タイ教育支援NGO「マレットファン(夢のたね)」のブログ 

「マレット・ファン」は、タイ語で「夢のたね」という意味。「こども」にかかわる「おとな」の能力およびモチベーションの向上をめざし、研修や交流プロジェクトを実施しています。タイ、日本、そしてアジアに夢のたねをまく活動をブログでも広げていきたいです!


テーマ:

12月13日、マレットファンで初めてアートセラピーのワークショップを実施しました。

大阪の子どもにかかわる専門家3名の方のご協力で実現した企画です。




子どもたちとのアートセラピー教室を開いていらっしゃる小田さん、




そして、書道を子どもたちに楽しんでもらう活動家の檜谷さん、



子ども家庭相談員を20年以上続けてらっしゃる藤井さん。

(写真左から1番目)



”アートによる癒し”、”内面を表現する手段としてのアート”は、

タイでも少しずつ認知度が高まってきています。


今回はまず、アートでの感情の発散を体験してもらうための基本編となりました。





講師さんたちの導きで、アート(墨、絵の具の世界)を楽しみながら、

きれいに書くもの、描くものという既成概念を徐々に壊していきます。






『自身の心が促す通り、筆や手を動かしてください!』

との声を待つ間もなく、

参加者さんたちは自然と目の前の大きな紙に

色をのせていくことに没頭していく様子が印象的でした。




学校、幼稚園、地域活動などで、

子どもと関わる方々、61人の参加があった今回のワークショップ。







会場の熱気が徐々に高まっていったのは、

床と壁に張りつめたビニールのせいでなく、

61人の心の声の発散によるものと感じさせられる、

充実したワークショップとなりました。







連日のハードスケジュールの中、笑顔で講師をつとめてくださったみなさん、

本当にありがとうございました!


マレットファン

松尾久美

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

10月13日、カンチャナブリ県にある児童養護施設

「子ども財団子ども村」 の職員さん27名に対して、

コミュニケーションのワークショップを実施してきました。




様々なゲームを駆使した体験学習を通し

コミュニケーション・協力のあり方を見直すのが目的です。




ここ「子ども村」は、県内の中心地から離れた森の奥の広大な敷地に

いくつもの宿舎や教室を設置しています。


いわば閉ざされた環境の中で、子どもたちとの共同生活をする職員のみなさん。

課題に集中して挑むときの団結力は爆発的でした。






※課題達成に歓声をあげる様子




そして、最後の振り返りの中では、




日頃より、よく知っている仲間同志であるからこそ、

見落としていたこともある、



質の高いコミュニケーションと協力には、

「明確な目標の共有」と「前向きな言葉かけ」が必要なんだよね、


毎日の仕事もこれくらい協力できたら、どれだけ気持ちがいいだろう、


と清々しい表情で語ってくださっていました。



とてもシンプルで当たり前に思うこれらの要素なのですが、

慣れ親しんだ集団の中で、日々の活動に追われていると、

なかなか思うように全うできないものですよね。


そんなことに、はっと気づく時間を仲間と共有したことが、

今後の活動の糧になるといいなぁと思いながら、

バンコクへと戻ってきました。





※ 「子ども財団」 は1978年前に設立された、タイNGOの先駆けであり、

 子ども支援の団体として認知度が高い団体です。

 養護施設の運営のほかに、子ども向けの図書出版、
 災害時の緊急救援の事業も行っています。

 

 タイでは、行政による福祉施策では全てのニーズをカバーするに至りません。

 ここ「子ども村」のように児童養護の施設、あるいは障がい者、高齢者支援の分野は、

 まだまだNGOの活躍の場と言えるようです。 


マレットファン

松尾久美

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ねらいを確実にキャッチし、感激していただいた1日目 に引き続き、

