酒と泪と男とヲタ芸

いい年したインディーズアイドル好きのオサーンが、酒に飲まれつつ日常を語ります。


テーマ:

衝撃のラストでみんながあっけにとられた中、昼の部が終わり、

各自それぞれ物販を済ませて夜の部に備える。

空腹を紛らわせる者。何やら作業をするもの。

クーポンが1種類しか登録されておらず再びレジで注文する者。

それぞれが空き時間を過ごし、

そして夜の部の開場時間がやってきた。

(全部お前じゃねぇか、とか言わない)

 

夜の部の開演前にあれこれ準備をしていると、

私の横に真っ先に駆け寄ってきたご婦人が。

そう、えみちゃんのお母様である(笑)。

最近の若い女子にはこういう可愛げが足りない気がする←

お母様へのご挨拶を丁寧に済ませました。

なお、開演前にはスクリーンで、昼の部でみんなで踊った『青空のラプソディ』(by fhána)の映像が流されていました。たくさん映ってましたね、私(笑)。

さて、自分の準備も済ませて、いよいよ夜の部が開演。

 

夜の部は4つの部に別れております。

第1部(衣装:白)

 ↓

ボイスドラマ・その1

 ↓

第2部(衣装:青)

 ↓

ボイスドラマ班およびダンサーの自己紹介

 ↓

第3部(衣装:薄紫)

 ↓

ボイスドラマ・その2

 ↓

第4部(衣装:赤の和装)

概ねこんな感じで、1部当たり4~5曲ずつを歌いました。

 

第1部

(夜の部の開演直後:やや緊張気味か? - taken by 吉田きゅん氏

 

衣装はこんな感じの白いドレスでした。

HIDEKIと共に登場!

①ピース!TS

こちらの曲、もともとは貴様とのユニット・coldの楽曲でした。それをえみちゃんが最近ではソロで歌う機会が多くなりましたね。みんなで『ピース!』って叫んでVサインを一緒に出してくれたらえみちゃんが嬉しいと思います。ただ、上の写真は開演直後だと思いますが、緊張しているように見えます。

②君の気持ち、私の恋心-キモチ-

はい、通称「もちもち」と呼ばれるこの曲。今年2月に発売された最新CD『現世恋歌』の3曲目になります。曲自体の発表は2013年のBDライブ。その時はタイトル未定でしたが、翌年の2月12日放送のニコ生【涼城えみのオレンジ革命!】(懐かしいなぁw)の中で、視聴者と共に決まったのでした。そして2014年のBDライブで流されたレコーディング風景の映像により、サビの『もちもちダンス』が決定!これは真面目に歌うえみちゃんの斜め後ろでリズミカルに踊るHIDEKI氏の動きが元になっています。詳しくは、えみちゃんの物販で売っているDVD『Orange Peel Ⅰ』にてご覧ください。(笑)

③サキワフハナ

こちらはカバー曲になります。アニメや声優をよく知らない私がググってみたところ、三森すずこさんがTVアニメ結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-のOPテーマ曲として歌われたものだそうです。えみちゃんが歌うのを初めて聴きましたが、ゆったりとした歌い出しの歌は、わりとえみちゃんは歌うのを得意としているようです。今後は持ちカバー曲の1つになるのかな?なお、3曲目からHIDEKI氏はステージの奥へと消えておりますw

④眠れぬ森のなか

こちらはかつて、えみちゃんが世を忍ぶ仮の姿『エミリー』として、ユニット(Re:sha)で活動していた頃の曲ですね。シングル「リアルファンタスティック」のC/W曲ですが、もうCDは完売してしまって今は売っていませんので悪しからず。実は、えみちゃんが歌うオリジナルソングの中では最もお気に入りの曲。BDワンマンでは必ずセトリに入れてくれるので大変嬉しいです。このユニット活動をしている頃に、御茶ノ水KAKADOで初めて『涼城えみ』という女の子を認識したのが2009年。たぶん、その時もこの曲歌ってたんじゃないかなぁ・・・。覚えてませんが(笑)。この時は、まさかその翌年の後半から応援し出すなんて全く思いも寄らなかったですね。運命とは不思議なものです。( ˘ω˘ )

⑤Paradise Lost

みんな大好きパラロス。茅原実里さんの名曲です。途中の「Lost the paradise, Ah」の部分でその人の歌唱力が問われると言っていい、ハードル高めな1曲。まあ、えみちゃんくらいになると堂々と歌い上げるであろうことを前提としているので、こちらが緊張することがなくてゆったり聴けます。そんなにゆったりした曲ではありませんが。

(緊張はだいぶ解けてきた模様 - taken by 吉田きゅん氏

 

さて、第1部はこの5曲でした。白いドレスは、えみちゃんは多分好んで良く着ているのだと思いますが、もともと色白(インドア系)なので良く似合いますね。

あ、何となく全体的に褒めた文章となっておりますが、年に1回のBDライブくらいは褒めてあげても良いんじゃないでしょうか。普段は足もと炙って遊んでる悪い大人なので(笑)。

ボイスドラマ・その1

さて、第1部の後はボイスドラマである。スクリーンに映し出された映像を見ながら、声優さん達が生でセリフを当てるというものである。この日の声優さん達はこの方々(順不同、敬称略)。

  • 三五美奈子
  • 工藤マミ
  • 鵜澤明日香
  • さきはまりみこ
  • ハルカ
  • 平本雄
  • 黒元貴

内容としては、10月31日のハロウィンが終わって何もすることがなく暇になってしまったモンスター(?)達が、来る12月25日のクリスマスの準備で大忙しなサンタクロース一味の元へアルバイトをしに行く、というもの。11月ならではのテーマですねw

