アトピー脱ステ脱保湿☆札幌発キレイな肌をつくる漢方的生活

札幌市西区二十四軒で漢方相談をしております、まつもとです。
アトピー性皮膚炎(顔・首・腕・脚・足・胸・腹・背中・乳首)の漢方治療と、食べるものを中心に、何に気をつけたらよいかといった、治し方・スキンケアから脱ステ・脱保湿についてご紹介いたします。

カラダとココロの健康は、日々の暮らしから……もちろん、皮膚も同じです♪

漢方的生活で、≪薬食同源≫を実践してみませんか?

北海道札幌市で中医学や薬膳など健康に関する講座を

定期&随時開催しております。




テーマ:

☆カサカサ・アトピー改善法!! 赤み・痒み・治らない


こんにちは、まつもとです。


まつもとがご相談をお受けする「まつもと漢方堂」には、


「真っ赤に腫れて、掻くとジュクジュク!!」


という、超ピンチの方もお越しになります。


病院で、ステロイドの内服を出されてるレベルの方など、それでもアトピーがうまく鎮まらなければ、もう漢方しか残ってなかったりしますしね。


ですが。


広く世の中を見渡すと、


・カサカサする

・ちょっと赤み

・ときどき痒い


という、アトピーとしては「低~中レベル」の方が実際は多いような気がしますね。


症状はそんなに強くないから、そこそこガマンはできる。


けど、


・ず~っと完全にはよくならない


のが悩みどころ。


このレベルの方は、ピンチのときでもステロイドがそこそこ効くので、かえって、


「根本から何とかしよう!」


って気になりにくいのかもしれませんね。





カサカサ&赤みが続くのは、


「体内でカサカサ&赤みを起こすような状態」


が続いているから。


今のわたしたちは、身体を「パーツ」で見るクセがついてます。


ここの皮膚がよくないのは、「ここの皮膚」の問題だと思ってしまう。


でも、本当は違います。


身体の中の問題が、外側の皮膚に表れているのです。





もちろん、そこの皮膚に症状が続くことには、何か要因があることもあります。


かぶれのこともあるし、摩擦のこともあるし。


しかし、体内の「皮膚に炎症を起こすモノ」を片付けていくと、根本的に皮膚は改善します。


この「お片付け」は、漢方薬の得意とするところ。


ただし、「症状からテキトーに選ぶ」漢方薬ではダメですよ。


中医学=漢方の理論に従って、正しく選択することが効果的です。





脅かすようで恐縮ですが。


カサカサ・アトピーは、何かの拍子に、激しいジュクジュク・アトピーに発展することがあります。


そうなってから治そうと思うと、結構大変です。


日常生活に支障がないうちに、治してしまうことをオススメしたいです。


ついつい油断しちゃいますけど、ね。





春になり、気温は少しずつ上がってきます。


今年は、カワイイ半袖の服が着たいな……

皮膚のこと、汗のことを気にせずに楽しく暮らしたいな……


そうお思いになったら。


漢方を、始めてみませんか♪






「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?  

 

 

 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。 

 東西線二十四軒駅から徒歩1分、駐車場1台。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)






いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

☆「食べなければ治る」はヤメテ!!


こんにちは、まつもとです。


アトピー性皮膚炎のご相談を日々お受けしていると、おひとりおひとり、「どうしてアトピーになったか」「何で悪くなるか」「どこを変えると一番改善するか」違うなぁ……と痛感します。


アトピーに限ったことではありませんけどね。


乾癬も掌蹠膿疱症も、脂漏性湿疹もそうだし、皮膚以外のお悩みもそうですけど。


確かに、食べたもので悪くなることは多いです。


でも、みんなが毎回「食べもの」なワケではないんですよね。





人間、悩みがあるときは、物事を単純化してとらえがちです。


当たり前です。


脳みそには、たくさん同時にあれこれ並行して考えるほどの複雑な動きは、できませんから。


でもね、そこには落とし穴もあります。


「これさえすれば」

「これさえしなければ」


これさえの「さえ」に、気持ちを集中してしまうひと。


このクセに、はまってしまうひと、確かにいるんです。





アトピー性皮膚炎は、胃腸で処理しきれなかった「もと栄養物」が「老廃物」に変化して起こる病気です。


だから、毎日口から摂る「栄養」の量・内容を加減すると、速く治ります。


ここまでは、本当。


誰でも共通。


ここで、よく見てください。


「栄養」の量・内容を加減、と書いてますよね。


ただひたすら「減らせばいい」とは、どこにも書いてません!


