書いてる人とこのブログについて


私、有限会社流楽の松崎まさひろ(@mamaru14)と申します。
普段、お仕事でwebコンサルティングを行ったり、ホームページを作ったりしているので、デジタル人間かと思われがちですが、ガチガチのアナログ人間です。自分で今の会社を立ち上げるまでは、営業や販売の仕事に属していましたので、パソコンの電源の切り方も知りませんでした。

じゃ、なぜ今はデジタルの仕事を行なっているのか。
それは足で回る営業よりも、お店でお客さんを待ち構えているよりも、デジタルの方が多くのご縁・出会いが生まれるからです。
でも、インターネットの中もそうそううまくモノゴトが進むわけではありません。何となく簡単にビッグチャンスをモノにできそうですが、決してそうではありません。現実の世界と同じで、毎日小さなことをコツコツと積み上げていくことで大きな成果を生みだすそんな世界です。そして、それを実現しやすい身近なツールがブログなんです。

ぼちぼちこつこつと。
アナログなデジタルの手法で、ブログの書き方からwebサイト、スマホサイトの最適化、SNSでのPRまで、ぼちぼちこつこつ積み上げて、あなたのweb集客をサポートします。
FaebookアイコンtwitterアイコンLINEアイコンInstagramアイコン
  • 07 Jun
    • スマホ最適化とページスピードを同時に診断できるGoogleの新しツールでアメブロを計測してみた!

      Googleがモバイルフレンドリーテストとページの表示スピードを同時に計測できる「Mobile Website Speed Testing Tool」無料というツールを公開しました。 モバイルフレンドリーテストも、ページ表示スピードも、個々に調べられるツールはあるのですが、一括で調べられるツールとして新たにリリースされました。 Mobile Website Speed Testing Tool公開 まだ日本語化されていませんが、数字で結果が表示されますので、サクッと自分のサイトがきちんとスマホ最適化されているのか、Googleが重要してしているページ表示スピードの評価はどんなもんかいなと調べることができます。 早速、このアメブロの1記事を調べてみました。 アメブロで診断してみた 使い方はとっても簡単で、調べたいページのURLをコピペして「TEST NOW」をクリックするだけ。 まずはMobile Website Speed Testing Toolトップページにアクセス。 調べたいページのアドレスを入力。(先日投稿した記事のURLをコピペしました。) そして、TEST NOWをポチっと。 すっごく時間がかかるんだろうなあと思いきや、10秒ほどで解析されちゃいます。 これが結果画面です。 左から、モバイルフレンドリーの結果、スマホページの表示速度結果、PCページの表示速度結果の順で並んでいます。 そして、下へスクロールしていくと、個々の結果が表示されます。 モバイルフレンドリーチェックは100点満点ですね! アメバ、さすが~ スマホがきちんと最適化されていないとGoogleに冷遇されてしまうので、この点数が低い人は早めにちゃんと最適化しておきましょう! 単にスマホで見られるということは最適化されているとは言いませんので。 ご注意ください。 次は、スマホページの表示速度の結果です。 48点... 低すぎるってば(;一ω一||) できれば、80点以上は欲しいところです。 ユーザー側で対応できる部分は、ブログ記事に挿入する画像を圧縮することぐらいなので、その他はアメバ運営に任せるしかないですね。 ページスピードも早ければ早いほど良いとGoogleがやたらと言ってますので、早めにアメバ運営側で対策していただければ嬉しいですね。 祈りましょうw 最後にPCページの表示速度の結果。 66点... これも低いってば (´;ω;`) やっぱりこっちも80点以上の評価は欲しいよなあ。 超巨大なブログポータルなので、システム上のなんやかんやで、現状を把握していてもすぐには対策を打てないんだと思いますが、ネット内の神 Googleが言ってることなので、ちょっとづつでも改善していってもらえれば助かるなあと。 まとめ Googleがスマホサイトをとても重視していて、中でも重要な項目としてあげられるのが、最適化とページ表示スピードです。 どちらも公言していますし、さらにそれを一度で計測できるツールも今回リリースされました。 着々と準備が整えられている気がします。 なんの準備かというと、さらにさらにスマホ重視に偏重していくようになることです。 アルゴリズム(検索順位を決定づける計算式)もさらにこの2項目を色濃く反映するようになるんじゃないかと思います。 あなたのサイトは、もうスマホサイトがありますよね!? もし、無いってことなら、急いで作らねばいけませんよ。 そして、きちんと最適化されたスマホサイトを作りましょう。 さらに、ページスピードを重視した仕様で作りましょう。 このツールを使って確認しながらね。 もしくは、それぞれのツール(モバイルフレンドリーテスト、ページ表示スピード)を使って、確認しながら作りましょう。 スマホサイトはもう持ってるよって人は、最適化や表示スピードをさらに改善するために、今がどんな状態かチェックしておきましょう。 そして、できるだけ高得点をたたきだせるように改善しておきましょう。 Googleが大鉈を振り下ろす前に。

      6
      テーマ:
  • 24 May
    • 新機能リブログの試し投稿と拒否設定方法 ”※追記あり※新機能「リブログ」がいよいよリリース!”

      まいどです。 web集客コンサルの松崎まさひろ(@mamaru14)です。 とうとうリリースされましたね。アメブロの新機能「リブログ」。 本来なら昨日から開始される予定でしたが、諸事情で1日延期されていました。 そして告知通り、本日から使えるようになっていたので、スタッフブログを早速リブログしてみました。 こんな感じで表示されるんですね。 さて、1日延期となった件ですが... このリブログがサービス開始されるということがスタッフブログで紹介されると.....、反対する人が結構多かった。 コメント欄ではぞくぞくと反対のコメントがアップされていました。 それをみた運営側がユーザーが書き込んだコメントに書かれていた「拒否機能」を導入するために、1日延期となったと思われます。 すでにリブログ機能はサービス開始されていて、拒否設定も装備されています。 アメブロの基本設定で「リブログの設定」という項目でその設定が可能です。 こんな感じ↑↑↑ リブログされたくない人は、この設定を「受け付けない」、「表示しない」にしておきましょう。 そうしないと、ブログを見ている他の誰かがあなたの知らない間にリブログしているかもしれませんよ。 ちなみに、このブログは、どんどんリブログしていただいてOKです! このリブログ拒否設定を知らない方に教えてあげるために、この記事をリブログしてくださ~い! ということで、新機能リブログを試し投稿と(拒否)設定方法でした。

      4
      1
      テーマ:
  • 20 May
    • EFO(エントリーフォーム最適化)ってとても重要。あなたのwebサイトは大丈夫?

