1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-02-22 08:26:20

2/21繁昌亭六日目

テーマ:めおと楽団ジキジキの公演

あと千秋楽を一日残すだけだと思うと、すごく寂しい。

いつも楽しい楽屋だが、今回は本当に面白くて、毎日通うのが楽しみだった。

今日も友達が来てくれたので、新しいネタ「旅めぐり」をやった。

何日か続けてやる事で、だいぶ安定感が増してきた。


キヨシはYAMATOさんのライブにギターで出演する為、

出番が終わったらすぐに繁昌亭を出て、ライブ会場に向かった。

私はお客さんを見送った後、旭堂南陵師匠が誘って下さったので、

ジョージアからいらしたアメリカ人の女性のお弟子さんと3人で

お好み焼き屋へ。


そこへ楽屋でも何回も登場し、みんなでよく噂をしていた

笑福亭仁福さんがいらっしゃる。

南陵師匠とは大学生時代からの付き合いで、50年以上も続いているという。

愛情あふれる悪態をつきながら、お二人の漫才のようなやり取りを拝見し、

すごくうらやましくなる。

そしておいしいお好み焼きをごちそうになる。

AD
2015-02-21 10:51:42

おさむさんのお宅に招かれて

テーマ:ブログ

夜はぼんちおさむさんの自宅に招かれ、夢のような食事会があった。

カウンターに作られた本格的な鉄板を使って、

野菜(インゲン・レンコン・茶色いえのき)やイカ・豚キムチなどの鉄板焼きと

各種お好み焼きを、お腹一杯、苦しくなるくらいご馳走になった。


ぼんちおさむさんモデルのギターをキヨシが借りて、

私達が演奏を始めると、おさむさんがカホンや合いの手・

コーラス・オブリガートなどで参加して、

何も決まってないセッション大会が始まった。

おさむさんとキヨシが同い年、奥様と私が同学年という事が判明し、

ますます同世代の曲で盛り上がる。


ご家族の話や、アメリカにいらした時のエピソードなどが沢山飛び出して、

時間があっという間に過ぎた。

その中には、大笑いする話に混ざって、感動的でステキな出来事も登場し、

ますますおさむさんと奥様、ご家族のファンになってしまった。


私たちの新しいネタ「旅めぐり」もやったが、

最後のオチの地名をおさむさんが大声で繰り返して下さって、

笑いたくてしょうがなかった。

ちょっと追加のネタも教えて下さったりもした。

まだ二度しかお会いしていない私達をこんなに「歓迎」して下さるのは、

おさむさんが、本当に音楽を愛しておられるからなんだろう。


一緒に歌った時は、心の底から楽しそうにされていたし、

憂歌団の木村充輝さんも弾いたというギターをキヨシが弾いてる時は、

うらやましそうに「いいなぁうまいなぁ」と言ってらした。

ご自分でギターを弾きながら、オリジナルの曲を披露して下さったり。

その時キヨシはカホンを叩いて参加して、

私も少しコーラスをちょっと乗せたりした。


後輩の芸人さんが、私たちの後に3人ほどいらして、にぎやかになる。

その中にはNHKオンエアーバトルに出てらした頃から

私もキヨシも好きだった芸人さんもいらして、一般ファンみたいに、

握手してもらったりした。

おさむさんは、偉そうにしたり自慢話や説教ばかりしないので、

慕われているのだろう。


キヨシは、明日YAMATOさんのライブにギターでゲスト出演するので、

その練習があり帰らなければいけなかった。

連日夜の予定が入っているので、疲れもたまって来ているが、

おさむさんのお宅で過ごした時間は、本当に楽しくて

もっともっと一緒に演奏したり、お話を聞きたかったなぁ。

AD
2015-02-21 10:48:49

繁昌亭五日目

テーマ:めおと楽団ジキジキの公演

急いで南森町に戻り、繁昌亭へ向かう。

出番前45分くらいに到着。そこそこ準備の時間には余裕がある。

5日目の今日は、昨日と同じ「旅めぐり」の代わりに「浦和」を入れてみた。

本日も大入り満員のお客さんは、とても暖かい反応だった。


先日住道で食事会を開いて下さった野村さんが、お友達といらした。

落語の合間に華やかな私達が観れて、とても楽しかったと。

先日差し上げた私たちのシール、マグネットに貼りつけて、

冷蔵庫に貼ったというメールをいただいた。

なるほど、そういう使い方があるのか。

今度100円ショップのマグネットで試してみよう。



AD
2015-02-21 09:47:20

2/20吉本新喜劇

テーマ:観に行ったもの

繁昌亭出演前に、なんばグランド花月の本公演を観に行く。

前半は漫才・コント・落語などで、後半が吉本新喜劇。

すっちーさんが座長なので「乳首ドリル」が観れるのでは?

