自民党の谷川秀善参院幹事長は23日の記者会見で、鳩山由紀夫首相らの「政治とカネ」の問題を巡り、同党が国会で審議拒否していることに関し「(与党は)カエルの面にしょんべんみたいなもので何とも思ってないから、審議拒否する値打ちがない」と批判した。そのうえで「参院は別に影響を受けない」と述べ、参院では審議に応じる考えを示した。

 谷川氏は22日の臨時役員会で審議拒否に異論を唱えていた。谷垣禎一総裁は23日、党幹部に一致結束した対応を改めて指示したが、党内の足並みは乱れたままだ。【田所柳子】

審議拒否で執行部批判=舛添氏(時事通信)
自動車用電線でカルテルか=矢崎総業などに立ち入り-公取委(時事通信)
<普天間移設>改めて県内移設の可能性示す 平野官房長官(毎日新聞)
「FBI型」でグローバル犯罪を捜査 警察庁(産経新聞)
沖縄で震度5弱(時事通信)
AD