1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月17日

自分の名前?or他人の名前?どっちが良い?

テーマ:|-契約交渉のMaster
皆さんおはようございます。

春が待ち遠しい業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


今、ネットで朝の連ドラの「べっぴんさん」
を見ていますニコニコ


朝の連続ドラマシリーズは一貫して、

「時代の荒波に揉まれながらも強くしなかやに生きる女性」

がテーマだと思うのですが、ここの所それにプラスして、
「経営のヒント」をもらえる内容が多いので大変勉強になります目


--------------------------------------------------------


主人公のすみれは仲間の女性3人と一緒に
「キアリス」という名前のベビー/子供服の専門店を
始めます。


敗戦直後の物のない時代にそんなお店を
やるのは大変な苦労でした。開店当初は材料の
布地を買うお金もなく、余った布きれをもらって
作っていました。


でも4人はコツコツと本当に手間と時間をかけて
良い商品を作って売り続けました。


全ての商品には自分達の想いを込めて
「キアリス」のロゴマークの刺繍をつけています。


そんなキアリスのベビー/子供服の品質が良いと
評判になり、最大手百貨店の「大急」から出店の
オファーがありました。


売上が数倍にもなる大チャンスです!


ところがです。


大急の百貨店の担当者から、
キアリスのロゴマークを全て商品から外し
「大急特選」のロゴマークを付けるよう指示されます。


この「大急特選」のロゴマークは、「大急百貨店のお墨付き」を
意味しますので、それをつけていれば強力な販売ツールになります。


しかし想い入れのあるキアリスの名前が消えてしまうのです。

おまけに、キアリスの商品はあまりに手が込んでいるので
工程を省いて短時間で大量生産できる体制を整えるように
要求されてしまいました。


つまり、売上が数倍になる代償として、

×想い入れのある「キアリス」の名前を捨てて
 「大急特選」の名前を使うのか?

×大量生産できるように大事な工程を省いて
 品質の悪い商品を作るのか?


の決断を迫られます。


さて、すみれ達はどうしたでしょうか?
続きは番組を見てくださいね(笑)


このように、

===========================
自分の名前または他人の名前のどちらで商品を売るのか?
===========================

は業務提携の交渉でも多くの経営者が悩むところです。


たくさんの集客力がある他人の名前を使うことに
より、すみれが懸念しているように、

×自分の商品に対する想いを捨ててしまったような感情が
 湧いてくる。

×大急のように、名前の貸主からあーだこーだと自分の
 商品の作り方についてまで注文をつけられるリスクがある。


と言った大きなリスクを負うことになります。


さらに、他人の名前を使って売った商品が品質問題を
起こそうものなら大変なことになります。

商品を買ったエンドユーザだけでなく、
名前を貸してくれた相手方からも、


「当社のブランドに傷をつけた!」


と言われて多額の損害賠償請求をされるかもしれません。


名前を貸す当事者からすれば当然の要求と言えるでしょう。


遠藤のお客様でもそうですが、名前の貸し借りについて
かなりお気軽に考えている経営者が多いように思います。


上記のように他人の名前を借りて商売をするときは
自分の名前で商売する以上にハイリスクハイリターンに
なります。


よって他社との業務提携契約において

===========================
自分の名前または他人の名前のどちらで商品を売るのか?
===========================

の局面になった場合は、十分に時間をかけて
慎重に検討するようにしてくださいね^^



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月16日

質問の仕方で相手の実力がわかるのです

テーマ:|-契約交渉のMaster
皆さんおはようございます。

やっと風邪が治ってきて嬉しい業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


遠藤の周りの成功者と呼ばれる人たちは
とにかく、

=======
 質問の達人
=======

が多いです。


・自分の理解が正しいか確認する質問

・相手の間違いを気づかせる質問

・画期的なアイデアを出させる質問

・相手が信頼できるか見抜くための質問

・落ち込んでいる相手を元気にさせるための質問

・話の内容を整理するための質問


などなど、ケースに応じて実に様々な質問を
使い分けます。


昔誰かが、「人生の質は質問の質で決まる。」と
言っていましたが本当にそのとおりだと思います。


良い質問を常にできるように意識しておきたい
ものですねニコニコ


その一方で、


「こいつアホやな~ガーン


と思われる質問をする人達も少なからずいます(笑)