お肉食べちゃダメなんて、ご飯食べちゃダメなんて、わたし一度も言ったこと、ないですよ。




アトピー性皮膚炎という病気を治すんですから、治す材料を補給しなければなりません。


炎症の続くときは、皮膚は勢いよく破壊されますから、なおのこと材料が必要です。


そんなとき、つい


「食べ『さえ』しなければ」


のクセにはまってしまったら。


治るモノも、治らなくなってしまいます。





落ち着いて考えてください。


あなたの悪化要因は、本当に毎回「食べもの」でしたか?


最も悪化させるのは、「ストレス」だったりしませんか?


ストレスで悪化するパターンを持っているあなたが、ただひたすら「食べない」チャレンジをしても。


それで病気は改善するでしょうか?





悩みがあるとき、いろんな要素があるにもかかわらず、ただ一点に集中してしまうクセ。


割と、このクセが関係している病気って、あります。


拒食症・過食症の摂食障害もそうだし、身体醜形恐怖もそう。


食べることがよくないのでも、あなたの身体のその一点がよくないのでもなく。


悩みに挑むとき、いろいろな要素を考えずに「ただ一点」に集中してしまう、脳のクセが原因なんです。


どうしてわたしはそのクセにはまってしまうのか。


クセにはまったら、「あ、またはまってるはまってる」と、笑って違う方向に気分を切り替える訓練を積めるか。


そのために必要な方法があるなら、漢方薬だけでなく、運動でも、習い事でも、グループミーティングでも、カウンセリングでも、なんでも利用していいと思います。


とにかく、そこから抜け出して!!





気がつくと、極端な食事制限を自分に(勝手に)課してしまうあなた。


一番コワイことから「食べない」ことに逃げないで。


キツイことを言いましたが。


どうせ生きるなら、笑って楽しく生きようよ。






「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?  

 

 

 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。 

 東西線二十四軒駅から徒歩1分、駐車場1台。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

☆アトピーの正体 治すためにこれだけは知っておこう


こんにちは、まつもとです。


今日は「アトピーとはどうして起こるか」、中医学から見たその仕組みについてお話しします。





繰り返す「湿疹」。


「赤み」や「腫れ」。


奥から湧き上がってくる激しい「痒み」。


掻いて皮膚が壊れた部分から、黄色い「浸出液」が漏れる。


アトピー性皮膚炎の症状が強くなると、こんな感じになりますね。


これはどうして起こるのでしょう。





プツプツと盛り上がっているところ。


赤く膨らんでいるところ。


こうしたところには、平らな皮膚から盛り上がるほどの「何か」が存在していますよね。


ここをひっかくと、汁が出る。


「水っぽい何か」


が存在しているのです。





この「水っぽい何か」は、熱をもっているので、「赤く」なったり「熱感」があったり。


中から出てくる「汁」も、熱の影響を受けて「黄色く」色がついています。


乾くと「黄色いカサブタ」になったりしますね。


中医学では、



「水っぽい老廃物」=「湿(しつ)」 + 「熱」



と理解します。


「水っぽい何か」は、体内に長く留まることで次第に「熱」をもっていき、「赤み」「腫れ」「痒みor痛み」「ジュクジュク」を起こす「湿熱(しつねつ)」という病邪に育ってしまう。


「アトピー性皮膚炎」とは、これが皮膚へとあふれたものなのです。





では、この「水っぽい何か」は、どこからやってくるのでしょう。


これは、ショッキングですが、


毎日食べたもの


から発生しています。





「水っぽい何か」は、老廃物です。


毎日、そのひとの「胃腸の処理能力」の範囲内で食べていればOKなのです。


が、今の日本はとても豊か。


食べたいものが食べられて、おいしいもの、昔の日本人は口にできなかったような「甘いモノ」「脂っこいモノ」が簡単に手に入ります。


一方、日本人の胃腸はそんなに丈夫ではありません。


結果、


胃腸の処理能力 < 毎日食べるモノ


となってしまうのです。


たまたまアトピー性皮膚炎を発症してしまうかどうかは、体質によります。


が、今とても多いとされている、糖尿病や高脂血症、動脈硬化などの多くも、同じところに原因があります。


日本という国が豊かになったからこそ、増えた病気と言えるわけです。





そこで、「アトピー性皮膚炎」とサヨナラしようとするならば。



まず体内に溜まった「水っぽい何か」を排出してしまうこと。


それから、もうこれ以上「水っぽい何か」を作らないこと。



排出には、適切な漢方薬を選ぶことが有効です。


そして、これ以上「水っぽい何か」を作らないためには、毎日食べるモノを、自分の胃腸の処理能力以内に納めること!


