2016-03-21 21:46:14

僕が徳島に勝った理由(わけ)

テーマ:ヴェルディ
・開幕戦勝利で気を良くしたものの、アウェー二連戦は全く足を運べず。スカパーで観戦はしたものの、讃岐にはいつも通りの負けパターン、熊本には明らかにヴェルディを上回るパスサッカー(これをやりたい)で敗れるという格好。うん、いつものヴェルディで帰って参りました。やはり、開幕戦で気分が乗ってしまいましたが、立ち位置は昨年通りの「勝ち越し」「1ケタ順位」「あわよくば」ってな感じに落ち着いてきました。それでも、自分が観に行く試合ぐらいは勝ってほしいとか思ってる普通のサポーターでございます。さて、徳島は未勝利だそうですが、うちと比べてどっちが酷いんでしょうか。


      -東京ヴェルディのメンバー-

           ドグラス
          (平本一樹)
   ピニェイロ   高木善朗   南 秀仁
                 (楠美圭史)
        船山祐二  高木純平
       (高木大輔)
  安在和樹  井林 章  田村直也  安西幸輝

           柴崎貴広

SUB:太田岳志、平 智広、大木 暁、澤井直人



     -徳島ヴォルティスのメンバー-

       山﨑凌吾  渡 大生
      (佐藤晃大)(前川大河)
   木村祐志          大﨑淳矢
                (佐々木一輝)
       岩尾 憲  濱田 武

 冨田大介  福元洋平  石井秀典  藤原広太朗

          相澤貴志

SUB:杉本大地、橋内優也、広瀬陸斗、井澤 惇



・まぁ、使うかどうかは知りませんが徳島は外国人選手が全滅。左SBアレックス、DMFカルリーニョス、韓国国籍2名がいずれもベンチ外。ヴェルディは前節の退場からの号泣で株を下げたんだか、株を上げたんだか分からないウェズレイが出場停止。田村直也がスタメンで出番を得た格好。他には勝ち星が欲しいからかピニェイロもスタメンで出場。


・徳島の攻撃の大半がCBからのロングフィードをサイドの裏へ。そのまま、サイドで貰った木村と大崎がアーリークロス・・・はい、どっかで見知ったサッカーですね。たった2本のパスでゴール獲ろうとしてますよ。「縦に早く」というのが今年のJ2のキーワード。あくまでも選択肢の1つではなく「それだけ」。うーん、何でしょうね。もっとみんなパス繋ごうよ。んで、結局それで失点しそうになったり。ボランチの岩尾がサイドの裏へ、左へ開いた渡からのクロス。187cmのFW山崎がヘッドで狙うも、田村直也のジャンプ大キックでクリア。格ゲーさながらの飛び蹴りでしたね。まぁ、タムはこういう危機察知能力は高いですよ。なんせ、この直後に善朗の直接FKまで防いじゃいましたから。それもミゾオチでブロックなんて、まさにプロレスじゃないですか。相手の技は全て受けきる・・・どうだい、ウェズレイもここまでやってみないと。(・・・と思ったら相手に蹴られてました)


・「ブラジル人だからファール」「ブラジル人だからわざと」・・・はい、この試合もありました・・・かの様に見えたんですが、実際にちゃんとリプレイ見るとジャッジが正解でした。いやー、味スタのみんなもブラジル人に騙されちゃいましたねー。これがあるから、Jの審判もブラジル人に辛くなるんですねー。まず、前半12分。ドウグラスがGKと一対一になりそうなシーンで福元ともつれて転倒・・・ノーファール。なんですが、実際に福元は腕を引っ張ってるのでファールです。ただ、ドウグラスのトラップがデカ過ぎるのと、側に居るカバーのCBが余裕で間に合う。つまり、腕を引っ張られてなくても何もビッグチャンスにならないので流したって事ですね。むしろ、どうせ間に合わないなら倒れとくかと思われた可能性も。転び方も足残してるので、ファール狙って転倒したかにも見える。


