1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年03月23日

特別扱いはしないことが大事です!

テーマ:業務提携徹底活用セミナー
おはようございます。

今日も楽しくお仕事する予定の
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



今、この本を読んでいますニコニコ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『手足のないチアリーダー』
http://www.shufu.co.jp/books/detail/978-4-391-13818-4


この手足のないチアリーダーの佐藤有美さんは、
あの、五体不満足の乙武さんと同じ、
先天性四肢欠損症で生まれ、両腕と右足が全くなく、
あるのは左足とその先の3本の指だけです。



でも下記の動画を見ていただくとかなり驚くと
思いますが、その3本の指で日常生活の
ほとんどのことをこなしてしまいます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/www.iitame/videos/1770256029957950/
https://www.youtube.com/watch?v=qT0O-_zUh0Y


タイプのスピードは遠藤より確実に速いです(笑)


もちろんここまでになるまでに壮絶な人生を
歩んできたはずですが、有美さんのお母さんの
拘りは、とにかく、


==========
特別扱いはしない!!
==========

ということです。


物理的に100%不可能なものを除き
全部普通の子供と同じように育てました。


学校も養護学校ではなく、
保育園⇒小学校⇒中学校⇒高校全て
普通校に通わせました。


有美さんは高校に入学するとなんとチアリーディング部に
入部しようとしますが、そこでも顧問の加藤先生という人が、


「障害者だからって車いすだからって特別扱いはしません!」

「障害があるからと言って周りに気を使わせていたら本当の
 仲間になれません。部活でお客様になってしまうなら
 最初から入部しない方が良いでしょう」


とお母さんに向かってハッキリと伝えそれが良い結果に
つながりました。

そんな環境で育った有美さんは今、
声優や歌手を目指して頑張っています。


このように、

==========
特別扱いはしない!!
==========

に拘った方が良いのは業務提携の条件交渉でも
同じです。


もちろん個々の細かい条件は相手によって変えることは
あります。


でも必ず、


「ここだけは譲れない!」


という拘りのポイントについてはどの交渉相手でも
同じように対応することがとても重要です。


ところが多くの経営者は交渉相手が、


「上場企業だから。。。」

とか、

「金だけはたくさんもっているから。。。」

とか、

「お世話になっている方に紹介された会社だから。。。」

などと特別扱いをして自分の拘りのポイントをないがしろに
してしまいます。



っていうかそもそも、「ここだけは譲れない!」という
拘りのポイントが何だかよくわかっていない方も結構多いです(苦笑)



そんな状態のまま契約しても長続きするはずがありません。



よってあなたも業務提携の契約交渉に臨む際には、


宝石赤STEP1:
⇒条件のポイントを列挙してみて、「ここだけは譲れない!」
 という条件を明確にする。


宝石赤STEP2:
⇒その譲れない条件については拘りをもって特定の相手を
 特別扱いするようなことはしない。


ということを実行してみてくださいね。



ちなみに「複数の相手と交渉する。」ことを実践していると
特定の相手を特別扱いしないで済むことが多いですよ^^



下記のセミナーでは、
「相手を特別扱いしなくてもすむためのツールとマインド」
についてお話します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
==========================
第42回業務提携徹底活用セミナー
3月28日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12249370849.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================


もしあなたが今までに、
ご自身の大事にしているものを見て見ぬふりをして
契約してしまった経験が一度でもあるのであれば、
ぜひ一度聞いてみる価値はあると思います。


ひょっとしたらもう2度とそんな悔しい思いはしなくても
済むかもしれません。


もしあなたがご興味があればぜひ遊びに来てくださいねニコニコ



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月22日

「面」、「線」、「点」で評価する

テーマ:業務提携徹底活用セミナー
おはようございます。

今日のランチ会が楽しみな
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。




まずはお知らせから。


先日からご案内している下記のセミナーの
開催がいよいよ来週の火曜日となりました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
==========================
第42回業務提携徹底活用セミナー
3月28日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12249370849.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================