×「お前さっきの話聞いてたんか?」と思わず突っ込みたくなるような質問

×「何でこのタイミングでそれを聞く?」と思ってしまう場違いな質問

×「それは民法〇〇条の理論に基づいた結論かと思われますが、先生の
  ご意見はいかがでしょうか?」と自分の知識をひけらかす質問(笑)

×「で?結局聞きたいことは何なの?」と逆に質問したくなる質問(笑)


などなど。


ちなみに「〇〇さん質問はありませんか?」と聞かれて何一つ
質問できないのもちょっと困りものです。



このように、

============================
質問の仕方/スタイルを観察すればその人の実力がわかる!
============================

のは業務提携の契約交渉でも同じです。


交渉の達人は交渉の場ですべき質問はその場の思い付きで
出ないことを良く知っています。


なので事前に質問リストの案を用意していますし、
さらにはそれを交渉前に社内外の人たちにぶつけて
ブラッシュアップしている人さえいます。


さらにさらに用意周到な人は、その質問に対して相手が
どう答えるかをシュミレーションして想定問答集を用意している
ことさえあります。



こんな人達を相手に何も準備して行かずに交渉に臨んだら
きっと上記のような、


「こいつアホやな~ガーン


と思われてしまう質問をするしかなく、
業務提携相手としては見てはもらえなくなります。



よってあなたも業務提携の契約交渉に臨むときには、


「やるな!こいつ!!」


と相手が思わず舌を巻くような素晴らしい質問をできるように
頑張ってみてくださいね^^


まずは質問の達人達が使っている質問を
真似してみるところから始めるのがお勧めですよニコニコ




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月13日

夜の街から子供が消えたのは良いことか?

