2016-03-16 09:31:15

関東に住む2人に1人がストロンチウム汚染

テーマ:放射能


大切な内容ですので、しっかりと最後までお読み下さい。


昨日は午前中に健康相談にのりました。
バランスの取れた良いお食事を毎日手作りされていて感心したのですが、幾つか大きな落とし穴がありました。


その一つが食品汚染に対する認識の低さ、特に海産物の産地。


以前もデータを出していますが、今の日本の海の魚は産地を確認して食べないと、非常に危険です。私はニュージーランド産の物があれば食べますが、それ以外は滅多に魚を食べることは無くなりました。海産物に限らず、内部被曝を最低限に抑えるためには全て口に入れる物にご注意下さい。



以外、神原 将さんのFacebookから取材内容を全てコピーさせて頂きました

以下に掲載するのは、週刊現代、週刊文春、週刊大衆など長年一緒に紙面を作ってきた編集者に、1年半ほど前に草案として出した原稿です。

どの出版社も記事掲載は拒否。

理由は同じで「もはや原発関連の話題はスペースがない」でした。

ぼくは説得しました。
「大事な取材なんですよ。この記事が読者の視点を変えることができれば、担当行政にも大きな声が届いて、福島第一の汚染水対策に鹿島建設とのしがらみを超えた、今、本当に必要な対策に乗り出す理由づけになるかもしれませんよ。

政治家が自ら言えなくても、こうした記事があれば政策提案もしやすいはずです」

「勘弁してください。もう福島のことは読者の関心も低いんです!」

のれんに腕押しでした。

先日シェアした「福島第一は石棺出来ない」の内容に多くの方がシェアや共感を寄せていますので、せっかくの機会ですから、長い原稿なので大幅に修正・割愛して載せてみます。

「福島第一原発の地下水と関東の人体汚染」取材・文 神原将

【ストロンチウム人体汚染】
 2014年広島県にて、とある専門医療関係のフォーラムが開催された。そのフォーラムに講師として出席した医師のひとりJ天堂大学S医師が、楽屋にて多くの医療関係者が挨拶に訪れる中、ある事実を発表した。

「関東の2人に1人がストロンチウムに人体汚染されていることが分かりました。またそのなかの多くの方からプルトニウム汚染も見つかりました」

 S医師は、都内J天堂大学病院に所属しており、独自にここ2年間人知れず通院してくる患者の協力を得て、人体汚染を調査してきたという。

そのきっかけは、S医師が自身の専門分野の関連として「放射能被曝と老化現象」を調査研究しようと考えたからだ。

2人に1人というのはショッキングな結果だ。同フォーラムに出席し、S医師の発表を聞いた別の腎臓内科の専門M医師は次のように話す。

「私たちの立場で、赤裸々にこうした調査研究をマスコミに発表してしまえば、特定秘密保護法が足かせになる場合もあるし、業界内外から圧力があるのは避けられないだろう。
 神原さんがS医師から立ち聞きしたということで、資料やソースまでは示せないまでも、意識の高い方々にそれとなく知らせることはしてもいいのではないか」

 M医師の力添えを得て取材を続けることに決めた。S医師が調査したストロンチウムの人体汚染が、関東の広い地域でみられているのはどういう理由からだろうか。

徳島T病院の医師によると「ルートは水道水、もしくは野菜、または塩ではないだろうか」という。

 水道水であれば水源が汚染されただけで、その水源に依存する広範囲の地域に影響がある。また、流通に乗る野菜などの食材も同様のことが考えられる。何より、ストロンチウムは水に溶けやすいことが分かってもいる。

【止まらない地下水汚染】
 S医師から関東の人体汚染のことを耳にするのとほぼ同時期に、私はチェルノブイリ原発事故の石棺対策の際に、汚染水の漏洩を防ぐために技術指導をした日本人エンジニア、江口工氏への取材も行うことが出来た。

江口氏は、黒部ダムや青函トンネルの貫通工事の際に、滝のように湧き出る地下水を魔法のように止めて見せたトップエンジニアだ。

その江口氏の技術を知っていた旧ソ連政府は、チェルノブイリ事故の翌日には、江口氏に汚染水対策のために技術指導を仰ごうと、アカデミーから3人の人材を派遣している。当時のマスコミは、この事実を報道しなかった。

