仕事と育児ときどき毒吐きのちファッション。◎MAMARURU

2009年9月生まれの娘を育てるやさぐれアラフォーママの、ファッションネタ、身銭をきったオススメアイテム、腹黒な毒吐き、さらに日常のアレコレや妄想や宣伝です☆

NEW !
テーマ:
30歳の時に投資すべきアイテムって、MAMARURUさんのおすすめはありますか?
来月30歳の誕生日を迎えるんですが、30歳記念に自分でご褒美を買おうと思っていまして、
ダイヤのペンダントとか、腕時計とか、考えるたびに迷ってしまい、決まりません。
30代の自分のモチベーションアップになって、欲を言えば40代でも使えたら理想なんですか、、
もしご意見ありましたら是非伺いたいです!


というコメントをいただきながら、忙しさにかまけて記事アップが遅くなっておりましたらば、早く書けやゴルァ!!!というコメントを他の方からもいただいてしまったので(ウソです、そんな言い方ではないです)、すみません遅くなりましたが、本日はコレを。

まずはお誕生日おめでとうございます。
30歳ですか~~~・・・(遠い目)・・・ええっと、ワタクシが30歳のときってナニしてましたっけねぇ。。。(さらに遠い目)。。。

とかなんとか、ワタクシの遠い記憶はどうでもいいですね。
どんなモノに投資したらいいか、ですよね。
アレコレ言う前に、実際にワタクシが30代前半から44歳の今でもデイリーに活躍しているモノをピックアップしたほうが手っ取り早いっすね。

ってことで、コチラです。
{0AD397EA-1EDC-45F1-9097-B36DA03F558F:01}

う~ん、案外少ないです。
(各アイテムの詳細は、手持ちのアクセサリー全部見せの記事にて→

時計(ロレックス)は大卒で就職したときにのときに母親からお下がりしてきたもので、かれこれ20年以上コレ腕時計はコレ一個です。
フック型のチョーカーとブレス(エルメス)とダイヤのネックレス2本も母親からのお下がりです。
太めのリング(ブルガリ)は結婚10年目に夫が買ってくれたもので、まだ7年しか経ってないんですが、この先10年20年と使い続ける確信があるので、あえてピックアップいたしました。

この他にも10年以上前に自分で買ったアクセサリーはあるにはあるんですが、じゃあ今デイリーに使っているかというと、そうでもなく(苦笑)、今はジュエリーボックスで眠っているので、割愛。

そう、

服は消耗品ですが、ジュエリーは資産です。

と大草さんがおっしゃるとおりではあるのですが、その資産もやはりトシを重ねると似合うモノ、似合わないモノに別れるんですよね~~~・・・。
服に比べたら流行の移り変わりが顕著ではないとはいえ、当然ジュエリーのデザインやブランドにもトレンドはありますし。

ってことで、30歳の記念になりつつ、自分のモチベーションアップにつながるモノのワタクシ的オススメは、ずばり「腕時計」です。

大草さんも著書で、

IWCの時計を30代半ばで手に入れて、40代の今、もっと絶対に似合っている、そう確信しています。
時計が自分の、この先の女性像を照らしてくれる、というのは本当のことで、おしゃれも生き方も、ずいぶんとこの時計に引っ張ってもらいました。
少し重たい時計を手首にはめる朝、どこか安心し、同時に背筋が伸びる気がするのです。


とおっしゃっています。

予算次第かとは思いますが、時計だけは少し背伸びしてもいいんじゃないか、と思うんです。
毎朝仕事へ行く前にはめることで、自分で自分に喝を入れるといいますか、今日も一日がんばろう!!!という気になれるといいますか。
とかぶっこいてますが、すみません、ワタクシの時計は自分で買ったわけではないんですが。

それに、ほんと~~~~~に古臭くて自分でもなんだかな~~~とは思うのですが、ダイヤモンドやリングは、やっぱり自分で買うんじゃなくて、殿方に買ってもらいたい・・・というどうしようもない昭和な感覚が身に染み付いてしまっているんですぅぅぅ~~~。