テーマ:|-契約交渉のMaster
皆さんおはようございます。

やっと風邪が治ってきて嬉しい業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


先日の日経新聞に、

「夜の街から子供が消えた。。。」

という題名のコラムが載っていました。


昔は夜の繁華街、飲食店、ゲームセンターを
うろつき、たむろする中・高生の姿をよく
目にしたものです。


それがここ数年ですっかり見かけなくなり、
警察による補導の件数なども大きく減っているそうです。


原因はやはり、

********************************
インターネット/スマフォの普及
********************************

です。


交流サイトや通話アプリで連絡を取り合えば
済むので、わざわざ深夜の街に繰り出して
面と向かって会う必要もないということのようです。


しかし深夜の街をたむろする中・高生がいなくなったからと
言って、非行/犯罪の数が少なくなった訳ではありません。


リアルの場からネットの場に非行/犯罪の温床が
移動しただけです。


街頭ではなくネット上で良からぬ商品・サービスの
客を探す中・高生が増えたと言います。


警察もネット上で一般人の客のふりをして非行の恐れのある
中・高生に接触を試みるサイバー補導に力を入れ始めました。


しかしながらネットの世界では中・高生の方が一枚上手です。
サイバーポリスの存在など先刻承知です。


少しでも不自然な受け答えがあれば、


「こいつ客じゃなくてサイポリじゃね?」


と警戒されて即、通信拒絶です。


子供たちを見守るために大人たちも
ネットのスキルを磨く必要があるのです。


このように、

===========
ネット対応を迫られる
===========

傾向があるのは業務提携の契約交渉も
全く同じです。


リアルで会う事よりもメールで行う交渉の方に
比重と時間が置かれるようになってきました。


そしてこのネット社会において以前にも増して
求められてくるのが、

========
読む力+書く力
========

です。


遠藤の印象では、
話すのは上手でもわかりやすく
上手な文章をかける経営者の方は
まだまだ少ないという感じです。


今までは来た文章を部下に口頭で説明させ、
それに対して口頭でコメントしてそれを部下に
文章にさせていれば良かったのかもしれません。


でも今後はそれでは立ち行かなくなるでしょう。


自分自身の力で文章を読んで、
自分自身の力で文章を書かなければなりません。



よって、あなたも今のうちから毎日
少しずつでも自分の文章力をブラッシュアップして
おく習慣を身に着けることをお勧めしますよ^^





今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月12日

聞き上手な訳ではなく実は・・・

テーマ:|-契約交渉のMaster
皆さんおはようございます。

やっと風邪が治ってきて嬉しい業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


あなたは人の話をきちんと聞ける人ですか?


遠藤は色々な人から、


「遠藤さんは本当に聞き上手だよね~」


と言われます(自慢)


でも実のところ、


自分の興味のある部分以外は
ほとんど聞いていません(笑)


特に、

ショック!話の長い人

ショック!×話のポイントがよーわからん人

ショック!×ゆっくりゆっくり考えながら話す人


の話はずっと聞いているとイライラして
来るので8割方聞いてないです(笑)


でもそんな人達からも「聞き上手ですね~」と
おホメのお言葉をいただことが多いのです(また自慢)



実は聞き上手な訳ではなく、











========
聞いているフリ
========

が上手なだけだと思いますニコニコ


具体的には、


◆うなずくタイミングを話し手と合わせる

 話し手の顎の動きだけ見ていてそのうなずく
 タイミングで合わせて同じようにうなずく。



◆時々オウム返しする。


話し手:「いや~昨日飲みすぎて終電に乗り遅れちゃってさ~」

遠藤:「昨日終電だったのですね~」


と言った感じで時々思い出したように話し手の言葉を
オウム返しで反復する。



◆(自分の興味のある部分だけ)必ず質問をする

 話し手の話の中に出てきたおもしろそうな
 キーワードをピックアップして続け様に質問をする。



ということをやっています。



これだけで「聞き上手ですね~」と言われてしまうのですニコニコ


実はこの、

========
聞いているフリ
========

が上手にできると業務提携の契約交渉でも
かなり役に立ちます。


通常、契約交渉では色々な人が各々の立場で
発言し、必ず1人ぐらいは本題とは関係のない
どーでも良い話を延々とする人がいます。


そしてそういう人に限ってエライ人だったり
するので無下に、


「その話は交渉が終わった後にしてもらえませんか?」


などとビシャッっと言えない場合が多いのです。


だからと言って真摯に全部話を聞いていたら
かなりのエネルギーを消耗してしまいます。


ただでさえ知力・体力・精神力勝負の交渉において
これではかなり不利な状況になります。


よって、このような場合は、


========
聞いているフリ
========


を上手にして、
話し手のご機嫌を損なわないようにしながらも、
できるだけエネルギーを温存しておくのが一番です。



よって、あなたも契約交渉において
どーでも良い話を延々とする人が登場したときには
上手に聞いているフリができるように普段から練習を
積んでおくことをお勧めしますよニコニコ




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月11日

ドタキャンを防ぐ方法

テーマ:|-契約交渉のMaster
皆さんおはようございます。

やっと風邪が治ってきて嬉しい業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


遠藤はたまにセミナーや交流会を開催するのですが、
とにかく、


ドタキャンが大嫌い!!


です。


人間の器が小さいので、
「仕事や急用なら仕方がないよね~」
などとは決して思えません。


よく効く藁人形があったらすぐに使うかも?(笑)


一方でセミナーに申し込んだとたんに人は
下記のような不安を覚えるものなのです。


「仕事の予定が入ったらどうしよう?」

「セミナーの内容がつまらなかったらどうしよう?」

「もっと他におもしろいセミナーが同じ日にあったらどうしよう?」

「参加者が少なくて逃げ場がなかったらどうしよう?」


などなど、ドタキャンする潜在要素満載です(苦笑)



