アトピー脱ステ脱保湿☆札幌発キレイな肌をつくる漢方的生活

札幌市西区二十四軒で漢方相談をしております、まつもとです。
アトピー性皮膚炎(顔・首・腕・脚・足・胸・腹・背中・乳首)の漢方治療と、食べるものを中心に、何に気をつけたらよいかといった、治し方・スキンケアから脱ステ・脱保湿についてご紹介いたします。

カラダとココロの健康は、日々の暮らしから……もちろん、皮膚も同じです♪

漢方的生活で、≪薬食同源≫を実践してみませんか?

北海道札幌市で中医学や薬膳など健康に関する講座を

定期&随時開催しております。




テーマ:

☆アトピーには「いいひと」が多いかも 病気によってタイプがあります


こんにちは、まつもとです。


日々皮膚のご相談をお受けしているまつもとですが。


(いえ、ほかのご相談もいただくんですよ、でも中でも皮膚は多いですね)


病気によって、かかるタイプが違うなあと感じる毎日です。


不思議ですけど、実感してます。


どういうことかというと。




アトピーは、デリケートなタイプが多いです。


神経が細やかで、優しくって、真面目。


「そんなこと、気にしなくていいのに~」と、こちらが恐縮してしまうほど、細やかにお気遣いくださいます。


……だから、疲れてしまうのか、な?


神経が繊細な方は、皮膚も繊細な方が多いですね。




一方、掌蹠膿疱症は、マイペースタイプがちょっと多い。


食事も睡眠も、養生を守れない理由があって、ご自身の生活をエンジョイすることを優先しがち。


だから、「治すゾー!」という気になるまでちょっと時間がかかりますが、決めたらやるタイプかな?


どちらかというとガンコで、意志のハッキリした方が多いように感じます。




ま、どちらも例外ありますけどね。


アトピーがストレスで悪化することが多い、つまり「内的要因」による変化が大きい。


それに比して、掌蹠膿疱症は圧倒的に食べものや気温といった「外的要因」による変化が多い、とは言えますね。


あ、もちろん「食べもの」は症状のあるうちは、どの皮膚病でも影響大きいですので、念のため。




毎日のご相談で、「傾向が分かれるなぁ……」と感じること、多々アリ。


なんか……、深いですよね。






「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分、駐車場1台。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

☆もう、誰か漢方相談一緒にやってくれない!?(切実)


こんにちは、まつもとです。


夏です。


夏 アトピー 悪化しやすい

アトピー性皮膚炎、悪化される方が増える今日この頃。


みなさま、いかがお過ごしでしょうか?




そーなの!


5月・6月・7月は悪化するから、みんな気をつけてね!!


っていうか、そうなってからではキビシイので、悪化が兆す前からお手当始めようよ!!


と発信していましたが、やはり今年も、「悪化しました!すぐ相談お願いします!」のメッセージが毎日のように入ります。


ゴメンナサイ(_ _)


今からのご連絡だと、ご案内できるのはちょっと先になってしまいます。


「キャンセル待ち」も承ってますので、よろしくお願いいたします(_ _)。




ていうか、もう、誰か漢方相談一緒にやってくれない!?


超・ピンチで、困って電話やメールくれるみなさんに、「7月●●日以降です」ってお答えするの、もうホントにツライです。


皮膚、ものすごく研鑽積めますよ、「まつもと漢方堂」。


今後開業を考えてるんだけど、必殺技に「皮膚」をやろうと思ってて、どこかで技術伸ばしたいなあ、なんてお考えの先生いらしたら、ぜひぜひ、今日、すぐ、ご連絡ください。


あ、とくに開業まで考えてない先生も、もちろんオッケーですので。




婦人科も、メンタルも、それからもちろん胃腸やガンもご相談ありますけど、皮膚の件数、多いよ、ウチ……














札幌まつもと漢方堂
◆講座一覧
お問合せはこちら

TEL:011-215-7544
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

☆皮膚の乾燥が激しくて痒い!!=炎症性乾燥です


こんにちは、まつもとです。


アトピー性皮膚炎を改善しようというときに、みなさま共通して悩まれる症状はいくつかありますが。


「乾燥感」


はみなさまありますね!!


