ご無沙汰しております。

私は、あれこれ、被曝対策していたら、被曝症状が出なくなり、今は、元気に過ごしています。


バレエのレッスンにも通って、運動もしていますし、派遣で働きながら、撮影の仕事も、たまにしたりしています。


関東にもどる時には、放射能に弱い体質の私が関東にもどったら、長くは、生きていけないだろう、心筋梗塞で、1年以内に死ぬかもと、死ぬ覚悟でもどってきたのですが、ほんと、人生どうなるか、わからないものですね。

もちろん、今、自覚症状がなくても、いつどうなるかは、わからないわけですが、、

どうしても、心臓に症状が出ると、気になるし、いつ死ぬかもしれないという恐怖がずっとあって、生活を楽しめないでいたのですが、症状がでなくなって、気にしなくてよくなったのは、うれしいことです。

もちろん、被曝症状出なくても、被曝対策は、しっかりしますけどね。


食物気をつけたり、サプリメントいろいろとったり、横浜より汚染の高い東京方面には、あまり行かないようにしたり、連休の時は、できるだけ西日本に保養に行ったり、外ではマスク、そして、外を出歩くのは、必要最小限にしたり、あれこれ対策しても、昨年の春くらいは、微熱が続いたり、身体がしんどい状態が続いていました。


これ以上、どうすればいいのだろうと悩んでいたのですが、私は、以前、気導術の気の教室に通っていて、気を使うことができるので、毎晩、寝る前に、30分くらい身体中に手で気を入れて、身体をケアしてから寝ることを始めてみました。


すると、そのころから、身体が元気になったのです。

今は、心臓にも症状が出ないし、手荒れもないです。


気功の先生で、被曝症状出ている人を気功で治療している方がいらっしゃいましたが、やはり、気は、放射能に効果があるのだなあと実感しました。


その気功の先生は、慢性疲労症候群(ぶらぶら病)の患者さんを治療したことがあるとおっしゃっていましたし、気導術の先生も、慢性疲労症候群の患者さんを治療したことがあるとおっしゃっていました。

今の西洋医学の技術では、被曝症状は治すことはできませんが、東洋医学では、被曝症状のどのくらいまでかはわかりませんが、いくらかは、治せるのではないかと思っています。

気導術は、脳にも、効果を出すことができるので、脳障害も少しは治せるのではないかと期待しています。


「気」といっても、全然、知識がない方には、ちんぷんかんぷんだと思います。

身近なものでは、ヨガが「気」が関係しています。

空手や合気道は、強くなるために、「気」を使います。

鍼灸では、「経絡」という気の通り道が出てきます。


気功には、内気功といって、自分の気のエネルギーを高めて、身体を健康にする方法と外気功といって、気を使って、人を治療する方法があります。


癌の名医の帯津先生が呼吸法や内気功を使って、癌治療に取り組まれているのは、有名です。

朝晩の気功や呼吸法を欠かさず行って、末期の癌患者の方で、自然治癒力が増して、健康になる方も多いそうです。


内気功は、だれでも、簡単にできますが、外気功の場合、修行が必要でなかなか、気を使って人を治療できるようには、なれません。


しかし、気導術の場合、伝授という方法で、気導穴を開放してもらうので、すぐに人を治療できるようになりますし、多くの気のエネルギーを取り込めるようになります。

また、気功の場合、自分の気を使いますので、人を治療する場合、自分の気のエネルギーが減るので、あまり治療しすぎると、病気になったり、早死にしたりする危険性があります。

しかし、気導術の場合、自分はパイプ役になって、外界の気をいれるだけなので、そういった危険性がありません。


気がどういうものか知りたい方は、気導術の無料体験説明会に行けば、無料で体験できますし、自分が悩んでいる症状が気導術で治る可能性があるかどうかも、相談できると思います。


自分で身体を元気にしたい場合は、気導術の自己エネルギー注入法が、気導術学会のホームページで紹介してある「気の秘密」という本に書いてあります。


気導術学会のホームページ

http://kidojutu.com/


気導術以外にも、気功の本もいろいろ出版されていますし、お金をかけたくなければ、本を買って、自分で取り組む方法もあります。


私は、本格的に習ったのは、気導術だけで、気功(内気功)は、ネットや本に書いてあるのを見てちょっとやってみたり、スポーツクラブなどで、数回、習っただけのかじった程度なので、詳しくはありませんが、気功も、流派や種類がいろいろあるようです。

AD
photo:01



「ニューヨーク医大教授の手の刺激 健康・長寿術」 大村恵昭

治療院で紹介されたこの手のツボの本、即効性があって、びっくり!
中指の目のツボのところを押していたら、その場で目の焦点が合ってきました。

関東にもどってから、放射能の影響か、どんどん視力が下がっていたのですが、こんなに簡単なことで、回復して、超うれしいです!