だから遠藤の主催するセミナーは申込があった直後から

=======================
たくさんのコミュニケーションを申込者と図る!
=======================

ということを徹底しています。


たくさんのコミュニケーションを申込者と
取ることで上記の不安を少しずつ消していきます。


具体的には、
******************************************************
◆申込があったら自動返信でセミナー案内を送信

◆その後、御礼+セミナー参加特典のメールを送信

◆Facebookをやっていたら友達申請

◆受講票を郵送

◆開催日1週間前に開催1週間前通知メールを送信

◆開催日前日に開催直前メールを送信

◆参加費は事前振込を徹底し振込があったら御礼メール送信
******************************************************

などなど。


恐らく参加者の中には、

「なんてしつこい主催者なんだろう?」

と思っていると思います(笑)


でもここまでやっているお蔭で昔と比べてドタキャン率が
かなり落ちました^^



この、

=======================
できるだけたくさんのコミュニケーションを図る!
=======================

のが重要なのは業務提携においても同じです。


要するに、契約締結してもそれで終わりではないのです。


例えば、あなたがフランチャイズチェーンの
本部を運営していて加盟店とFC契約を締結したと
します。


契約締結後にたくさんのコミュニケーションを取るのです。


◆最新技術・商品情報をメール/FAXですぐに提供

◆毎月月次レポートを提出してもらう

◆導入研修、フォローアップ研修、勉強会、意見交換会などの開催

◆〇〇コンテンストなどのイベント開催

◆定期的にスーパバイザーを加盟店に派遣

◆いつでも加盟店からの問い合わせに答えられるように
 サポート窓口の常設

◆定期的にニュースレターを郵送

◆加盟店を年に一度集めて交流会の開催


などなどいま考えつくだけでもたくさんあります。


ここまでやっておけばそうそう相手との意見の相違や
トラブルなど起こるものではありません。


よく契約締結したら後はほったらかしの経営者も
多いですが、実は契約締結後のコミュニケーションの方が
重要なのです。


よって、あなたも業務提携相手とは、

=======================
できるだけたくさんのコミュニケーションを図る!
=======================

ということを忘れないようにしてくださいね。




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月10日

謝罪の流儀

テーマ:|-契約交渉のMaster
皆さんおはようございます。

やっと風邪が治ってきて嬉しい業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


東洋ゴム工業という会社があります。

TOYO TIRE(トーヨータイヤ)のブランド名で
ゴムの加工技術を活かして主に自動車に使われている
タイヤ等を製造・販売していることで有名な大手上場
企業なのであなたも名前ぐらいは聞いたことが
あるのでは?