と期待して、この日に決めた。


最近私達はGAORAとMXテレビで放送される吉本新喜劇を、

必ず録画して観ている。

特にキヨシは何度も観直してるし、

YouTubeで「乳首ドリル」を検索しては、喜んで繰り返し観ている。

繁昌亭出演が決まったら、生の「乳首ドリル」が観れるかもしれないと、

すごく楽しみにしていた。


朝電話した時は2階席なら空いているとの事だったが、

窓口に行くと、立ち見しかないと言う。

でも1階なら4,700円の席が3,000円なのだから、お得だし

せっかく来たんだから観て行こうと。


目当ては吉本新喜劇だったが、

その前の漫才も面白かったし勉強になったなぁ。


最初に出てきたヒューマン中村は、以前からうまいと思っていたが

構成がきちっと組み立てられていたし、お客さんとのやり取りがこなれていて、

うまかったなぁ。

同じ内容で、いくつかの例をあげるのだが、

すべてが期待を裏切らない面白さだったなぁ。


あまり好きではなかったレイザーラモンもRGの歌がうまいなぁと感心したり。

同じく好きではなかったキングコングだったが、

テンポが良くて緩急の使い方がうまいと思った。


中堅・ベテランのメッセンジャーやトミーズもさすがだったし、

最後の桂文珍師匠の余裕たっぷりのほんわか・ゆったりの語り口には、

もう脱帽と言うしかなかった。大声で笑い倒してしまった。


そしていよいよ後半の吉本新喜劇。

お馴染みのテーマソングが流れ、幕が開いた時、

すでにちょっと泣いてしまった。

馴染みの面々による、いつものギャグ。

そしてついに出た「乳首ドリル」!

一緒になって「すな、すな、すな、すな・・・」と言って手拍子する時は、

もうポロポロ涙こぼしてたし。

最近よくやっている、清水さんと中川さんの「すったもんだ」。

中川さん扮するおじいさんが行こうとしては戻るあれだ。

これもおかしくて、おかしくて。


松浦さんのギターにもしびれたし、

スッチーさんに殴られてもなかなか倒れないという、

ギター以外のワザも観る事ができた。


人によっては声が聞き取りづらい時もあったが、

それでも生で観る吉本新喜劇は本当に魅力的だった。

大好きな演者さんが、自分と同じ空気を吸っているというだけで、

嬉しいものだ。


おじいちゃん役の中川さんは、特にテレビで観るより面白かったし、

大活躍していた。

今後清水さんとの「もんちゃく振り」をもっともっとしつこくして行って欲しいな。


終わってからあまり時間がないというのに、

売店の所にあった酒井藍ちゃんの等身大パネルの横で記念撮影。

「そうそう、そうそう、ぶーぶー、ぶーぶー、私人間ですねん!」

と言いながら、写真を撮った。(動画じゃないのに)

これ、関東で言ってもほとんどの人が分からないんだなぁ。さびしいよぉ。

2015-02-21 09:45:35

エピスでライブ

テーマ:めおと楽団ジキジキの公演

夜はヴァイオリンのQちゃんに紹介してもらった、

天神橋筋商店街の中にある”楽食酒家”のエピス食堂で、ライブ。


大阪の知り合いがたくさん来てくれた。

しうりんさんとお友達、あづささん、Q丸さん、

Qちゃん、タケちゃん、だいちゃん!


2ステージやったのは、久しぶりだったなぁ。かなり疲れた。


2015-02-21 09:39:53

繁昌亭四日目

テーマ:めおと楽団ジキジキの公演

今日も大入り。

スチールパンの村治進さんが、パーカッションの生徒さんと来て下さった。

ハゲ富安さんのイベントでお会いして、

今は亡き大阪のペーニャにも来てくれたっけ。

その時いただいたCDがすごく質のいい出来上がりで、

キヨシで二人「これいいねぇ!」って言ってた。


三日目までは「お椀出せ」「ショートソング」「旅めぐり」「楽器コーナー」

という構成だったが、今日は「旅めぐり」の代わりに「浦和」を入れた。

改めて感じたが「浦和」は体力を使う。

ちょっと昨晩遅かったのもあって、本番後ぐったりしてしまった。


「農協のテーマソング」のマラカスを村治さんに誉めてもらって、嬉しくなる。

元歌の「東京ナイトクラブ」を知らない若い前座さんがいらして、びっくり。

ちょっと前までデュエットソングの定番だったんだけどな。時代は進んでいる。

2015-02-19 09:26:11

Savepoint

テーマ:バックギャモン

キヨシをホテルまで送り、私は長居のSavepointへ。今日は例会がある日だ。店に着くとマスターの稲田さんと、もう一人初めてお会いする男性が対戦されている所だった。暖かい柚子茶をいただきながら観戦。一区切りついたので、その男性とアンリミテッドマッチをお願いした。