もちろん、絵は全て黒元貴様(キサマ)が描いて下さったようです。相変わらず貴様はこき使われているご様子w絵柄はえみちゃんをモデルにしたキャラクター「むーま」一族に近いですかね。コミカルな内容で子供達にも大受けでした。

第2部

(光の加減で分かりづらいですが、青い衣装 - taken by 吉田きゅん氏

 

第2部では、恐らくあまりえみちゃんのライブで見かけることが無いであろう、青いドレスで登場。何故青いドレスなのかというと、とある機会の時に、えみちゃんのお母様に、「えみちゃんは白とか赤系統のドレスも良いけど、青系も大人っぽくて良いんですよ!」と力説した(らしい)ところ、それを覚えて下さっていて、今回制作してくれたとのこと。なんて素晴らしいお母様なんだ・・・!また、松戸に遊びに行った際にはよろしくお願い致します。m(_ _)m

①ロマンティック浮かれモード

ボイスドラマが終わって、立つのが面倒だなぁ、いっそのこと全員座ったままでいようか、って雑談をしていたら聞き覚えのあるイントロが・・・。いや、確かに座ったままですけど、土下座始まりですよ・・・。これはえみちゃんが1枚上手でした(結果的に)。そして、ロマモの間奏ではお約束のビーチフラッグばりのダッシュ!!・・・この時に、柵にぶつけた右足の脛の怪我がまだ微妙に治りきっていませんw。初めて見た方はさぞビックリなされたかと思いますが、涼城家親族含め、イントロの時点でいろんな意味で『キタ――(゚∀゚)――!!』を思っていたのではないでしょうか。

②Weather of love SN

これはえみちゃんのオリジナルソング。もう10年経つんですかね。なお、こちらがA面で、C/Wがあの『ペト子オレンジ100%』だったCDです。こちらももう完売したのかな??えみちゃんは基本的にツンデレキャラを演じたい(らしい)のですが、師匠にあたる方にとある番組で『ツンデレのキャラは合わない』とダメ出しされてましたねwそんなえみちゃんのツンデレ全開の楽曲です(笑)。途中、天気予報が外れて雨が降ってきた、という内容の歌詞の部分で「よしずみ~!!(敢えてひらがな表記)と叫ぶ部分があるので、全力で叫びましょう。ああ、また以前使用していたボードを用意しておいた方が良いのかな?

③青空のラプソディ

ここで確かダンサーのりみみとびーちゃん(星空キルクス団)が登場。昼に1回踊っているので、もう身体が覚えてましたね。そして、またしてもカメラを片手に映像を撮りまくるえみちゃん。踊るおっさん達の映像がそこまで思い出になるのか??というささやかな疑問も持ちつつ、まあ楽しそうだから良いか。

ところで、『ラプソディ』と聞いて、井上陽水『新しいラプソディ』竹内まりや『純愛ラプソディ』Queen『ボヘミアン・ラプソディ』が真っ先に思い当たる私は立派なおっさんです。はい。

④CHU-CHU♡RAINBOW

引き続きダンサーズと共に。こちらはアニメ『アイカツ!』の中の挿入歌?なのですかね?(ググった)。2月の活動10周年記念ライブでも歌っていましたね。「いつかゆびきりRAINBOW~」のところでいつも指切りさせて頂いて済みません。なんかいろんな圧を感じるのですが気のせいでしょうか←

 

(このダンサーズの躍動感は凄い! - taken by 吉田きゅん氏

 

第2部はこんな感じでしたね。セトリ的には、最初の1曲を除いてはおとなしめ(涼城えみ比)。ただ、ダンサーズの2人には、ここからが本番と言ったところでしょうか(笑)。

 

ボイスドラマ班およびダンサーズの自己紹介

ここでボイスドラマ班とダンサーズの自己紹介等を挟みます。概ね、お昼の部にも出演されているので割愛しますが、1人だけ夜の部のボイスドラマから登場しているので、その方をご紹介しましょう。

ハルカ

『遥か~、彼方まで~!!』でおなじみの声優・ハルカさんです。りみみとは『ハルカリー』としてツイキャスやらSHOWROOMをやっていたそうで。私自身は昨年末の松戸での公開収録以来、2度目の物販だったと記憶しているのですが、私の名前を覚えて下さっていて光栄です。というか、何故、私の名前を楽屋でよく聞くのでしょうか・・・。さては、誰かなんか悪い噂してるな!?おいちゃんはいい人だぞ!腹黒いけど!!ということで、全力で『善人』アピールしておきました。余計怪しいのですけどね(笑)。
ハルカちゃん、自己紹介の時にいつものかけ声をかける際に、最初に「えみちゃんBDも~」と付け加えてしまったが為に、涼城えみBDライブが遙か彼方に飛んで行ってしまいました。そのあたりの、ちょっと抜けた具合が微妙にちょうど良いのでしょう(笑)。りみみがまるでしっかり者に見えます←

(りみみとの双子役は息ピッタリでした! - taken by Benjamin

第3部

さて、第3部に突入です。第3部では、薄紫色したドレスにお着替え。

(毎度のことですが、凝った衣装を作りますねお母様 - taken by 吉田きゅん氏

 

