさん。

キーボード・パーカッション・ディジュルドゥーが奏でる、魅惑的な音に包まれて、

薄布をヒラヒラさせたSatriさんが舞う。千夜一夜みたいだ。

指10本に、小さな松明の棒を装着し、そこに火をつけて踊るのが圧巻。

髪や衣装に燃え移らないか心配


次に私たちが登場。

魅惑的な世界から、一挙に演芸の世界に行くのは、ちょっと無理があったなぁ。

最初はお互いさぐりさぐりのステージだった。

ここはネタというより、ウタの方がよさそうだと判断したキヨシ。

かさばるので持ってこようかどうか迷ったトイピアノを使って

「みんな夢の中」を歌う事に。


メガネロック大屋君の、食い入るような表情がちょっと申し訳ないような、

気恥ずかしいような・・・。

私たちのステージじゃ、あまり勉強にならないようなぁと思いながらも、

後半は暖かいお客さんに救われて一応盛り上がった。

「ファンだったので、沖縄で観れて嬉しいです」という男性が来て下さった。


最後は奈須重樹さんのやちむん。

下北沢では、ギター一本にトロンボーンが入っていたが、

今日はドラム・トランペット・ウクレレなどが入り、バンドとしての迫力ある演奏。

奈須さんの曲は、どこかからいただいたような旋律に

薄っぺらい歌詞を乗せたような歌とは正反対にあり、楽しくて個性的で深い。


沖そばのカオソーイというチェンマイのカレーラーメンを食べる。

茹でた沖縄そばに、揚げそばのパリパリを乗せ、

ピリッとしたタイカレーのスープにココナツミルクのまろやかさが加わり、

櫛切りのライムがアクセントになっている。

きっと現地のカオソーイよりおいしいぞと思ってしまった。


2014-04-12 08:46:47

4/11沖縄初日 

テーマ:ブログ

明日からのバックギャモン初、沖縄オープンに参加する為、那覇に来ている。

せっかくだから、今までやったことのない沖縄でのライブ、この際やっちゃおう、

という事で、相方も一緒に来ている。


今夜は新名さんに紹介してもらった、

やちむんの奈須重樹さんにお世話になり、桜坂のドラミンゴでライブ。


明日4/12は、バックギャモンの大会。

夜はメガネロック大屋くんのお笑いライブを観に行く予定。

翌日4/13は栄町ボトルネックで、4/14は久茂地あっぱりしゃんで、

投げ銭のライブを予定している。


宮古島には二人で来た事あるけど、沖縄本島に滞在するのは初めて。

ライブも初めてだ。楽しみ!


羽田⇔那覇の航空券と、那覇サイドビーチホテルの4泊、

5日間のレンタカーがついて、二人で10万円しないって、安いよなぁ。

レンタカーは、安いプランだったが、ハイブリッドで燃費が良く、

走ってる時も静か。いやぁ、滑り出しからいい感じだぞ、沖縄!


いつも仕事で泊まるのは、たいてい味気ないビジネスホテルだが、

寝るだけなので充分だ。

でもせっかくの沖縄、高級じゃなくてもいいから、

雰囲気の良さそうな所と思って選んだ、那覇ビーチサイドホテル。

建物の感じも南国風だし、バルコニーからは、

陽の光をキラキラ反射している海が見える。


桜坂って、歩けば歩くほど面白くて、

久々に会ったメガネロック大屋君にいろいろ案内してもらう。

細い道を入ると、左側には桜坂劇場という映画館。

ホールが三つあって、日によってはライブもやるそうだ。

今日はチャボ、リクオ、バンバンバザールが出るという。

うわっ!むしろそっちが観たい!