今回も実に多種多様な業種の参加者の方々から
続々とお申込みをいただいております。


まだ若干ですが、残席があります。

もし、あなたがご興味があって
スケジュールの都合がつくようでしたら
ぜひ遊びに来てくださいね^^


--------------------------------------


ありがたいことに遠藤の事務所には
毎日のように契約書のお問い合わせがありますが、
ここ2,3年で圧倒的に問合せの数が増えてきたのが、
「フランチャイズ契約書」です。


あまりに問合せの数が多いので、
とうとうそれ専用のサイトまで作ってしまいました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.master-franchise.jp/


フランチャイズには様々な業種がありますが
その中でも飲食店はとにかく、


「立地」


が重要です。


あるラーメン店のFC本部の方がおっしゃっていましたが
立地は、「面」、「線」、「点」の順番で評価するそうです。


Q.面とは?

  いわゆる、「商圏」のことをいい、ターゲットとなるお客様が
  どれだけその地域にいるか?などをチェック。


Q.線とは?

  いわゆる、「動線」のことをいい、お客様がその立地にどれだけ
  アクセスしやすいか?などをチェック


Q.点とは?

  いわゆる、「物件」のことをいい、その物件の大きさ、形状、
  目に留まりやすいか否か?などをチェック



良く脱サラして加盟店になるオーナーが陥るワナが
「点」だけで決めてしまうことなんだそうです。


「おー!この物件は広くて使いやすいな~」

「場所も角地で目立つし良さそうだぞ」

「この形状ならスタッフも中で動き回りやすいな^^」


みたいな感じです。


そして大事なのが

「一つの要素が飛びぬけて
 良くても他の要素をカバーすることはできない!」

ということだとか。


公式で表すと下記のような感じです。

**********************************

「面」×「線」×「点」=立地条件

**********************************

掛け算なのでどれか一つでも「0」があろう
ものなら大変なことになりますよねガーン


だから全部をカバーするという意識が重要です。


実は、

業務提携契約相手を決める場合においても
似たようなことが言えるのです。


それぞれ、

「面」=信頼性・ミッション

「線」=実力・能力

「点」=契約条件


に置き換えられます。


この中のどれが欠けても5年、10年、20年と
続く業務提携は実現できません。


たまに遠藤のお客様で、


「遠藤先生、今度の契約相手はどうも信用できないので
 どう転んでもウチに有利になるような契約条件を考えてくれませんか?」


などと言う経営者がいますが、その度にこの話をします。



なかなか分かってもらえませんが(苦笑)


でも分ってくれない経営者の皆様は
ことごとく失敗しています(苦笑×3)



よって、

あなたも業務提携相手を決める時にはぜひ、


==============
「面」=信頼性・ミッション

「線」=実力・能力

「点」=契約条件
==============

の3要素の全てに真剣に取り組むようにしてくださいねニコニコ



下記のセミナーでは、
「面」、「線」、「点」の3要素の
観点から契約交渉の必須ノウハウを
お伝えします。
↓ ↓ ↓
==========================
第42回業務提携徹底活用セミナー
3月28日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12249370849.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================

だから、

「なんか手っ取り早く使える契約書の雛形がもらえるのかな~」

などと期待している人はガッカリすると思います(笑)


って言うか、「契約書」自体のお話はほとんどしません。


あくまでも「契約交渉で成功するためにはどうすれば良いか?」
という観点でお話をします。


だから例えば、

「今まで契約書を用意して交渉をしてきたのだけれども
 どうもうまくいかないんだよな~^^;」

という意識の方にぜひ来ていただきたいと思います。



もしあなたがご興味があればぜひ遊びに来てくださいねニコニコ



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月21日

「取りあえず」が重要

テーマ:業務提携徹底活用セミナー
おはようございます。

連休にお墓参りに行って気分スッキリの
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。




遠藤もよく知らないのですが(笑)
行政書士のお仕事と言うのは
約1万種類ぐらいあるそうです。


もともと頭に「行政」とつくぐらいなので、
役所への許認可申請のお仕事が多いのです。

例えば、

・建設業の許可
・産業廃棄物の許可
・風俗営業の許可
・外国人のビザ申請
・会社設立


などなど。


そして大抵、得意不得意があって、
「建設業の許可だったら○○先生。」
「外国人のビザ申請だったら××先生!」と
言ったように「達人」と呼ばれる先生方が
いらっしゃいます。


