仕事と育児ときどき毒吐きのちファッション。◎MAMARURU

2009年9月生まれの娘を育てるやさぐれアラフォーママの、ファッションネタ、身銭をきったオススメアイテム、腹黒な毒吐き、さらに日常のアレコレや妄想や宣伝です☆

NEW !
テーマ:

いつも更新を楽しみしております(特に土曜日のシモネタ好きです!)

突然ですがMAMARURUさんとご主人様との馴初めとかどうなんだろうとか思っちゃいました!

いつか教えていただけたら嬉しいです!

 

というメッセージをいただきました。

 

おお~~~、そうきましたか。

ってか、ワタクシと夫の馴れ初めなど、面白くもおかしくもないっすよ。

よくあるハナシと言いますか、よくある出会いといいますか、ドラマっぽくもなんともない、フツーのハナシです。

それでもよろしければ、というか、ほぼほぼノロケになってしまうかもしれませんが、それでもほんと~~~によろしければノロケますけども。

マジでいいすか。

いやなんか恥ずかしいな。。。(照)

ワタクシのノロケなど見たくもないわい、という方はどうかスルーしてくださいませね~。

 

さてワタクシが大学生のとき、先輩からアルバイトを紹介されまして。

それが夫が勤めていた出版社の仕事でした。

当時夫は週刊誌の部署に所属しており、ワタクシも同じ編集部でバイトをすることになり、電話とりや、お茶くみ、コピーとり、原稿受け取りや郵便物の仕分けといった主に雑用が仕事内容で。(ちなみにいらん情報ですが、時給1000円でした)

朝9時~夕方5時という勤務だったので、編集部にいる時間が長いせいか、たまたまバイト席近くにデスクがあった夫となんとなくしゃべる機会が増え、じゃあ合コンしようかというハナシになりまして。

 

こちとら、もうすぐ21歳の女子大生☆

夫は同じ会社の他の編集部の同期を誘うということで、ギロッポンで合コンすることになったわけです。

 

で、合コンが終わってからも、当時はまだ携帯電話が普及する前だったので、夫は連絡のためにワタクシのイエデンにかける、という当時としてはフツーですが今考えるとそーとーハードルが高いコトをしてくれたわけです。

しかも毎日。

で、毎日話がはずんで2時間とか3時間とか話すわけですよ、夜中に(さすがに締め切りや校了日は無理でしたが)。

今思うとナニそんなに話すことあったんだか、と不思議でならないんですけども。

 

で、なんとなくほだされたワタクシは、デートをしてあげることになりまして(ここらへんはまだ上から目線)。

そのときの夫の服装のハナシは以前にブログでアップしておりますので()、ご一読いただければ、夫の人となりといいますか、ダサさをおわかりいただけるかと思いますです、はい。

 

そんでもってアレコレしたあとに、なんと夫に遠距離の彼女がいるというウワサを耳にして、「なんだと~う?!」となったワタクシ。

「もし遊びのつもりなら、もう会えない(=ふざけんなよ、はっきりしろよゴルァの意)」とはっきり夫に告げたところ、次回会ったときに「彼女とはちゃんと別れたから」と言われ、まあそれならばよかろう、ということで正式に(?)おつきあいすることになったんですけども。

今思い出してもちょっとムカつくなぁ。

ブサイクなくせに、オウムのセーターのくせに、ケミカルジーンズなくせに、彼女いながら女子大生に手ぇ出したなオマエェェェ。

責任とれや。

 

ということで、それからは特に波風もなく7年ほどつきあって、結婚とあいなったのでした(だいぶはしょり気味)。

 

ここからはまぎれもなく自慢&ノロケなんですけど、つきあって7年&結婚して18年、なんと一回もケンカしたことないんすよ。

お互いの地雷の場所がわかるので、絶対に踏まないようにしているってだけなんですけども、ケンカの種というかネタが見つからないんですよね~。

まぁ夫のほうはワタクシに不満だらけかもしれませんが。

夫は、ワタクシの人間ができているからだ、と言ってくれているんですが、まったくそんなことはないので、それも夫のリップサービスの一環で、実は夫にコントロールされているだけなのかなぁ、と思ったり。

 

脱いだ服脱ぎっぱなしとか、食器の出しっぱなしとか、リモコンすぐなくすとか、イビキがうるさいとか、枕が死ぬほど臭いとか、細かいダメダメなコトをあげればキリはないんですけども、だからといって怒るほどの悪要素がほぼないんですよね〜。


娘のことは溺愛していて、キチンと向き合って全力で遊んであげて、仕事もきっちりやってて(ここ重要)、ワタクシの両親にも適度に距離とりながらうまくつきあってくれて、ワタクシの仕事を理解してくれて、たまの夜遊びにも寛容で、手抜き家事にも文句一つ言わず(でも手伝ってはくれない)、世の中を俯瞰して見ていてシニカルで、いざというときには頼りになって、どーんとかまえて大らかな態度で解決してくれて。

というワタクシにとっては重要ポイントを夫は全て基本装備しているので、他に多少ダメなトコロがあっても、別に腹立たないといいますか。

家族思いで仕事が真面目だったら、じゅうぶんじゃん、という心境です。

 

あああ~~~ほらね、ノロケだ。。。

でもつきあい始めから今まで、気持ちはかわることなく、大好きなんですよね~~~。

なので、夫の老後はきっちりシモの世話もしてあげて、幸せなまま看取ってあげたいです(自分のほうが長生きすると信じきっている)。

そして生まれ変わっても、同性だったとしても、夫と結婚したいなぁ、とマジで思ってます。

あああ~~~またまたノロケだ~~~。

ほんとすんまそん。。。

 

ワタクシが愛人ほすぃ~、とか、イケメンが~~~とかぶっこいているわりには現状で満足できているのは、結局夫のことが好きだから、なのかな~~~と思います。

ま、性欲はないんですけどね、お互い様ですけどね。

 

とかなんとかマジでキモチ悪いことをぶっこいてしまったわけですが、それというのも、一昨日、結婚記念日だったからなんですけども。

そして毎度なので気にもなりませんが、特にプレゼントとかディナーとか花とかもナニもなかったんですけども。(案の定夫は深夜帰宅だったので、娘と二人で残りモノのシチュー温めなおして食べただけ)

 

ま、これでイケメンだったり、イケダンだったり、家事も手伝ってくれる完璧なエエオトコだったら、ワタクシなんてハナにも引っ掛けてもらえてないでしょうしね、ワタクシには夫でじゅうぶんすぎるくらいだと思って日々感謝しております。

それに夫の身の回りの世話をするのはワタクシですから!他のオンナにはゆずらん!と思ってます。

 

結婚生活も19年目に入りました。

あと2年で丸20年。

つきあい始めから数えるとなんと25年。四半世紀もいっしょにいることになります。

人生の半分以上をともに過ごしてきた、親友、戦友、マブダチ。

それが夫です。 


100組の夫婦がいたら、100通りの歴史がありますよね〜。


 

夫よ、せいぜい長生きしてくれ。

でもワタクシのほうが絶対長生きするけどな。

 

読者登録してね

 

娘には毎日「パパみたいな人と結婚するんだよ」と言い聞かせてます。

あ~~~、ノロケちゃった☆

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)