充実した学びを提供できるようにと、

講師およびスタッフみんなが緊張して臨んだ2日目です。






2日目の午前中は、コミュニケーションのあり方に気づくワーク。




講師の指示により描いた絵、全く同じ指示なのに、

とらえ方によって、描かれる絵は全く別のモノになる。





実際に他の人と見せ合って、あまりの違いに大笑い、

その後、なぜ違うのか、どうしたら共通理解を得られるのかなど、

意見交換に発展します。


さらに、言葉を発せず、コミュニケーションをとるワーク。




これらを通して、1Way-2Way(一方通行ー双方向)、言語-非言語など、

コミュニケーションを捉える際の視点が浮かび上がってきました。





そして、2日目の午後は、

これまで培ったコミュニケーション力を最大限に生かして、

昨日からのグループで最難関の課題に取り組みます。





目隠しをし、さらに言葉も使わずに、スタート地点からゴール地点に置かれた紐に、

順番通りに並ばなければならないゲーム。


事前にグループ全員の共通理解を得られていないと成功しません。


その共通理解のためには、ひとりひとりが、自分の不安感も含めて、

他のメンバーに開示していかなければならず、

さらに、他のメンバーの意向も受け入れる必要があります。




まさに最大限のコミュニケーション力が試されるこのゲームに、

誰一人、臆することなく、入念な打ち合わせをし、

3回目にして、2チームともほぼ成功。


実施後、各グループ内での振り返りでは、

以下のように活発な意見交換がされました。




2日間での気づきと

グループ内に蓄積された信頼関係により成功したということ。


全員が明確に目標を理解すること、

誰もが意見を出せる、受け入れられる雰囲気であること、

失敗を前向きにとらえながら課題解決に向かうこと、

これらが、グループの課題達成にとって重要である。


さらに、実際の仕事、生活の場面にも置き換えて、

コミュニケーション、組織の人間関係、事業遂行のあり方についての、

深い洞察が進められていきました。


このワークショップの醍醐味である、

『ワークに没頭した直後の当事者同士での振り返り』の、

重要さに改めて気づかされました。



研修も終わりの時間が迫るころ、まだまだ議論が白熱していました。

しかし、ひとりの小学校の先生の発言に、会場の雰囲気が一変しました。



進学校で小学生の担任を受け持つエームさん。

言葉を詰まらせながら、少しずつ丁寧に話してくださったのは、

こんなことでした。


『自分の日頃の子どもたちへのかかわりを反省しました。


 厳しく接すること、せきたてるように成果に向かわせることが、

 彼らを成長させると信じてきたけど、

 そうじゃないと気付いたんです。


 今回の講師が提供してくれたような、

 学ぶこと自体が楽しいと思えるような時間を、
 自分も子どもたちに提供してあげられるんじゃないかって思えました。

 

 ワークショップの内容ももちろんですけど、

 樽井先生の存在自体が、

 私が明日からなりたい自分に変わっていけるための原動力です!』


とても陽気でおっとりした印象のエームさんによる、

涙交じりの告白で、今回のワークショップでの感動はピークに達したようでした。


この2日間で徐々に、自分の感情のあり方に気づき、

他者とのかかわりの中で新たな自分の一面を発見してきたことが、

自分を変えられるのだという自信につながったのだと思われます。




今回のワークショップの目的は、

効果的なコミュニケーションとは何かを体験から気づき、

参加者が日頃の子どもとのかかわり方を見直すきっかけを提供すること。

これが達成されたことに、大きな喜びと安堵を感じました。


マレットファンのメンバーとしても、

2日間での参加者さんの劇的な変化を目の当たりにした感動は大きく、

自分たちがその変化を促していく存在となるために精進していく、

大きな原動力となるワークショップとなりそうです。


マレットファン

松尾久美

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

10月11-12日、「創造的コミュニケーション」というテーマでワークショップを実施しました。

幼稚園・小学校の先生を中心に、

テレビ番組製作会社、出版社、行政機関の職員を含む24名の方が参加くださいました。




講師は、人間関係トレーニングおよび体験学習による

ワークショップの経験豊かな樽井美和子氏。


昨年もマレットファンのワークショップの講師を務めてくださり、

大好評を博しました。

昨年の様子はこちらをどうぞ


ワークショップの目的は、効果的なコミュニケーションとは何かを体験から気づき、

参加者が日頃の子どもとのかかわり方を見直すきっかけを提供すること。


連続2日間での内容は、

1日目:自分の感情を知り、受入れ、さらに他者を受けいれることを学ぶ

2日目:コミュニケーションとは何か、

    さらにコミュニケーションを生かした協力とはどんなものかに気づく


というもの。


1日目の朝、まずはワークショップの概要・目的を紹介し、

アイスブレーキングのワークに入ります。





硬い表情が徐々に笑顔へと変わり、

リラックスしていく参加者さんたち。





ひとりからふたり、ふたりから集団、簡単なものから難しいものへ、

少しずつ段階のあがるワークを経て、

自分を知り、他者と助け合える感覚を確かめていきます。




その助け合うことでの楽しさ、心地よさにより、

課題解決への集中度、コミュニケーション度がどんどん高まっていくようでした。




最後の振り返りでは


「集団がもつ本来のパワーを実感できた、

 お互いを認め合い、個人の持ち味が十分発揮されることで、

 集団の力は個人のそれの単なる和でなく、

 相乗効果を起こして何十倍にもなるという奇跡的瞬間に感激した!」


とのご感想をいただきました。




講師さんをはじめ、マレットファンスタッフとしても、

ワークショップのねらいが、確実に伝わっていることを嬉しく感じるとともに、

2日目へのプレッシャーを感じながら、準備に励みました。


マレットファン

松尾久美



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月13日、バンコクにて『D.I.Y.手作り布おもちゃ』のワークショップを実施し、