先日、「建設業の許可申請の達人」と呼ばれる
先生にお話を聞いてみる機会がありました。


遠藤:「なぜ建設業の許可を専門にしようと
    思ったのですか?」


達人:「いやー最初は外国人のビザ申請をやりたかった
    んですよ。」

   「国際的な仕事をしたかったしね。」

   「でも、開業して最初に私にお仕事をくださったのが
    建設会社の社長さんだったんです。」

   「それで自分のやりたかった仕事ではないのですが
    その社長さんの頼みを断ることもできずに訳も
    わからずやってみることにしたんです。」

   「いやー最初は大変でしたよ。ホント。」

   「でもうまく許可が出たときにその社長さんが
    本当に喜んでくれて。。。」

   「そんな事を繰り返しているうちに自分も建設業の
    許可申請がいつの間にか大好きになってしまったん
    ですよね^^」



そうなんです。

結構、最初に自分のやりたかった仕事と全然違う
ことを専門にしている行政書士の先生は意外と
多いのです。


そしてみなさん、

「お客様が喜んでくれるのを見ていると知らないうちに
 自分もその仕事が好きになってしまった。」

というパターンが多いのです。


実を言うと遠藤もそうなのです。


初めて書きますが、開業当初は、
業務提携契約専門の行政書士に
なろうとは全く考えていませんでしたショック!


ひょっとすると

=================
自分の好きな仕事はお客様が決める。
=================

のかもしれないですね。


だから、

============
取り合えずやってみる!
============

と言う姿勢がとても大事です。


この、「取り合えず」というキーワードは
業務提携契約の交渉でもとても重要になります。


取り合えず相手に主張してみる。」

取り合えず契約書に記載してみる。」


のです。


よく、

「こんな事を主張したり契約書に書いたり
したら相手方が気分を害するからやめておこう」

と、当然に主張しなければならないことで
あっても最初から引っ込めてしまう交渉者が
いますがあまり望ましいとは言えません。


気分を害するかどうかを決めるのは「相手」で
あって「自分ではないのです。」


よって、当然主張すべきことなのであれば

============
取り合えず主張してみる。
============

と言うのはとても大事な事です。

言い方さえ間違えなければそんなに急に
相手が怒り出すようなことはないのです。


またそれで怒り出すような相手なのであれば
業務提携相手として相応しくなかったという
ことでさっさと次に行けば良いだけです。


あなたもぜひ契約交渉に臨むときには

============
取り合えず主張してみる。
============

ということを頭の片隅に置いて
みてくださいね。




下記のセミナーでは、契約交渉に
おける相手との駆け引きについて、
その大事な考え方を詳しく説明します。
↓ ↓ ↓
==========================
第42回業務提携徹底活用セミナー
3月28日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12249370849.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================

もしあなたがご興味があればぜひ遊びに来てくださいねニコニコ



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月15日

上流と下流に挟まったT芝の悲劇とは?

テーマ:業務提携徹底活用セミナー
おはようございます。

今週は新たな出会いの予感がしている
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



先日ネットで、

不適切会計および米原発事業に絡む巨額損失で
世間を騒がせたT芝が、今度は液化天然ガス(LNG)事業で
最大約1兆円の損失リスクを抱えている、
という記事が流れました叫び


本当に次から次へと果てしないですねショック!


今回のLNG事業の契約当事者は下記のとおりです。


******************************
米国企業⇒T芝⇒日本国内の買手
******************************


T芝の役割は、
米国企業からLNGを買って日本国内の買手に売る、
といういわゆる販売店です。


ところが今回の契約では、

***************************************************
米国企業からLNGを買う契約は成立していて
代金を支払わなくてはならないが、
日本国内では誰が買ってくれるかもよーわからん!
ガーン
***************************************************