第3部は、構成としてはオリジナル曲4曲+カバー1曲となります。

途中、ダンサーズ再び!となります。いやぁ、若いから元気だねぇw

①リアルファンタスティック

第1部で歌った『眠れる森の中』の表題曲。世を忍ぶ仮の(略)時代のえみちゃんが歌っていたものをソロでカバーしております。ちなみに、この世を忍ぶ(略)の頃、エミリーさんは緑色の頭をしていて、相方のシャオリンさんはピンク色の頭をしておりましたね。お客さんは『村民』と呼ばれ、反転された『村』の字が書かれたTシャツが印象的でした。何故か、私も村民Tシャツを持っております(笑)

この曲、サビは滑舌が良くないと巧く歌えないという、以外と難しい曲になっておりまして、声優を目指すえみちゃ・・・エミリーさんにはいい練習になったのではないでしょうか。

②Shine

社員ではありません。Shineです。なお、私は正確には団体職員になります。どうでも良いですね。

こちらも最新のCD『現世恋歌』に入っております。2月の活動10周年ライブで初出しだったと思います。ここで再びダンサーズが加わり、サビはみんなで振り付きで踊ります。

何でも、これまでの活動を通じての夢と希望と葛藤を盛り込んだ曲になっているようです。メロディーはかなり明るい感じなんですけどね。どんな夢や希望、葛藤があったのかは、CDを購入して歌詞を読んでから想像してみて下さい

③sky dream

④Eternity My Ideal

こちらの2曲は同じCD『Eternity My Ideal』の2曲目→1曲目と言う流れ。こちらのCDも完売のはず・・・。結構、すでに音源がなくなってしまっている楽曲が多いですね。

先日、2010年のBDライブで使ったコール表なるもののデータを発見したのですが、これら2曲はきちんとどこで何をするって決めてあったんですねw特に、Eternity My Idealの方はmixを入れていたようです。確かに入れやすい曲ですし、テンポも速めで盛り上がる曲ですが、今は全くやってませんw『えみちゃんコール』も8回ずつ入れていたようです。その前に「警報」とか書かれているところに懐かしさを感じずにはいられません。応援の仕方をだいぶ変えてしまったと思うので、当時のファンの方にはすみません、と一言謝っておきます。

⑤創聖のアクエリオン

涼城家の親族一同が一番盛り上がる曲(笑)。黄色い声や(ちょっとくすんだ)黄色い声が親族側からこだまします。この時ばかりは、ああ、えみちゃんは親族の中で一番のアイドルなんだなと実感します。親族一の『期待はずれ』な私とはえらい違いです(爆)。

みんなで一緒に『オレも~!!』と叫ぶとき、えみちゃんが一瞬、女神に見えると言います。天使ではありません、女神です。本当に女神に見えた人は、一度、眼科に検診に行くと良いでしょう

まあ、こうして盛り上がりが最高潮となったところで第3部が終了となりました。

 

(ダンサーズも加わって「Shine」の振り付け - taken by 吉田きゅん氏

ボイスドラマ・その2

さて、第3部の後は2つ目のボイスドラマ。こちらは、1つ目のものとはうって変わってシリアスな儚い恋物語。えみちゃんは悲恋もののストーリーが好きなのでしょうか。そんな気がします。

人形の声が聞こえるという主人公の男の子と、そんな主人公に恋心を抱く女の子の人形。その想いが伝わったのか、人形は人間の女の子に姿を変えます。しかし、所詮は人形。主人公の男の子はやがて大人になり、年老いていきますが、女の子はずっと、若い頃のままの姿。これでは不審がられると、山奥でふたりひっそりと暮らすことに。

その後、男の子は老人となり、最期の時を迎えます。息絶えた後、女の子もまた、人形へと戻る・・・。そんなお話し。

絵柄がまたガラッと変わるのですが、貴様はどのくらいの時間を制作にかけていたのでしょうか。脚本(=涼城えみ・作)ができないと絵が描けないと思うので、かなりハードな作業だったと思います。

そして、それに声を当てている声優の皆さん。感情が良く伝わってきました。さすがです。

昼の部のチーム・変態がとてもいい仕事をしていたことだけは強調しておきます。

第4部

いよいよ、ラストの第4部になります。

第4部は、『現世恋華』のために作られた、赤を基調とした和装(2代目)。何故、2代目なのかは・・・本人に聞くと良いでしょう(笑)。

初っ端からHIDEKIと共に登場!なお、HIDEKI氏はえみちゃんおよび貴様に対して『お前ら扱いが雑じゃ!』と嘆いておられました。それはそうでしょう、1週間あれば曲が作れると思われているようでは・・・。ただ、ちょっと嬉しそうでもあったので、やはりHIDEKI氏はMだなぁ、と感じた次第。

①Doll

こちらのDollは2012年に発売されたミニアルバム『Nerine』の1曲目なのですが、その昔、全くしゃべらなかった時代の黒元貴とのユニット・coldで出した楽曲『Darkness Dream~闇夢~』のメロディーを編曲した上でえみちゃんが歌詞を書き換えたもの。作曲はHIDEKI氏なので、もちろん、HIDEKI氏が登場しましたよ~。その様子がこちら。

(歌うえみちゃん、弾くHIDEKI - taken by 吉田きゅん氏

②現世恋華

2曲目は現在、最も新しい楽曲にしてえみちゃん曰く『一推し』の『現世恋歌』です。ここでは、この曲に振り付けをしたダンサーズのふたりが登場。

儚い化け猫の悲恋の歌なのですが、活動10周年ライブの時にそのストーリーをボイスドラマにしていたのを、ライブに参加されていた方は覚えていらっしゃるでしょうか。今回、BDライブの物販ではそのストーリーの『完全版』がCDとして発売されました。初回限定版通常盤の2種類がありますので、まだ手元にない方はお早めにお買い求め下さい(私も含め←)。