      先日体験したフォーム最適化の重要さ web集客コンサルの松崎まさひろ(@mamaru14)です。 先日、家族で郊外型のスポーツ店へ行きました。 目的は、下の子の遠足用のんリュックの購入と上の子のテニスシューズでいいのがあったら購入、そして私のジョギング用の半ズボンで安いのがあったら購入という内容でした。 店に入り、それぞれの目的の場所を家族で回遊していると店内のあちこちに貼られている「メンバーズセール 表示価格から20%OFF ※但し会員に限る」のポップ。ラッキー~♪と思いながら、あちこち物色するも、良さげなものがなくて、結局は下の子のリュックのみを買うことになりました。 そして、レジのおねえさんにリュックを渡してお金を払おうとした時、「今すぐ会員になればこのお会計から20%OFFできますよ!」と提案いただきました。 そうそう、それ忘れてましたよ。 ということで、おねえさんがQRコードをかざしてくれたので、それを利用してメールアドレスを登録しようと思い、表示されたページにびっくりしました。 登録する項目の多いこと多いこと。 名前だけで4箇所、住所は5箇所も入力せなかんという煩わしさ... 実際の項目はこちらです。 ・氏 ・名 ・氏(カナ) ・名(カナ) ・郵便番号 ・都道府県 ・市区町村 ・町名・番地 ・建物名など ・メールアドレス ・メールアドレス(確認) ・連絡先電話番号 ・性別 ・生年月日 ・メンバーズ限定のメールニュースの配信有無 ・パスワード ・パスワード(確認) 後ろにレジを待っている人がいる中で、この項目数をスマホですぐに登録するのって無理でしょうよ。 ということで、会員登録はせず、20%OFFは諦めてお会計しました。 このフォームは今すぐ会員登録をお客さん自身でやってもらうには項目が多すぎです。 この項目数だと、時間がある場合であったとしても、入力するのが面倒と感じます。 むしろ、会員登録はしないでください!といっているようなもんです。 今すぐ登録をお客さんに求める場合は、ひとまずメールアドレスだけ登録させて、折り返し入力フォームのあるページのアドレスを自動送信し、時間がある時に登録してもらうってことでいいんじゃないでしょうかね。 フォームの項目数は多すぎませんか? 企業やお店側が現場を見ずに、机の上や会議室で考えた企画ではこういうことがよく起こがちです。 実際に入力する手間がどれほど面倒か、時間がかかるか、煩わしいかことか。まったくお客さんへの配慮が出来ていませんよね。 お問合せフォームやエントリーフォームは、企業やお店が個人の情報を収集するひとつの機会なので、できるだけそのチャンスを有効に活用しようと、あれもこれもそれもどれもとたくさんの情報を収集しようとしてしまいがちです。でも、項目が多くなればなるほど、お客さんが感じる面倒くさ度は急上昇し、登録してくれる人は急激に減ってしまいます。 個人情報を収集したいのはわかりますが、そのために問合せが減ってしまっては元も子もありません。 自社のwebサイトにフォームを設置しているのはなぜですか? それは、お客さんに問合せ、予約、申し込み、登録などをしてもらうためですよね。 その目的のために必要なことは、たくさんの個人情報を収集するために項目を増やすことではありません。 必要最低限の項目のみを、わかりやすく表示して、入力しやすい環境を作る必要があります。 これをEFO(エントリーフォーム最適化)とよびます。 まとめ ブログやSNSであなたが提供するサービスや商品に興味を持ってもらって、webサイトにやってきてもらい、さらにサービス内容を確認して申し込もうかなと思った時に、ヒマラヤよりも高い山(入力項目の多いフォーム)が目の前にそびえたっていたら、あなたはどうしますか? よし!登るぞと思うでしょうか... おそらく、そのページから離れて、同業他社のwebサイトで同じようなサービスを探しに行くのではないでしょうか。 全てに納得してもらっていても、最後最後でお客さんに逃げられる。 こういったことがあなたのwebサイトで起こらないように、自社サイトのフォームの最適化 EFOをしっかりと行っておきましょう。 ちなみに、うちのwebサイトの問合せフォームの項目数は2つだけですw

      2
      テーマ:
  • 12 May
    • パスワード変更しよう! Ameba 5万905件のアカウントに不正ログイン

      ご存知の方も多いと思いますが、Amebaの5万905件のアカウントに不正ログインがありました。 かなりのユーザーのアカウントが不正にアクセスされたことになります。 これを受けて、運営側が不正アクセスを受けていない人もパスワードを変更するように呼びかけています。 「Ameba」への不正ログインに関するご報告とパスワード再設定のお願い http://ameblo.jp/staff/entry-12159141397.html   見られて困るものはないんですが、変なコードを埋め込まれたり、記事に変なリンクを埋め込まれても困るので、私は先ほどパスワードを変更しました。 これで一安心。 なのですが、パスワード変更時にでちょっと思うことがありました。    英数だけのパスワードって... パスワード変更のところに書かれている説明がこれです。    アメーバへのログインに使用します。 数字のみ、同じ文字の連続、アメーバIDを含むものを避け、第三者に推測されにくいものを設定してください。 (○良い例:a2me5b9a ×悪い例:200901、aaaaaa、ameba1234) ・6~12文字で入力してください。 ・使用できる文字は、半角英数字です。 ・数字のみ、アメーバIDに含まれている文字列は使用できません。 使える文字が英数のみ... これって、古いというかパスワードが弱いというか、セキュリティ的にあまりよろしくないんじゃないですかね。 アメバの場合、IDはブログのURLですでに公然にされていますよね。 なので、パスワードを総当たりでログイン画面にアタックされると、突破される可能性があると思うんです。 できれば、@*+#$%&¥=ー?!などの記号も使えるようにして、複雑なパスワードを作れるようにした方が良いと思うのですが.... 運営のみなさま、すでに開発に取り組まれているかもしれませんが、安心して利用出来るように対応を宜しくお願いします。    簡単すぎるパスワードはあかーん そして、ユーザーは今のパスワードが簡単なものであるなら、今すぐ英数を交えたパスワードに変更しておきましょう。 世の中には、安易というか、適当というか、簡単なおバカパスワードを設定している人が多くいまして、「最悪なパスワード」2015年版ランキングを見てみると、まあこんなパスワードはパスワードにすらならんよってものがずらり。 こんな感じです。   1:123456 2:password 3:12345678 4:qwerty 5:12345 6:123456789 7:football 8:1234 9:1234567 10:baseball 11:welcome 12:1234567890 13:abc123 14:111111 15:1qaz2wsx 16:dragon 17:master 18:monkey 19:letmein 20:login 21:princess 22:qwertyuiop 23:solo 24:passw0rd 25:starwars 思わず笑ってしまうようなパスワードばかりですが、これ、2015年の最悪なパスワードのランキング上位25なんです。 これ、あかんやつばっかりでしょw ここまで安易でなくても、お店の名前をアルファベットにしただけとか、自社の電話番号にしているとかいう人がいましたら、すぐに変更しておきましょう!   自分だけは大丈夫という自信が一番あかん それと、「自分は大丈夫」という理由なき自信は一番あかんです。 理由ははっきりとないのに、自分には関係ないと思っている、今まで大丈夫やったし、ということで簡単すぎるパスワードを変更せずに使っている。 もしハッキングされたら、あなたのブログをみるとHなサイトや変な薬を販売してるサイトに再移動させられたり、アメバを装うようなフィッシングサイトに移動させられる踏み台にされたりと、有害な場所として、お友達、お客さんに大々的に宣伝してしまうことになってしまいます。 そうなると、商売にも直接的な影響が出てくるかもしれません。 お店の販促・集客のために、活用しているブログが真逆の効果を生み出す可能性が...( ̄_ ̄ i) パスワードはできるだけ複雑にして強固なものに設定を。 今回はある意味で良い機会なので、いますぐ変更しましょう!  