夜、寝ていても、必ず途中で目が覚めていたのが、最近、朝までぐっすり眠れるなあと思ったら、目のツボのところは、不眠のツボでもありました。

肩や首のコリも楽になるし、、
手だといつでもどこでも、気軽に出来るので便利です。

お医者さんが15年かけて、統計をとったもので、東洋医学のツボとは違うところもあったそうです。

モニター調査結果では、85%の人が何かしら効果があったとのこと。

手もみや手のひらこすりをすると、
テロメアの増加、血液循環、リンパ液の流れがよくなる、長寿遺伝子のサーチュイン1や若返りホルモンのDHEAや神経伝達物質のアセチルコリンが増加するそうです。

この本には、難病の人でよくなった例も書いてあります。

簡単にできることなので、体調不良に困っている人は、試してみる価値はあるかなあと思います。


iPhoneからの投稿
AD

先日、津波の夢を見ました。

私が今、住んでいる場所は、海に近いので、津波の被害を受けてもおかしくはないのですが、、


夢では、山の上で、「え?!こんな高いところまで来るの?!」とびっくりしていました。



それで、ふと、2012年1月1日の愛媛新聞の伊方の大津波の記事を思い出しました。当時は、さすがに、こんなに高くまでは、こないだろうと思っていましたが、山の中腹までくる大津波も、ありうるのかもしれないと、気になり始めました。

(新聞の写真はうまく撮れなかったので、きれぎれになっています、、)
















県内・先人のメッセージ


地名 伊方 舟 山中腹まで?


伊方町中心部から少し内陸側に入った河内地区には、津波で浸水した境界を指すとみられる「一浪(波)」「二浪」「三浪」という地名が残る。
郷土史に詳しい岡村豊さん(81)=同町湊浦=や地区住民によると、近年では地元でも知る人は少なく明確でないが、一浪と二浪の境界は現在の河内児童遊園付近。三浪は佐田岬半島を走る国道197号より北側の山間部が当てはまるらしい。一、二、三と徐々に標高が上がっており、地震の津波が第1波より2波、3波の方が大きくなる傾向と合致する。
一浪と二浪の境界とされる辺りは、低いところで海抜15メートル程度。東日本大震災では津波が海抜約40メートルまでさかのぼったケースもあり、不自然ではない。
しかし三浪の「最高点」は桁外れで、標高397mの堂堂山の中腹付近。周辺には「船頭ケ岳(崖)」という大きく岩肌が突き出た場所があり、大津波で流されてきた小舟を船頭が松の木につないだとの言い伝えが残る。ただし、いつの時代の話なのか「浪」の地名と同様に明らかでない。
一方、国道197号に近い河内公民館そばに立つ石灯籠には「当浦安全 嘉永七寅四月吉日」と刻まれている。嘉永7(1854)年は安政元年でもある。この年の12月(旧暦では11月)、東海・東南海地震や南海地震が同時期に起きるなど、災異が続き改元された。
東京大地震研究所の都司嘉宣准教授は、高知県での地盤沈降・上昇調査結果を基に、887年、1361年、1707年の三つの南海地震が、東海・東南海地震と同時に起きた3連動型巨大地震だった可能性を指摘する。
岡村さんは約30年前に地域の高齢者から、石灯籠は船頭ケ岳から移されたと聞いた。灯籠はこれらの地震を住民が振り返り、安全を祈ったものだったのだろうか。
河内地区のかんきつ農家久保常治さん(59)は三浪や船頭ケ岳周辺に園地を持ち、津波に関する言い伝えを親から聞いたこともあるという。「今回の大震災で、あり得ないことでもないのかと思うようになった」とミカンを摘む手を止め、船頭ケ岳の方面を見上げた。
(森田康裕)