坂道を下る途中、さらに細い道を左に入ると、1階に萬田ドレスメーカーがあり、

2階に上がると、目的地ドラミンゴがある。

イタリアの下町とかが舞台の映画に出てきそうな感じ。面白いなぁ。


音響の確認をして、市場へ行ってみる。

花巻食堂が面白そうだったけど、軽く食べたいので、カフェへ。


もう閉店するところで、テーブルや椅子も片付いているのに、

常連の大屋君が頼んでくれて、特別閉店時間を延ばしてくれた。


向かいの惣菜屋で買ったジャガイモの煮物や、昆布とイカの煮物も

食べられちゃうところが、沖縄だ。


ライムティは暑い時にはすっとするさわやかな飲み物。

チキンとチーズのサンドイッチは、照り焼き風のソースが濃厚。

キヨシは黒蜜きな粉トーストとか、訳のわからんものを注文。

この訳のわからん黒蜜きな粉トースト、意外とうまい。

トーストにはちみつはうまいもんなぁ。


富山~東京~奄美大島~沖縄と流れてきた、

写真家の木原盛夫さんも来てくれた。

奄美大島に1年くらい滞在する予定が、どんどん伸びて、

さらに沖縄まで来てしまったそうだ。でも今年には内地に戻るらしい。


市場にはムームーやアロハシャツを売っている店があり、

椅子に座って高い透明な声で鼻歌を歌っているおばぁが店番をしている。

これもドキュメンタリー映画に出てきそうな光景だ。

そのおばぁに、大きいムームーを出してもらい、

ハワイらしくない柄のムームーを買った。この店も閉店間際の時間だった。


2014-04-11 02:37:58

4/10入門講座の打ち合わせ

テーマ:バックギャモン

今度バックギャモン講座をやるゲームカフェTOIQUEに言って、打ち合わせ。

ついでにルールも覚えてもらった。

そういう時は、いつもわくわくする。

私の技量が試されるのだ。

いかに短時間で、楽しくルールを覚えてもらえるかが勝負。


いつも、ちょっと余計に動かし方教えちゃうんだよなぁ・・・・

反省。

2014-04-09 02:45:19

4/8劇団1980の一人芝居を観に行く

テーマ:観に行ったもの

劇団1980の、一人芝居二本立てを観に行く。

お二人とも創立メンバーらしく、

ベテランの練り込まれた芸を魅せていただいた。


良くできた脚本・考え抜かれた演出・達者な演技の役者がそろった!


公演が終わったら、代表の柴田さんに、

にんげん座の事など相談に行こうかなと思っている。

2014-04-08 06:43:57

4/7マリンタワー例会 勇吾くん

テーマ:ブログ

横浜マリンタワーのバックギャモン例会に参加。

いつもの顔ぶれや、久しぶりにいらした方などで、にぎやかに。


でも望月さんは、新しい人が来ないからと、ちょっと残念そう。



最近勇吾くんが、自分のポケットから電話を出す真似をして、

誰かと通話した後、またポケットにしまう真似をするという。

望月さんが勇吾くんに「誰に電話したの?」と聞くと、

以前はおじいちゃんとかおばあちゃんとか答えていたそうだが、

先日は「キスノさんに」と言ったそうだ。

うわっ!かわいすぎるって!

ハートを盗られそうだ・・・・


しばらく勇吾くんに会っていないが、

また一段と話す内容が充実してきたんだろうなぁ。


2014-04-08 06:42:09

4/5南蔵院 夜桜寄席

テーマ:めおと楽団ジキジキの公演

東京ボーイズの仲八郎さんからいただいた仕事で、

板橋の南蔵院の夜桜寄席に出演。


しだれ桜もきれいだが、花弁がとがっている菊の花の形をした桃の花、

濃い桃色であざやか。


出演は他に古今亭菊之丞師匠と、幇間芸の櫻川七好師匠、

紙切りの絵馬さん、バルーンアートのカルーア啓子さんだった。


カタカナのコの字型の客席で、200°くらいに広がって座っているお客さん。

左右に広がっていて、一瞬やりにくそうだったが、

毎年やっている寄席だそうで、皆さんよく笑って下さる。


笑点に出た私たちを観て下さった方も多かったようだ。


良く笑って、行き帰りに美しい桜や桃を愛でて・・・豊かだなぁ。


[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>