      5
      テーマ:
  • 28 Apr
    • Facebookページの認証は済んでいますか?....と後日談と

      先日、自社のFacebokページのあれやこれやを見ていると、見知らぬ項目を発見! それは、ページの認証 です。 聞いたことあるように無いような項目だったので、調べてみました。 すると、Facebookのヘルプページが出てきました。 自分のFacebookページを認証するにはどうすればよいですか。 https://www.facebook.com/help/100168986860974  知らぬ間にこういう機能が出来てたんだなあと思いつつも、いつからかできるようになった気になりまして、waybackmachineで調べてみました。このヘルプページが今の内容に更新されたのは2015年10月ごろであることがわかりました。 どうやら、わりと最近になってできるようになったようです。(すでにご存知の方も多いかもしれませんが...汗) 内容を読んでみると、冒頭に、   カテゴリがローカルビジネスまたは会社・団体のページは、グレーの認証バッジを受けられる場合があります。 ほうほう。 うち会社のFacebookページは認証バッジを受けられる場合にあてはまったんやね! 認証ページは検索時に上位表示されるとの記述もあるので、早速認証してみることにしました。    Facebookページ認証の流れ 1. Facebookページの設定をクリック 2. 上から3段目にある「ページの認証」の編集をクリック 3. 電話番号を入力(最初の0は省いて入力) 4. 今すぐ電話を受け取るをクリック 5. すぐに電話がかかってくるので、4桁の番号を聞いて入力 6. 番号に間違いなければ認証されます 認証されると、ヘルプページにも書かれている通り、グレーの認証バッジが表示されます。 ちょっとわかりにくいかもしれませんが、表示されているでしょ! 実際にうちのFacebookページを見てみてください。 すごく簡単な手順で認証されるので、「ページの認証」が表示されている方は、サクッと認証を済ませておいた方が良いと思いますよ~!    今日アップするのに後日談 実はこの記事は昨日には下書きに保存してありました。 実際に最初の認証を行ったのは昨日の朝のことでした。 このページの認証のことはすでに周知のことかもしれませんが、いろいろ見たところグレーのバッジが付いているFacebookページを見かけませんでしたので、記事にすれば誰かが利用できるなあと思い、昨日のうちに下書きして、本日午前に公開する予定でおりました。 が、 今日、自社のFacebookページを見てみると、認証されているはずなのに、グレーの認証バッジが無くなっているし、ページの認証の項目には「未認証」の表示が... (;一ω一||)ナンヤネンソレ すぐに再度認証してみましたが、今回はちゃんと認証できているんでしょうか?? Facebookページは仕事で使っている人が多いので、ちゃんとして欲しいですよね。 相変わらず、大雑把なFacebook。  

      6
      テーマ:
  • 26 Apr
    • Googleアナリティクスにユーザー エクスプローラーの項目がやっと表示された!

      私が管理するGoogleアナリティクスの全てのアカウントで、ユーザー エクスプローラーの項目がやっと表示されました! よっしゃ~!! ちょっとおおげさw 早い人なら4月の上旬(3日とか?)から、このユーザー エクスプローラーが表示されているんですが、私のアカウントでは本日やっと確認できました。 ユーザー エクスプローラーとは ユーザー エクスプローラーとは、webサイトにアクセスしてきたユーザーが最初にどのページにアクセスし、次にどのページへ移動して、最後にどのページで離脱したかがわかる項目なんです。 webサイト内をどういう風に移動していったかがわかりますよね。 実際の画面はこんな感じです。 これはうちの会社サイトのユーザー エクスプローラーの画面です。 会社概要ページとトップページを行き来して、最後に問い合わせされたのがわかります。 お客さんがどのようにアクセス、そしてページを移動しているかが見られると、どのようにページを強化すべきか、どんなページを追加していくべきかが、今までよりも推測しやすいですよね! アクセス解析は軽い気持ちでチェックしよう! アクセス解析って、小難しくて、毎日見ていると飽きてくる(笑) でも、今回追加されたユーザー エクスプローラーは、自社サイトにアクセスしてきた人がどういう風にページを見ているのかがわかると、なんか面白くないですか!? 解析して、データがなんちゃらで、どこをどうして.... と、ややこしく考えずに、お客さんがどう見ているのかを見てみてやる気を起こすってのもあるのかなと思います。 あなたもGoogleアナリティクスのユーザー エクスプローラーの項目をチェックしてみてください。 お客さんのwebサイトをみる目線がわかるかもですよ!

      1
      テーマ:
  • 22 Apr
    • アメブロのAMPエラーを完全に無くしましたよっと!

      3月の上旬にアメブロがAMPを導入しました。 それから1ヶ月半ほど過ぎまして、やっとサーチコンソールのAccelerated Mobile Pagesの項目でエラーが無くなりました。 ということで、少し経過を追ってみましょう。 サーチコンソール AMPエラーの経過 AMP導入時のこのアメブロのエラー状況がこちら↓↓↓ アメブロにAMPが導入され始めたこの時はエラーだけで表示され始めている状況ですね。 始めてエラーがグラフに出たのは3月8日です。 そのあと、2日後にはエラーの無いAMPページがGoogleにインデックスされ始めます。 そして、しばらく経過したグラフがこちら↓↓↓ そして、AMP導入後2週間経過したぐらいのこの時点では特にエラー箇所を修正していませんでしたが、AMPページがどんどんとGoogleにインデックス(登録)され始め、エラーページもどんどん減っていっています。 しかし、しばらくするとインデックスされる数もエラーの数もそれほど増減なくなってきました。 ということで、エラーは出ているページのタグと属性を調べまして、AMPで禁止されているタグや無効となる属性を修正していきました。 そして、先日AMPのエラーが0になりました。 4月15日にエラーが0になりました。 3月8日からエラーが表示され始めたので、実質1ヶ月でアメブロのAMPエラーを無くすことができました。  AMPエラーが出ていたところ 最初の頃はエラーを放置していたのですが、しばらく経って全く減らなくなったので、重い腰を上げて修正し始めました。 大体は単純なHTMLの記述エラーでした。 別ページへのリンクがうまく記述できてなかったり、 ” (ダブルクオテーション)の位置が違ってたり、多かったりなど、普通のHTMLでもエラーになるようなものがほとんどでした。 あとは、Javascript系のいくつかがエラーって言われてた気がします。すみません、項目を保存しておくの忘れました(汗) 確か、ストリートビューの埋め込みとか、VEMIOの埋め込みタグが引っかかっていたような気が... このアメブロで出ていたAMPエラー箇所は ・HTMLの単純な記述ミス ・ブログに埋め込むためのJavascript系(だったような...) です。 あとはアメブロ運営側で、エラーをやっつけてくれたんだと思います。 Wordpressを使って自分で運営しているブログなんかは、運営側がやってくれているAMPエラーの修正にも対応しないといけないので、大変ですよねえ。AMPプラグインが出ているのでページの生成は手を煩わすことなく対応できますが、よくわからないエラーが出てたりして、エラーを無くすのも大変です。 私のwordpressも絶賛放置中です(笑)    エラーが無くなってからがスタート エラーが無くなってから、アクセスがドカーン!!と増えたかといえば、全くそうではありません(笑) エラーが無くなったということは、AMPページがGoogleのスマホ検索で検索結果ページ1位よりも上の位置に出る環境が整っただけなんです。 いくつかのキーワードではその位置に表示されているのかもしれませんが、ほとんどアクセスが変わってないところを見ると、その可能性も少ないかなと思います。 そもそもAMPはニュース性のある最新の情報で、十分な情報量があれば、Googleの検索結果の1位よりも上の部分に表示される可能性が出てくるというものです。 なので、やっとインフラが整ったところで、ここからがスタートということです。(昔の記事が表示される可能性もありますが...) 新しい情報を十分なボリュームで書いていかねば... そうしないと、せっかくのAMPエラー撲滅成功も水の泡になってしまうかもしれませんね。 まあ、ぼちぼちいきます! [ 関連記事 ] ・アメーバブログがAMP導入開始! ・アメブロのAMP対応 その後の経過  

      4
      テーマ:
  • 14 Apr
    • アメブロのハッシュタグを過去記事にも全部つけてみたよ!