という本当にお粗末な契約条件になっているため、
このままT芝が抱えるLNGを誰も買ってくれないと
最大約1兆円の損失が出るリスクがあるということです。



業務提携=BtoBのビジネスでは多くの場合
どちらかがエンドユーザを抱えていて今回のT芝の
ように、


「上流(米国企業)と下流(日本国内の買手)の調整力」


が問われます。


これ、メチャクチャ高度で誰でもできることではなく、
まさにハイリスクハイリターンのビジネス形態なので
素人は手を出しにくい分野です。



T芝はどなたが担当したのか全く知るよしもありませんが
本当にピンチですねガーン


人の振り見て我が振り直せではないですが、
もしあなたが今回のT芝のように
売り手と買い手の間に入るようなビジネスを
行うのであれば、


「上流と下流の調整力」


が本当に自分にあるのかどうかを必ずチェックしてから
行うようにしてくださいね。


もし自信がないのであれば、最初は少しずつ少しずつ
やっていって失敗をたくさん経験し、知識、経験、ノウハウを
蓄積する所から始めることをお勧めしますよニコニコ



下記のセミナーでは、
成果報酬型ビジネスのケースにおいて
「上流と下流の調整力」を身に着けるための
ワークショップを行います。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
==========================
第42回業務提携徹底活用セミナー
3月28日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12249370849.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================


毎回やっていて面白いのが、
上流にばかり目が行く人と
下流にばかり目が行く人に
分かれることですニコニコ


だからはまずは自分がどちらのタイプかを
体感するという意味でもとてもおもしろい
ワークだと思います。


もしあなたがご興味があればぜひ遊びに来てくださいねニコニコ



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月14日

良い物よりも良さそうに見える物の方が売れる?

テーマ:業務提携徹底活用セミナー
おはようございます。

なかなか健康診断に行けてない^^;
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



まずはお知らせから。


先日からお知らせしている下記のセミナーの開催まで
あと2週間となりました。残席「6」です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
==========================
第42回業務提携徹底活用セミナー
3月28日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12249370849.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================

もしあなたが業務提携に係る不安や悩みを
お持ちなら、この機会をお見逃しなくニコニコ


--------------------------------------------------



世の中には、
職人気質で自分の商品・サービスに絶対の自信を
お持ちの方がたくさんいます。


その人たちの信念の多くは、


「良い物であれば勝手に売れていく!」


と言うものです。


だからよく、

「とにかく一度試してもらえればわかる!」

と言う事ををおっしゃいます。


この、「良い物であれば勝手に売れていく!」と
言うのは半分正しく半分間違いだと遠藤は思います。


つまり、

1度その良い物を試した人が2度目に買うケースでは正しいですが、
初めて買う場合はそんなことはないです。


初めての人が買う場合は言うなれば、


「良い物だから売れるのではなく、良さそうに見えるから売れる!」


のです。



初めての人はその物を使ったことがないのだから
良い物かどうかなどとわかるはずがありません。


「これ良さそうだな~」と感じるから買うのです。


これが世の中にマーケッターとか売上UPコンサルタントと
呼ばれる人たちがゴマンと存在する理由です。


だから良い商品・サービスを用意するのは当たり前で
更に「良さそうに見せる」仕組作りをするかどうか?
ということになります。


そしてこの、
「良さそうに見せる」仕組作りをするかどうか?については
業務提携相手にあなたがアプローチ・提案する場合も同じです。



「とにかく一度試してもらえればわかる!」


という職人気質な決め台詞は遠藤は個人的には
大好きなのですが、この場合は逆効果である場合が
多いようです。


ではどのようにすれば、あなたのことを
「良さそうな業務提携相手」と思ってもらえるかと
言うと大事なのは、









====
 習慣
====

です。


人は無意識のうちに相手の習慣で判断しようとします。



その中でもこのネット社会において大きいのは
やはり、

=====
 メール
=====

だと思います。


べつに上手な文章を書く必要はありません。


・返信はマメか?

・些細な質問に誠実に回答してくれるか?

・説明がわかりやすくて丁寧さが感じられるか?


