{D3201387-D77B-492F-BBBA-B844D4D20B4D}

先日のこと「発作が起きました!」という患者さんが来られました。それはパニック障害の発作のことでした。

 

動悸がドンドンとひどく、

ひどい息切れで呼吸が苦しい、

目が回る、

手足がジーンとしびれる、

体中に力が入いる、

全身がのみこまれる感じがして動けない、

 

この方はこんな症状が15分ほど出ました。

 

パニック障害は、いわゆる自律神経症状の発作のことです。

 

自律神経症状が、オンパレードのように同時に起こるので、発作のようになります。パニック発作とか、自律神経発作とか言います。

 

なんでこんな発作が起こるのか。

どうしたら起こらなくなるのか。

 

自律神経は弱ってくると、苦手な環境や、ストレスの多い環境で、神経が過緊張するようになります。自律神経は、頭と身体をつなぐ神経なので、頭(心)で「イヤだな」とか「しんどいな」と感じると(自覚してなくても)、神経が自動的に必要以上に緊張して、身体は動悸や息切れ、メマイや冷や汗、しびれなど、発作を起こすようになります。

 

この状態が何度が繰り返されると、脳と自律神経と身体の神経ルートができあがってしまいます。神経のルートができあがると、苦手な環境を脳(心)に思い浮かべただけで、汗が出たり呼吸が苦しくなったりと、ダイレクトに身体に影響するようになります。

 

どうしたらいいのか?

 

できるだけ苦手な環境に身を置かないことです。今は発作がでるようなことはやらない方がいい

これが一番です。

発作を重ねれば重ねるほど、神経ルートが太くなってしまうから。

 

できるだけ発作が出ないようにしながら、少しずつ身体を強くしていきます。身体をしっかり休めて、免疫力を高めていきます。

 

身体が強くなれば、自律神経の過敏性もとれて、脳との神経ルートも緩和されます。

そうすれば、ちょっとくらい苦手な環境下でも、発作は起こりにくくなります。

だんだん苦手なこともできるようになります。

針灸治療やローラー針も、身体を強くして、自律神経の過敏性をとるのに有効です。

 


今回は、パニック障害(自律神経症状の発作)をおおざっぱに説明してみました。

実は、こういう症状の仕組みを知っておくことが、この病気をお持ちの方にはとても大事なのです。というもの、それを知らずに不安感を持ち続けることが、病気を長引かせる一番の原因になるからです。

 

その不安感によって、うつ病や躁うつ病に移行してしまう方も、とても多いのです。

 

パニック障害、自律神経症状の発作について、ちゃんと理解していれば、けっして恐い病気ではなく、治せる症状だと思えるはずです。

この病気を治すには、身体はもとより、脳(心)の理解、安心、がとても必要なので、今後もしつこく(笑)書いていこうと思います。

 

今度はもっと具体的な例を書いてみたいと思います。



 

AD

コメント(5)