2009-10-15 04:30:51

【レビュー】アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団

テーマ:ゲームレビュー

▼神の域を超えた▼

アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団

やっと発売されたね!

アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団」!!

凄く待ったよ!

前作の「アンチャーテッド エルドラドの秘宝」の発売2007年12月6日から2年

待ちに待ってようやく発売だ!

確かに待ったよね。

・・・でも、僕たちユーザーは続編を2年間待ち焦がれてたけど・・・開発チームは2年間で続編を作り上げたってことだよね?

凄くない?

確かに・・・続編とはいえ、2年間で大作を作り上げるノーティードッグの開発力は凄いな。
ノーティードッグって、クラッシュバンディクーとか作ってた会社だよね?

そうだ。

カルフォルニアにあるデベロッパーで、「ジャック×ダクスター」なんかも開発してるんだぜ。

・・・日本では全然売れなかったが・・・

とにかく・・・

早くプレイしてみようよ!

   ・

   ・

   ・

神!!
神!!!

すごいね!

なんで、こんなに凄いんだろう。

もう、「すげー」しか言えねぇよな。
こういう凄いゲームに遭遇したときって、僕たちのボキャブラリーのなさが浮き彫りになって・・・悲しいよね・・・。

だって、これ”すげー”が一番適切な表現だろ?

シナリオはテンポが良くてハリウッドの映画的。

音楽は躍動感があって、ハイセンス。

グラフィックは細かいところまで描き込まれてて、純粋に美しい。

そしてゲームは熱狂するほど面白い


鋼鉄親子でゲーム漬け!
総じて”すげー”。

・・・うん。いわんとしてることはよく分かるよ。

確かにプレイしてて、むちゃくちゃハマるもんね。

でも、それじゃあ何が凄いのか全然わからないよ・・・

基本的に、このゲーム。悪いところがほとんどないんだよなぁ・・・

じゃあ、少ない方から余事象的に挙げていこっか。

このゲームの何が悪いと思う?

やっぱり一番に気になるのはパッケージか?

このパッケージの画像・・・ないだろ・・・これ。


鋼鉄親子でゲーム漬け!

そうだね・・・右が国内版で、左が欧米版・・・

どう考えても左の方が良いもんね。

・・・だよな。

わざわざ、国内向けに変な画像を描き下ろさなくても、左のをそのんまパッケージに使ってくれればそれで十分だったんだが・・・

ものすご~く・・・余計なお世話だ。

他に、このゲームで悪いところは?
値段だな。

値段!?

このゲーム5980円だよ!無茶苦茶、安いじゃん!

そうなんだ・・・

安すぎて・・・あまりにも安すぎて、罪悪感が・・・

・・・意味分からない。

ま。

それ以外に悪いところはないな。

うん。

このゲームには驚いたよ。

悪いところが全然ないし、こんなにゲームにのめり込んだのは久しぶりかも!

発売される前は、「神ゲーか?」・・・と思ってたが、軽~く神ゲーを超えたな。

・・・で?

このあと、どっちが最初にプレイする?

まぁ、ソフト代払ったの僕だから。

申し訳ないが僕が先にプレイさせてもらうよ。

今使ってる”PS3 Slim”は俺のだから。

元をたどれば俺の物。俺が先にプレイする。

じゃあ、僕は”PS3 鋼(40G)”でプレイするから別にいいよ。

ちょ・・・ちょっと待て。

電気代だ!電気代は俺持ちだ!

だから・・・

・・・。
・・・。
・・・もう一つ買うか。
・・・うん。

グラフィックと満足度は11点をつけたい程に。

PS3で2007年12月6日に発売された「アンチャーテッド エルドラドの秘宝」の続編にあたる2009年10月15日に発売の「アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団」。
米デベロッパーのノーティードッグが開発を行い、国内ではSCEJがパブリッシャーを務める。
このゲームは、冒険家の主人公が財宝を探すというアクションゲームで、映画のインディージョーンズに通じるものがある。
基本的に、道なき道を己の握力のみでロッククライミングをしながら進んでいくアドベンチャー的なゲーム性と、敵とのシューティングを楽しむTPS的なゲーム性が混ざっている。

前作が王道一本道だったストーリーだったのに対し、今作は前作よりもヒネリの利いたストーリーになっている。

ゲーム序盤は主人公の回想によって時間軸が行ききし、主人公が現在危機的状況に置かれている理由の説明と同時に、チュートリアルも行い仕組みになっていて親切。

テンポの良いシナリオで常にハラハラした状態になり、ついつい魅了されてしまう。だが、前作でも評判がよかった王道のストーリーは守られている。

キャラ同士のセリフや、主人公たちが道端でボヤく会話はコミカルで面白く、殺伐とした戦闘シーンやハラハラするロッククライミングが続くゲーム本編と、絶妙に中和してゲームを重くなりすぎないようにしている。