この2本立てで、根本的に「水っぽい何か」=アトピーを起こすモノを片付けてしまえば……。





「アトピー性皮膚炎」ではないわたしに戻るための、スタート地点が、まずココなのです。






「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分、駐車場1台。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

☆保湿が変える「肌の質」 アトピー性皮膚炎回復期


こんにちは、まつもとです。


「保湿」するかしないか。


これは皮膚科医師を巻き込んでの、大論争になっている感があります。


みなさまは、どうしてますか?


まつもとは実は、「保湿派」です。


アトピーを含め、炎症が続いていた皮膚は治りにくいものですが、正しく保湿すると、美肌再生が速くなるからです。





実は今シーズン、まつもとにはひとつの反省があります。


まつもとがご相談をお受けしているCさまから、こんなご質問をいただきました。


「休暇で実家に帰ってきたら、乾燥が進んでとっても辛くなってきました。

オススメの保湿方法はありますか!?」


この方は、普段は沖縄でお仕事されていて、「高温多湿」の環境下で、皮膚はとってもラクだったんです。


Cさまのご相談をお受けするようになって、すでに半年以上経過しています。


まつもとがお選びした保湿剤も使っていただいてます。


なのに……、今までもお話ししてるのに……?





Cさまは、実は「脱ステ・脱保湿」の病院で「もう来なくていいよ♪」というところまでがんばった方なんです。


でも、「もう来なくていいよ♪」と言われても、実際に皮膚の炎症は完全に治まってませんからところどころまだ赤いし、長く患っていた部分の皮膚は、ゴワゴワしてたり、茶色くなってたり。


ちょっとおともだちと夜話し込んだら、翌日はプツプツしちゃうんですから。


そこでまつもとのところにお越しになったんですね。






さっそくまつもとはCさまにお返事しました。


・基本はいつも使っている保湿剤で


Cさまには、「漢方クリーム」と「漢方軟膏」を1:1の割合で、手のひらで混ぜて部分に塗るようご指導申し上げておりました。


漢方クリームや漢方軟膏は、ご相談者さまの状態によって選び分けします。


この方の場合は、「瑞花露クリーム」と「紫雲膏」でした。


・乾燥が気になるたびに繰り返して


暖房を使っているとどうしても室内は乾燥します。


日中、何回でも繰り返して重ね塗りします。


そのために、薄く伸びるよう、軟膏をクリームで割るんですね。


・お出かけのときは、クリームだけでいいので持ち歩く


炎症がようやく鎮まってきたばかり皮膚は、まだまだ脆弱。


外界の環境から、守ってやらなければなりません。


「今日からすぐやってみて!!」


と強くオススメいたしました。





1週間後の、次のご相談日。


「『保湿』であんなに肌が変わるとは、思ってませんでした!!」


喜びに満ちあふれた、Cさまの笑顔です。


言われた通りに小まめに保湿&保湿で、皮膚の見た目が変わり、自分で触れたときの手触りが全然違う! とのこと。


悪化を感じたから、1週間まめに保湿したのですが、逆にその前よりもずっと回復が進んだのです。


沖縄=乾燥しない、皮膚にとって心地よい環境にいらしたら、感じることもなかった「効果」でしょう。


とにかく早く回復して、漢方薬を卒業するのが目的ですから、この悪化によって、Cさまの目的地点がぐぐっと近づいたのは、間違いありませんね。





まつもとは猛反省いたしました。


「保湿」の必要性&効果について、ご相談者さまみなさまに、しっかりお伝えしているハズなのに。


主義として「保湿しない!」と決めている方はともかく、そうでない方には「保湿の意味」「具体的な保湿の方法」をご指導申し上げてます。


でも。


伝わっていなかったんですね。


こちらが「言ったハズ~」と思っていることと、相手に「しっかり伝わり、理解して」もらえたことは、やっぱり全然違うことなんだ……


「耳タコ!」と思われても、同じことを繰り返し言い続けること、必要なんだ……






ご相談者のみなさま。


そしてこのブログの読者のみなさま。


これからもまつもとは、


「大事なことは、何度でも繰り返す!!」


でいきたいと思います。


くどいでしょうが、よろしくお付き合いくださいませね♪





皮膚の状態によって、使い分けします。


Cさまの「実家での乾燥」対策としては、画像右のクリームをベースに使用しました。







「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分、駐車場1台。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)

いいね!した人  |  リブログ(0)