      4月1日からアメブロでもハッシュタグが使えるようになりました。 スタッフブログでも「新機能「ハッシュタグ」のPCエディタリリースのお知らせ」と記事がアップされていたので、ご存知の方も多いと思います。 ハッシュタグで生まれる新たなアクセス経路 このハッシュタグは、あなたのブログにも絶対設定する方が良いと思います。 なぜなら、アメブロ同士で同じテーマの記事をアップしている人とつながるから。 そして、ブログを見ている人が同じようなテーマの記事をブログ横断型で移動して読めるからです。 ハッシュタグを使うということは、ブログにアクセスしてくる人が今までにはない流れでも、アクセスしてくるようになるってことなんです。 さ・ら・に! ハッシュタグのページが検索エンジンにインデックス(登録)されて、GoogleやYahoo!の検索結果ページに表示され、ユーザーが検索した際、ハッシュタグページが表示されるようになり、そこから、これまた今までには無かった経路でアクセスしてくるようになっています。 何もしなければ、この流れを享受できませんよっと。 なので、ハッシュタグを設定しておきましょう! いつやるの?? 今でしょ! ってことで、私は先週から毎日毎日コツコツと今まで投稿した過去記事も含めて、すべての記事にハッシュタグを設定しておりました。 そして、昨日にほぼすべての記事にハッシュタグを設定するというミッションが無事完了しました! (Youtubeが埋め込んでいる記事は新エディタが未対応なのでハッシュタグをつけれてません) これでどのぐらいアクセスがあがるかな~って、ちょっとわくわくしながら、アクセス解析を見比べはじめてます! 後日、報告できるものなら記事としてアップしますね! さて、実はここからが本題です。 せっせせっせと、過去記事にハッシュタグつけていっているときに気づいたことがありました。 重要な情報だと思いますので、この記事でみなさんに情報をシェアします。  アメブロのハッシュタグで気づいたこと     Youtubeが埋め込めない 前述していますが、新エディタではYoutube埋め込みのタグが現時点では禁止タグとして設定されているようで、記事内にYoutubeを埋め込むことができません。 これはちょっとイタイ。 今後対応していくようなので、早めに実現されることを期待してます。    過去記事にハッシュタグを設定できない 過去に投稿した記事にはハッシュタグを設定できません。 新たに投稿した記事にしかタグ付けできません。 でも、過去記事にもハッシュタグを設定できれば、その分アクセスされる確率が上がりますよね!? なので、いろいろ調べて、過去記事にもハッシュタグをつける方法を見つけました! 自力で調べられる人は調べて、どんどん過去記事にもタグ付けしていきましょう。 自分で調べられないよ...という方は、私のLINE@で過去記事にハッシュタグをつける方法をお知らせしていますので、そこで確認してくださいね。    インデックスされるハッシュタグページは一部だけ!? これが、一番イタイ。 ハッシュタグページはGoogleやYahoo!で検索すると、検索結果ページに表示されています。 しかし、これは一部のページだけのようなんです。 ほとんどのハッシュタグページは、GoogleやYahoo!の検索結果ページにでないように特別なHTMLコードがページのソースに設定されていました。 <metaname="robots" content="noindex,nofollow"> ロボット(検索エンジンのデータ取得システム)はこのページをインデックス(登録)をしないでください。そしてページ内に乗っているリンクも辿らないでください。 ということを意味しています。 このコードが多くのハッシュタグに設定されているようです。 様々なハッシュタグページを調べてみたところ、どうやらユーザーが自由に設定したハッシュタグには、この検索エンジンにインデックス(登録)されないようにするHTMLコードが挿入されるっぽいです。(推測) 反対に運営側が設定したと思えるごくごく一般名詞のようなハッシュタグページはインデックスされて、検索結果ページに表示されています。 このことをふまえると、検索結果ページに表示されるように一般的な名詞のみをハッシュタグとして設定していけばいいのでは?と思いますが、それではなんとも味気なくないですか? 造語とか、面白い言葉とか、もはや文章ってハッシュタグもあった方がコミュニティっぽくて良いと思うんですよね。 このままの状態だと、楽しくてアクセスアップにも繋がる可能性を秘めているハッシュタグがアメブロ内だけに効力を制限された機能になってしまうと思うんです。これはもったいないですよ。徐々にでも良いのでいろんな言葉のハッシュタグが検索エンジンにインデックスされるようになってほしいなあと願っています。 ほぼ使われないハッシュタグのページが多く存在してしまうと、検索エンジンからそのハッシュタグページが低品質なページと判断され、アメブロ全体の評価を落としてしまうかもしれない!!ってことで設定されてるんだろうなあ。 でも、やっぱりもったいない気がします。 ちょっと面倒でしょうけど、ユーザーが自由に設定したハッシュタグをひとつひとつチェックして、人気のハッシュタグであれば、インデックスされるように noindexとnofollowを外していってほしいなあと思います。 運営側さん、これって無理でしょうか?? ということで、アメブロに導入されたハッシュタグについて、あれやこれやと書いてみました。 全記事にハッシュタグを設定したい人は、LINE@で確認してくださいね!  