登場キャラクターは前作よりも多めで、前作のパートナー達は全員出演。

キャラクターが個性的かつ魅力的で、キャラクターのリアルなフェイスアニメーションとの相乗効果で、人間臭さが出てキャラクターそれぞれのキャラが立っている。


グラフィックは脅威的

革新的なほど美しいグラフィックは、まるで映画の中に入り込んでいるような感覚。

特に目を見張るのは雪の表現で、膝上ほどにもなる新雪の中をカキ分けて進んでいく様子が、ポリゴンで描かれている。そのリアルさは未知なる体験で、最新の技術デモを見ているかのような驚きがある。

また、前作で驚いた水の表現も、今作では更に磨きをかけており、出来た波紋から光の反射。風景の映り込みまで、驚くほどに再現されている。

素晴らしいのは風景だけではなく、どんな小さなオブジェでもしっかり描きこまれており、アップにも耐えられるクオリティに仕上がっている。

グラフィックに関しては、ひとつの到達点を見たのかも知れないと思うほどの完成度で、普通のゲームのプリレンダリングのムービーよりも、アンチャーテッドのリアルタイムモデリングの映像の方がずっと美しいと思えるほどの完成度だ。

ただ唯一の難点を挙げるならば、グラフィックが細かく書き込まれすぎており、画面全体に散らばる無数のオブジェから、どれがぶら下がれるオブジェで、どれがたんなる飾りなのかが判断しにくいこと。

それを推理や判断をして、ロッククライミングをしていくことがこのゲームの面白いところではあるが、今作は描きこまれすぎていて判断が難しい。それでも、迷った時はヒントが必ず出るので、難易度自体は上がっていない。


音楽の完成度もハリウッド級。というよりも、ハリウッドそのもの。

テーマソングのメロディーは、前作と同じもの。和太鼓などを使い挑戦的なものにしつつも、ハリウッド映画のような躍動感のある音楽で、耳に残り、心に響く

戦闘音楽も、環境音楽も、耳ではなく心に響く音楽でゲームとの調和は見事なもの。

なによりも凄いのは、声優

まさに大作ハリウッド映画の吹き替え版を見ているような感覚で、名演技。道の途中で主人公がパートナーと世間話を始めたり、主人公の握っている手が滑ってしまってヒヤッとした時に出るわずかな悲鳴まで、全てが名演技で素晴らしいの一言。


操作性は極めて良い

ただアナログスティックで方向を決めてジャンプするだけで楽しく、操作系全般のテンポの良い操作はユーザーにストレスを与えず、ゲーム全体のテンポの良さの源になっている。

洋ゲーにありがちな、サバサバしすぎた動きではなく、すこし重みがある動きであるのは日本人向け。

前作よりも、モーションや主人公が行えるアクションが大幅に増えており、ぶら下がり状態からの銃撃や、ぶら下がり状態で敵を引きずりこむアクション。ウンテイや仲間同士の助け合いアクションなど、様々な要素や動きが用意されている。

ちなみに、あまり前作で評判が良くなかったSIXAXISのモーションセンサーによるプレイは選択できるようになっている。

自由度は高くはないが、もっている武器や、どのような戦闘方法をとるかによって難易度やゲーム性が大きく変わり、ユーザーの選択肢が増す。

ロード時間は数秒待つものがゲームスタート時に1度あるが、その他は皆無。マップロードもなければゲームオーバーでチェックポイントからの再会の時もロードがない。

チェックポイントはたくさん設けられており、同じ作業の繰り返しによるウンザリ感は少なくなっている。


数年前に確立したアクションではあるため、オリジナリティは高くないが、数百年前からある将棋や囲碁のように、古典的なゲームでもゲーム自体の完成度が高ければ面白くなる。そんなゲームの典型。

前作は、カバーアクションが基本スタイルのゲームになっていたが、今作ではステルスアクションの要素も追加された。ゲーム序盤の段階でステルスでのプレイの仕方はみっちりと教え込まれるため、ゲーム全体を通して、カバーアクションによる打ち合いを選ぶか、ステルスアクションによる隠密を好むかが選択できる。

