一部だけですがw

まずサフ(下地)塗装

上塗り塗装の色を鮮やかにするため、下地の色も異なります。



そして上塗り およびツヤ消しトップコート



天気の様子を見て午後から始めたので
本日はココまで。


さて次回はいつになる事やらw
天気と気分と相談ですなw

ペタしてね

iPad mini-4からの投稿


AD

交通安全のお祓い

テーマ:
最近、縁があるというか、
最大級のヒヤリハッとのおかげ(事故寸前)で
自動車のお祓いを考えていて、調べてみた。



関東で有名なところは
成田不動 (成田山新勝寺)
川崎大師 (平間寺)
高尾神社 (高尾山薬王院)
西新井大師 (總持寺)

とかだと思う。



なのだが、
祀っている神さまは
不動明王さま
弘法大師さま
と、厄祓いからきているようだ。

どうも旅の加護とか安全の意味では無いような気がする。







別方面から調べモノをしていた時に見つけた神社の方が
よほど意味を成している気がする。
その神さまは「猿田彦大神」である。

多分、そんなに有名ではないであろう。
しかし古事記や日本書紀に登場する神さまである。
その風貌は天狗のようである。

イザナミ、イザナギ、アマテラスに連なる
ニギギのミコトが天降る際に
「土着の神である猿田彦神」が、
道を照らし先導したという逸話を持つ。
これらから道祖神と同一視もされている。





関東では有名な関連する神社は無さそう。
ま、仕方がないので、それなりの所でお願いするつもりw

AD
梅雨の雨で塗装は進みませんので、オマケを書いてみます。

もしかしたら、以前にも同じような事を書いたかもしれませんw
そうだったら、あいつアルツだからな〜と笑って見てやって下さいw

主なフレームの塗り分けです。


それぞれ意味を込めて塗り分けています。(まぁ自己満ですがw)

左から
胸部や胴体部、腰部、股関節近辺(重複してます)というのは、
非常に堅牢かつ熱が集中する場所であると勝手に想像しています。
その場合に使用される金属は、鍛造部品で熱焼けしているだろうと
そんな感じの色にしています。

次は
関節の中心や足首、構造物を支持部品等の強度が必要な部分は
ある程度重く強度のある部品であろうと、鉄やチタンに近い色を使用しています。

次、
先端に近くなるほど慣性重量を少なくするため、部品には軽量化が求められ
軽金属系の色を使用しています。 いわゆるアルミ系の部品です。
航空機に用いられているようなジュラルミン系かもしれません。

最後は右の関節部
関節は強度も必要ですが、柔らかさも兼ね備えなければなりません。
銅のような柔らか目の金属も配合されていてもなんら不思議ではない
と想像し、赤めの金色にしています。
ま、RGで関節に赤金(シール)を使用しているのを見て納得して
ずっとこの色で通しています。
関節は外装が被っても見える部分で良いワンポイントになりますし。



そうして組合せると

こんな風になるという感じです。





iPad mini-4からの投稿



ペタしてね

行ってきました〜

年間6回くらい、健診を受けているようなモノですw


今回、血液検査でヘモグロビンa1cの値が前回と比べ、多少良くなりました。
それでも上限値は越えているwのですがw

ま、先生は努力 (あんましてないけど) を認めてくれて
入院は遠のきました。


尿検査はキレイなモノだそうで、
単に食べ過ぎ
なんですなw

晩酌しない派ですしね。

精神科医で有名なカール・グスタフ・ユングは

「集合的無意識」と呼んだ。



また、全ての人類の記憶は

「アカシックレコード」として

記録されているとする考え方もある。


アカシックレコードを読む事ができれば、
宿命がわかり、未来まで読めるのであれば、
予言となる。


夢を含め、無意識下で人の精神は木の根のようになっていると
イメージされることもある。


不思議なイメージの一致は一体どこから、またはどうしてなんでしょう?
そんな事を考えていたら、こんな話しにw