まーくんの雑記帳☆彡

鉄道・バスの撮影レポ、雑記、アイドルのネタをはじめとする
芸能ネタなどいろいろと。
また、たまにラーメンレポも書きます。
コメント掲載については最近、スパムコメントが
増加しているため、確認後の反映となります。


テーマ:

連続休暇2日目の22日は京王線界隈をちょっと回ってみました。

8000系の緑の高尾山ラッピング電車の8713Fはちょうど移動中に

すれ違ってしまったので、何本かめじろ台で。

ちなみに高幡不動行きの各停はデータイムの6両編成での

高幡不動~高尾山口の区間運用ですね。

 

[1]7703F [各停|高幡不動]

[2]8708F [特急|新宿]

 

そして京王7000系の幕車特急のほうも撮れましたね。

 

[3]9702F[各停|新宿]

[4]7804F+7704F[特急|新宿]

 

 

 

 [5]7705F[各停|高幡不動]

このあとは高尾山口へ。

久々に高尾山まできたということで、高尾山の

ケーブルカーで往復してみることにしました。

主目的としては高尾山温泉でしたが、索道は最近乗ってない

からたまには…っていうのもありましたしね…。

ちなみにここの高尾登山電鉄のケーブルカーは京王としては

出資はしているものの、グループ会社ではないとのこと。

 

清滝駅前にはお土産屋さんやそば屋などがありますね。

この季節は高尾の冬そばキャンペーンを京王でやっていると

いうこともあり、そちらの幟も目立ちますね。

 

 

こちらは山頂の高尾山駅。

駅の横にお土産屋さんとかもあります。

薬王院へはここから徒歩15分程度です。

駅降りてすぐのポイントからだと中央道・圏央道の八王子JCTが

いい感じで見えますね。

 

それと別にちょっと上にあったレストラン付近の展望台ポイント

からも撮ってみました。

思ったより遠くまで見えたものの、スカイツリーまで見えるほどの

天気ではなかったですねぇ…。

あと、俯瞰でケーブルカーも撮影してみました。

 

そして下山して、京王の高尾山口の駅まで戻ると8713Fの

特急がちょうど止まってましたが、高尾山温泉目的だったので

改札には入らず移動。

連絡通路の入口が京王線の券売機脇にあり、ホームと線路の

ほうをくぐって階段を上ると入口のほうにでます。

 

 

温泉の数は規模がそんなに大きくないとはいえ、それなりに

本格的で登山者にちょうどいいぬるめの温度(38℃前後)の

ものが中心というのはいいと思います。

替わり湯以外が露天風呂なので、中にもう一つ欲しかったと

いうのが本音ですかねぇ…。

これをみているとプレスリリースの内容を見ていて、内容的に

似てる西武秩父に作っている西武のほうもどうなるか気にも

なりましたね。

さて、のんびりと温泉につかっていて、出てきたところで

ちょっと小腹が減ったのでカレーを食べました。

ちなみにカレーのほうですが、カレールーに同じ京王グループで

鉄道ファンを中心にファンの多い「C&C」のカレールーを使用し、

豚肉のほうには「TOKYO-X」のほうを使用しているとのこと。

TOKYO-X豚とはいえ、カレーだとわかりにくいですけどねw

 

ちなみに鉄道会社の系列らしく館内には駅の行先表示の

案内もありました。

こちらのLCDの作動をどう駅と連動しているのかシステム的な

ところが気になりますね。

 

 

 

そして特急で府中まで来て、ちょっとだけバスを撮ってみた

ものの、暗くなりかけていたのもあって最小限に。

国分寺方面とか見ていると相変わらずUD+JP/RAといった

西工ボディの車両が多かったですね。

 

[6]京王バス B21213 日野ブルーリボン

[7]京王バス B40708 UD+西工ボディRA

[8]京王バス B40553 UD+西工ボディJP

 

