自家焙煎珈琲 豆散人アルジの公式ブログ 珈琲と日々

愛知県豊明市にある自家焙煎珈琲店 豆散人(まめさんじん)のアルジが、珈琲のこと、お客さんのこと、日々の思いなどを気ままに綴っております。 (旧 ほちほち日記)

営業時間 10:30~20:00

定休日   毎週水曜日


甘い珈琲、あります。

                 

                by アルジ


  

『珈琲教室』 ~随時受け付け中


ひとりあたり参加費 1人参加 3,000円

             2人    2,000円

             3人    1,500円  

所要時間約2時間

店が休みの水曜日の都合の合う時間で調整のうえ。

珈琲の基礎知識と淹れ方実践です。



お問合せ先 mamesanjin☆gmail.com

 ☆を@に変えてください。



NEW !
テーマ:

愛知県豊明市からこんばんは。

自家焙煎珈琲豆散人アルジです。

 

 ドイツのカロッサという人の自伝というか、回想録を読んでいます。その中に、こんな言葉が出てきました。

 

「父親だけは、彼が工業大学を中退してしまったので、腹を立てていた。そして、すこし老いぼれてきたせいか、魚が溺れやしないかと思って水の中からすくい上げようとする人みたいに、息子がせっかく文壇を居心地よく感じているのを、幾度も幾度もそこから救い出してやろうとした。」

 

 親心は、得てしてこういうことになりがちなものです。水を得た魚のようにいきいきとしている人は、そのまま見守るのがいい。

 

 「魚が溺れやしないかと思って水の中からすくい上げようとする人」は、傍から見て滑稽なので、気をつけなくては。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

愛知県豊明市からこんばんは。

自家焙煎珈琲豆散人アルジです。

 

 「常連さん」、「お馴染みさん」、「お得意さん」など、いろいろ似た言葉があるのですが、最近では「常連さん」という言葉が多く使われるようです。

 

 しかし、なかなか微妙な言葉ではありますね。カフェの場合、居酒屋ほどではないのですが、新規のお客さんにとって、常連客が壁をつくってしまっている店というのは居心地が良くないものです。

 

 当店の場合は、店で珈琲を飲まれるお客さんよりも、豆をお買い上げくださるお客さんのほうが、近頃多くなってきています。

 

 そういうお客さんは、「常連さん」というよりも「お得意さん」と呼びたいものです。「意を得る」わけですから、豆を気に入ってくださらなければ、続けては来られません。

 

 そう考えると、あえて言葉で対比させるなら、なんとなく惰性で通われるのが「常連さん」ということになります。

 豆のお客さんに限らず、常連さんからお得意さんへ、意識を変えていきたいところです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

愛知県豊明市からこんばんは。

自家焙煎珈琲豆散人アルジです。

 

 気の早い話ですが、師走に入ったので、年末年始の営業について前もってお知らせしておきます。

 

 例年、定休日以外に休まず、大晦日も元旦も営業していましたが、今年も同じです。但し、大晦日と三が日はフル営業ではなく、18時で早仕舞いします。

 

この4日間は、10時半から18時までの営業といたします。

昨年がなかなか体力的に厳しかったので、今年は楽します。 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。