この曲、本当にHIDEKI氏作曲なのか?と思うくらい、テイストは和なのですが、とても良い曲なので、HIDEKI氏を褒め称えたいと思います。願わくば、このレコーディングの時に変な動きをしていて、その風景が映像として流れることがないように・・・。

(ダンサーズを引き連れ『現世恋歌』を歌うえみちゃん - taken by 吉田きゅん氏

③甲賀忍法帖

ここからは再びHIDEKI氏登場。そして、甲賀忍法帖です。甲賀忍法帖と言えば涼城えみ、と言えるくらいには彼女の歌う甲賀忍法帖をこれまで聴いてきましたし、別の人が歌っていても身体は勝手にいつものえみちゃんの振り付けで動くし、最後はどうしても『三千盛』で締めたいんですよ。

この時点でもうテンションはMAXでしたね~。サンダースネイク→ムラマサ→アマテラスの流れは鉄板です。ただ、ライブハウスでヲタ芸を打つときは、『素手』『肩幅を超えない』が基本。動きが激しいですから、これらを守らないと危険です。周りの人との相互理解の元に行ってください。

てことで、この日も安定の甲賀忍法帖でおいちゃんは満足でした。(*´∀`*)

④ペト子オレンジ100%

まさかとお思いかと思いますが、ラストの曲になってしまいました。ラストはやはり、涼城えみの代表曲で締めるわけですね。

ペト子もよく考えたら、私がえみちゃんを応援し始めた頃とは応援が変わってますね。当所はサビでマワリとか無かったですし。「3・2・1!」とかのタイミングも無かったです。全て、その後の試行錯誤の結果なんですが、感慨深いものがあります。この曲が、『涼城えみ』の名を広めたと言っても良いのではないか・・・。耳に残るメロディー、甘く切ない恋心、分かりやすい歌詞。多くの人に覚えてもらえる要素はたくさんありますね。HIDEKI氏には足を向けて寝られないですね。どこに住んでるのか分かりませんが(笑)。

涼城家一族の皆さんも慣れたもので、一緒に踊ってくれるものですから、会場の一体感はハンパなかったです。

(代表曲『ペト子オレンジ100%』を歌うえみちゃん - taken by 吉田きゅん氏

 

そんなこんなで第4部が終わってしまい、このまま物販・・・にはならず(笑)。当たり前です。アレをやらなきゃライブは終わりません!ってことで、恒例の!貴さ~ん、チェック!!アンコールです。

アンコール

今回のアンコールはくじ引き。ランダムに3枚引いて、その番号のトラックを流すという画期的なもの。何がでるか分からない、その緊張感がまた楽しいという。

1枚目は、涼城家親族の小さな女の子が「3」番を引きました。

2枚目は、古くからのお客さんが「2」番を引きました。

3枚目は、僭越ながらワタクシが「5」番を引きました。ナイジェル・マンセルのレッド・ファイブにちなんだ5番です。なんだかわくわくしますね。

(くじを引くワタクシ - taken by 吉田きゅん氏

 

栄えあるアンコール1曲目はこちらになりました!

■Only my railgun

1発目から激し目のが来ましたねw女の子、ありがとう!(笑)。この曲は一時期、いろんな女の子が歌っていて、えみちゃんもその一人でしたね。「客の体力を奪いに行く」時に歌っていた覚えがあります。お客さんの動きはあの頃とだいぶ変わりましたが(笑)、アンコール1曲目にふさわしい盛り上がりでした!

 

続いて、某お客様が引いた2曲目はこちら!

■Eternal Blaze

水樹奈々さんの名曲ですね!奈々ちゃん好きのえみちゃんが一時期、とても良く歌っておりました。みんなで一緒に「Eternal Blaze!」と叫んでジャンプするのが見所ですね!レールガン、エタブレと来て、私が選んだ本当の最後の曲はなんなんだろう・・・と、この曲が終わった後ざわつきました(笑)。

(アンコールで歌うえみちゃん。どの曲だろう? - taken by 吉田きゅん氏

 

さて、私が引いたオーラスの曲はこちら!!

■チェルシーガール

田村ゆかりさん(17)の名曲の一つです!これも、活動のわりと初期にえみちゃんが歌っていたと思います。歌の途中にコールが入るのですが、コール表持ってくれば良かったなぁ、なんて思っていたのですが、2012年のBDライブで使用した「甲賀忍法帖」用のコール表の裏に・・・チェルシーガールのコール表が!すっかり存在を忘れてました(笑)。えみちゃんは気づいていたようです(裏面をその時に観ていたので)。いやぁ、ネ申が降臨したなと思いましたね(笑)。オレの引きはさすがですw

 

さて、以上で終了・・・と思いきや、ここで私が叫びました。

「ちょっと待った~!!!!」

出た~ちょっと待ったコール!(古い) 渾身の力を込めて叫ぶと、舞台の後ろから貴様が現れました。

キサマ「えみ、なんか忘れてることないか?」

えみ「え?何?(予定の曲は全て歌ったよ)」

キサマ「本当に何も忘れてないか?」

えみ「どういうこと?」

キサマ「これだ!!」

といって、舞台後ろから現れるりみみとびーちゃん。その手にはケーキが。突然の登場に驚くえみちゃん。

(これがケーキ。えみちゃんがゲームでCVを務めるキャラが描かれております - taken by 吉田きゅん氏

 

上の写真で分かるか分かりませんが、中央の絵は、えみちゃんが「遥かなる異郷グランヴィリア」というスマホゲームでCVを務める、ヒーリング系のキャラクター「トーラ」の絵。そしてろうそくは数字のろうそくが5本。ケーキの左上に「14」歳、右下に「204」ヶ月となるように配置されてます。そう、えみちゃんの14歳と204ヶ月のお誕生日だったのです(そこ、計算しないの!)