・更にピニェイロもPA内で転倒しましたが、右サイドのクロスに対してファールを貰っても貰ってなくても、どうせヘディングシュート出来ないぐらいの高さのボールだから。相手にとっても不可抗力でぶつかったシーンなので故意でもない。こうなると、笛は吹けないですねー。でも、生で見てみるとどっちもファールに見えるもんなんですよ。そして、ドウグラスに関しては線が細いので無理せずに何かやられたら転倒していいです。だって、絶対ケガしそうなんだもん・・・ってほらやっぱり。ケガの内容は分からんけれども、DF富田がドウグラスのボールなのに足振ったんでね。クリアは出来んだろーよ。これも軸足を持ってかれたんで側副靭帯恐いっすね。無事だといいけど。


      -東京ヴェルディのメンバー-

       ピニェイロ  平本一樹

    高木善朗          南 秀仁

        船山祐二  高木純平

  安在和樹  井林 章  田村直也  安西幸輝

           柴崎貴広



・序列は低いけれども頑張る田村直也。CBの位置からするすると上がってきてのロングシュート。きちんと蹴り方も考えてのドライヴシュート。クロスバーへ当たったものの、結果的にこれが引き金になりましたかね。急にここからヴェルディのサッカーのテンポが上がっていきます。当たり前の事が出来る様になってきました。ピニェイロ落として一樹シュート、南横パス純平ミドルなんて、普通にサッカーし始めましたよ。


・また、お前かっ! とにかく、軸足を狩るのはやめてくれよ。船山と富田がイーブンボールの競り合い。ここで富田はスライディングするも、間に合うと感じた船山が富田の前に立ちふさがりカット。滑り込んだ富田も抜かれまいとスライディングから膝を突き立てて軸足へ。確実に船山を止める意味でのテキサスコンドルキック。軸足を持ってかれたもんだから悶絶。いやー、この試合で富田は2人壊しましたよ。それもどちらも軸足持っていくし、警告出ないし。クラッシャー富田として、第4節にして「まぐが決めるJ2ベストイレブン」にノミネートですかね。


・サッカーって面白いもんですよね、因果応報っていうの? 良い行いをすれば良い報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるっていう事です。ヴェルディの選手を2名も壊した富田。まさか、この試合を決める決勝点は彼にかかっていたのですよ。一樹、大輔、一樹とワンツーパスで通して左サイド。この時点で左サイドバックの富田は善朗をちゃんと確認してますよ。つまり、自分がマークしなきゃいけない選手は分かってたんですね。にもかかわらず、やはり「人に当たる」「軸足を狩る」が身上の富田にしてみれば(富田のプレー知らないけどね)、自分から動いて守りたいところ。そこで善朗のマークを外してニアの大輔へ近寄ったところ、後ろで待ってた善朗へ通ってのハーフボレー。リプレイでも映ってますね、腰に手をやってがくっと頭を垂れるところを。彼にもわかってるのですよ、自分のミスで失点したと。


・んで、こっから徳島がパワープレイとかやるのかと思いきや、別にそんなんすることも無く。むしろ、冷静なヴェルディが珍しくコーナーフラッグ付近で時間稼ぎするほど。更に90分試合に出て疲れたのかピニェイロは試合後に座り込んでるし。みんな走ったんだろうね。最後にはロスタイム3分だったのですが、2名ほど負傷で担架で運ばれてるので5分ぐらいあるかと思ってました。



東京ヴェルディ 1-0 徳島ヴォルティス
得点者:高木善朗

MOM:DF田村直也(初選出/通算6度目度目)
MOM:FW平本一樹(初選出/通算42度目)
MOM:MF高木善朗(初選出/通算7度目)
MOM:FW高木大輔(初選出/通算10度目)




・とまぁ、攻守両面において活躍した田村直也をMOMにしました。前半で失点してたらこうならなかったかもしれないし。んで、途中交代の一樹が再三ドリブル突破をしてましたね。左サイドでぶっこ抜いたシーンありましたが、久しぶりの直線ドリブルですよね。100回パスをつなぎたいチームだけど、あそこで一対一を勝負されると相手はきついもんですよ。高木兄弟もともにMOMという事に。善朗も何気に難しいハーフボレーでしたし。さ、またこれで気を良くしちゃったんで、次の町田も楽勝と勘違いしてしまいますが、この試合も0-0で終わりそうな試合でした。なので、町田戦も0-0で踏ん張りながら先制点を与えないサッカーでまいりましょう。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まぐろんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。