自家焙煎珈琲 豆散人アルジの公式ブログ 珈琲と日々

愛知県豊明市にある自家焙煎珈琲店 豆散人(まめさんじん)のアルジが、珈琲のこと、お客さんのこと、日々の思いなどを気ままに綴っております。 (旧 ほちほち日記)

営業時間 10:30~20:00

定休日   毎週水曜日



甘い珈琲、あります。

                 

                by アルジ


  

『珈琲教室』 ~随時受け付け中


ひとりあたり参加費 1人参加 3,000円

             2人    2,000円

             3人    1,500円  

所要時間約2時間

店が休みの水曜日の都合の合う時間で調整のうえ。

珈琲の基礎知識と淹れ方実践です。



お問合せ先 mamesanjin☆gmail.com

 ☆を@に変えてください。




NEW !
テーマ:

愛知県豊明市からこんばんは。

自家焙煎珈琲豆散人アルジです。

 

 アルジが嫌いな概念である「スペシャルティ・コーヒー」をウリにしているお店のHPなどを見ると、いかに高級な豆を使っているか、というアピールで、ピラミッド型の図がよく登場します。

 

 いちばん上の頂点が、スペシャルティの階層で、全体の1%しか採れませんよ、とかいう話。

 

 あれを見ると、ハア~ すごいんだぁ と思う人が多いのでしょうが、よく考えると、インスタントコーヒーも、缶コーヒーも、元はコーヒー豆から出来ていますから、ぜんぶそれが分母に含まれるわけです。

 スーパーで売られている大手のコーヒーも、今流行りのコンビニのそれも、オフィス向けのドリップバッグも喫茶チェーンやファストフード店のものも全部が分母。それで1%って、意外と多いよね? という気がします。

 

 自家焙煎店が販売する珈琲豆の割合でも、感覚的に言うと、1%より少ないのではないかと思うのですが、近頃はもう少し増えているのでしょうか。

 

 なんだか数字のまやかしのような気がします。実際、いまどきの自家焙煎店は、ほぼ半分くらいの店が、スペシャルティ・クラスの豆を扱っているのではないかと思います。焙煎が趣味の素人さんでも、高いお金を出せば手に入ります。だから、そんなにスペシャルでもないですよ。

 

 それよりも、誰が焙煎するかが大事。どんなに良い豆も芯まで火が通らないと、豆の味が出ないので。スペシャルティ豆のほうが、焙煎による味の高低差が大きく出ます。

 

 そうすると、ピラミッドの頂点を探すよりも、焙煎の良い店を探すことが大事だと分かってきますね。ピラミッドをぶっ壊して、ピースが散乱し、その全部が同じような形をしていて、裏返すと本物かどうかが分かる、という宝探しです。

 

 全部のピースが高低なく、地表面にあります。ただ、取り組み方や技術が違うだけ。美味しい珈琲を探すときは、そういう感覚でした。そして、しっかりと豆の芯まで火を通し、本当の豆の美味しさを素直に引き出せる店は、もしかしたら1%くらいかもしれません。

 

それが、ピラミッドじゃない「頂点」です。珈琲屋は、焙煎士とか偉そうに名乗って、いかにも難しい仕事をしているように装ったり、生産地へ「視察」に行ったりとかしていないで、そこを目指すべきなのです。

まず、登る方向を間違えないことです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

愛知県豊明市からこんばんは。

自家焙煎珈琲豆散人アルジです。

 

 お年玉付き年賀状の当選ナンバーが発表されましたね。この時期の風物詩です。そして、これもこのブログの風物詩なのですが、書き損じ葉書を募集しています。年賀状の書き損じがある方は、ぜひ当店の「だいじょうぶだぁ募金箱」にお入れください。

 

 アルジが責任を持って換金し、東日本大震災の被災地のために寄付します。

 もちろん、年賀状以外のものも受け付けています。どうぞご活用ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

愛知県豊明市からこんばんは。

自家焙煎珈琲豆散人アルジです。

 

 雪が積もりました。歩道は、だいたい3~4cmくらいでしょうか。2フィンガーくらいの厚みです。公園のベンチは木なので、もっと7cmくらい積もっていました。小さい橋を歩いたのですが、舗装の素材が違うためだと思いますが、普通の歩道よりも雪が深かったです。

 

 金柑の実が生っている木の緑の葉っぱの上に、白い雪が積もっているのはきれいでした。白、緑、オレンジの自然の3色は、いいものです。

 

 朝8時頃に駅から店までゆっくり歩いて20分くらい。子供をひとりも見ませんでした。昔よりも雪が珍しいと思うのですが、朝早いのと、まだ降っていたこともあるのでしょう、まったく外で遊んでいません。雪だるまが見られるかと期待したのに、残念でした。

 

 昼頃、お客さんにお聞きすると、木のベンチのある公園に、大きな雪だるまが作ってあったそうです。猫のだるま、とか言われたかもしれません。

 

 雪合戦らしいことも、人数が少ないと面白くないですし、あまり行われなかったのでしょう。アルジは、子供の頃、カチカチに固めた雪玉を至近距離から顔にぶつけられて、鼻血が出たので、雪合戦にはあまりいい思い出がありません。ぶつけたのは父ですけどね。笑いながら無言でぶつけてきました。

 

 あとは、小5くらいの時に30cmくらい積もったことがあって、校庭でスフィンクスのようなものや滑り台まで作った記憶があります。たぶん、普通の授業が急遽体育に変更になって、雪合戦もやったのではないかと思います。

 

 一晩で積もった雪も、晴れてきたら、みるみる解けて、昼前にほとんど消えてしまいました。淡く儚いものです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。