2007-06-17 22:05:15

いかに生くべきか―東洋倫理概論/安岡 正篤 07161

テーマ:安岡正篤先生に学ぶ
安岡 正篤
いかに生くべきか―東洋倫理概論

北尾吉孝さんでさえ、安岡哲学は難解である、と。

(何のために働くのか/北尾 吉孝 07147)


その中でも、この本は特段手ごわかった。

杜子春」という、中国故事をモチーフにした有名な小説があるのだが

蜘蛛の糸・杜子春/芥川 龍之介 07004

そのオリジナル版が出てきたのが興味深い。


・・・いや、この本の本質はそんな枝葉ではないのだ。


グロービスの図書館で借りてきたのだが、

買って何度でも読むべし、だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

GAKUさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。