しかしこの会社、昨年は船舶や鉄道車両で使われる
防振ゴム等の製品の性能偽装が相次いで発覚しました叫び


人の命に係る製品の性能偽装は許されるはずも
ありません。


昨年11月12日に臨時株主総会を開いて経営陣を
一新することになりました。

京セラから来た駒口氏が会長になり、
常務執行役員だった清水氏が
社長に就任しました。


株主総会後の記者会見のことです。


駒口会長と清水社長との発言が実に対照的でした目


外部から乗り込んで来た駒口会長は自筆のメモを
見ながら自分の言葉で自社が取り組むべき課題に
ついて明確に語りました。


一方で清水社長は、事務方が用意した
原稿を一字一句読んでいるだけでした。


当然報道陣はいらだち、


「清水社長の言葉で再生に対する思いを聞かせてください!」

「過去の経営陣と何が違うのですか?」


と次々と質問をしましたが、肝心なところでは、


「現時点では何も決まっておりません。」


と繰り返すだけで結局最後まで清水社長自身の言葉で
語ることはありませんでした。


このように、

=====================
他人が用意した原稿をただ読むだけの経営者
=====================

の言葉は相手の反発を買うだけで決して伝わることは
ありませんが、結構そのような経営者が多いので
本当に困ったものです。


そしてこれは業務提携の契約交渉に臨む
ときも全く同じです。

==========================
専門家が作成した契約書をただ相手に渡すだけの経営者
==========================

が多いのです。


よく相手から、

「すみません。第〇〇条の条件についてもう少し詳しく
 説明してくれませんか?」


「ここは今まで話してきた内容と違っているようですが
 どういうことですか?」


などと質問をされても自分の言葉で説明できない経営者が
多いです。


専門家に契約書の作成を依頼するのは良いのです。


しかしその後、
その内容を自分の言葉で相手に伝えることなしに
契約締結などあり得ません。


「契約書にはそう書いてあるが、
 実際のところあんたはどう思うんだ?」



とツッコミを受けてモジモジしている経営者を
遠藤は今まで何度も見てきました。



カッコ悪いですよね~(苦笑)


「いやーそんなこと言ったって契約書って小難しくって。。。」


などと言い訳する経営者は経営をやめた方が良いのです。

小難しかったら自分で理解できるように専門家に説明を
求めれば良いだけの話です。


あなたも業務提携の契約交渉に臨むときにはぜひ、


========================
契約書のポイントを自分の言葉で伝えられる経営者
========================

になってくださいねニコニコ




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月06日

正月休みボケからいち早く抜け出す“あの”方法とは?

テーマ:|-潜在意識
皆さんおはようございます。

昨日から仕事モードの業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。

あなたは昨日から仕事始めでしたか?
それとも今日からですか?


いずれにしても正月休みボケから抜け出すのには
意外と時間がかかるものです。

おまけにFacebookなどを見ていると
すでにガンガンスタートダッシュしている人の
様子が目についてなんか焦ってしまったりもしますガーン


遠藤が毎年正月ボケから抜け出すために
やっていることは、









====
 掃除
====

です。


年末の大掃除をする人は多いですが
年始を掃除からスタートする人は意外と
少ないのでは?


これ、結構良いです。


それもベランダとか玄関とか換気扇とか
あまり普段は手が届かないところから
始めます。


するとやっているうちに何か頭の中まで
スッキリしてきてだんだん仕事モードに
なってきます。


そして掃除の後は、

======
 整理整頓
======

です。


この「掃除」+「整理整頓」をやることで
精神的にもリラックスしてスムーズに仕事モードに
なりますのでお勧めですよニコニコ


ちなみに業務提携の契約交渉においてこの
「掃除」+「整理整頓」に当たるものは、


=======
議事録の作成
=======

です。


議事録を作成しているといかに交渉中に
無駄な議論が多いかが本当によくわかります(笑)


これは色々な人がそれぞれの立場で好き勝手なことを
言うので仕方がないのです。


その中から無駄をそぎ落とし、
契約締結のために本当に必要なものだけを抽出し、
最後に順序立てて整理する、

という議事録作成は最も重要な作業です。


遠藤は交渉して議事録を作成し、それに相手が同意すれば
契約書なんかなくても、ほぼ交渉は完結したとさえ思っています。


逆に交渉をやりっぱなしで全く議事録を作成しない経営者が
多いですが、これでは交渉した意味が全くなります。


人は話したことの80%を48時間以内に忘れる動物だと
言われています。


完全に忘れることは少ないかもしれないですが
自分に都合の良いように変換して覚えていたりします。


例えば100万円(税抜き)で合意したのに、


「価格は税込で100万円だったよな~」


みたいな感じです。


よってあなたも業務提携の契約交渉をした後は必ず、

=======
議事録の作成
=======

を忘れないようにしてくださいね。




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月05日

明けましておめでとうございます!

テーマ:|-遠藤の価値観/信念
皆さん明けましておめでとうございます!

今日から少しずつお仕事モードにしたい業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


今年もどうぞよろしくお願い致します。



あなたはお正月をどのように
過ごされましたでしょうか?

そして2017年をどのような年にしようと
テーマや目標を設定しましたか?