いえね、自分で稼いだお金で買うも全然アリだとわかっちゃいるんすよ、アタマでは。
でもやっぱり、コスチュームジュエリーやトラベルジュエリー的なカジュアルなリングはともかくとして、本気度が高いダイヤやリングは殿方からプレゼントされてこそのオンナ冥利につきるといいますか、なんといいますか、もごもごもご・・・。
ココにつけるダイヤは空けて待ってマス☆的な?!
古いっすね、すみません。。。
所詮はワタクシ、昭和のオンナなもので。。。

ああ、ハナシが横道に逸れてしまいましたが、ともかくそういうコトで、時計推しなワタクシ。
じゃあどこのブランドの時計がいいのさ?!ってコトなんですけども、こればっかりは服と同じで、個人の好みになってしまうんですが、ワタクシ個人の好みで言わせていただくなら、時計はジュエリーブランドのモノより、時計だけで勝負している時計専門メーカーのモノが好きです。

マニュファクチュールといわれる(開発・デザインから、部品やムーブメント・ケース・ベルトに至るまで、時計の全てを自社で一貫生産し、組立をしている)自社一貫生産体制を持つ時計メーカーが好きなんです。

カルティエやブルガリももちろん素敵なのですが、ワタクシは自分で買うとしてもやっぱりロレックスを選びます。(ジュエリーブランドやアパレルブランドの時計のムーブメントはマニュファクチュールが生産したものを使用しています)

時計だけを作り続けてきたブランドのプライドといいますか、姿勢といいますか、クラフツマンシップといいますか、そういう目に見えない部分をリスペクトしているから、なんですが。

マニュファクチュール=時計専門メーカーはロレックスだけにあらず、たくさんあります。
パテックフィリップ、IWC、オメガ、オーデマピゲ、ジャガールクルト、フランクミュラー、などなどなど、あげたらキリがないくらいたくさんあります。

男性はこういうメカものが大好きなので、毎年ジュネーブやバーゼルで行われる時計の祭典の時期になると男性誌はこぞって取材してますよね~。
なんのこっちゃ、というヨコモジ専門用語が並んでいて、記事読んでもチンプンカンプンなんですが(トゥールビヨンとか、GPSとか、ミルスペックとか、エングレービングとか)。

でもまぁ時計を選ぶにあたって、マニュファクチュールくらいは知っておいて損はないと思います。

ただし、高級時計はメンテナンスにもお金がかかります。
ワタクシは2~3年に一回くらいしかしてないんですが、オーバーホールに出すと一回数万円(ロレックスで2~3万円)。
自動巻じゃなくて電池式の場合も、正規店で交換してもらうとかなりかかると思います。
ソレも考慮に入れて、手に入れるのが高級時計を身に着ける、というコトなんですねぇ。
そりゃ気合いも入るっちゅうもんです。
でも手に入れたら、40代とは言わず、50代でも60代でも使えるのが高級時計の高級たる所以です。
ワタクシのロレックスは母親が手に入れたころから数えると30年以上経ってますが、まだまだ現役ですし、このあと娘に譲ることになると思います。
3世代に渡って使えたら、元とりまくりっすよね。。。

とかなんとか、長くなりましたが、ご参考になれば幸いですが、まったく参考にならなくても仕方ないので、ソコはソレってことで。

時計を選ぶのって、自分の生き方にもリンクしてくるような気がするようなそうでもないような、なので、デザインや価格だけでなく、もう少し掘り下げて、勉強して、よ~~~く熟考してから買うほうが楽しいと思いますよ☆

Instagramでデイリーコーデを更新してます→ もしくは「mamaruru」で検索
Facebookで日々のど~でもいいつぶやき&入荷案内&キッズコーデを→☆☆
ワタクシが企画を担当している子供服◎MARUMARUのアイテム一覧→☆☆☆
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)