この後は国分寺へと出て、まだ飲んでいなかったスタバの

さくらフラペチーノのほうを飲んでから、銀河鉄道のバスに

乗って小平まで出てきて、帰宅しました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2/21の話題となります。

この日から連続休暇ということで、初日は乗りバスでいろいろと

回ってきました。

まずは所沢駅東口で大宮行きを待つ間にちょこっと撮影。

西工ボディの車両が全然こなかったところに西武バスでの急速な

置き換えっていうのを感じさせられますね。

[1]西武バス 1445 三菱エアロエース

[2]西武バス A5-811 いすゞエルガ

 

銀サッシのほうはUDが三菱と提携していたころの車両で、

ボディが三菱で、シャーシがUDという組み合わせで、車種の

上ではUDのスペースランナーAとなります。

 

[3]西武バス A1-582 UD+三菱 スペースランナーA

[4]西武バス A2-821 三菱エアロスター

 

さて、大宮駅行きの乗車に関してなのですが、大宮までの

乗り通しが目的ではなく、この日の段階で4日目となっていた

三芳町のアスクル火災にともなう迂回経路関係の観察に

行くことにしました。(2/22頃沈静化)

西武バス公式には掲載がなかったものの、停留所には

告知があり、運転席にも営業所から渡された迂回経路の

詳細の用紙がありました。

 

迂回経路は中富角のバス停を出たところの多門院入口で

左折、多門院前て右折、地蔵前で従来の路線に戻るという

流れでした。

1枚目が規制開始地点の交差点です。

通常時はバスが向かうのは直線なので、大きく膨らんで左折

するのがわかると思います。

2枚目は曲がった先の迂回路、3枚目は再度右折する多門院前の

交差点になります。

ここで右折した先が若干渋滞していましたね。

あと、被災した倉庫が右手に見えましたが、結構大きな穴や

焼け焦げた跡が見られましたね…。

 

バスは大宮駅行きでしたが、上福岡で下車して和光市方面へ。

そこから先、どっち方面に行くか考えてなかったのですが、3番線の

有楽町線・副都心線ホームに回送表示があったので待ってみたら、

西武40000系の試運転でした。

営業開始後は当初はS-TRAIN運用のみっぽい雰囲気なので、

和光市への乗り入れはしばらくないと予想されるので、貴重な

気はします。

[5]西武40000系 40102F[試運転]

 

このあとは上板橋から国際興業バスで移動して、都営バスの

北車庫方面へ。

特にこれといったものもなく、B代車もおらず、富士新7Eボディの

ほうもちょっと奥だったので赤羽北本通りのイオンのほうの

ドムドムで昼食。

ちなみに庫内のものは敷地外から撮影しています。

 

ドムドムのほうは東京都内での現存店舗はここ以外だと、

小平のダイエーと大泉学園のマルエツと3店しかないレアな

存在となりますね。

 

[6]都営バス N-N372 いすゞエルガ

[7]都営バス N-M178 いすゞエルガ

 

[8]都営バス N-W455 三菱エアロスター

王子に移動してもこれといったものがいそうな感じでは

なかったので、割とすぐに池袋に移動したら、ちょうど[池86]系統の

早稲田車庫行きがいたのでそれで終点の早稲田まで。

ちょうど降りたところで[上59]の幕車入庫が来たので撮ったり、

いい位置に止まってた西工ボディのRAを撮影。

[9]都営バス T-H159 三菱エアロスター

[10]都営バス T-S655 UD+西工ボディRA

 

 

そんな感じで、様子を見ていたら右折入庫で小滝橋の

車両がきたので撮影。

なので気になって早稲田大学のほうに行ってみることに。

 

[11]都営バス E-Z547 いすゞエルガ

早稲田大学のほうに行ってみるとやはり入試だったようで、

臨時バスの設定もあり、一部は急行設定もありました。

まずは通常路線のほうから。

早大正門から[学02]の各停のほうはこの交差点を右折して

いきます。

[12]都営バス E-P452 UD+西工ボディRA

[13]都営バス C-T209 いすゞエルガ

 