遠藤の2017年のテーマは昨年末も
このブログで書きましたが、

=============
頑張らないことを頑張る!
=============

です。


「気合だ!」とか「根性!」などと
「頑張って」やってもロクなことはないので、



「頑張らないで済ませるためにどうしたら良いだろう?」



と自らに質問をして行動します。



その一つが仕組化です。


なんでも仕組化して自動的に行われるように
してしまえば、「頑張らないで」済みます。


そして業務提携の契約交渉における
仕組化の一つが、

======
様式の整備
======

です。


例えば契約書に、

***************************************************
甲と乙は注文書/注文請書を取り交わして
下記の事項を取引の都度合意するものとする。

・商品名
・付属品の詳細
・色
・数量
・納期
・納品場所
・受入検査の要否
・単価/合計額
・支払条件
・保証条件
・その他取り決める事項
***************************************************

なんて書かれているとします。


でも実際上記のとおりに注文書/注文請書で
取引しようとすると、


「やべ!保証条件を決め忘れた!」

とか

「色について取り決めるの忘れたな~」


などと担当者レベルでポロポロミスが出ます。


なのでこんな場合は、

****************************************************
甲と乙は別紙添付の注文書/注文請書を使用して
取引の都度条件を合意するものとする。
****************************************************


とだけ契約書の本文に書くだけであとは
「注文書/注文請書の様式」を作って契約書に添付し、
実際の取引においても担当者にそれを使用させれば
ミスや漏れを防ぐことができます。


ちなみに契約書自体もあなたがよく行う
取引についてはあなたに合った様式の
ものを用意しておけば取引をスムーズに進められます。


他にも色々あるかと思います。



あなたもぜひ業務提携の契約交渉に
臨む前に、


======
様式の整備
======


に取り組んでみてくださいね。

もう頑張って交渉しなくても済むように
なるかもしれないですよ^^


今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016年12月28日

採用のプロの質問

テーマ:業務提携徹底活用セミナー
皆さんおはようございます!

ここのところ風邪と奮闘中の業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


遠藤は会社員時代に3回転職しているのですが
最後の転職の際に大変お世話になった、
エージェントのKさんという方がいます。


このKさんのお蔭で遠藤の今のキャリアの基礎が
できたと言っても過言ではなく、本当に感謝して
いますし、今でもたまにランチしたり飲みにご一緒
させていただく間柄です。


Kさんは元は外資系企業の採用担当を
されていたのですが、採用面接のときに
下記の3つの質問を必ずしていたそうです。

********************************************************

Q1.どのような時に人間関係で困ったことになりましたか?


Q2.仕事を行う上で嫌いなタイプの人はどんな人ですか?


Q3.初対面の人にはどのように接しますか?

********************************************************


上記のQ1~3は主に、「組織適応力」を見抜くための質問
らしいのですが、この3つだけで実に様々なことがわかる
素晴らしい質問だと思います。


ちなみに遠藤が面接を受ける立場だったら下記のように答えます。


Q1.⇒A1.

はい、人の話を聞けない上司と
性格は良いけどドンクサイ部下を
持ったときです。


Q2.⇒A2.

仕事の内容を説明する際にわかりやすく文書で
説明することをせず、「会って話せば何とかなる」
とすぐ電話してくるタイプの人は「イラッ!」とします。


Q3.⇒A3.

どのような人かを見極めようとします。

具体的には「愛読書はなんですか?」と質問をし、また
近いうちに何かイベントにお誘いします。

なぜならそれでその人がどんな人かわかるヒントが
得られることが多いからです。



こんな答え方をしていたら、


「なんだ!この失礼な奴は?」


と速攻で不採用になることが多いと思いますが(笑)
中には、

「おっ!ちょっとおもしろそうなやつだな。。。」

と興味をもってもらえる企業もきっとあると思います。



このKさんに限らず、
優秀な人はみなさん、

=========
優れた質問リスト
=========

を持っているものです。


人間の脳はGoogleの検索エンジンと同じで
何か質問をしたら必ずその答えを自動的に
探し出そうとします。


悪い質問をすれば悪い答えが返ってきますし、
良い質問をすれば良い答えが導き出されます。


以前、誰かが、


「質問の質が人生の質を決める。」


と言っていました。




そしてこの優れた質問リストは業務提携の
契約交渉でも必須です。


例えばあなたがメーカーの立場だとして
販売店にあなたの商品を販売してもらう
ための契約交渉をしなければならないとします。


その場合は、「事前に」下記のような質問を
用意して自分自身に質問してみるのです。


Q.相手は法人?個人事業主?