      11
      テーマ:
  • 11 Apr
    • iPhoneのマップ検索で店名・社名を表示!Apple Maps Connectに登録する方法

      Apple Maps Connectって知ってます? 私もずいぶん以前に聞いて知ってはいましたが、その当時は海外のみサービス開始で日本での提供がいつになるやらって感じで、そのまますこーんと忘れていましたσ(^_^;)  Apple Maps Connectとは Apple Maps Connectとは、iPhoneの純正地図アプリにあなたのお店や会社の情報を登録できる無料サービスなんです。Googleマップにあなたのお店や会社が所在する場所にピンを差して、自らのビジネス情報を掲載できるGoogleマイビジネスのApple版です。 先日、横田さんがこのことを記事にされているのを見て思い出し、即登録してみました。 その結果、こんな感じで表示されるようになりましたよ!    登録されるとこんな感じ iPhoneマップの検索結果画面 マップに登録されている弊社詳細情報ページ iPhoneのマップで「ホームページ制作」で検索した画面(大阪にグッと寄ってますが...)と、iPhoneのマップに登録されているうちの会社の情報画面です。 試しに「ホームページ制作 大阪」、もしくは「webコンサルティング 大阪」などで検索してみてください。iPhoneマップにまだ登録されているところが少ないので、大阪市内ではうちの会社と他数ヶ所にだけ、ピンが刺さると思います。    大スマホ時代の集客には必須 これ、会社の場合は集客に直結するような効果が感じられにくいと思いますが、お店の場合はそれなりに効果ありだと思うんですよ。 なぜなら、外出先でスマホを使って自分がいる場所の近くのお店を検索することってありますよね? その時、あなたのお店と他にいくつかの場所にピンが刺さったとしたら、検索している人の何人かはあなたのお店に来店すると思いませんか? これ、O2O(オンライントゥオフライン)と言われるスマホが当たり前になったこの大スマホ時代だからこそ生まれた集客(来店)の流れなんです。 なので、Googleマップにも、Appleのマップにも、あなたのお店(会社)の情報をきちんと登録しておいて、お客さんがスマホの何をどう使っても、そこにあなたのお店の情報が出てくる状況を作っておきましょう! そのためにも、Apple Maps Connectに登録しておきましょ!!    Apple Maps Connectに登録する Apple Maps Connectに登録する流れは以下のとおりです。 登録するには、Apple IDが必要です。    登録する方法 まずは、Apple Maps Connectにアクセス。 ↓ Apple IDでログイン(Apple IDが必要) ↓ 名称や電話番号、住所などを何回かの画面に分けて入力 ↓ 途中、電話番号を入力した際、Appleから自動で電話がかけられ 4桁の暗証番号を入力して電話番号確認が行われます。 ↓ カテゴリや営業時間などを入力 ↓ 完了です!    住所の確認でビルもしくは案内板の撮影が必要 上の流れで登録完了!と思いきや、この後にApple IDのメールアドレスに情報が足りませんとメールが届きます。 より詳しい情報が必要です と。 これは住所の確認でした。(他の場合もあるかもしれません) 入力した住所に本当に存在しているかどうかを確認するため、ビルの外に社名・店名の看板が出ていればそれを、ビル内の案内板に社名・店名が表示されていればそれを撮影して、Apple Maps Connectに再度ログインし、「ビジネス名が記載された建物案内看板」「ビジネス名が掲示された建物外部の看板」の選択メニューを選んで、その写真を送らなければなりません。 うちの場合、建物外部に看板は表示されておらず、建物内部の案内看板には掲載されているのですが、その案内板には建物名が掲載されておらず、どうやって写真でビルに存在するのを見せようかと考えまして、ビルの外観、少しビルに寄ったビル名が書かれている入口の写真、ビル入口から中に配置されている案内板が見える写真、そしてビル案内板に寄って社名が確認できる写真と複数枚撮影して送ってみました。 すると、3日ほどしてから、「ビジネスプロフィールの更新が 承認されました」とメールが届き、めでたく承認された次第です。    まとめ ちょっと面倒ですが、Apple Maps Connectには登録しておきましょう! 手間は一回きりですから。 その一回を済ませば、あとはスマホで検索して来店してくるお客さんを待つだけ(笑) 先日投稿したGoogleマップ検索で上位表示する方法の記事にも書きましたが、近隣の競合他店が気づいていないうちに、面倒がっているうちに、あなたのお店の情報をGoogleマップにも、Appleのアップにもきちんと登録して、スマホでの近隣検索からの実店舗来店というO2O(オンライントウオフライン)の流れを確保しておきましょう! これからの大きな集客の流れのひとつになりますよ(もうなってる)!  

      6
      テーマ:
  • 08 Apr
    • 大阪マラソン2016のエントリーが始まってますよ〜

      大阪マラソン2016の一般ランナーのエントリーが本日10時から開始されてますよ~。 私は先ほどエントリーを完了しました (`・ω・´)ゞ 2年連続で抽選落ちしているので、今年は出たいなあと思ってます。 大阪マラソンのエントリーの受付は、今日から5月10日の17時まで! エントリーはこちらから! 【一般ランナー申込方法URL】 http://www.osaka-marathon.com/2016/runner/entry/apply/ マイページを持っている人は、ログインしてからエントリーすると良いですよ! では、抽選通りますように!

      2
      テーマ:
  • 07 Apr
    • Googleマップ検索で上位表示する方法が公開された!

      Googleマップで検索ってよくされてるんです。 あなたもしてると思います。 外出先でスマホを使って。 近くにいいお店ないかな~って。 自分が探しているお店が見つかったら、そのままスマホで地図を見ながらお店に行きますよね。 こういった来店の流れがかなり多くなってきています。 この来店の流れを増やそうと思ったら、何が必要でしょうか? そうです。 Googleマップで検索した時に上位に表示されなければなりません。 今回、このGoogleマップの検索で上位表示する方法をGoogle自らが公開しました。ローカル検索で上位表示する方法をGoogleが公開 ―― ビジネス情報・関連性・距離・知名度 https://www.suzukikenichi.com/blog/google-explains-how-to-improve-rankings-in-local-search/  海外SEOブログで詳しくその内容が紹介されています。 記事の内容をかなり要約して言いますと、 Googleマップで上位に表示されるためには Googleマイビジネスに詳細な最新の情報を豊富に掲載すること だそうです。 (※お店をされている方は是非元記事も読んでくださいね。) Googleマップに掲載されている情報って、ほんとチョロっとしか掲載されてないか、グルメポータルサイトから情報が引用されて自動で生成されているページが多いです。 なので、ガッツリしっかりと説明し、写真もいっぱい掲載すれば、豊富に情報が載せられていることで、自動生成されたページやチョロっとしか情報が載っていないページよりも上位に表示されやすくなります。(たぶんw) また、人の目に付きやすくなれば、コメントも寄せられるようになり、さらにGoogleマップ検索で上位に出やすくなります。(たぶんw) これはやっておかないとあきませんよ! お店をされている人が特に~!! Googleマイビジネスからあなたのお店の情報をしっかりと掲載しておきましょう! 近隣他店が気づいてない、もしくは面倒臭がっている間に、がっつり集客しちゃいましょう!! [ 関連記事 ] ・iPhoneのマップ検索で店名・社名を表示!Apple Maps Connectに登録する方法 

      3
      テーマ:
  • 06 Apr
    • スマホファーストと縦撮り動画が当たり前に感じるすごく面白い動画

      すごく面白い動画をFacebookで見つけたので、ブログで紹介しま~す! 何が凄いかと言いますと、スマホで見られることしか考えてない!! そして、縦向きの動画である!! さらに、普段見ているスマホの画面を上手く使っている!!! これを全部まとめたのがリリカルスクールの「RUN and RUN」っていうPVなんです. 百聞は一見にしかず、実際に見てみてください。 但し、スマホで縦向きで見てくださいね。 そうしないと、全く意味がなくなりますから....。 こういうの考えつける人は凄いなあ。 めちゃくくちゃ革新的なものよりも、こういう身近なもので人々が気づいていないところに気づいてカタチにされた方がわかりやすいし、広めたくもなる。 すごいですわ。 ほんとPRの良い勉強になります。 おもしろいと思った人は、他の人にも教えてあげてくださいね!

      4
      テーマ:
  • 04 Apr
    • Googleアナリティクスにユーザー導線が確認できる項目が追加!