これらはその人が無意識にやってしまう習慣なので
誤魔化しようがありません。


そしてその無意識にやっている習慣を、
相手も無意識に感じ取り、あなたの
ことを、


「良さそうな業務提携相手だな~ニコニコ


または、


「なんだこのフザケタ奴は!!!!プンプン


と判断してしまうのです。



他にも色々あると思いますが、
何も特別のことをする必要はないということです。


あなたもぜひ、
業務提携したいと思っている相手に、

「良さそうな業務提携相手だな~」

と思ってもらえるためにはどのような習慣が
必要だろう?とご自身に質問してみてくださいね^^



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月13日

つまらないセミナーに6年ぶりに参加しました^^;

テーマ:業務提携徹底活用セミナー
おはようございます。

ちょっと最近背中と腰が痛い^^;
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


先々週は実に6年ぶりに、
行政書士会で開催しているセミナーに
参加してきました。



あなたがもし過去に一度も士業の先生が
講師を務める法律知識のセミナーに参加したことが
ないのであれば、一度参加されることをお勧めします。





ま~とにかくかなりの高確率でつまらないです(笑)





特に配られるテキストに〇〇法、××法、■■判例などの
のコピーがどっさり入っていたらまず間違いないです。




セミナーの最中に何度も、


「では一緒に条文ではどうなっているか確認してみましょう~」


などと小難しい法律の条文とのにらめっこを何度もさせられる
羽目になります。




こんなことを書くと、


「べつにあなたに面白いと思ってもらおうと思ってセミナー
 したのではないのですよ。」


と反論されそうですが、とにかく

*****************************************
関連する法律の条文の資料が充実していたら
良いセミナー!

*****************************************

と考える講師の方が多いのです。



でも参加者の方は本当に必要としているものは
違うと思うのです。



たくさんの法律の条文の資料が欲しいのではありません。


そんなものは参照条文番号だけ書いておいてくれれば
自分でいくらでも調べられますショック!



本当に欲しいのは、

==================
その資料をどのように活用すると
自分の欲しい結果が得られるのか?

==================

が知りたいのです。


これ、
業務提携契約の契約交渉でも全く同じです。


経営者は契約書が必要なのではなく、

============
契約書を使って得られる
契約締結という結果

============

が必要なはずなのです。


ところがいざ「契約」という名前がつくと、


ガーンとにかく甲とか乙とかの形式が整っていなければならない

ガーン1円でもこちらに有利になっていなければならない

ガーンどう転んでもこちらに損害が及ばないように手当が
 されていなければならない


という「契約書を充実させる?」方向に
行ってしまうことが多いのです。


これでは、相手がまともな経営者であればあるほど
契約締結が遠くなります。



よってあなたも業務提携の契約交渉に臨む
際には、


============
契約書を使って得られる
契約締結という結果

============

に拘ってみてくださいね。


もっというと、契約締結に拘れば


「契約書なんかない方が良い!」


という結論も十分にアリかもしれませんよニコニコ




下記のセミナーでは、
「契約締結」に拘った交渉ノウハウをお伝えします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
==========================
第42回業務提携徹底活用セミナー
3月28日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12249370849.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================

もっと言うと、
「契約書自体」のお話はほとんどしないです(笑)


だから、

「参加すると何か使えそうな契約書の雛形がもらえるのかな~?」

と期待している人はガッカリすると思います(笑)


でも、

「なんかいつも一応契約書は作るのだけれども契約締結まで
 至らないんだよね~^^;」

と悩んでいる人には何かのヒントがあるかもしれません。



もしあなたがご興味があればぜひ遊びに来てくださいねニコニコ



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月10日

病気にも役割がある?

テーマ:業務提携徹底活用セミナー
おはようございます。

確定申告が終わってホッとしている
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



今年になってから遠藤の周りでは、
ガンで亡くなった方や逆に克服した方の
話が良くあります。


良く、

「ガンなどの病気は何かを知らせる宇宙からのメッセージである。」

と言われます。


例えば、

×生活習慣が乱れている。

×奥さん、旦那さん、子供との関係がうまく行っていない。

×仕事のやり方に無理がある。

×周りの人間とのトラブルが絶えない


などなど。

本人が見て見ぬふりをしている何かに
真剣に取り組ませるために、宇宙がその人に
ガンなどの病気を与えると言ったことを多くの
人が言います。


だから、西洋医学的な治療で手の施しようがなかったガンが
上記の何かを解決すると、


「あ~私の役割は終わった。」


と自然に消えていくという現象があるそうです。



但し、今の所それを科学的に証明できていないので、
まだ、スピリチュアルなお話で片付けられてしまうことも
多いのです。


しかし、一度ガンを西洋医学的な治療で治した人の多くが
数年後に再発していることを考えるとやはり、
「ガンが伝えようとした何か」が無視されたので
再びガンがやってきた、と考えられなくもなく
とてもスピリチュアルなお話で片付けられないようような
気もします。