17名の方が参加してくださいました。



今年2回目となる『D.I.Y.(Do it yourself)』のワークショップ。

講師は幼児教育の専門家・松尾純代氏です。




少人数での丁寧な縫製指導が好評で、今回もリピーターの方が4名いらっしゃいました。





モノが豊富になるにつれ、子どもの手にするおもちゃは市販のモノが主流となっているバンコク。

改めて『手作り』によるおもちゃの大切さが見直され始めているようです。





マレットファン

松尾久美

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月6・7日の2日間、タイ北部ウッタラディット県の教員養成大学のご依頼により、

布おもちゃと折り紙・切り紙のワークショップを実施してきました。


(※ウッタラディット県はバンコクから車で7時間弱)



ウッタラディット教員養成大学は、

周囲4県で幼児教育を学べるたった一つの大学です。


したがって大学が呼びかける今回の特別ワークショップには関心が寄せられ、

他県から遠路はるばる参加された先生たちが多くいらっしゃいました。


開会式は期待と緊張の入り混じった雰囲気が会場を包みます。



参加者は、各県の先生たち83名、

先生のたまごたちであるウッタラディット大の幼児教育課の2、3回生120名。


合計200名以上という大人数での縫いもの、折り紙のワークショップはマレットファン初。

講師さんもスタッフ3名も、どれほど参加者さんに満足いただけるか不安でいっぱいでした。


しかし、4回生の学生さんたちのサポートにより、順調な進行がかないました。


最後には、ほとんどの方が選んだおもちゃを完成させ、

慈しむように大事に大事に袋に入れてらっしゃいました。












その姿に、開会式での松尾先生の言葉を思い出しました。





『手作りおもちゃは保育者、保護者がそのおもちゃに思い入れを持てることに意義がある、

 なぜなら、子どもは周りのおとなの言葉によってではなく、

 おとなの示す気持ち・態度によって、そのおもちゃの大切さに気づき、大事に扱うものだから』



経済発展に偏りのあるタイでは、首都バンコクと地方の情報量に大きな格差があります。

ウッタラディット県教員養成大学のように、

各地域において学びの中心的な役割を果たす機関がうまくいかされることにより、

その格差が少しでも狭まることが期待されるところです。


NGOであるマレットファンとしては、各地の大学との連携をしながら、

現場のニーズに応える情報発信のできる団体を目指したいと思います。


マレットファン

松尾久美

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

D.I.Y สนุกและภูมิใจ อบรม "ของเล่นทำมือจากผ้าสักหลาด"


อบรม "สื่อจากผ้าสักหลาด" โดย อ.Matsuo (ผู้เชี่ยวชาญด้านเด็กญี่ปุุ่น) ในวันที่ 27 เม.ย. ผ่านไปแล้วด้วยดีและผู้เข้าอบรมทุกคนประทับใจกับของเล่นทำมือ ที่สำคัญทุกคนได้มิตรภาพเพิ่มขึ้น ไว้พบกันใหม่นะคะ
สำหรับคนที่ไม่ใด้เข้าอบรม แน่นำคำคมของวิทยากรวันนั้นให้นะค่ะ


“กว่าจะได้สื่อออกมา 1 ชิ้น ทั้งเจ็บมือ เจ็บตาหมดเลย แต่ภูมใจไหมคะ สื่อที่ทำวันนี้เป็นสื่อพิเศษสำหรับคนที่ทำ ความรู้สึกนี้ เด็ก ๆ ก็รับรู้ได้ และเล่นอย่างรักษาให้ดี ๆ สื่อดีหรือไม่อยู่ที่ความรู้สึกของครู ที่ทำและมอบความรู้สึกนี้ถึงเด็ก”



マレットファンのワークショップ


『先生が大切にしているものは、

子どもたちにも伝わる。


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


朝から長い時間をかけて、目や手が痛いのを我慢しながら、

コツコツ作ってこられたものは、皆さん一人ひとりにとって、

市販のおもちゃとは違った特別なものになりましたよね?