Q.販売テリトリーはどこにする?東京都のみ?日本全国?

Q.独占販売権を与える?

Q.独占販売権を与えるのであれば販売ノルマを課す?

Q.商品の輸送条件は?

Q.商品代金の支払い条件は?

Q.商品のメンテナンス/アフターセールスまでやってもらう?


などなどちょっと考えつくだけでもたくさんあります。


そして自分自身に質問するだけでなく、
社内外の人たちにも同じ質問をぶつけてみるのです。


ここまでやれば準備は万端!


後は販売店との交渉で同じ質問を相手にぶつけて交渉するだけです。


この質問リストをどれだけ充実させられるかが勝負です。
質問リストさせ完璧に整備できればもう交渉は7割方終わった
ようなものです。


でも、世の中の経営者はなかなかここまで準備できている人は
少ないですね(苦笑)


だからこそ、あなたがきちんと上記のことを実行できれば
かなり優位に立てると思います。


よってあなたも業務提携の契約交渉に臨む前に


=========
優れた質問リスト
=========

を整備するよう頑張ってくださいねニコニコ




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。



遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com

今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。



遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月27日

すぐに結果を求めない習慣を身に着ける

テーマ:|-契約交渉のMaster
皆さんおはようございます!

今朝はスッキリと目が覚めた業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


先日、下記のダイソンの掃除機を買いました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ダイソンV8コードレスクリーナー
http://www.dyson.co.jp/dyson-vacuums.aspx


今まで使っていた掃除機はもう15年以上、
調子が悪くなっても騙し騙し使っていたのですが、
つい電気屋さんで目についたので買ってしまいましたショック!


そもそも掃除機という製品にあまり価値を感じていない
遠藤にとってはメチャクチャ高い買い物でしたが、
家で早速使ってみるとこれ、かなり良いですねニコニコ



そもそも遡ること1978年、
ジェームス・ダイソンは自宅の掃除機の吸引力が
すぐに落ちてしまうのにイライラし、


「こんなことなら自分で開発してしまえ!プンプン


と5年の間に5,000台の試作品を製作し
やっと満足のいく掃除機を開発しました。


ところがその後、製造ライセンス契約を締結してくれる
メーカーを何年も探したが興味を示す企業はありませんでした。


そこで自ら製造工場を建て、
1993年にダイソンの掃除機は初めて世に出たそうです。


実に自分で開発しようと決意してから「15年」が過ぎています。


そして40年近く経った今、
ダイソンは67カ国で掃除機を販売し、
毎年100億ドル以上の売り上げを上げているそうです。


ジェームス・ダイソンが一夜にして成功するつもりで
あったなら、とっくの昔にあきらめていたかと思います。



このように、

============
すぐに結果を求めない!
============

習慣を身に着けることは業務提携の契約交渉でも
とても大事なマインドになります。


安易に結果(=契約締結)というを求めると、

ショック!とんでもない相手に騙される

ガーン不利な条件を押し付けられる

プンプン相手とトラブルになる

しょぼん多額の資金を失う


などなどろくなことはありません。


「〇月〇日までに契約を纏めなければならない。」


などと言い始めた時点で焦り始めることが多いので
何も状況がわからないうちから契約締結の期限などは
設けない方が良いのでは?とさえ思うほどです。


ジェームス・ダイソンほどではありませんが、
遠藤が今まで手掛けてきた契約交渉でも1~2年
ぐらいかかってしまったものも普通にあります。


きちんとやろうと思えばそれほど時間がかかるものなのです。


よってあなたも業務提携の契約交渉に臨む際には、

============
すぐに結果を求めない!
============

習慣をぜひ身に着けてくださいねニコニコ




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。



遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。