この、ガンは業務提携の中で置き換えるとトラブルと
いうことになります。


そして手術/放射線治療は裁判/調停に当たります。


そして一度裁判/調停などの大変な思いをした人は、

(a)ビジネスのやり方・ミッションを変えて2度と
  トラブルにならないようにする経営者

(b)何度も何度も多額のお金をかけて裁判/調停を
  行う経営者


の2種類に分かれます。


遠藤は上記(a)(b)の両方の経営者のサポートをした
ことがありますが、結局(a)の方が自分の好みだと
わかったので、業務提携契約専門の行政書士として
独立開業しました。


これはその人の信念や価値観にも通づるものがあるので
(b)のような生き方も否定はしないです。


あなたは上記(a)(b)のどちらがお好みですか?


どちらもそれなりに大変ではありますが(笑)


もし(a)の方がお好みであれば下記のセミナーは
何かのお役に立つかもしれません。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
==========================
第42回業務提携徹底活用セミナー
3月28日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12249370849.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================


(a)のお話だけなく(b)のトラブル事例も
ものすごくたくさんします。


この両方を比較検討することで初めて自分の好みが
わかるのです。


そのような場をご用意させていただきました。


もしあなたが(a)の人であればぜひ遊びに来てくださいねニコニコ



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月09日

物事を逆さまに見てみると良いことがある?

テーマ:業務提携徹底活用セミナー
おはようございます。

確定申告が終わってホッとしている
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



先週は、以前お世話になった方に
連れられて、ある外資系医療機器メーカーの
日本法人に行って来ました。


業務拡大のおり、契約書の案件がドッと
増えたので契約サポートをできる人を
探しているというお話を頂いたものですので。


本当にありがたいことですm(__)m


ミーティングもいい感じで進み、
遠藤がご提供しているサービスメニューを
いくつかご紹介をすることになりました。


遠藤の契約サポートメニューの中の一つに、

===================

英文契約書の「要約」サービス
↓ ↓ ↓ ↓
http://www.master-license.com/category/1485272.html

===================

というものがあります。

ここぞばかりに熱くプレゼンさせてもらいましたよ!!


「○○さん、英文契約書の「翻訳」は役に立たない!
 っていつも遠藤は言っているのですが意味わかりますか?」


「試しにこの英文契約書条文の和訳を見てください!
 パッと意味わかりますか?」



 ○○さんが首を振ります。


「そうですよね?わからないですよね?」


「そうなんです。英文だろうと和文だろうと小難しい
 契約書の条文はわからないものはわからないんです!」


「だから翻訳会社に高いお金を出して英文契約書を
 翻訳してもらっても無駄になることが多いんです!」


「だから遠藤は、【翻訳】ではなく『よーするにこう言う意味
 なんです!』ということをわかりやすく説明した【要約】の
 サービスを提供しているんです」


「これがその要約のサンプルです!いかがですか?」




すると○○さんがぽつりと答えました。



「うーん。この発想はいいですねー」


「ちなみに逆の要約サービスはやっていますか?
【和文契約書の英語での要約サービス】 の方が
 うちでは必要ですね。」


「日本の取引先との日本語の契約書をいつも英訳して
アメリカ本社に送ってお伺いを立てなければいけない
 んです。」

「でも日本語の契約書を英訳してもらっても、
 しょっちゅう訳わからん!って言われちゃうん
 ですよね~^^;」






遠藤には今まで、そのような発想は全くありませんでしたガーン



英文契約書を抱えて困っている日本の中小企業のことしか
思い浮かびませんでした。


確かに、日本に進出している外資系企業の日本法人は
そのような悩みはたくさんあって当たり前なのです。


「逆さまから見てみるとまだまだチャンスはある!」


のです。


忙しかったりすると、ついワンパターンな思考に
なりがちで、物事が行き詰ったりしてしまうもの。


そんな時は物事を単純にひっくり返して見てみる。

・英語と日本語
・米国と日本
・売り手と買い手
・男性と女性
・子供と大人
・若者と老人
・デジタルとアナログ
・空と海
・北風と太陽
・話し手と聞き手
・講師と生徒