ちなみに[学02急行]は左折していきます。

また、日野HRは小滝橋には3台しかいないですが、L667は

この撮影前に急行便で高田馬場に向かっていますし、車両

運用面でも貴重だったのではないでしょうか。

なお、画像のほうはどちらも[学02急行]運用となります。

 

[14]都営バス E-L668 日野HR

[15]都営バス E-R570 いすゞエルガ

 

そして再び、早稲田車庫のほうへ。

こちらで[学02急行]を1本撮影。

あと、B代車もきたのでそちらも撮影。

ただ、営業所にはいかずに高田馬場駅までで下車しました。

 

[16]都営バス E-A594  いすゞエルガ

[17]都営バス E-B722 いすゞエルガ

 

このあとはどう動くかいろいろと考えた結果、時間も中途半端

だったのでそのまま帰宅しました。

もうちょっと時間が遅ければ夜の部の立川マシマシSSRという

選択肢もありえたのかもしれないですがw

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2/15の話題になります。

バス関係でもいろいろと回ってはきましたが、これといって

ネタがあったわけでもなかったのでこちらの話題だけ触れます。

 

東村山駅の高架化工事の進捗にともない、西武園方面への

ホームの変更が2/12より行われ、西武園行きの3番ホームが

延伸された仮設ホームへと移動されて停止位置が変更になりました。

 

また、twitterの目撃情報などでは国分寺線もここの3番ホームを

延伸して縦列にできるようにするというような話もあるらしいですが、

これが改正からになるのかどうかというのが工事の進捗状況的に

微妙な気はしています。

 

国分寺方はこのような簡易柵にて封鎖してあるので、前述のような

縦列停車という可能性があるというのを感じさせられる部分はありますね。

ちなみに先ほどのtwitterの目撃情報で延伸工事が…って書いたもの

ですが、15日段階では久米川・小川方のホーム延伸はまだ工事すら

始まってなかったですね。

 

車止めと国分寺線の位置関係はこんな感じで、車止めがある

ことから、停止目標の前にF点(パターン照査11km/h以下だったような)が

きちんと設けてあるのが特筆されるというのはあります。

 

4番線側から仮設延伸部を撮影してみました。

ちなみに駅名標はこんな感じで、壁にプリントされている感じですね。

 

告知物としてはこのような形で階段横に貼ってあったり、

4番線後方などに掲示があり、西武園行きが前方であることが

わかるようになっています。

ちなみにホームの仮設部を入れて西武園行きを撮ってみましたが、

こんな感じでした。

 

今後の進捗状況としては効果を立ち上げる前段階として、

1番線の休止からの閉鎖、地下通路の設置工事などがされていき、

様々な変化がみられると思います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2/4の話題の後編になります。

西荻窪駅→吉祥寺を関東バスの[西10]系統で移動しましたが、

毎年、2/3と2/4が入試の東京女子大の入試臨増便は時間帯の

関係か、スタフには[2/4専用]という文字は見られましたが、

すれ違う車両とかも含めて、これといって増発で珍しい車両が

あったとかはなかったですね。

増便の対象の時間帯はやはり朝と1500過ぎとかなんですかねぇ…。

 

そんなわけで昼食を摂るのにいろいろと回ってみましたが、

行きたいところがみんな混んでて、結局のところサブウェイで

いつものパターンに。

まさかC&Cまで外待ち(2~3人とはいえ)だったのは予想外

だったけどね…。

 

[1]西武バス A6-919 いすゞエルガ

上石神井営業所管内は乗降客が多いところが結構あるので

最近ではいすゞエルガが入るときは中扉が幅広タイプのものと

なっていますね。

このあとは花小金井駅へ。

ただ、関東バスの一日券をICに乗せていたので花小金井駅から

西武バスで1本で行かずに、土休日のみ運行の[吉81]系統の

上石神井駅行きで上石神井経由で花小金井へ。

ちょうど都営バスの[梅70]系統に時間があいそうだったので、

そちらも含めて撮影。

 