SWI swissinfo.ch より転載します。

子どもの低線量被曝

スイスで低線量被曝と小児ガンのリスク研究 大きな反響
里信邦子

宇宙線と大地放射線(自然放射線)はどこにでもある。スイス国民が受ける環境放射能の平均値は、毎時約0.1マイクロシーベルト。だが、子どもたちは大人より影響を受けやすい

(Keystone)

福島第一原発事故以降、低線量被曝による小児ガンのリスクは欧州でも関心を呼んでいる。こうした中、スイス・ベルン大学が2月末に発表した研究は、低線量でも線量の増加と小児ガンのリスクは正比例だとし、「低線量の環境放射線は、すべての小児ガン、中でも白血病と脳腫瘍にかかるリスクを高める可能性がある」と結論した。毎時0.25マイクロシーベルト以下といった低線量被曝を扱った研究は今でも数少なく、同研究はスイスやドイツの主要新聞に大きく取り上げられ反響を呼んだ。

「予想以上のメディアの反応に驚いている。しかし、この研究で焦点を当てた宇宙線と大地放射線は避けられない自然放射線だ。スイス・アルプスなどの線量の高いところに住む子どもがガンにかかるリスクは確かに高いのだが、恐怖を与えたり、警告を発したりするのが目的ではない」と、ベルン大学社会予防医学研究所(ISPM) で同研究に携わったベン・シュピヒャーさんは釘をさし、疫学の専門家として、次のように言う。

「あくまでも科学的な低線量被曝のリスク研究の一つとして、スイスでは例えば、子どもには必要のないCTスキャンなどは避けるといった予防に対する意識の向上に役立ててほしい」

日本を含め世界では現在、低線量被曝と発がんや遺伝子の影響に関する見解において、年間100ミリシーベルト以下の被曝では、「線量の増加に正比例して発がんや遺伝子の影響が起きる確率が増える」という考え、つまり、ある線量以下なら影響が出ないという「しきい値」を取り払った、直線しきい値なし仮説(LNT仮説)に従っている。

よって、(ISPMが扱ったような)毎時0.25マイクロシーベルト以下といったわずかな線量でも、理論的には線量の増加と小児ガンのリスクは正比例の関係になる。しかし、実際にはこうした低線量被曝のリスク研究はわずかしか存在せず、しかも科学的にまだ不十分な点が多い。これが、ISPMが今回の研究に取り組んだ一つの理由だ。

また、スイスで小児ガンにかかる年間約200人の患者のうち、小児白血病は約30%、小児脳腫瘍は約25%を占める。この二つのガンは、広島・長崎の原爆で被爆した人の中でも特に当時子どもだった人がその後にかかる主な疾患だとする多くの研究がある。「では、スイス国内の小児ガンでメインなこの二つのガンと低線量被曝に相関関係があるのか?」と考えたのが二つ目の理由だ。

斬新な研究

「我々の研究の斬新さは、ガンにかかった子ども一人ひとりの病名や経緯、またその子が住むスイス国内の住所を特定し、その場所の詳細な環境放射線の値を使ったことだ」とシュピヒャーさんは言う。

ここで言う環境放射線とは、子どもの住環境にある放射線を指し、それはさらに、原発事故などによる人工放射線と自然放射線に分けられる。この自然放射線には、宇宙線と岩石などから出る大地放射線などがある。

ISPMは、まず1990年から2008年にかけ、スイス国勢調査を使って16歳以下の子ども約200万人を選び出し、その後、スイス小児ガン登録簿(SCCR)を使って1782人のガン患者を特定した。

それに、スイスの自然放射線量とチェルノブイリ事故後に飛散したセシウム137の土壌濃度を記した放射線量マップを基に、200万人の子ども全員の住居地の線量を把握した。このマップは、連邦工科大学チューリヒ校が行ったスイスにおける放射線量研究(Raybachレポート)で作成されたものだ。

「住所を含むこうした情報は個人情報に近いため、恐らく北欧の国を除いては入手できないものだ」とシュピヒャーさん。さらに、200万人の子どもが住む周囲の環境放射線の数値を、それも4平方キロメートルごとに調査したものを使った研究は今までにないと強調する。