ハッピーバースデーの歌を歌い、えみちゃんがろうそくの火を吹き消すと一斉にクラッカーが!!

(ろうそくの火を吹き消すえみちゃん - taken by Benjamin

 

さて、ここでようやく全ての企画(サプライズ含む)が終了し、えみちゃんが語ります。これまでのこととか、まあ色々。途中涙ぐむシーンもありましたが、活動を初めて10年半以上、本当に色々なことがあったと思います。そうした思いが、特に今回は強く出たのではないかと思います。そして、今回も泣かせてやったぜ!(←悪い人)。

最後はえみちゃんの希望により、夜の部の演者さん、およびお客様全体を含めての写真撮影。きっと、思い出に残ることでしょう。

(全体写真:フリー素材のお客様はぼかしを外してます - taken by 吉田きゅん氏

 

最後に、様々な企画等に協力してくれた皆様、本当にありがとうございました。また、今年は2回も大きなイベントを開催したえみちゃん、本当にお疲れ様でした。そのお手伝いを一手に引き受けた貴様、ご苦労様でした。ゆっくり休んでくださいね。

お昼の部に出演してくださった皆様、夜の部でボイスドラマに参加していただいた皆様、ダンサーのお二人、本当にありがとうございました。おかげでとても楽しい一日になりました。また、ご縁がありましたらよろしくお願い致します。

 

来年も、えみちゃんにとって楽しい誕生日が迎えられますように。

Benjamin

 

(受け取った直後のケーキ全体画像 - taken by Benjamin

 

(入り口に飾られたスタンド花 - taken by Benjamin

 

こちらも是非お読み下さい

【ライブ】今年もオレンジ色の熱い冬がやってきました・その1

【ライブ】今年もオレンジ色の熱い冬がやってきました・その2

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、涼城えみBDライブ+1(活動10周年記念ライブ)の歴史を

簡単にふり返ったところで、

活動11年目に入って最初のBDライブの昼の部について。

 

初めに語っておきます。

私はアニメ(とマンガとゲーム)に疎いため、

各出演者の皆様がカバー曲を歌っていても

ほぼオリジナル曲と思って聞いております

なので、タイトル等はあまり分かりませんので

曲の内容については殆ど語りません。

ステージ全体の印象とか、個人的な思い入れとか、

そんな感じの「感想」になりますので、どうぞよしなに。

 

お昼の部は「えみ得の宴」と題して、

ひたすらえみちゃんがゲスト様の歌を歌い楽しむというもの。

なので、最初の諸注意を貴様と共に行っていた時点では

ほぼすっぴんの状態でした(笑)。

みんな、顔が薄いとか言わないの!!

 

あ、そういえば今回は事前にタイムテーブルを入手できなかったので

誰がどういう順番で歌ったか全く覚えておりません。(笑)

出演者の皆様もあまり自分の出演時間を

告知していないことが判明したので

順不同で適当に出演者の皆様(敬称略)のステージの感想を

つらつらと書いていきたいと思います。

 

①三五美奈子

三五美奈子さんは、いわゆる私が思う「声優」でした。

アイドル路線に寄せず、キッチリと声で演技できると言う意味ですね。

ゴールデンタイムのアニメやNHKなどのアニメ番組に出てきそうな

雰囲気を持っておりました。

またの名を「オーラ」ともいいます。

最初にえみちゃんとコラボしたり、終盤で貴様とコラボしたりと

出番は多かったのですが、悲報が一つ。

この日の数日前に事故に遭われたそうで、

脚を怪我して練習した振り付けができず、

急遽振り付けを殆ど無しでコラボすることになってしまったそうです。

本人も大変ショックだったようなので、

次にコラボする際には是非、リベンジして頂きたいと思います。

初のBDライブへのご出演、本当にありがとうございました。

 

②きゃな・びーちゃん

きゃなもびーちゃんは、貴様とのコラボで

初っ端の訳の解らないCMから始まり(笑)、

ほぼ休み無く踊り続けておりました。

夜の部でもダンサーとして踊り狂う予定のびーちゃんにとっては

まあ軽い準備体操だよね・・・と思ってたら

きゃなよりも疲労感を漂わせてました(笑)。

これは・・・母は強し、と言うことなのだろうか?w

きゃなは地元が同じなので、某K兄さんと3人揃うと

濃い~地元トークになりますが、

彼女は決してマイルドヤンキーとかじゃないですからね。

びーちゃんは、普段は「星空キルクス団」という

サーカスをモチーフとしたユニットのウサギ役ということですが。

・・・ジャイアンツファンじゃねぇよな

何はともあれ、二人とも熱いダンスをありがとうございました。

きゃなは子育てとの両立が、びーちゃんは本務との両立ができれば

またご出演願いたいと思います。

 