      Googleアナリティクスに待望の機能が追加されるようです! その機能はユーザー個々の導線が確認できるユーザーエクスプローラという機能です。 ずいぶん前から、多くの人が当然にある機能だと思っていた機能かと思います。 私の場合はアクセス解析の使い方やデータの読み方などを説明することが多い分、お客さんから何度となく「えっ!?見られへんの??」と不審な目で見られたことか...(汗) これでやっと疑惑を払拭できる!w このユーザーエクスプローラについて詳しく説明されているブログがありますので、詳しくはそちらを参照してください。 さて、このユーザーエクスプローラという機能、全てのアカウントで見られるようになってはいないようです。一部のアカウントで公開され、少しづつすべてのアカウントで見られるようになるのではないかといわれています。 私が自社サイトを含めて管理させていただいているGoogleアナリティクスのアカウントが15個ほどあるんですが、まだどれもユーザーエクスプローラの項目が追加されているものはありませんでした。 今までになかった機能ですし、何より誰もが見てみたいと思う機能だと思うので、早く使えるようになってほしいものです。 ということで、Googleアナリティクスにユーザーの導線が確認できるユーザーエクスプローラという機能が追加されたという情報でした!

      6
      テーマ:
  • 30 Mar
    • アメブロのデザインを新しいCSS編集用デザインに変えてみました

      アメブロデザインカスタマイズってほどのことではないんですが、新しいCSS編集用デザインに変更してみました。 前々から新しいCSS編集用デザインが出てるのは知っていたんですが、月末&期末のお仕事と戦っておりまして、手出しできませんでした。 ま、あんまり元のテンプレートと変えてはいないんですが....(汗) 前のイメージをほぼそのままで継承して、新テンプレートの良さげなところを生かしてみたって感じです。 あと、デザインテンプレートを変えるにあたって、ついでに後付けで入れていたJavascriptを外してみました。 そことによって、 ・SNS系のパーツを外して、アカウントページへのリンクに変更 ・フッターを削除 ・サイドに貼っていた広告も消す ことになりました。 なぜ、後付けで入れていたJavascriptを外したかと言うと、先日アメブロに導入されたAMPに影響があるんじゃないかと思ったので、実行してみた次第です。 AMPってJavascriptがかなりされるはずなんです。 アメブロ自体で、AMPページを生成する際にエラーと判定されるJavascriptは排除されていると思うのですが、私が後付けで入れたJavascriptをアメブロのシステム側がどれだけ排除してくれるのかと不安になりまして... 実際、サーチコンソールのAMPの項目であちこちイジっている私のブログと別のブログを比べた際に、私のブログのAMPエラーが多かったというデータもありまして... とまあ、そんなこんなでデザインを入れ替えてみました。 新CSS編集用デザインに変えて、アクセスが増えたとか、AMPエラーが減ったということがありましたら、またブログでご報告します。

      3
      テーマ:
  • 28 Mar
    • 5月からはさらにスマホ最適化できているサイトを優遇します! by Google

      Googleが公式に発表! モバイルフレンドリーの要素が5月から強くなっていく 5月からスマホに最適化できているサイトを検索結果ページでさらに優遇していくようです。 一気にドーンと変動があるのではなく、段階的にその要素を強めていくようです。   Google では昨年より、サイトがモバイル フレンドリーかどうかをモバイル検索でのランキング要素の一つとして使用し始めました。この 5 月からは、当該ランキング要素の効果を高めるアルゴリズムのアップデートを段階的におこなっていきます。 ちょうど一年ほど前の2015年4月に、スマホに最適化対応できているサイトを優遇するとGoogleが発表。 今回はその要素をさらに強めるということなんです。 2015年4月のときはそれほど順位変動が大きく起こった感じはしませんでした。 でも、あれから1年経っていること、Googleが自らで公式ブログにで発表しているところを見ると、まあまあな規模での順位変動が起こるんじゃないかとも予想できます。 業界各所でも、このニュースが伝えられています。 お時間あれば、ザーッとでも目を通しておくのをお勧めします。    関連情報   Google、モバイルフレンドリーを強化するアップデートを5月に実施することを予告 | 海外SEO情報ブログ https://www.suzukikenichi.com/blog/goolge-announces-2nd-mobile-friendly-update/ Googleがモバイルフレンドリー・アルゴリズムを5月に強化することを発表。| SEOJapan http://www.seojapan.com/blog/google-boost-mobile-friendly-algorithm-coming-may モバイルフレンドリーアップデートを2016年5月から強化予定 http://seolaboratory.jp/google_algorithm/2016032229789.php 5月以降モバイル非対応ページの検索順位が引き下がる!Googleブログが公式発表│株式会社イー・エージェンシー https://www.e-agency.co.jp/service/site/mobilefriendly.html Googleが5月にスマホ版Googleのモバイルフレンドリーアップデートの最新版を実施することを発表 | 鈴木将司公式ブログ | SEOセミナー http://www.web-planners.net/blog/archives/000181.html すでにスマートフォンに最適化されているようであれば、今回の発表はスルーしておいて良いのですが、自社サイトが以下のような状況ならば、なるべく早めに自社サイトをスマホ最適化を進める方が良いかと思います。   スマホ最適化できてないサイトの例 ・FLASHを使っている ・文字が小さすぎて読めない ・画像がページの枠から大きくはみ出している ・PCページが表示されている(横幅ぴったりでも、はみ出しててもNG) ・リンクを指でタップすると隣のリンクを押してしまう ・一部のページだけしかスマホでちゃんと見れない となっている人は、スマホ最適化できていないと思います。 また、簡単スマホ変換ツールとか、自社サイトとは違うドメインでスマホサイトが表示される一部のツールでも、スマホ最適化となっていない場合があります。この場合、スマホではきちんと見やすく表示されているんですが、最適化されているないってことがありますので、特に注意が必要です。 自分のサイトがスマホ最適化対応できているか心配な方、念のためにちゃんとできているか調べたい方は、Googleから無料で使えるツールが公開されていますので、それを使って調べてしてください。    スマホ最適化がチェックできるツール モバイル フレンドリー テスト https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/ 調べるときは、トップページだけじゃなく、全ページチェックするようにして下さい。 このスマホ最適化できているかどうかはページ単位で評価されますので、ご注意を...     スマホ最適化は最終局面に!? インターネット内のほとんどが...と言ってもいいほどに、コンテンツ、表示方法、アプリなどなど、各所でスマホ最適化が進んでいます。 先日、アメブロに導入されたスマホページを一瞬で表示するAMPもそうです。(こちらは順調にAMPへの対応が進んでいます。)今一番熱いと言われているインスタグラムも、根強いファンの多いtwitterやFacebookもかなりスマホよりのSNSだと思います。 こういったスマホに最適化されているところから、あなたのwebサイトにやってきたはいいが、スマホで文字が小さすぎたり、画面からめちゃくちゃはみ出したりしていたら、どう感じるでしょうか。おそらく、元のページやSNSに戻ってしまうでしょう。せっかく興味を持って訪れてくれたにもかかわらず... 検索順位に影響があるということも自社サイトをスマホ最適化するおおきな要因だと思いますが、それ以前にwebサイトを訪問してくれる人が見やすくて操作しやすくする気遣い・おもてなしも重要だと思いませんか?     まとめ スマホ最適化を優遇していくようになるまでには、あと1ヶ月ほどあります。 まだ最適化してないって人は、まずあなたのホームページを作ってくれたところに相談してみましょう。そして、なるべく早期に全ページスマホ最適化が実現できるよう進めていきましょう。  