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ



マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


皆さんのそういう想いこそが、

子どもにとって重要な教材となるのだと思います。』




マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ



マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ



21人の保育園、幼稚園の先生、絵本出版社の方が参加くださった、

4月27日の『布おもちゃワークショップ』は、特別講師・松尾純代さんからの

冒頭の言葉で締めくくられました。


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


ワークショップを終え、自分の作品を愛おしそうに手にする参加者のみなさん、

微笑みながら、うなずきながら耳を傾けていらっしゃいました。


マレットファンのワークショップ



※今回のワークショップは、

ボランティアの国松くんが写真撮影を担当してくれました。





マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファン 松尾久美


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

สื่อสร้างสรรค์ของทุกคนค่ะ


อบรมเรื่อง "สื่อสร้างสรรค์จากกระดาษโอริกามิ" โดย อ.Matsuo (26 เม.ย.) เสร็จเรียบร้อยแล้วค่ะ

ได้สีอหลายอยางที่ผู้เข้าอบรมใช้ความคิดสร้างสรรค์ สนุกท้ังวันค่ะ


4月26日、マレットファンで初のテーマとなる

『折り紙・切り紙』のワークショップを開催しました。


マレットファンのワークショップ



講師は、保育の専門家・松尾純代さん。


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ



参加者は、保育園・幼稚園の先生方を中心にした21人の方々です。



マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ



講師から次々と紹介される色々な紙による15種類もの遊び・創作を、

嬉々として自分の工夫を交えた作品にしていく参加者さんたち。


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ



マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


手を動かす各人の頭の中では、現場での子どもたちとの実践の風景が

ありありと浮かんでいることが見てとれました。


マレットファンのワークショップ

        マレットファンのワークショップ



マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ




9時半から15時半までの長丁場にもかかわらず、最後は時間延長のリクエストまででて、

参加者さんたちの意欲の高さ、そして、楽しむ力を実感しました。


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ


マレットファンのワークショップ



写真撮影は、ボランティアの国松くんが担当してくれました。

マレットファンのワークショップ


マレットファン 松尾久美

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

เตรียมพบกันที่ห้องอบรมนะคะ


วันนี้พวกเราขนอุปกรณ์ไปจัดสถานที่เตรียมงานที่ทองหล่อ รอต้อนรับผู้เข้าอบรมในวันพรุ่งนี้และมะรืนนี้ เรียบร้อยแล้วค่ะ บรรยากาศการอบรมของ “เมล็ดฝัน” นั้น อบอุ่น สนุก และน่าสนใจเหมือนทุกครั้งค่ะ ผู้เข้าอบรมทุกท่านเจอกันที่ทองหล่อนะคะ ส่วนเพื่อน ๆ ที่มาไม่ได้ครั้งนี้ ไม่ต้องเสียใจนะคะ เราจะลงรูปไว้ ขอให้สนุกกับรูป และพบกันโอกาสหน้าค่ะ


明日、あさってのワークショップに向けて、

会場も材料も講師陣も準備万端、ととのいました!


『マレットファン』研修準備



事務所からトラックで荷物とともに移動。



『マレットファン』研修準備


明日からの会場づくりと、最終の打合せを終え、

参加者さんを待つばかり。


『マレットファン』研修準備


『マレットファン』研修準備


『マレットファン』研修準備



楽しいワークショップになりそうです。


『マレットファン』研修準備


『マレットファン』研修準備


『マレットファン』研修準備


マレットファン 松尾久美


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

เตรียมงานอบรมสัปดาห์นี้กันอยู่ค่ะ


เมื่อวานนี้ อ.มัทสุโอะ ได้เดินทางมาถึง และเตรียมงานต่าง ๆ มากมายพร้อมทีมเมล็ดฝันและอาสาสมัคร ในเรื่อง กระดาษโอริกามิ และ งานผ้าสักหลาด อบรมครั้งนี้น่าสนุกมาก ๆ ค่ะ วิทยากรเตรียมงานต่าง ๆ ที่ใช้ได้จริง น่ารัก ๆ มาเยอะมากเลย พวกเรายังสนุกมาก ผู้เข้าอบรมต้องสนุกและได้ไอเดียใหม่ ๆ แน่นอนค่ะ หากท่านใดยังสนใจเข้าอบรม สมัครได้นะคะ 087-8287686 อบรม 26-27 นี้แล้วค่ะ


ワークショップの準備中


保育の専門家にお越しいただき、実施する週末の『折り紙・切り紙』、

『布おもちゃ』のワークショップに向けて、総勢6名でわいわい楽しく準備中です!


ワークショップの準備中


ワークショップの準備中


ワークショップの準備中


マレットファン  松尾久美


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。