[2]西武バス A6-8 三菱エアロスター

[3]都営バス W-L763 日野HR

西武バスでは車号がひと通り1周して番号がひとケタに

戻りましたね。

そして早くもにA7代に突入していますね。

実際にこのあとに来ていましたし。

都営バスのL代のほうは都内から青梅のほうまで、ある程度の

車齢となったら転入して一大勢力となっている感じですね。

 

[4]A7-26 三菱エアロスター

A7代には25番くらいから入ったようですね。

ライト間の塗り分けは所定がエメグリとなっているのですが、

たまにクリーム色のものがあります。

個人的にこっちのカラーリングのエメグリの方が統一感が

あって好きですね。

この後は2000系8連が拝島線区間運用に入っていると

いう話だったので、ちょこっと東大和市へ。

改札を出て、先ほどの花小金井駅で撮影した都営バスが

撮れそうだったので、再び撮影して、その流れで西武バスも

ちょっと撮影しました。

こう見ると新型のエアロスターも増えましたね。

しばらく西武バスを撮ってない間に西工ボディの車両が激減

したような気がします。

 

[3a]都営バス W-L763 日野HR

[5]西武バス A5-849  三菱エアロスター(モデルチェンジ車)

都営バスのほうは箱根ヶ崎駅ロータリーに入る方の[梅70-1]

系統の青梅車庫行きですね。

 

 

そして再び改札を入りなおして、上り列車を撮影。

2007Fのほうは幕車ということで貴重ですね。

[6]2003F [各停|小平]

[7]2007F [各停|小平]

 

 

幕に関してもいちおう撮影しておきました。

2005Fが廃車回送されているので、来年度にいつ落ちるかと

言うのも含めてわからないですからねぇ…。

 

 

そして特急列車が東村山でちょうど時間があったので、

プラチナエクスプレスかどうか次第で帰るかと考えていたの

ですが、ちょうどきたのがプラチナエクスプレスの川越Ver.だったので、

撮影しました。

予想通りっていや、予想通りでしたが、山車の画像が思ってた

通り、粗いですねぇ…。

あれだけ拡大するとなるとしょうがない部分はあるんでしょうけど、

もう少しなんとかしてほしかった部分もありますね。

 

[8]10104F(プラチナエクスプレス川越Ver.)

  

そして南大塚で折り返しのプラチナエクスプレス川越Ver.を

撮影しました。

帯のところが貼り替えられてるので雰囲気もだいぶ異なりますね。

[8a]10104F(プラチナエクスプレス川越Ver.)

その後はちよっとだけ狭山市のロータリーを覗いてみて

立川マシマシSSRの夜の開店時間まで時間調整。

狭山も新車は入りつつありますが、FC-LED化の最中ということで

A7代の新車が2C-LEDで入っていたりしていますね。

 

[9]A7-34 いすゞエルガ

[10]A5-843 いすゞエルガ

 

 

[11]A2-665 三菱エアロスター

[12]A4-765 いすゞエルガ

 

このあとは時間調整して夜のオープンに合わせる感じで新所沢の

立川マシマシSSRへ。

今回は小つけめんにしましたが、体調が戻りつつあるので

今度は中つけめん程度でも行けそうな気が。

相変わらずの濃さのあるスープがいい感じでおいしいですね。

ごちそうさまでした。

 

このあと、帰宅しました。

なんだかんだで最近は西武バスも撮れてなかったので久しぶりに

撮影できてよかったと思いますね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2/4の話題になります。

この日は特にネタがこれといってなかったので、遠出もせずに

適当に西武界隈で動くことにしました。

とはいえ、いろいろと回っていたら結構な量になってしまったので、

吉祥寺駅を境に前後半で分けることにします。

 