乾いて乾いて、身動きするのもツライし、じっとしていてもツライ。


北海道なんて、冬は暖房を焚くので、温風が当たるともう、それはそれはキツイものです。


保湿しないといられないけど、保湿しても保湿しても、潤った感じがしない。


塗った直後はちょっといいけど、効果が全然持たない。


何かいい保湿剤はないの~!?


分かります。


本当にそうですよね。




実はこの「乾燥感」は、乾燥ではないのです。


いや、乾燥は乾燥なんですけど、ただのシンプルな乾燥ではなく、


「炎症性乾燥」


なんですよ。


皮膚の奥に炎症があって、皮膚のバリア機能が正常化していないため、皮膚の内側からうるおいがどんどん蒸発して、異常な乾きが出てしまう。


こういう構造になっているんですね。


重症アトピーから生還途中の段階では、皮膚表面にジュクジュクと噴き出してた汁が止まった頃から、異常な乾燥感に悩まされるようになってきます。


「水っぽい何か」=老廃物が汁の正体ですが、その勢いが弱まってくると、汁でイヤ~なカンジにうるおってたのがなくなって、激しい乾燥を感じられるようになってきます。


軽症アトピーさんでは、むしろこの「炎症性乾燥」がもっとも目立つアトピーの症状だったりしますね。




もちろん、バリア機能が破壊されて、まだ回復してないので、むき出しにしていては危険です。


保湿剤はしっかり使用しましょう。


まつもとは、この段階にはよく、漢方軟膏をひと工夫したものをご相談者さまにお勧めします。


ですが。


どんなによい保湿剤でも、この乾燥感は完全には解消しません。


問題は、皮膚の奥に続いている「炎症」なんです。


炎症が鎮まれば、この異常な乾きは、止まります。




炎症を鎮めるには、塗っても不足。


やっぱり、身体の中から、キチンと治していくことが必要です。







「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?


 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分、駐車場1台。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

☆雨の前には悪化しやすいですね! こんなときは……


こんにちは、まつもとです。


先週・先々週とまつもとは、講座のために東京へ行ってきましたが、梅雨ですね~。


おかげさまで大降りには当たりませんでしたし、すごく暑い!という日でもありませんでした(^^ゞ


ありがたいことでございます^^




さて、こうした激しい雨が降る前には、「湿度」がぐーっと上がります。


湿度が上がると、どうなりますか?


そうです。


アトピー性皮膚炎を始め、皮膚の症状が強くなります!


とくに、


・腫れ


・プツプツ


・痒み


といった、体内の老廃物が関係して起こる症状群が、一斉に勢いを増すのです。




老廃物が体内で溜まって、次第に熱を持ってくる。


このことを、中医学では「湿熱」と呼んでいます。


湿熱は、外界の湿気+気温が高まると、勢いづけられる性質があります。


夏に症状が悪化しやすいのは、このため。


湿度も温度もまだ低い、冬や春早い頃までに体内の老廃物を片付けておけば、その夏はそれまでほど悪化しないようになります。


「夏の悪化は、冬に治す!」をまつもとがお勧めするのも、こういう訳なんですね。




今日のような、強い雨が降り「そう」なタイミングは、アトピー性皮膚炎を始め、皮膚の症状が悪化しやすいときです。


人間、自然には逆らえませんからね。


逆らわないけど、少なくとも、「わたしのせい」じゃあありませんから。


何が悪かったっけ? 何食べたっけ? これなの? あれなの? ……とクヨクヨせずに、過ぎ去るのを待ちましょう。


あ、でもこういうときに、うっかり悪化要因になるものを食べちゃったり、ついつい寝るのが遅くなっちゃったりすると、勢いよくバクハツしますから。


くれぐれもおとなしく、規則正しくやり過ごしてくださいね!






「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分、駐車場1台。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)

いいね!した人  |  リブログ(1)