分子栄養学のススメ

分子栄養学の確立者である三石巌によって設立された会社“メグビー”のブログです。


テーマ:

 ボクはじぶんが白内障になったのは、目玉のあたりの血のめぐりがわるいんじゃなくて、レンズが人なみよりぜいたくにビタミンCを消費しているためだと考えた。

 これがあたっているかどうかは知ったことじゃないが、とにかく、ビタミンCの必要量が人によってちがうっていう個体差の問題をここでしっかりつかまえたと思った。

 だがしかし、どうして個体差ができるのか、その説明はできずにいたんだな。

その説明がつくまでに二十年ぐらいの時間がかかっているんだ。

 ボクがとりあえずやったことはビタミンCをたっぷりとることだ。そのときボクは、野菜や果実を食うことは考えなかった。ビタミンCの製剤を注射することにした。注射なら量も吸収もうけあいだ。

 ボクは考えた。どうせ注射するなら、ほかのビタミンもまぜて大きな注射器でやろうってことだ。痛いなんてことを問題にするようじゃ何もできはせん。

 大きな薬局へいってみると、ビタミンのアンプルがずらりとならんでいた。ビタミンCのほかに、無色のB1 、黄色のB2 、緑色の葉酸、紅色の B12 、褐色のK。

 ビタミンCのふそくがあったんだから、ほかのビタミンのふそくもないとはいえないと考え、結局、ボクはそのぜんぶをやることになったンだが、さいしょはCとB1とB2の三つにしぼった。

 注射はむろん毎日やるかくごだ。そのころは、いまとちがって使いすての注射器なんてものはなかった。注射器は針のついたまま、なべにいれて熱湯で消毒しなければいかん。やっかいな話だ。

 ボクは注射のやりかたをいぜんから知っていた。医者におそわったことがあるんだな。

 母がボケぎみで寝たきりになっていたころ、心臓発作をおこした。そのときボクはすぐにカンフルをうった。するとたちまちおさまった。ボクはカンフルまで用意していたんだな。

 メガ(大量)ビタミン主義ってことばがある。ボクはこのときからメガビタミン主義者になったわけだ。ゆうめいなライナス・ポーリングより二年ほど早かった。

 じつは、ビタミンの大量注射をやっても、べつに何ということもなかった。ただ、スキーにいってみると、ごりやくはてきめんだった。いくらすべっても筋肉のつかれは感じられないんだな。

 戦後、スキーを再開したのは六十五の年だ。

 

本原稿は、1994年2月18日に産経新聞に連載された、三石巌が書き下ろした文章です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 文献によれば白内障の原因はビタミンCのふそくだとある。ボクの同級生にビタミンCの製剤などとっているにんげんはいなかった。それなのにボクだけがふそくとはなにごとだ。

 ボクはむずかしい問題にぶつかった。ボクはじぶんなりにこれを解いた。そして、そこからボクの栄養学がうまれ、ボクの健康管理学がうまれた。これが親ゆずりの目のおかげだとすると、親の恩は山よりも高く海よりも深いってことになってくるんだな。

 そのころボクの家には少年雑誌の編集者がさかんに出入りしていた。こどものぎもんにこたえる記事をあちこちに書いていたからだ。

 そのなかに中年の女性がいた。かの女はビタミンCの眼球注射で白内障をなおしたっていうんだ。ボクがからだをのりだしたら、その医者はもうビタミンC療法をやめたという。天然品が手にはいらなくなったからだそうだ。ボクはガクンときた。

 ビタミンCはアスコルビン酸ともいう。酸だから目玉に入れたらいたくてとびあがるだろう。合成品のビタミンCはふつうはこのアスコルビン酸だ。天然品はちがう。インドールと結合してアスコルビゲンっていう中性のものになっている。だからしげきがないから注射ができる。これはボクの見解だがね。

 ボクのそのころの考えはこうだ。白内障っていう眼病は水晶体がすきとおらなくなっておこる病気だ。ビタミンCはからだじゅうにゆきわたっているが、水晶体や副腎皮質や卵巣などにとくにたくさんたまっているものなんだ。本で読んだんだがね。

 というわけで、ビタミンCはひっぱりだこになっている。そうしてそれは、それぞれの持ち場ではたらいている。水晶体でどんな働きをしているかは知らないが、なにかのやくめをはたしているだろう。ボクの目の水晶体はビタミンCの働きがやりにくいんだろう。だからふつうの人よりビタミンCがたくさんいるんじゃないか。

 これがそのときボクの頭にあったことだ。水晶体のなかにはいろいろな化学反応がおこっているだろう。そこにビタミンCがかかわっているはずだ。それでなけりゃ、そこにビタミンCがあつまっている理由はないだろう。その化学反応はビタミンCをまきこんでいるが、ボクのばあいその量がおおくないと、反応がうまくすすまない。ここに、ビタミンC必要量の個体差の問題をみつけたわけだ。

 

本原稿は、1994年2月11日に産経新聞に連載された、三石巌が書き下ろした文章です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 散逸構造とかクローンとか、なじみのないことばをだしてきて何をいおうとしているのか。健康をめぐるエッセーを書くんじゃなかったか。

 この疑問にそろそろ答える義務がありそうだ。

 毛細血管がDNAの指令によらず、血液循環につごうのいいようにしぜんにつくられたものだ、と仮定すると、これは合目的なもの、と考えることになる。合目的とはなんだ。その組織に栄養や酸素をおくるのにつごうよくできてるってことだ。

 組織は栄養や酸素をいるだけもらわなかったら、目的がかなうようにはたらくことができないじゃないか。

 ここでの問題はボクの目だ。遺伝的に目のたちがわるかったとしても、それは毛細血管網のせいじゃないってことになりそうだ。

 ボクは、はじめのほうでは血管網っていっておいて、ここへきて毛細血管網ってことばを変えたことに気がついていたかな。

 毛細血管の上流には小動脈がある。これの設計図はたぶんDNAにあるだろう。毛細血管となると設計図なしだからどうにでもなるんだ。切れたりつまったりすれば、たちまち新しいのができる。ここのところは合目的なんだな。

 小動脈と毛細血管とのさかいめには括約筋(かつやくきん)がある。これは血流の関所のようなもんだ。ここで血流量を調節しているわけだ。

 ボクの目には弱点があるはずだが、それが血のめぐりの問題じゃないってことをいいたかったんだ。これで友人のK医師が「血管網の特性じゃないか」といったことをひっくりかえしたつもりだ。

 ついでだからいっておくが、毛細血管に血液をおくりこむところの括約筋をゆるめる働きは自律神経でコントロールするのがたてまえだ。

 だが、血管拡張剤でも、ニコチン酸でも、イチョウの葉の成分フラボノイドでもこれをゆるめることができる。これで視野があかるくなる。視力の回復にイチョウ葉エキスがやくだつのもあたりまえだろう。

 ボクは白内障といわれたとき、それがビタミンのけつぼうによることを知っていた。教え子たちとやっている勉強会でみた本にあったんだ。

 そのころビタミンCをわざわざのむ人間などはいなかった。それなのにボクだけが白内障になったのはなぜか。目の弱点の遺伝とはいったいどういうことか。

これが問題だ。

 

本原稿は、1994年2月4日に産経新聞に連載された、三石巌が書き下ろした文章です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)