江口氏に地下水汚染のことを聞いた。
「福島第一原発の地下水は日産1000トン規模だといいます。福島第一原発の建つ地域には水量豊富な川が流れていて、それを埋め立てたとあります。建設に関わった専門家なら誰でも分かる事実です。

そのため、原発建設当初から溢れ出る地下水には困っていましたから、多数の井戸を掘って常時水を抜くようにしたわけです。それがサブドレーンの役割です。

しかし原発事故後、海洋汚染を避けるために水ガラスなどを利用して、汚染水をせき止めました。それがかえってあだとなり、水路(みずみち)が閉ざされたことで、豊富な地下水が原発の地下をずぶずぶの状態にしながら、他の地域へと流れていこうとしています。

そして、福島第一原発の地下汚染水をこのまま放置しておくと、遠からず関東のやわらかいスースーの地下を行き交うようになります」

江口氏によると、地下の世界では地上と違い、水は高いところから低い場所に移動するだけでなく、圧力によって、たとえば低い場所から高い場所へ、海側から陸側へといったように自由に移動するという。

そのスピードは100メートル進むのに1年かかる場合もあれば、数十キロメートルをわずかな時間で進むこともあるという。地表から眺めただけでは推測不能だという。

もしも、福島第一原発で溢れ続ける地下汚染水が、関東の水源にすでに到達しているとしたら? ストロンチウムは水を媒介して、水の環境循環に乗り、広く拡散、汚染することが分かっている。

たとえばその結果、S医師の調査した人体汚染に繋がるとすれば、一見すると異常だと思われる調査内容にも、道理がいくのである。

原発事故で開いてしまったパンドラの箱は、福島だけでなく、日本そのものを飲み込もうとしている。

コメント

[コメントをする]

6 ■商業メディア

>キンちゃんさん

祈るしかないですね。

5 ■人類は、原発で、滅亡。

福島原発事故から、5年!
怖ろしいのは、放射能が、出っ放し。広島長崎を、のりこえた、日本も、なす術しらず、
問題は、出っ放しに、あります。 これが、自然に、消えていくなら、救いもあるが、消えない消えない!

皆、放射能による疾患で、癌、白血病で、いずれ死んでしまう。 世界の叡智結集して乗りきらないと!42425

4 ■うーん

結局、この国の人がみんなで間違った事だったんだから、この国の人の全てに責任があるという事にしないと、全ての行動は無駄になると思いますよ。僕はどんなエネルギーであろうと使えばいい派ですが、原発事故の責任の一欠片は僕の肩に乗っていると思っています。

3 ■Facebook記事から参りました。

これが事実なら

ストロンチウムはカルシウムに置き換わり
長年内部被曝の元になるので

生態半減期が100日(子どもだと40日)のセシウム以上に
危険な核種ですから


新聞の1面トップで扱うべき記事ですね。


商業メディアは
教えてくれそうにないので

事実でないことを祈りながら
拡散したいと思います。




2 ■仕方がないでしょう

今までも、これからも電気を浪費する生活を続けているから仕方がないでしょう。計画停電で、電気の大切さを知ったハズでしょ?にも関わらず、スマホ使いまくりで電気の大切さを忘れたかのような人が多すぎる。
原発の電気を散々使ってきたんだから、汚染を受け入れるべきですよ。被災地の人々は、もっと酷い状況です。
出荷規制がかけられても、肉が売れなくても親戚や近所で食べている。当然、測定せずに。測定すれば、基準値を超える事を知っているから、でも測定せずに食べている。これが現実です。私も、出荷規制が掛かっている肉を食べました。測定されていないことを知っての上で食べました。
それと比べれば、まだ関東に住む人々はマシです

1 ■はじめまして。

ストロンチウム汚染怖いですね。体内半減期は50年、ほぼ一生体内から排出されません。東京の水道水からフクイチ事故由来のセシウムが検出されている事からSrも疑わしいです。
各地の水道水のセシウム値
http://cdcreation.grupo.jp/free780441

コメント投稿

女性向けスピリチュアルマガジン「Trinity WEB」で金子の連載コラム
大好評連載中!

Aging BIBLE Vol.2 にて
「アーユルヴェーダサロン Mayura」
が紹介されました。

MAQUIA1月号(11月22日発売!)
で紹介されました。

ODAKYU VOICE9月号のアーユルヴ
ェーダ特集にて紹介されました。