また、前作にはなかった麻酔銃なども追加されていて、ゲームの幅が広がっている。


満足度は、これ以上なく高い。間違いなく今年発売されたゲームの中では1番面白い作品であった。

やり込み要素は尋常ではないほど高く、敷居は低いもののかなりの数用意されているトロフィー機能。トロフィー獲得により手に入れるお金の概念。お金によってしか買えない武器や、衣装。メイキング映像や、特殊な設定の数々が用意されている。

特にこのゲームのやり込み要素を高くしているのがお金の概念。

お金で買える”衣装”には、敵のキャラクターになりきる衣裳が入っていたり、骸骨になったり、また物凄いメタボな体つきになったりと、おふざけ要素が満載。

”特殊機能”の設定では、ゲーム全体を2倍速で楽しめる”早送り機能”や、スローで楽しめる”スロー機能”。弾を無限にする機能や、ゲーム中全てのオブジェクトの物理の法則を無視するという、ゲーマー心をくすぐる神的な機能も付いている。

これらの機能や要素を手に入れるために、何が何でもやり込みたくなる仕組み。

難易度は、練習・初心者・初級・中級・上級・プロの6種類から選べるようになっており、どんな人でも対応できるようになっている。

ローカライズは完璧で、「国産のゲームだ」と言っても騙せるほどの仕上がりである。

オンラインとの協力プレイ。対戦プレイも用意されており、シングルモードとは違ったストーリを楽しみことができる。

とにかく素晴らしいの一言。

非の打ちどころがなく、歴史に残るゲームであることは間違いない作品。

グラフィックは多少硬派な印象を受ける者の、中身は老若男女全ての人が楽しめる作りになっていて、干渉しているだけもハラハラして結構面白い。

5980円という市場を完全に無視した低価格というのも親切で、PS3を持ってる人は絶対にプレイた方がいいと心から言える神作。

このゲームのためにPS3を購入するのも、いいとおもう。10点満点には収まりきれない作品。



評価                          .


ストーリー:≪10≫

グラフィック:≪10

音楽:≪10

操作性:≪10

オリジナリティ:≪9≫

満足度:≪10

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

総合:≪10≫


AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

メカマスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

21 ■わかりました!!

>メカマスターさん
情報ありがとうございます!(`・∀・´)ゞ

買ってみます!( ̄ー ̄)

20 ■>タクヤさん

はい。これは・・・無茶くちゃ面白いです^^

ゲームは2から楽しめますが、前作のキャラクターが出てくるので、1からのプレイをお勧めします。
1は廉価版が出ているので、ぜひ買ってみてください^^

19 ■無題

それほどのゲームだったんですか
メカマスターさんの記事を読んでやってみたくなりました。

これって2からでも楽しめるんですか?それとも、前作をやった方がいいですか?

18 ■>スーさん

本当ですか!?
2は、基本的に1の大幅パワーアップバージョンと呼べるゲーム性なので、もし1をプレイして面白くないと感じてしまったら、2でも面白みが分からないかもしれませんTwT

ただ、このゲームはゲーム序盤は、ユーザーの選択肢が少なくて、あまり面白みが分からないので、1の時ゲーム序盤であきらめてしまった場合は2は十分楽しめる可能性があると思います^^

1は今、オンラインで体験版を配信しているので、もう一度ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

17 ■>ミックスさん

本当にすごいですよね^^
僕も感動してしまいました^^確かに、人生の中で間違いなく面白いゲームランキング上位にランクインする名作でした^^

パッケージは確かに賛否両論で、映画っぽいっていうイメージにはハマっていますよね^^;

本当に、PS3ユーザー全ての人にプレイしてほしい名作ですよね!
売れてくれることを願うばかりです^^

16 ■無題

1をプレイしてたんですが、なぜかハマれなくて売ってしまいました・・・

個人のレビュー見て購入を決意したんですが、今考えると余りに絶賛してたんで期待し過ぎたのもハマれなかった原因の一つかもしれないっす('A`)

2も検討中です(^ω^;)

15 ■無題

自分も2を購入して遊んでますが、何というグラフィック!そして精密に造られたステージやオブジェクト、謎解き、バラエティーに富んだ息も尽かせぬ展開、登場人物達の掛け合いの面白さ、etc

まさにジェットコースターのようなスリルが一杯! オンラインも凄く面白いです^ ^ 今まで沢山のソフトをプレイしましたが、現時点でアンチャ2が自分の中のナンバーワンです!