③さきはまりみこ

通称・りみみ(と頑なに呼び続ける)。

お昼の部は歌と、すこしダンスをしたくらいでしたが、

夜は出番たっぷりなので、本当の準備運動でしたかね。

最近はいろんな活動をして行く中で

様々なステップアップが感じられるので

是非この調子で頑張っていって欲しいなと思う次第。

決して欲張らず、一つ一つ、階段を上って欲しいなぁ、と。

活動初期から見ている者の親心的なものですかね。

・・・余計なお世話にならないように気をつけますが。

良い意味でのステージに安定感が出てきたように思います。

本業である声優業にもきっと良い影響を与えていると思うので

来年はどこまでレベルアップしているか、

いや、その途中で何回確認しに行けるか・・・。(大事)

このところ、えみちゃんのイベントの常連になっているので

また来年もよろしくお願い致しますね。

 

④小松美恵

えみちゃんとともにスマホゲーム

遥かなる異郷グランヴィリア

ポルン&ポレンのCVとして出演されています。

その縁(なのかな?)で今回、初めてえみちゃんのBDライブに出演。

本当にありがとうございました。

他のライブでは何度かお目にかかっており、

来年はこまっちゃん(と勝手に呼んでいる)のBDライブに

応援しに行くんだ!・・・と堅く心に誓っております。

特に、彼女がこの日歌った最後の曲

「まっすぐなことばで」

これが大変お気に入りなので、

CD(「流星コネクト」のC/W)を買いに行かねばと思っております。

今後とも是非よろしくお願いします。m(_ _)m

 

⑤MiNaf

毎回のえみちゃんのBDライブではもちろんのこと、

それ以外の所でもいつもお世話になっておりますMiNafのお二人。

この日もHIDEKIは目立ってましたねぇ(笑)。

夜の部もだいぶ活躍するのですが、ソレは別の記事で。

MINaちゃんは、別現場で初めて会って以来

かれこれ長い付き合いになるのですが、

当時と比べると、巧くなったなぁ(敢えてこの字を選択)という印象。

力で押すだけでなく、引くことを覚えると

ああ、こんなに幅が広がるんだなぁ、と。

別に今回のライブで初認識したわけじゃないのだけど、

MINaちゃんについて書く機会は少ないので、敢えて書く。(笑)

HIDEKIサウンドとの相性の良さはもちろんなんだけれども

別の歌でも違和感なく歌えるんですよね。

さて、それを聞く機会は今後あるのでしょうか。

聴いて見たい気はするが、えみちゃんBDの時は

HIDEKIとともにMiNafでお願いします(笑)。

夜の部で、早くもHIDEKIが「来年も出ます!」って宣言してましたしw。

 

 

ここで、各出演者さんのソロ等の間に行われた企画について。

企画としてfhánaさんの楽曲「青空のラプソディ」

出演者だけでなく、お客さんも一緒になって

サビの部分を踊ろう!!というものがありました。

これは、動画にとってその様子を、

夜の部の開演前にスクリーンで流すほか、

えみちゃんが個人的に思い出として楽しむということで

事前にブログで予習するよう告知しておりました。

もちろん、私は10分ほど予習して乗り込みました(笑)。

そんなに難しいものでは無いので、

多くのお客さんがノリノリで踊っておりました。

 

 

⑥大和撫子 百合

 

 

今年はなんだか、百合ちゃんとえみちゃんが

同じライブに出ることが多かった気がするのですよ。

なので、まあちょっと期待していたら

まさかのオファー!快諾!!ヽ(´∀`)ノ

というわけで、喜んでいたら

「百花繚乱」でコラボまであって・・・。

そのあとに続く、「大和魂~えみ蔵の力~」がなんとも。

というか、「えみ蔵」って呼ぶのは何年ぶりだろうか(笑)。

たぶん、2012年以来かと思われますw

みんなが象さんの小物を持っていたのが懐かしい。

来年は「えみの助」ですかね←

そんな百合ちゃんには、ライブ前にだいぶえみちゃんの相談に

乗ってもらっていたようで、

そんな所も感謝、感謝でございます。

来年はきっとボイスドラマにも・・・|д゚)チラッ

いや、何から何まで本当にありがとうございました!

 

⑦鵜澤明日香

鵜澤パイセンには毎年ご出演頂き、本当に感謝、感謝です。

ただこのところ、あるスイッチが入ると

ものすごい早口でまくし立てる女オタクと化しているのですが、

一体、どこで彼女はその道に外れてしまったのでしょうか・・・??

確か3月に活動8周年ライブをやっておりましたが、

ワタクシ、彼女の活動初期も見ているわけでして。

その頃は、しゃべりは達者だが正統派の声優アイドルだった

ような気がするのですが・・・。

私の認識が間違っていたのでしょうか。

今度、物販で会ったときに教えて下さい。

ただ、あの話がまとまらない夜の部のボイスドラマ班の会話を

ビシッと締める辺りは、8年の活動の貫禄さえ感じます。

(今年10周年を迎えたはずの主役は、たぶんまとまらない方)

毎年、ボイスドラマ班の会話をスケジュールに入れられるのは

鵜澤パイセンあってのことだと思うので

来年も是非またよろしくお願い致します。m(_ _)m

 

⑧平本雄

忘れがちですが、昼の部で唯一、男一人での出演者になります。

忘れがちですが。

そんな平本君。

2月の活動10周年記念ライブに引き続いてのライブ出演ですが、

えみちゃん曰く「こなれてきやがった」とのこと(笑)。

小道具まで用意して、何とか場を盛り上げようとする一生懸命な姿勢。

ワタクシ、ステージに上がる者として忘れかけていた何かを思い出しました。

本当にありがとうございます。

夜の部のボイスドラマはさすが!といったところですが、

歌は本人、ステージで歌うのはそうそう回数をこなしているわけではないので

緊張しているはず。

さぞ、歌い終わってホッとしているだろう、と思ったら

思わぬ出来事が!!