などなど。


ちなみにこの発想、
あなたが中小企業経営者/個人事業主で
あって、上場企業と交渉しなければならない場合にも
使えます。


普通は、

「大企業だから交渉の余地なんかないだろ。。。」

と無抵抗で相手の言いなりになってしまいますが
意外とそうでもないのですよ^^;


相手の交渉担当者の脳に入り込むと言いますか
相手の立場からあなたを見るようにすると
実は意外な突破口があるものです。


「相手の脳に入り込むことなんてできないよ!」


ということであれば、同じように大企業にお勤めの人に
相談してみると、意外なヒントをもらえる場合が多いです。


もしあなたが業務提携の契約交渉で
行き詰まるようなことがあればぜひ、

=============
物事を逆さまに見てみる!
=============

という事をやってみてくださいねニコニコ


下記のセミナーでは大企業の契約交渉担当者の
心理を説明し、それにつけこむノウハウ(笑)を
公開します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
==========================
第42回業務提携徹底活用セミナー
3月28日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12249370849.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================

遠藤は一応上場企業4社に勤めたので、
中小企業/個人事業主からこのノウハウを使われて
よくつけこまれた口です(笑)


これを知ると、


「意外と大企業との交渉も行けるのでは?最初からあきらめて
 理不尽な契約条件を呑んでしまうことはないかも?」


と言う感想をおっしゃる参加者の方が多いです^^



もしあなたが大企業と取引を行う立場であれば
何かのヒントが見つかるかもしれません。

もし、あなたがご興味があればぜひ
遊びに来ていただければ嬉しいですニコニコ



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月08日

逃げ道を『相手のために』確保せよ!

テーマ:業務提携徹底活用セミナー
おはようございます。

春が少しずつ近づいているのを感じている
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


先日のことです。


先日、遠藤の友人がとある英会話教室の
体験レッスンを受講しました。


仮にAさんとします。


体験レッスン終了後に、正式に会員になるための
条件や手続きを英会話教室の担当者がAさんに
説明します。


とりあえず、Aさんは最低会員期間である3カ月間
の申し込みをしたのですが、その時に担当者の人が
言いました。


「もしAさんが3カ月でやめたいときは○月○日
 までにその旨をお知らせくださいね。」

「それをすぎると1カ月間は自動更新になっちゃいますので。」


この担当者の人は本当に素晴らしいと思いました^^



何が素晴らしいかと言うと、

=========================
Aさんがやめたくなった時の場合の期限と手続きを
明確に説明したこと。
=========================


あなたは思いませんか?


*********************************************************
顧客がぼんやりしている間に自動的に契約期間が
更新されるような仕組みを作っていてかつあまり説明もせず、
顧客が更新拒絶の通知をしなければ継続課金されてしまう
ようなサービスが多すぎる。
*********************************************************

ショック!


そして、顧客が後になって解約したいと言っても、


「いや、それについては契約書に明記してあったはずです。
 (読まないあなたが悪いのですよ)

という態度を取る輩が多すぎます。


こんなことでトラブルになったら顧客は2度とその
サービスを使わなくなり、結局はそのサービス提供者も
損をするのですがそこまで考えが回らないようですね(苦笑)


さらに悪いことには顧客に文句を言われたら
うまく逃げられようにしているケースがほとんどです(苦笑)


このように、

=======================
相手の逃げ道は残しておき、かつその事を明確に
説明してあげる。
=======================


ことで初めて相手方は安心し、かつこちらの事を
信頼してくれるようになるのは、業務提携の関係でも
同じです。


そこをわざと不明確にしておいて説明もせず
期限切れで相手の逃げ道がなくなるまでじっと
黙っているような卑怯なやり方ではダメなんです!


