1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-10-25 22:01:38

10/25金沢

テーマ:ブログ

昨日行けなかった金沢に。

母の足で兼六園を見るのは無理だと思われ、周りをぐるりと車で回る。

市役所前の並木がちょうどよく色づき、日差しをあびて輝いていた。


五木寛之が好きな母の為、直木賞受賞前に奥さんと暮らしていたという

素朴なアパート「東山荘」と、奥さんの実家の十全病院を回る。

五木寛之がよく訪れて執筆していた席がある、

香林坊の喫茶店「ローレンス」は時間が早かったのか、まだ閉まっていた。

直木賞を受賞する時、この店で電話を受け、

主人が急いでシャンパンを買いに行ったという逸話を母に伝えて、

金沢を後にした。


母と金沢で加賀料理の店にでも行こうと思っていたが、

朝食をたっぷり食べたので、まだお腹が空かないと言う。

だったら、途中のサービスエリアで食べることにして、関東方面に向かう。


帰りの車中、この旅行で母が一番印象に残ったのは、

奥只見の紅葉でもおわら風の盆でもなく、地味な「東山荘」だと言う。

だったら、いろいろ調べて連れて行った甲斐があったというものだ。

時期としては紅葉がちょうど見ごろだったし、

初日の後半から天気も良くなったので、まずまずの旅行だったと思う。


母を無事に草加の家まで送り届け、ほっとして家に帰る。

AD
2014-10-25 21:55:51

10/24越中八尾 粟津温泉

テーマ:ブログ

朝もおいしい魚沼産コシヒカリを食べて元気いっぱいに出発。

富山の越中八尾の観光協会に向かう。

母がおわら風の盆に興味があるというので、立ち寄る事にした。

柔らかく艶っぽいおんな踊りと、農作業を表すおこと踊りがあって、

最後に男性が女性の方に手をかけてぐっと引き寄せる場面がある。


これは、農作業をねぎらって女性が男性にお酌をしている場面だそうだ。

こういった男女が触れ合う踊りは、日本では珍しいのでは?

女性の肩をぐっと引き寄せる所で、ドキドキしてしまった。

笠をかぶって、顔がよく見えないから、なおさらいいのかもしれない。

雄大な曳山は実際の物が展示してあった。


風情のある街並みと言い、雄大な曳山と言い、高山によく似ていると思った。

花街から発生したおわら風の盆は、ちょっと違うけれど。


八尾から金沢に向かうつもりだったが、移動に結構時間がかかるので、

もう宿に向かう事にした。

今夜は小松の粟津温泉に「かめたに」という宿に泊まる。

AD
2014-10-23 19:42:03

10/23母と新潟へ

テーマ:ブログ

三日間の休みがあったので、母と北陸の旅に来ている。

紅葉はちょっと早いかと思っていたが、まさに今ちょうど見ごろっぽい。

奥只見湖に初めて行って、遊覧船に乗った。

足の悪い母が、階段降りるのに往生していたら、

りのお兄さんがさっとおんぶして、下までひょいひょいと、連れてってくれた。


いやぁ、その紅葉の見事な事ったら、あの色彩の海は何なのでしょう。

あれ、もう少しすると茶色とか灰色とかになっちゃう訳でしょ。

私は坊さんの紗の袈裟みたいな冬の山も好きだけれど、

やっぱ秋の山はすごい。

赤とかオレンジとか黄色とか、ちょっと緑とか。

どうしてあれがあんなに美しく思えるのかなぁ。

だって単に葉っぱ枯れる寸前な訳でしょ。


雨上がりだから、色彩も鮮やか。

母も大喜びで「きれいねぇ」を連発している。

土産物屋でわっぱめしときのこ汁を頼み、二人で分け合う。

わっぱめしについている山菜類がうまい。


行きは「只見シルバーライン」というトンネルを通った。

18kmも暗い穴の中をひたすら走るんだぜ、やだやだ。

帰りはトンネルを通らず、峠越えをした。

時間もかかるし、かなりクネクネだけれど、急がないならば、

こっちの方が絶対いい。景色が見れて開放的で。

車2台とすれ違っただけで、空いてたし。

山の頂上まで行って、そのまま降りてくる感じ。


今日の宿は南魚沼の舞子高原ホテル。外観が可愛いくて、女子好みだ。

夕飯はバイキング方式だった。

落ち着かないので、私は好きではないが、母は大好きだ。

85歳にして、あの食欲はすごい。

私が一番おいしかったのは、魚沼産コシヒカリだ。

焼き海苔と野沢菜と牛肉味噌があったら、他には何も・・・・いらなくはないが、

あの白飯のもっちりした歯ごたえと「てかり」と甘み!