・・・続きは最後の紹介者を待て!

 

⑨工藤マミ

ま~み~ん!!ヽ(´∀`)ノ

と言うわけで、まーみんこと工藤マミさんですが、

WM時代からの付き合いなのでかなり長いですね。

赤坂Cスタジオに出演する前からですから、

かれこれ6~7年くらいでしょうか。

相変わらず、その頃購入したPENTAXのK-xを使用しております。

なんならフラッシュが追加されパワーアップしてますw

まーみんといえば「Break down, break dance」な訳ですが

決して前に出て来ず後ろで大声でコールを叫ぶ

良く見知った者ども(笑)が懐かしくてですねw

タイミングを外さずに自分もコールできて、

ああ、身体は正直ね覚えているんだなと思いました。

来年の2月18日にはご自身もBDライブを開催とのこと。

そして、えみちゃんも「当然の如く」呼ばれているようなので

これまたよろしくお願い致します。m(_ _)m

 

⑩黒元貴

あやうく紹介を忘れるところでしたが(笑)、

涼城えみといえば黒元貴、黒元貴といえば涼城えみ

ということで、貴様(キサマ)の紹介を。

1曲目から「WHITE BREATH」で我々の体力を削り

ラストでまさかのチーム「変態」で平本君と共に女装。

厳密に言うと、貴様は女性なので

女性が男装した上で女装という訳の解らない不気味さが(笑)。

それに引き込まれてしまった平本君、

さぞやお困りかと思ったら・・・まさかのノリノリ!!

プロデューサー・涼城えみとのことなので

細かい部分は今度会ったときにキッチリと指導しておかねば。

そんな事はさておき、貴様には今回も

裏側であれこれ何かとお世話になりました。

貴様がいなければ涼城えみ主催は成り立たないのです。

今後とも何卒よろしくお願い致します。m(_ _)m

 

で、チーム変態が去って行ったあと、
何が行われるのかと客席がざわついているところ、
えみちゃんが慌てて一言。
「お昼の部は以上です!!」
・・・!?
してやられたッ!!

えみちゃんが慌てていたのは、
貴様のラストの曲は、
リハではいつもの「Flags」(by T.M.Revolution)だったようなのです。
なので、いつFlagsが始まるのかと思ったら、

終わった感満載の貴様と平本君が戻ってきたので

「何事ッ!?」とおもったらそういうことだったようで、

完全にサプライズだったようです。(笑)

えみちゃんをして「いつ仕込んでいたんだ・・・!?」と

とても驚いておりました。

何しろBD近くの日々は四六時中、えみちゃんと貴様は
一緒に居たわけで、
いつ平本君とそんな企画をし、小物を揃え、練習したのかと。
さすが貴様。
初めて出演した頃の無口で自己紹介もせずただ歌って帰って行く
あの頃の貴様はもういないのだ。
そのステージングについて毎回えみちゃんから
鬼のようなダメ出しを喰らっていたあの貴様は、もう戻ってこないのだ・・・。


悲しくもあり、その成長をちょっぴり頼もしくもあるBenjaminでした。
次は夜の部。
そう、えみちゃんのワンマンについては、

セトリ等の記憶が曖昧なので

えみちゃんがブログを上げたら(いつになることやら・・・)

1曲1曲に対する思いを込めてアップします。

 

【ライブ】今年もオレンジ色の熱い冬がやってきました・その3 へ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年、11月が終わるとほぼ、その年は終わったなと感じていました。

昨年は、それが無かったので2016年は2017年2月まで続いていたように錯覚してました。

 

何の話かと言えば、これ。

 

涼城えみBD LIVE 2017 ~えみ得の宴~

 ゲスト:黒元貴 / MiNaf / さきはまりみこ / 平本雄 / 工藤マミ /

     大和撫子 百合 / 三五美奈子 / 小松美恵 /

     きゃなとびーちゃん / 鵜澤明日香

涼城えみBD ワンマンLIVE 2017

     ~オレンジ色の熱い冬 LEVEL.VII~

 at ASAKUSA GOLD SOUNDS

 

まあこちらの方にお邪魔してきたわけですが。

LEVEL. VIIということで、これまでのBDライブ(+周年ライブ)を

とりあえずふり返ってみましょう。

 

1回目:2009.11.29 ~行くぞ!ネバーランドへ~ 高円寺・Studio K

  出演者情報とか、もうググっても出てきませんw

  あの頃のえみちゃんのブログがサーバごと消されてるのがツラいw

2回目:2010.11.23 涼城えみバースデーライブ 高円寺・Studio K

  ゲスト:佐々木由香 / 桜咲千依 / 三好りえ / etc.