因みにパッケージ、個人的には好きです(笑) 古き良き時代の映画ポスター的なシュールさで、美術を学んでいた自分にはビリビリ来ましたね^ ^

とりあえずPS3を持っているユーザーさんは騙されたと思って是非プレイして欲しいソフトです♪

14 ■>ぶいさん

本当ですか!?
オプションまで見ていませんでしたTwT
申し訳ありません。
情報ありがとうございました。

13 ■>神崎さん

本当に面白いですよね^^
ここまで完成度の高い作品は久しぶりで、大満足です^^
この勢いで、3にも期待ですね^^

12 ■>ベネさん

面白いですよね!
僕も1は物凄くハマりました^^

2は、それ以上に面白い作品なので、ぜひ一通りプレイし終わった後、2にも挑戦してみてください^^

11 ■>buyu-さん

銃口ズレてるのに、僕は気がつきませんでしたTwT
なので、体験版と製品版の違いはわかりませんが・・・プレイには支障がなかったので大丈夫だと思います^^

1も2も一貫して、1本筋のシナリオで分岐がないため、かならず敵との殲滅戦があります。なので、戦闘自体は避けることができないですが、2だと、ステルスで戦うこともできるので、戦い方によりレパートリーがでていました^^

ゲーム性は、戦闘のみではないのでプレイ中そのようなことが目立つことはあまりないと思います。
ぜひ1からプレイしてみてください^^

10 ■モーションコントローラー

完全にカットではなく
オプションでオンにすることもできるよ

9 ■買いました。

アンチャ2面白いっすねo(^-^)o
前作も面白かったけど今作はもっと面白いです。

8 ■無題

最近1を購入しました。

他のゲームも遊んでいるので
まだまだ序盤ですが最高に面白いです。

レビュー観てたらワクワクしてきました。
2も早く遊びたい(*゜ー゜)

7 ■前作

前作の体験版をやったんですが、何より一番気になったのが、銃口の向きと照準が合っていなかったことです。

右構えか左構えか覚えてなかったんですが、どっちかが全然合っていなくて、すごくゲンナリしてしまいました。・・・やっぱ洋ゲーか。と

あとは敵との戦闘が避けられない?所。
2では避けれるみたいですけど、1ではどうなんでしょうか?

ものすごいグラフィックも良かったし、操作感も良かっただけに、細かいところが気になってしまいました。

とても面白いという噂を聴くだけに、1からやってみようかなと思っているんですが、上記の点が引っかかっています。
本編をプレイしてみると気にならないものでしょうか?

6 ■>羽生 零號さん

ようやく発売ですね^^
前作は・・・僕もPS3の発売されて間もない頃の作品だったので・・・「こんなこともできるんだ・・・」と感動してしまいました^^;

特典は・・・ものすごいマニア心をくすぐる仕様になっていました(笑)
あまりにも、やりこみ度が高くて・・・アンチャーテッド休暇をとるには、長期休暇が必要かもしれません(笑)

5 ■>桑さん

ゲーム自体は、洋ゲー臭くない、日本人向けの万人受けするタイトルですので、もし興味があったらプレイしてみてください^^

4 ■>かいさん

おめでとうございます!
これは、何度もやりこんでしまいますよね^^
僕は、未だにお金をため続けてて・・・一気に見ようと思っています(笑)

確かに、ネーミングも違いますね^^;
日本向けにしてもらえるのはありがたいんですけど・・・どうにもセンスがなくて困ります^^;

3 ■無題

アンチャーテッド2発売ですね!
早くプレイしたいです!

予習で前作をプレイしましたが、あまりの完成度の高さに驚愕しましたよ(^_^;)

特典の物理の法則を無視するって凄い(笑)
雪を押し分けて進む描写も見てみたい…。

今日はアンチャーテッド休暇とれば良かったなあ(笑)

2 ■無題

残念ながら、私はあまり興味のわくゲームではありませんでした。
面白いようですが、やはりこういったリアルを強く強調した作品は日本人受けは、かなり難しいかもですね...

1 ■「すげー」です!

うちの夫が先ほど、とりあえず初級レベルでクリアしました。これから更にやり込みますが、今はメイキングの映像を興味深く楽しんでおります♪
彼(英国人)がプレイ中ことあるごとに口にしたのは「F**kin' amazing!」、まさに「すげー!」ですw

ゲームで日本版だけ違うことって、パッケージもそうだし、ネーミングなどでもありますよね(今思いつくのはLittleBigPlanetの「Sackboy/Sackgirl」が日本だけ「リビッツ」とか)。きっと日本市場でウケるものを考えてのことなのでしょうけど、ビミョーなものもありますね。逆(欧米版の方が酷い場合)もまた然りですがw

コメント投稿

AD

鋼鉄親子でゲーム漬け!

Powered By 画RSS





画像拡大プラグイン for アメブロ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。