      18
      テーマ:
  • 24 Mar
    • アメブロのAMP対応 その後の経過

      先日、アメーバブログがAMPに対応したことをこのブログでお伝えした。 AMPとは、スマホページを一瞬で表示させる技術のことを言います。 大手ニュースサイトやSNSではすでに導入されており、Wordpressなどではプラグインもリリースされており、インターネット内がAMP対応へと動いていっているのがよくわかります。 このAMPという技術に対応するとGoogleの検索結果ページで、検索1位よりも上の位置で特別な枠で表示されるようになります。 これがとっても重要です。 AMPに対応すると、アクセスを今よりもドーッと増やすことができるかもしれない!ってことなんです。(技術的なことに限って言えばですが...) なので、大手ニュースサイトやSNSだけじゃなく、ブログや自社メディアなんかを持っている方は対応せねばならなくなってくると思うんです。 web集客を考えている人は絶対導入必須なんです。 ですが、このAMPという技術は、なかなかのハイレベルなスキルが必要で、簡単にサクッと導入するのは無理なんです。 導入しないといけないのはわかってるけども、スキル的にかなり難しい。 というジレンマを抱えていたらところに、アメーバブロがAMP対応開始! まあ、びっくり&超うれしい&助かる&ありがたや~です(笑)AMP導入後の経過  先ほども書きましたが、AMPを導入するのはとても大変。 導入したとしても、エラー出まくりで、検索エンジンからAMPページと認識してもらえず、手間をかけて苦労しても一切報われず....みたいな状況をあちこちで生んでいます。 実際、アメーバブログも導入直後は、検索エンジンからAMPページとしての登録はされずにエラーが出ているだけでした。 導入直後に、私のこのアメブロのサーチコンソールで、AMP対応の項目をチェックしたものです。 エラーが3つのみ(笑) AMPを導入したのがわかるだけですね。 それから、約2週間ほど経ちましたが、エラーはどのぐらいになっているんでしょうか? 検索エンジンにAMPページをインデックス(登録)されるようになってきたんでしょうか? それがこちらです。 ↓↓↓↓↓ 3/22の時点で、 エラー 33 インデックスされたAMPページ 233 です!! アメーバブログにAMPが導入されたから間も無く、インデックスされたページ数がグッと上昇し、エラーは徐々に少なくなっていってます。 そして、その傾向はどんどん強くなっていってます。 これは、すごいです。 さすがは日本に名だたるIT企業が運営しているブログポータルといったところでしょうか。 今後もかなり期待できますよ。 これは。    まとめ  おそらく、アメーバブログのAMP対応はエラーが限りなくゼロで、ほとんどのページがAMPページとして検索エンジンにインデックスされるようになるでしょう。 そうなると、やらなければならないことはたったひとう。 ブログを見る人、検索する人が探している情報を詳しく、わかりやすく、定期的に発信していく! これだけです。 今までやってきたこと、やろうとしてきたことと何も変わりません。 どれだけ新しい技術が導入されても、他のブログよりも技術的に抜きん出ても、書かれている内容がどんなものなのかがいっっちばん重要です。 AMPのことについてゴリゴリ書いてきましたが、 「ふ~ん、そんなのがあるんだ」 程度にとどめておいていただいて、あなたはあなたのお客さんを向いて、記事を書いていきましょう! [ 関連記事 ] ・アメーバブログがAMP導入開始!・アメブロのAMPエラーを完全に無くしましたよっと!  

      20
      テーマ:
  • 10 Mar
    • アメーバブログがAMP導入開始!

      先ほど、Facebookで松本さんがアップしていた投稿で知ったんですが、 アメーバブログが、AMPを導入したようです! AMPとは、Accelerated Mobile Pagesの略で、スマホページを超高速に表示する仕組みのことを言います。 昨年10月にこのブログでAMPのことを記事(瞬時にスマホページを表示させるAMPはスマホサイト構築で必須になる!)にして紹介していましたが、アメーバブログ自体がここまで早く対応していくようになるとはちょっとびっくり(笑) 実際に、サーチコンソールでAMPのエラーがチェックできる項目があるので見てみました。 3/8からエラーが表示されているので、導入されたのは一昨日ってことになりますね。 エラーは、AMPでは使っちゃいけないタグが使われているってことみたいですね。 おそらく、ブログユーザーが個人的に修正できるものではなく、アメーバブログ運営側に対応してもらうわないとダメなことだと思います。 これだけ大きなブログポータルサイトなので、エラー解消には少し時間がかかるんではないかと思いますが、期待して待つとします! これ、かなり大きなことです。 アメーバブログがAMPにバッチリ対応したら、スマホ検索からアクセスがドカーンと増えるかもしれません。 運営サイドがエラーを直してくれるまでに、良い記事をいっぱい書いておきましょう! そして、AMP正式対応となったら、アクセスドバーッといけるかな....!?(笑) ということで、アメーバブログがAMPを導入したという記事でした! [ 関連記事 ] ・アメーバブログのAMP対応 その後の経過・アメブロのAMPエラーを完全に無くしましたよっと!

      54
      テーマ:
  • 04 Mar
    • 若い世代や感性の鋭い人がInstagramをを好む理由

      今日、Facebookで流れてきた記事。 InstagramについてGENKINGさんやITの著名人がイベントで話している内容が書かれてあったんですが、非常にネットのを正しくとらえてはるなあと感じたので、ブログで紹介します。 Googleは使わない、SEO対策しているから——Instagram有名人のGENKINGが語った10代の「リアル」 この記事で一番刺さった言葉が、 「ネットってリアルじゃない。」 です。 この「ネット」という言葉は検索行為から検索結果ページまでを指しているのかなと思います。 で、そこには作られた現実しかなく、リアルな現実はなくなっていると。 検索という行為がリアルじゃなくなってきている!? 記事に中にも出くる内容ですが、 検索結果ページって、ページのあちこちに広告がちりばめられていますよね。検索した内容にあった広告が表示される場合が多いですが、検索した内容とは関係ない広告も表示されます。 また、広告を除いた通常の検索結果の部分も、あの手この手で1位を目指す人たちで溢れかえり、Googleが正しく検索結果を返すこととのイタチごっこ。 業界に身をおく私からみても混沌としている部分があると感じます。 しかし、これはある程度仕方がないことなのかなと思うんです。 検索エンジンも検索という行為を無償で提供しているので、どこかで収益を得ないと運営ができない。 また、検索という行為に商機を求めている企業やお店が多く存在し、広告という商材がそのニーズに応えるツールとして検索結果ページで存在すべき意義もある。 なので、広告=ダメ~ってとはならないと思うんですよね。 (特にネット集客をサポートする立場にいる私としては広告はとっても重要な存在でかなり活用させていただいてます!)  ユーザーと広告の追いかけっこ こういたネットの現状を感覚的に把握できる若い世代や感性の鋭い人なんかは、検索という行為から遠ざかり、もっと簡単にわかりやすくコミュニケーションできる場所へと移り変わっていく。 こういった流れは、今に始まったことではなく、twitter、Facebookなどでも起こっていました。 利用するユーザーが増え、広告を出したいと思う人が出てくる。しばらくすると広告が多くなる。 多くなった広告に嫌気がさし、ユーザーは次の居心地の良い場所へと移る。 移った先のユーザーが増える.... と繰り替えし繰り替えし起こってきています。 そして今、行きついている先がInstagramなんじゃないかなと思います。    Instagramの現状 月間アクティブユーザー数:4億人(内、日本は810万人) 日本では、20代が最も多く利用しているおり、男女共に全体の40%を占めています。 また、女性の場合は10代・20代・30代で全体の90%を占めており、若い世代の女性に人気のSNSであると言えます。 (【保存版】3分で総復習!2015年、11のソーシャルメディア最新動向データまとめより) 芸能人の方もGENKINGさんのように数年前からアカウント開設して楽しまれている方が多く、そういったアカウントのフォロワーは凄まじい人数になっています。 また、「見てわかる」というシンプルでありながら使い方によっては様々な検索やコミュニケーションが取れるツールなので、その可能性と居心地の良さにだんだんとユーザーが増えていってるんだと思います。 海外などでは、もっと早くからInstagramが熱くなってるんですが、日本は最近やっと熱くなってきた感じでしょうかね。 Instagramにも広告は流れてきますが、それとわからないように配慮されたものが多いので、検索結果ページの広告と比べると鬱陶しさはそれほど感じない。このあたりもInstagramが人気になっている原因のひとつなのかなと思います。    最後に 多くの人がすでに利用しているInstagram。 これからまだまだユーザーは増えていくと思います。 そんなInstagramで集客機会を得るためには、いくつかのポイントがあります。 そのポイントは....私のLINE@で!(笑) ちなみに、私もInstagramやってます! 始めたのは2011年の終わり頃。 かれこれ4年ほどやってることになります。 松崎まさひろのInstagram https://www.instagram.com/mamaru14/ よかったらフォローしてくださいね! では、Instagramも活用してネット集客頑張りましょう!w  