実は2013年に、環境放射線と小児ガンのリスクを扱った、イギリスの研究(Kendallレポート)がある。対象となった子どもの数と線量測定地の数がスイスのISPMの研究より多いなどの点から「トータルにはISPMのものと同程度の価値がある」と言われるものだ。ただ、ガン患者が住む場所の線量が行政区の平均値であるため、個々人の住居周辺の線量データを使ったスイスのものとの比較において、疫学的観点からは不正確さが残るとされる。



map

Raybachレポートはスイス全土の宇宙線と大地放射線、及びチェルノブイリ事故後のセシウム137を4平方キロメートルごとに測定。まず、それぞれの放射線の測定マップを作成した。これは、それらを統合したマップ

(Journal of Environmental Radioactivity)



スイス全土の宇宙線と自然放射線

では、なぜ小児ガンを引き起こす原因として、宇宙線と大地放射線、及びチェルノブイリ事故後のセシウム137に焦点を当てたのだろうか?

「スイスの環境では、こうした環境放射線以外に、特殊な化学物質や公害物質がガンを引き起こす可能性はほぼない。また、大地放射線のガンマ線が白血病を引き起こすことはKendallレポートなどからも明白だったからだ。他にラドンガスもあるが、これは主に肺に吸収され肺ガンの原因になるから、今回の研究からは除いた」とシュピヒャーさんは説明する。

そこで、宇宙線と大地放射線、セシウム137の毎時の線量が計算できる前出のRaybachレポートのマップを使用した。さらに、これら三つの放射線の、生まれたときから調査時までに浴びた総線量も計算。毎時の放射線量と総線量の両面からガンにかかるリスクを分析した。

その結果、数値としては「生まれたときから浴びた総線量において、総線量が1ミリシーベルト増えるごとに4%ガンにかかるリスクが増える」を結果として提示した。

10~20年でさらに進む研究

最後に、日本人には気になるセシウム137。これはチェルノブイリ事故のせいで、スイスでは主にイタリア語圏のティチーノ州に今でも存在する。しかし、スイス国民が受ける環境放射線量の平均は、毎時約109ナノシーベルト(約0.1マイクロシーベルト)。うちセシウム137は、毎時約8ナノシーベルトに過ぎない。

こうした値をスイス全体でみると(マップ参照)、やはり山岳部のグラウビュンデン、ヴァレー、ティチーノ州の一部に、毎時0.2マイクロシーベルトを超える放射線量の高いところがある。

しかし、ここでまた、シュピヒャーさんの前出の結論が繰り返される。「フクシマのせいで、この研究結果に関心を持つ日本人は多いと思う。しかしこれは、低線量と小児ガンにかかるリスクの可能性が正比例で高まることを示した、科学的な一つの研究だ。そのことを理解して役立ててほしい」と語った上で、次のように続ける。

「我々の研究も完全ではない。例えば、放射線量の正確さを最大限に高めたいなら、ガン患者のすべての住居でかなりの期間にわたり測定が必要だ。実際、そうした研究も今後出てくるだろう。この研究を一つの礎にして、より詳細で大規模な低線量被曝の研究を期待する。そうして今後10~20年でこの分野の研究はさらに進むと思う」



ベルン大学が発表した「環境にある低線量の放射線と小児ガンのリスク」


ベルン大学社会予防医学研究所(ISPM)が発表した研究のタイトルは「Background Ionizing Radiation and the Risk of Childhood Cancer : A Censusu-Based Nationwide Chohort Study」。

2年かけて行われた同研究は、スイス連邦内務省保健局、スイスガン連盟、スイス連邦科学基金などが支援した。

疫学の専門家ベン・シュピヒャーさんや3人の小児ガンの専門家などを含む10人の研究者と小児ガン研究グループ、国勢調査グループなどが研究に参加した。

個々の小児ガン患者のデータを使用して、小児ガンになるリスクと環境放射線中の特にガンマ線による低線量被曝の相関関係に焦点を当てた研究は、同研究とスウェーデンの研究(2002年)、イギリスの二つの研究(2002年のものとKandellレポート)の、計四つがある。そのうち同研究を含む三つが、相関関係を証明している。

なお、2011年にISPMはスイスの原発から、5キロメートル、5~10キロメートル、10~15キロメートルの範囲で、放射線量と小児ガンとの関係も調査した。