遅い時間からいらした男性二人による、店のトーナメントの準決勝7pが始まった。私達は他のテーブルで対戦を続け、その男性が奈良に帰られたので、稲田さんと5pマッチ。かなり運が良く勝つことができた。以前もアンリミテッドマッチで、大量点をいただいた事があったっけ。


稲田さんは熱心に勉強されていて、かなり強いはずだが、なぜかあまり負けた記憶がない。そういう相性がいい対戦相手っているものだ。(向こうにとっては「相性が悪い」のだろうけど)あまり遅くなっては、明日の繁昌亭やライブに響くので、後ろ髪を引かれながら1:00頃店を後にした。

2015-02-19 09:23:20

野村ご夫妻の食事会

テーマ:ブログ

夜は以前笑福亭鶴笑師匠に紹介していただいた、野村さんご夫婦が、

私達を招待して食事会を開いて下さった。

住道にある沖縄料理「つくし」に7名ほど来て下さって、

おいしい沖縄料理をたくさんいただいた。

定期的に沖縄民謡などのライブをされている店で、

ここでは演奏しても大丈夫だった。


短時間の「やり逃げ」には結構自信があるので、

他のお客さんも巻き込んで大騒ぎになった。

その後試しにDVDがあるんですけど・・・と出したら、

飛ぶように売れてしまった。


お隣に来月カフェを開店させるという女性もいらしてて、

次回はぜひうちでライブを、なんて言って下さった。嬉しいなぁ。



2015-02-19 09:19:52

2/18繁昌亭三日目

テーマ:めおと楽団ジキジキの公演

今日は新居浜から枝廣先生が来て下さった。

ケルンで一緒にカレーを食べて、近況報告など。

目的は私達だけでなく、桂文昇さんに会って相談したい事があるそうだ。

中入の時文昇さんに引き合わせて、詳しくは終演後に、という話になった。

少しでも枝廣先生のお役に立ててよかった。


今日も大入り満員。

枝廣先生も補助席しかないと言われていたが、運よく前の席に座れたようだ。

「日本旅めぐり」は意識しなくても歌詞が出てくるようになり、定着してきた。

表情に変化を付けたりする余裕が出てきた。

お客さんの反応を楽しんだりして。


2015-02-19 09:09:51

ぼんちおさむさんのライブ

テーマ:観に行ったもの

豊中から曾根崎に戻り、ぼんちおさむさんのライブへ。

以前笑福亭仁扇師匠の仕事でご一緒した時、

毎月第三火曜日にジャズのライブハウスに出ていらっしゃる事を知り、

ちょうど繁昌亭で大阪にいるので、伺いますと約束した。

少し遅くなったが、店に着くと2回目のステージの最中だった。


店はお初天神通りにあるNEW SUNTRY5。

ピアノ・ベース・ドラムスのトリオにヴォーカルがおさむさん。

カウンターが長く、奥のテーブル席も沢山あって、

たくさんのお客さんでにぎわっていた。

SummerTimeを「さんまちゃん」と替え歌にして爆笑を取ってらした。


キヨシは自分が大好きなルイス・プリモに感じが似ていると言っていた。

Sing Sing Singを作った人で、トランペットも歌もうまくて、聞き惚れてしまう。


私達は3回目のステージの最初に、少し時間をいただき

「お椀出せ」「浦和」「男はつらいよ」をやった。ご陽気なお客さんで助かる。


もちろん笑いも沢山こぼれていたが、

基本はご機嫌なジャズシンガーのおさむさん。

時にしっとりと聴かせてくれて、時に軽妙に、時にパワフルに歌い踊り喋り、

ものすごくかっこ良かった。

おさむさんは声帯とかリズム感とかは、

もしかしてアフリカ系アメリカ人なのではないかと思ってしまった。


また、お客さんの中に三線のタケシィさんを見かけた、

以前どこかでお会いしていると、向こうから声をかけて下さった。

しばらく思い出せないでいたが、鎌倉の麻心の真司さん主催の、

由比ヶ浜の広場でやったイベントだ!

思い出して言ったら、タケシィさんも「そうだそうだ!」と納得しすっきりできた。


おさむさんが「ちょっと時間ある?」と言って、焼き鳥屋に誘って下さった。

笑顔の素敵な、奥様もご一緒。

しばらく色々な話をさせていただいたが、

おさむさんは他の芸人さんの悪口は一切言わないし、自慢話もされないし、

先輩風を吹かせて説教したりなんて、全くなかった。


いやぁ歌う時はめちゃくちゃかっこいいし、サービス精神が旺盛で、

焼き鳥屋のすべてのテーブルに行って「おさむちゃんです!」をやってらした。

カウンターに座っていた外国人のカップルにも。

彼らは多分、おさむちゃんを知らない。

さっきの店ではあちこちで写真撮影に応じていらしたし、

何かファンになってしまったなぁ。



[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>