まずは4009Fの「52席の至福」のほうの撮影へ。

池袋線メインなので、いつでも機会がと言われればそういう部分も

ありますが、仕事がシフト制で土日休みじゃないので、なかなかと

いうのもあるし、ここのところの日曜日に多い西武新宿線の通し

運用も撮れないので、池袋線運用をとりあえず中村橋で撮ることに。

 

[1]西武9000系9101F [準急|飯能]

[2]東急5050系4107F 51K [F快急|飯能]

9101Fは「KPP TRAIN」のあとは特にラッピングとかなく、ピンクの

ままで運用に就いていますが、この辺の好き嫌いに関しては

いろいろと意見が分かれるところだと思うけど、自分はどっちでも

いい派ですが、せっかくですし、なんか活かしてほしいですかねぇ…。

5050系10連は自分が撮りに動く時ってだいたい4110Fのヒカリエ号が

動いてないんですよね…w

.たぶんHM外れてから撮ったっけなぁ?くらいに撮ってない気がw

 

 

[3]9107F [準急|西武球場前]

[4]6152F [急行|飯能]

9107Fは9106Fとあわせてエコマークなしの編成になりますね。

6152Fは副都心線対応改造の最終編成だった記憶がありますね。

 

[5]4009F(52席の至福)

この日は池袋~西武秩父の運行でしたね。

ブランチコースは池袋を1054に出発して、西武秩父に1357に到着する

ダイヤとなっています。

乗車どうこうというのと、料理に価値を見出すのは個人の価値観の

問題なので、いろいろとありますからねぇ…。

 

 

さて、ここでこのあとの行動をどうるすか考えてちょっと

調べたら荻窪に抜けれるのが分かったので、中村橋で下車して

関東バスの一日券を購入。

荻窪ではちょっと暗いですが、南善福寺行きの待ち時間の

間にちょっと撮影。

なので光線の関係とかはしょうがない…w

 

[6]関東バス C833  三菱エアロミディMK

[7]関東バス C2210  三菱+西工 エアロスターS

C833~835は今年投入の車両で、これに伴い、初期の

10.5mのエアロミディMK(2300代)が置き換えられました。

また、C2210はUDのOEM供給ということで西工ボディと

なっているエアロスターですね。

この辺だとあとは立川バスなどにもいますね。

 

[8]関東バス C835  三菱エアロミディMK

[9]関東バス C2405  三菱エアロスター

C835は最新のエアロミディMK、C2405はモデルチェンジされた

エアロスターでFC-LED化された3台(C2405~2407)のうちの

1台ですね。

 

 

このあとは前から気になっていた南善福寺へ。

すっかり貴重となったターンテーブルですが、到着時に乗車したまま

回転するというのは新鮮ですね。

再開発される前の東村山駅西口にもターンテーブルはあったの

ですが、あそこは降車後の回転でしたからねぇ…。

 

[10]関東バス C2414 三菱エアロスター

確か2400代で一番の新車だった記憶がありますね。

前述の2400代とはFC-LEDである以外は特に仕様の差はありません。

さきほどの次のバスで到着~乗車までの流れを画像で簡単に

説明しますね。

到着したら運転席横にあるひもを引っ張ると、ターンテーブルが

時計回りで回転します。

荻窪駅行きではなかったので、乗車は見送りましたが。

ちなみにLEDの表示には「停車中」と進入禁止を表す「×」の

表示が交互表示で点灯しています。

[11]関東バス C1419 三菱エアロスター

 

[12]関東バス C2124 三菱エアロスター

ちなみに折り返し場のターンテーブルへの進入は左の

画像のような感じで、回転後が右の画像になりますね。

 

 

こちらは荻窪駅行きでしたが、西荻窪駅への[荻40]系統との

乗り継ぎの関係もあって、日産自動車前で下車して乗り継ぎ。

西荻窪では到着後にパインラーメンの店「パパパパパイン」の

ほうに寄ってみようと思いましたが、結構並んでいたのでそちらは

パスして吉祥寺のほうに移動しました。

ここから先は別記事にわけます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。