「揉め事になったらさっさと次を探せばいいやー」


とあなたが考えているのであれば話はべつですが。


もしあなたが5年、10年、20年と業務提携関係を
継続し、利益をあげたいと考えているのであればぜひ、


=======================
相手の逃げ道は残しておき、かつそれを明確に
説明してあげる。
=======================

ということを忘れないでくださいねニコニコ


そう言えば、


最近送られてくるメルマガでも「配信停止/購読停止」
の逃げ道の手段の説明が全くないものが結構あってかなり
迷惑しています^^;


おっとまた人間の器の小ささを露呈してしまいましたドクロ




下記のセミナーでは、
相手のための逃げ道を確保しながらも
自分の利益を確保するノウハウについて
ご説明します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
==========================
第42回業務提携徹底活用セミナー
3月28日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12249370849.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================


もし、あなたがご興味があればぜひ
遊びに来ていただければ嬉しいですニコニコ



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月06日

結論が先か?理由が先か?

テーマ:|-契約交渉のMaster
おはようございます。

春が少しずつ近づいているのを感じている
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


遠藤の会社員時代の先輩のAさんは直感・天才タイプです。


先にズバッ!と直感で「結論」を言い、後は周りのスタッフが
アクセクとその結論を実現させるために走り回ります。


天才的な閃きで物事を進めるので
とにかく仕事が早く誰も敵う人がいません。


特にマーケティング戦略などではその直感は多くの場合
当たっており、新サービスのビックヒットを連発しました。





一方で、
これまた遠藤の会社員時代の先輩のBさんは
ロジカルタイプです。


「AはBでCはDだから、結論はEだよね。」


という話し方をします。


すごく順序立てて物事を話すために、
一度聞いただけでスッと話の内容が理解でき
部下の遠藤はとても楽でした^^


しかしその一方で、結論を出すためのロジックの
完璧性を追求するところがあり、ちょっとでも
抜けがあるとそこから先に進もうとしないので
急いでいるときは周りもやきもきしたものですガーン



では、業務提携の契約交渉でどちらのタイプが
向いているかと言うと、圧倒的に、















*************
Bさんです!
*************


契約交渉においては、Aさんのような人は
ほとんどの場合、大失敗します。


他の条件を決めることもなく最初から直感的に、

「一億円でどうですか??」

などと提案してしまい、価格が決まってしまうと
もう自分の仕事は終わったとばかりに、


「後の細かい点はよろしく頼む!」


などと後の交渉を周りに振ってしまうのも
Aさんのタイプです。



契約のスキームはプログラムを組む作業と
非常によく似ています。


どんなに些細な部分であっても、そこに欠陥が
あると全体が機能停止してしまうという性質があるのです。


別の例で言うと、Emailアドレスが一文字間違っていても
正しく届かないのとも似ています。


「9割方合っているから、後は良いでしょ?」


というざっくりとした感覚では致命傷を負います。


残りの1割が原因で全部がダメになってしまうケースを
遠藤は何度も見てきました。



上記のAさんも1億円という価格を直感的に
決めてしまった後に何もしなかったために
その他の細かい条件で相手に良いようにされてしまい
結局は会社に大きな損害を与えることになりました叫び




よって業務提携の契約交渉においては、

======================
宝石赤STEP1
細かいパーツを一つ一つ積み上げて全体像が
見えるまで何も結論を出さない。

宝石赤STEP2
全体像が見えたら、初めて結論を出して
細かいパーツの連携を調整する。
======================

という思考の「順番」が必須となります。


きっとAさんにこの2STEPをやらしたら
すぐに怒り出してしまうことでしょう(笑)



AさんのようなタイプはSTEP1の段階では
どこかに行ってもらって、STEP2の段階になったら
初めてご登場願うのも良いかもしれないですね。



あなたも業務提携契約の契約交渉に
臨む際にはぜひ、上記の2STEPを頭の片隅に
おいて交渉戦略およびチーム編成を検討してみてくださいね。



下記のセミナーでは、
上記STEP1の細かいパーツを一つ一つ
検討する作業を体感していただけます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
==========================
第42回業務提携徹底活用セミナー
3月28日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12249370849.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================



これ、理系の人はすんなりと取り組めるのですが、
文系の人は本当に苦手な人が多いようで見ていて
気の毒になってしまいます^^;


もし、あなたがご興味があればぜひ
遊びに来ていただければ嬉しいですニコニコ



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。