メシがこんなにうまいなんて!

それだけでこんなうまいものに、業務用のカレーをかけて食べるなんて、

犯罪行為だろ。いやぁ、新潟恐るべし。米どころあなどれず。

これまでは米の銘柄にこだわるって、どうかと思ってて、

炊き方がうまくて、炊き立てだったら、なんでもうまいっしょ!

と思ってた私を叱ってやろう。


母は、車中でウトウトするかと思いきや、

車窓からみえる風景や思い出話に花が咲き、ずっと元気。

明日は金澤に行って、

五木寛之が直木賞を受賞した時に電話を受けてシャンパンで祝ったと言う

喫茶店「ローレンス」に連れて行く。

五木寛之がいつも座って執筆していた席が空いているといいのだが。

AD
2014-10-23 01:28:07

バックギャモンナイトin横浜マリンタワー

テーマ:バックギャモン

バックギャモンナイトin横浜マリンタワー。望月さんに変わって担当。

雨だし寒いし、大会後だから少ないだろうな・・・と思っていたら、

12名もの参加が!こういう時は嬉しいなぁ。

用意した賞品をごっぞり家に忘れてしまったが、

木曽野さんが、ご自分で育てた米を持って来て下さった。ありがたい!


優勝は+7点で木曽野さん。やっぱり強いなぁ。

まさか自分が持ってきた米をお持ち帰りなんてしないでしょうね!

とクギを刺したら、さすがに2位の田中さんに譲って下さった。

私は-7点で最下位。いやぁ成績なんかよりも受けを取る方が嬉しいもんね。


皆さんいい笑顔で帰って下さった。

2014-10-23 01:23:02

10/22収支・特典映像

テーマ:にんげん座

宮村さんと北千住で待ち合わせて、収支を整理する。

飯田先生の販売分がはっきりしないので、まだ最終的な金額が出ない。

でも一応黒字っぽい感じにはなっている。三人で飯田先生のお宅へ。

「支出より、収入が多いなんて、ありえない事です。今夜夢に出そうです。」

と飯田先生は本当に嬉しそう。


飯田先生の販売分を加えて、はっきりした数字が出そうだ。

これから宮村さんにまとめてもらい、

10/27にみんなで浅草で会う時に、報告できそうだ。

みんながチケットを売ってくれたり、広告を取ってくれたりしたし、

スタッフの皆さんも、大負けに負けて下さったり。

ボランティで汗流して下さったり。


あんなにお客さんが入っても、少しの黒字にしかならないのだったら、

チケット代を上げてもいいのかもしれない。

今回の生のデキシーバンドにグレース美香さんを中心とする

完成度の高いショーと、

江藤さんの本格的な喜劇が入った芝居は、

3,500円では安いのではないかと思う。


キヨシが稽古の模様を、カメラで録画してあった。

その中に飯田先生のいい笑顔があって、

これをDVDの特典映像で付けてはどうかとキヨシが言う。

確かに明石さんと江藤さんのコント場面の稽古も面白いし、

一般の人は絶対見られないものだから、出したいなぁ。

2014-10-22 21:50:58

10/21ギャモンDo!

テーマ:バックギャモン

関内のギャモンDo!に久しぶりに行く。

新しい受講生が二人いらしてたので、張り切って対応する。

回り方が逆になると、分からなくなる、といったいつものパターンはあったが、

後半は楽しんでいただけたと思う。


夕方岡田さんが来店。

岡田さんも久しぶりだったが、前回より進歩があったと思う。


ニューロンの職員さんも

「今日は、来住野さんのアドバイスなしでお願いします!」と意気込んでらした。

でもあまりに見落としが多いので、

ダイスを取り上げてから「こっちの方が良かったと思う」と伝えた。


今の私もそうだけど、初期には覚えるべき事が多い。

テキストに書いてある事をきっちり覚え過ぎると、

例外に出くわした時に対応できなくなる。

こちらを絶対優先すべきでしょと、ある程度経験を積めば分かってくるが、

半端な知識が先行すると、大事な物を見落とす。

それは私くらいの経験があっても、知識がまだ浅い中級者だったら、

同様に注意しなくては。



2014-10-20 10:46:06

赤坂

テーマ:バックギャモン

赤坂に行って、こでぶさんに楽遊庵さんから預かった

バックギャモンフェスティバルの写真のDVD-Rを渡す。

滝沢さんと2試合やって、2-0で勝てた!