      26
      テーマ:
  • 25 Feb
    • あなたのアメブロはGoogleのサーチコンソールに登録してますか?

      お気付きの方も多いと思いますが、22日の夜からすべてのアメーバブログの記事が検索エンジンにインデックス(登録)されなくなっていました。 (昨晩には、アメーバ側で対処されて問題は解消しています。) アメーバブログがインデックスされなくなってた 原因は、robots.txtというファイルの設定ミスが問題でした。 robots.txtとは、検索エンジンがwebサイトやブログの情報を収集するためにインターネット内を駆け巡らせているシステムを制御するファイルで、ここはインデックスしてもいいけど、ここはダメと指定することができるファイルなんです。  エラーの原因 エラーはこんな感じで出てました。 赤くハイライトされている部分がエラーです。 Disallow: /*/entry*-*.html#cbox のところです。 ちょっと解説しますと、 Disallow は、インデックスしないでちょうだいと言う意味。 /*/entry*-*.html#cbox はアドレスをしていしています。 ※ *マークはすべてに適用という意味です なので、 /ブログアカウント/entry〇-〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇.html#cbox というアドレスをインデックスしないでちょうだいねと検索エンジンに伝えるように設定されています。 #cboxを除いた部分 /ブログアカウント/entry〇-〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇.html は、アメーバブログの記事詳細ページのアドレスです。 コメント部分をインデックスしないように設定しているつもりが、記事ページまでインデックスしないように解釈されてしまい、アメーバブログの中にある芸能人ブログから一般の方のブログまで、22日以降に公開されたすべての記事が検索エンジンをブロックするようになっていました。    ブロックするままだったら、どうなるのか そうなるとどうなるのか。 検索エンジンでキーワード検索を行っても全く出てこなくなります。 それこそ記事ページのアドレスを検索キーワードとして入力しても、検索結果ページには出てきません。 (もしくは記事タイトルとリンクだけが表示され、その下に「このページはrobots.txtで内容をブロクしています」みたいな説明文が表示されます) これ、あかんでしょ(笑) なので、昨日一昨日とちょっとした騒ぎになっていました。 (※このエラーは昨晩、解消されています) このレベルのトラブルは、運営側に対処してもらわないと問題を解消できないことなんですが、これ以外にもwebサイトやブログには様々なエラーが起こります。 リンクが切れているとか、ページがなくなっているとか...。 少し更新を行った際、知らず知らずにこういったエラーが起こってしまいます。    ブログの状況を常時把握していくには... ブログ運営者、サイト管理者であれば、自分が管理しているブログやサイトをすべて把握しておき、エラーなく健全な状態でお客さんに見てもらいたい思うはず。 でも、すべてを把握しておくことは難しいですし、予期せぬエラーはほんと予期できませんw そんな時に役立つのが、Googleサーチコンソールです。 昔はwebマスターツールと呼ばれていました。 アメーバブログでも2014年10月から使えるようになっています。    Googleサーチコンソールを使おう! 今回のアメーバブログのエラーも、Googleサーチコンソールで「プロパティの健全性に重大な問題が発見されました。」とエラーが表示され、その後にサーチコンソールの機能の一つである「robots.txtテスター」で知ることができました。 一度登録するだけで、あとはずーっとブログの健康状態を教えてくれるGoogleサーチコンソール。 それだけじゃなく、Googleにインデックス(登録)してもらいたいページを通知できたり、どれだけインデックスされているのかがざっくりわかったり、ブログがどんなキーワードでGoogleに認識されてるのかも把握できますし、どんなキーワードで検索されているかもわかります。 あなたのアメブロは利用していますよね? もし、まだ使ってない・登録してないってという場合は、これだけの機能が無料で使えるので、絶対登録しておきましょう。 サーチコンソールに登録するやり方はこちらを参考にしてください。 自分のアメーバブログが検索結果に出てこないと思われている方、すぐに検索結果に表示されたいと思っている方はすぐに登録して活用してください。 あなたのブログを訪れるお客さんに常に快適な環境で見ていただくためのおもてなしだと思い、面倒くさがらずにしっかりと登録しておきましょう。  

      38
      テーマ:
  • 24 Feb
    • ホステス心得帖 - おもてなしの条件 - を読みました。

      先ほど、Facebookで流れてきた投稿で知ったことなんですが、とても有用だと思ったので、ブログにも投稿します。 北新地社交料飲協会(KRK)から出されている「ホステス心得帖 - おもてなしの条件 - 」という冊子があるんですが、先ほどFacebookにそれを紹介する投稿が流れてきたので、食後のネット徘徊をやめてすぐに読んでみました。 最初は「長い内容だったら途中で読むのやめよう」と思って読み始めたのですが、読み始めると最後まで一気読みしてしまいました。 なぜなら、冊子に書かれている内容が、ホステスさんに対しての心得を書いているものなんですが、人が当たり前に心がけておくことにも通じることばかりが書かれていたからなんです。(一部はホステスさんだけのものもありますが...) その冊子は、以下ページからPDFで全ページ読めます。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ホステス心得帖 ページの一番下にある「冊子pdfのダウンロード」をクリックすれば、PDFファイルがダウンロードされます。 私、今はネット関連の仕事をしておりますが、それまでは接客業、営業職と普段から人と会うことが仕事という職種に従事していました。 なので、特にこの心得に書かれている内容にグッときたのかもしれません。 ほんと、全ページにわたって、人としての心がけ、身なり、振る舞いなど、とても大事なことが書かれています。 箇条書きで書かれているので、サクッと読めてしまいますので、是非読んでみてください。 超オススメです!

      8
      テーマ:

プロフィール

webコンサルタント 松崎まさひろ

自己紹介:
大阪で流楽というホームページ制作、webコンサルの会社をやっている松崎まさひろ(@mamaru14)...

続きを見る >

読者になる

SNSで繋がりませんか!?

facebooktwitterline

このブログの読者

読者数: 389

読者になる