3回目:2011.11.23 上野・BRASH (現・上野音横町)

  昼:涼城えみバースデー直前ライブ!~推しメン大集合~

   ゲスト: ☆ぴよひな☆ / ☆★朋★☆ / 鵜澤明日香 /

        黒元貴 / 秋山えりか / 佐々木由香

   MC:ドリームジャンボ(くにぼ~ん / まぁくん)

  夜:涼城えみバースデーライブ!2011~オレンジ色の熱い冬~

4回目:2012.11.25 渋谷・DESEO

  昼:涼城えみBDライブ ~えみ得の宴~

   ゲスト: FICE / 黒元貴 / ☆ぴよひな☆ / 音羽紅美 /

        星乃ちろる / 紅 / 鵜澤明日香 / AYA-絢- /

        MiNaf / まかべまお / 秋山えりか / チーム山崎(仮)

  夜:涼城えみBDワンマンライブ

      ~オレンジ色の熱い冬~LEVEL.Ⅱ

5回目:2013.11.23 渋谷・REX

  昼:涼城えみBD LIVE 2013 ~ えみ得の宴 ~

   ゲスト: 黒元貴 / 工藤マミ / AYA-絢- / 鈴木まどか / MiNaf /

        春日理緒 / 姫騎士オフライン / 畠中みゆき /

        ☆ぴよひな☆ / 前田明日美 / ちゅら☆レボ /

        鵜澤明日香

  夜:涼城えみ BD ワンマンLIVE 2013
      ~オレンジ色の熱い冬 LEVEL.Ⅲ~

6回目:2014.11.23 浅草KURAWOOD

  昼:涼城えみBDライブ2014 ~えみ得の宴~

   ゲスト: 黒元貴 / ☆★朋★☆ / ☆ぴよひな☆ / 鵜澤明日香 /

        MiNaf / MicA / ちゅら☆レボ / 風翼花*Fuyoka * /

        AYA-絢- / 桃園桃 / 畠中みゆき / 美奈鈴いぉ

  夜:涼城えみ BDワンマンLIVE 2014

      ~オレンジ色の熱い冬 LEVEL.Ⅳ~

   ダンサー: 矢岸夏南美・藤月貴恵(風翼花*Fuyoka*)

   演奏:HIDEKI(MiNaf)

7回目:2015.11.22 浅草KURAWOOD

  昼:涼城えみ BD LIVE 2015 ~えみ得の宴~

   ゲスト: 黒元貴 / ☆★朋★☆ / MiNaf / 鵜澤明日香 / MicA /

        涼森ゆき / 桑名美沙子 / 白浜海未 / ぴゅあぎぃーく /

        米スティック

  夜:涼城えみ BDワンマンLIVE 2015

      ~オレンジ色の熱い冬 LEVEL.Ⅴ~

   ダンサー: 崎浜莉美子 / 藤月貴恵(星空キルクス団)

   演奏:HIDEKI(MiNaf)

 

あと、BDライブじゃないんですけど、

活動10周年記念ライブが間に入ります。

 

8回目:2017.02.11 ASAKUSA GOLD SOUNDS

  昼:涼城えみ  10周年LIVE  ~えみ得の宴~

    ゲスト: 黒元貴 / ☆★朋★☆ / 崎浜莉美子 / ハルカ /

         鈴木まどか / MINa / MicA / 大塚郁実 / 平本雄

  夜:涼城えみ  10周年ワンマンLIVE

       ~オレンジ色の熱い冬  LEVEL.Ⅵ~

   ダンサー: 崎浜莉美子 / 藤月貴恵(星空キルクス団)

   ボイスドラマ: 黒元貴 / 平本雄 / 崎浜莉美子 / ハルカ /

            鵜澤明日香

 

なので、正確にはワンマンライブの回数が7回目だったと。

 

1回目から多分、参加はしてるんですが、

1回目の記憶が遠い彼方・・・写真も撮ってないんですよね、この時。

2回目は覚えております。

2回目(2010年)以降に撮影した写真を手持ちにあるだけドドンと。

2010年BDライブ後のえみちゃん

 

2011年は初めてライブの準備をやった年ですね。

花屋ケーキを発注し、サプライズを仕掛け・・・とかやってたら

えみちゃんの写真を全く撮る暇が無かったんですね。

若かったなぁ、オレ。

翌2012年も、花やケーキは撮ってますが、

肝心の主役を撮ってないですねぇ。

2013年、2014年に至っては、準備を後任に託したのを良いことに、

スタンド花しか撮ってないw

 

2015年BDワンマンライブ直後のえみちゃん

 

お気づきでしょうか。1枚目から5年後のえみちゃん。

顎のラインは辛うじて保ってます。

メイクがだいぶ変わっておりますね~。

だいぶ落ち着いた大人の女性を演出しているのでしょうか。

それとも単にライブ直後でメイクが流れたのでしょうか。

・・・前者だと思いたい(笑)。

 

今年の活動10周年ライブのえみちゃん

 

お分かり頂けただろうか。

二の腕の髪型が向かって左分けではなく、パッツンなことに。

そして、今一番新しいシングル「現世恋華」のレコ発だったので

3枚購入でこのポスターが特典で付いてきたんですね。

このポスター、見所は意外と大胆に露わになっている脚です←

 

2017年涼城えみBDワンマンライブ終了後のえみちゃん

 

で、こちらが今年の撮れたてのえみちゃんになります。

顎が丸くなりました。

この膝と太ももをさりげなく写し込むのが私の趣味です。(断言)

 

いかがだったでしょうか、

「涼城えみの活動の歴史を辿る」

タイトル変わってしまいましたね(笑)。

ライブ本編については次の記事で・・・。
明日中には上げたいなぁ・・・。

(実は昼の部を書き終えた時点で誤ってタブを閉じて消してしまったなんて言えない)

 

【ライブ】今年もオレンジ色の熱い冬がやってきました・その2 へ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。