初めて赤坂にいらした女性と2ゲーム。

ずっとやらないと忘れてしまうからと言ってらしたので、

またいらしていただけると嬉しい。


今回桑門さんが買って下さった、引き出しのケースに荷物を整理して入れる。

一目で何がどこに入ってるか分かりやすくって、

今後イベントの時は、さっと持ち出せる。

スポンサーへのお礼用に、しおりも何冊かもらってこれた。

広告費の預かり金や、私の立替金の清算もほぼ終了。


木下くん、こでぶさん、久保田さんと4人で、何でも300円の中華屋に行く。

ソフトドリンクが300円、というのがちょっと高い気がしたが、

他の料理などは量もしっかりあり、300円は安い。

一人1,600円くらいで済んだのは嬉しかったな。

2014-10-20 10:44:38

10/19江戸東京博物館

テーマ:めおと楽団ジキジキの公演

江戸東京博物館の中村座前で寄席。立川談幸師匠とご一緒。

今日は3回ステージだったが、3回ともほぼ満席。

日曜日の博物館はすごいなぁ。


上品な感じのお客さんが多かったけれど、そこそこ盛り上がって下さった。


昼は館内のイタリアン、ランチセットが美味しかった。

2014-10-20 10:26:49

10/18花祭会館

テーマ:めおと楽団ジキジキの公演

元大須演芸場からの仕事で、愛知県の東栄町「花祭会館」に行ってきた。


途中海老名のサービスエリアで本線に向かおうとしたら、

「愛知」の札を持った若者が!

今日は荷物に余裕はあるから、乗せてもいいだろう。

キヨシは渋々だったが、私は喜んで声をかけた。「どこまで行くの?」

若者は「大阪まで」と答えた。

私達は、新東名高速道路の浜松いなさ北で降りるから、

その前のサービスエリアまでなら乗せられると言った。

彼はパントマイムをやっている東京の大学生。

大阪で高校の時の集まりがあるからと、実家に帰る所だそうだ。

彼の名前も祐貴「ゆうき」君、先日乗せたのも優希!


車内で話してみて、パントマイムのサンキュー手塚さんが、

共通の知り合いだという事が分かった。

以前乗せた優希くんと違ってこっちの祐貴くんは、そんなに喋ることなく、

後半は黙って窓の外を眺めていた。

キヨシもヒッチハイクの若者を乗せた事を、

それほどいやがってはいないようだった。

彼を浜松のサービスエリアで降ろし、私達は現場に向かう。

今日は天気がいいので、ヒッチハイクもそれほど苦にならないだろう。

宴会が始まる夕方までに、果たして彼は大阪にたどり着けるのか?

幸運を祈ろう。


花祭会館の控室に入って、以前にも来たことがあるのを思い出した。

あの時はまことちはるさんとご一緒だったなぁ。



「聴いて健康!講演会&笑って健康!演芸会」という

題名の会で、第一部は「よい睡眠とリラクゼーション」といった講演、

第二部の前半が獅子舞と大神楽の「ザ・ラッキー」さんの三人組、

後半が私達という盛沢山な内容だ。


一階のアリーナ席と、二階の観覧席のような座席があり、

二階はパラパラだった。

でもいらした方は、積極的で反応もすごく素直で助かる。

良く笑って下さるし、参加もして下さった。



2014-10-18 07:53:45

10/17収支・DVD

テーマ:にんげん座

宮村さんと会って、会計の相談。

収支・支出がまだ全部出てないから、結論はだせないが、

大赤字でない事だけは確かだ。

黒字になったら、お世話になった皆さんに、いっぱい還元したい。

誰にいくら還元するかが、すごく難しいのだが。


飯田先生が、白衣とかシーツとか経費に上げているのを見て悲しくなる。

衣裳は基本自前でって言ったのに、どうして白衣に3,000円もかけるんだ?

シーツや敷布は新品の物をって・・・

きれいに洗濯すればいいと思うのは、私だけか?

だったら、旅館やホテルには泊まれないだろ?

私が1円でも安くしようとして、いろいろ工夫していた事を、

全く分かってもらえてないのか。


今度会った時に聞いてみよう。

白衣を買うなり有料で借りるなりするなら、一言相談して欲しかったなぁ。

まぁ、先生は「だったら自腹でいいです」って言うだろうけど、

そういう問題じゃないんだよなぁ。

値段を負けてもらったり、無料で借りたりする為に、

どれだけ頭さげて汗流したか!


毎年公演のDVDを作っていただくが、今年はジャケットをこちらで作ろうと思う。

それに解説リーフレットや、パラパラ漫画を付ける。

そして他にブルーレイも作る。

ブルーレイプレイヤーがある家庭だったら、ぜったいブルーレイがお勧めだ。

飯田先生は、ブルーレイがよく分からなかったようだが。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>